しつけ

犬のしつけは、音を変える。5つの音の使い方

トイプードル

困っている人

犬のしつけがうまくいきません。

犬の叱り方のコツが知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬のしつけの音の使い方
  • 犬のしつけの音の使い方で気をつけること

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬のしつけの音の使い方nについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬のしつけで音声を変えることで、しつけがうまくいきますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬のしつけで音声の使い方

下記に5つを意識して音声の使い方をすると、犬のしつけがうまくいきます。

  1. 犬のしつけは、音声を変える
  2. 犬のしつけは音声の抑揚が大事
  3. 犬のしつけは音声とコマンドを一致させる
  4. 犬のしつけの音声の男性と女性の違い
  5. 犬のしつけで大きな音を出す

それでは1つずつお話ししていきます。

①犬のしつけは、音声を変えるといい

トイプードル

犬のしつけは、音で表現するといいでしょう。

人間は、何か人にお願いする時は、猫撫で声を出すように、声色を変えて、相手に気持ちを伝えようとします。

相手は声を聞いただけで内容がわからなくても、「お願いされているな」「怒っている」「嬉しい」ということがわかります。

また相手の顔が見えていない電話でも、音声だけ聞いて「元気がないなあ」「嫌がっている」「うれしそう」などと声によって相手の気持ちを判断しています。

音声というのは気持ちを伝える上で、重要な役割を果たしていることがこれでわかります。

犬のしつけもこの音声の出し方がとても大事です。

犬は飼い主の音程で、判断しているので、しつけをするときは、音程を変えてやるようにしましょう。

②犬のしつけは音声の抑揚が大事

トイプードル

犬のしつけは、音程を変えて、やるようにしましょう。

まず人の声を、「高い音声」と「低い音声」とで2種類に分類します。

犬も高い音声はいいことがありそうと思っているし、低い音声は何かいいことではないことは本能的にわかっています。

犬にしつけをするときに、この高い音声と低い音声を使い分けてやっていくと、思いのほかうまくいきます。

何かできたときは、高い音声でしっかりとほめることで、またやりたい!と思ってくれるだろうし、低い音声で叱られたら、もうしないでおこうと思うはずです。

人間だったら、曖昧なニュアンスで表現することもあるかもしれませんが、犬にははっきりとリハリをつけて、いいこと、いけないことを音声で区別をすることが大事です。

犬には、感情でしつけるのではなく、しっかりと音声の強弱をつけて、犬に理解をしてもらうのです。

③犬のしつけは音声とコマンドを一致させる

ミニチュアシュナウザー とドッグラン

犬のしつけをするときは、音声とコマンドを一致させてしつけをしていきましょう。

人間だったら、「いいこ」とか「コラっ」とかいえば、声色が同じでも意味を理解しますが、犬はまず耳で音をきき、声の高さで判断します。

音声が高ければいいこと、音声が低ければいいことじゃないと理解しているのです。

「いいこ」と低い音声を出して言ったら、叱られていると勘違いをしてしまうし、「こらっ」と高い音声で叱っても、遊んでくれているぐらいにしか理解できません。

犬のしつけをする上で、音声のコントロールをしていくことと同時に重要なのは、音声とコマンドを一致させるということです。

音声とコマンド

高い音声;ほめるとき いいこ、できるね、犬の名前、OK

低い音声;叱るとき  ダメ、こらっ、ノー

犬も音声とコマンドが一致していないと、混乱のもととなってしまいます。

④犬のしつけの音声の男性と女性の違い

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬のしつけを音声を変えてする時に、男性と女性で気をつけることがあります。

男性の場合は、高い音程でほめるのが、とても苦手な人が多いです。

男性は、犬のしつけする時に、低い音程で叱るのはすぐにできても、高い音声で「いいこ」といったりすることがなかなかできずにいます。

逆に女性は、もともとの音程が高いので、遊んでくれると犬が勘違いされてしまうこともあります。

犬は音声で相手の気持ちを理解します。

犬のしつけするときは、男女それぞれの性格も気につつ、しっかりと音声をボイスコントロールをしてしつけができるようにしたいです。

犬のしつけで大きな音を出す

ミニチュアシュナウザー

犬のしつけで大きな音を出すと、効果があります。

ただし大きな音を出すのは、犬を叱るしつけをする時だけです。

大きな音で手を叩いて喝采を送っても。犬は、叱られていると勘違いしてしまうかもしれません。

犬のしつけで大きな音を出すのは、叱るしつけの時だけにしましょう。

犬の音のしつけで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬のしつけで、音声をかえてしつけをすることは、とても効果がありますが、言葉は、短くいうことが大切です。

長い言葉を言っても、犬は理解できないので、叱るしつけのときは、短く低い音程でやるようにしましょう。

犬の音のしつけのまとめ

今回は、犬のしつけと音について、お話ししました。

  1. 犬のしつけは、音声を変える
  2. 犬のしつけは音声の抑揚が大事
  3. 犬のしつけは音声とコマンドを一致させる
  4. 犬のしつけの音声の男性と女性の違い
  5. 犬のしつけで大きな音を出す

犬のしつけは、高い音程と低い音程は普段から意識して使いわけていると、犬のしつけが楽になります。

うちのミニチュアシュナウザー も、音で犬のしつけをしたら、しっかり伝わったので、しつけがうまくいきましたよ。

他のおすすめ

ミニチュアシュナウザー
犬のしつけとは。4つのポイントでしつけがうまくいく

続きを見る

ミニチュアシュナウザー
犬のしつけは一貫性を持ってやるといい理由

続きを見る

ミニチュアシュナウザー
犬のしつけの方法とは。しつけで忍耐が大事なワケ

続きを見る

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-しつけ

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5