留守番

ペットシッターにお願いすれば、大切な愛犬の留守番も安心

犬のペットシッター

悩んでいる人

犬を留守番させるのは心配なので、ペットシッターを頼んでみたいです。

ペットシッターにお願いするときのポイント、注意点が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

愛犬のミニチュアシュナウザー が、急な出張でも困らなかったのは、ペットシッターの存在があったからなんです。

この記事を読んでいるあなたも、ペットシッターにお願いすることで、愛犬を留守番をさせても、安心して外出できますよ。

>>【ペットシッター】テレビで話題のオリーブシッター

オリーブシッターを試してみる

犬の留守番でペットシッターに頼むメリット

ミニチュアシュナウザー

犬の留守番させる時に、ペットシッターにお願いしたいけど、不安がある飼い主さんも多いのではないしょうか。

なにしろ他人を家に入れるわけですから、それは心配ですよね。

でも、外出している間に、ペットの散歩や食事、おトイレのお掃除などをしてくれたら、とても便利ですね。

もちろんデメリットもありますが、まずはペットシッターをお願いするメリットについて、ご紹介しますね。

犬が安心して過ごせる

犬のペットシッターにお願いするする理由は、なんと言っても、愛犬が普段と同じ環境で過ごせることが最大のメリットです。

犬は環境が変わると、体調を崩して下痢をしたり、ご飯を食べなくなってしまうことがよくあります。

犬を留守番させるときに、ペットシッターにお願いすることで、同じ場所で生活できるので、ストレスがあまりかかりません。

もちろん、飼い主とペットシッターでは違うので、任せきりにせず、外出から帰ったら、しっかりケアしてあげましょう。

希望通りしてくれる

愛犬の散歩の回数、ご飯の量などは、基本的には飼い主さんがいる時と同じようにペットシッターがお世話をしてくれます。

行き違いがないように、事前にお世話をしてもらう内容をメモにして、お渡ししておくと、間違いがなくて、安心ですね。

さらにワンランク上のペットシーターさんにお願いしたいなら、下記の記事がおすすめです。

オリーブシッター
家事代行をしてくれるペットシッターってあるの?サービス料金は?

続きを見る

ペットシッターでは解決しないデメリット

ミニチュアシュナウザー

体調変化に気づきにくい

犬の留守番中、ずっとペットシッターがいるわけではないので、愛犬の体調変化や病気だとしても、気づきにくいのが。デメリットです。

ペットシッターや会社によって、サービス内容は違いますが、朝と夜、1回ずつが多いと思うので、それ以外の時間に何かあっても、どうすることもできないのです。

ペットシッターにお願いするなら、犬が体調が悪くならないように、エアコンの効き具合なども、自宅を来訪したときに、チェックしてもらいましょう。

トイレの掃除ができない

犬に留守番させる時間が長くなり、トイレをしたとしても、ペットホテルや幼稚園とは違い、日中誰もいなくなるので、トイレのお世話ができません。

ペットシッターさんがいる間に、必ずトイレは済ませておくようにお願いしましょう。

特に老犬介護が始めると、トイレの間隔も短くなるので、心配ですね。

もちろん、長時間ぺっとシッターをお願いできることもあります。

オリーブシッターは長時間もOK!

時間通りにならない

ペットシッターも1日も何件も犬の散歩に行ったり、留守番のお世話をしているので、時間の指定は期待しない方がいいでしょう。

夕方とかアバウトな時間になってしまい、もし毎日、同じ時間散歩をしていたり、ご飯を食べているなら、希望通りにはならないので、心にとめておきましょう。

犬のペットシッターの必要性

ミニチュアシュナウザー 白

ペットシッターは、飼い主が旅行や外出で家にいないとき、おうちに来てくれて犬や猫のお世話をしてくれるサービスです。

飼い主が外出中に、犬のご飯の給仕、お散歩、トイレの片付けなどをしてくれます。

ペットシッター会社によっては簡単な植木への水やりか掃除など、家事代行をしてくれるところもあります。

資料によると、「あったらいいと思う飼育サービス」に旅行中や外出中の世話代行サービスは、41.3%の人がほしいとあげています。

またペットシッターはまだまだこれからのサービスですが、12.7%が欲しいサービスだと思っているのです。

一般社団法人 ペットフード協会 全国犬猫飼育実態調査 平成29年(2017年) 「あったらいいと思う飼育サービス」を参照

旅行に行く時、犬や猫をペットホテルに預ける飼い主さんも多いと思いますが、知らないところに犬を預けるのは、ペットが大きなストレスを抱えてしまいます。

他人にお願いしてもいいのですが、お互い気を使ったり、ちょっとした行き違いで人間関係が崩れてしまう心配もあります。

犬のペットシッターは、急な出張や残業が多い人にも向いています。

ちょっと仕事で遅くなりそうなとき、30分程度の短い時間でも、お願いすることもできるので、犬も安心しておうちで過ごすことができます。

外出中、空き巣の心配がありますが、ペットシッターが出入りすれば、防犯上にも役立ちます。

外出しなくても、育児で忙しい人やテレワークでペットにかまってあげる時間が少ないなどの悩みを、ペットシッターがご飯や散歩をしてくれるのです。

飼い主が入院やケガで、犬のお散歩に行けない時や、冠婚葬祭などで家をあけないといけない時などにペットシッターに頼めば安心です。

ペットホテルはチェックイン、チェックアウトの時間が決まっていますが、ペットシッターなら、時間を指定しておうちにきてもらうことができます。

愛犬をペットホテルに預けるメリット

主従関係

日中は面倒をみてくれるから安心

犬のペットホテルは基本的には、昼間スタッフが同じ場所にいるので、何かあってもとても安心です。

散歩などもやってくれるはずなので、運動もできるでしょう。

ペットホテルのデメリット

犬がストレスになる

愛犬をペットシッターにお願いするのとは違い、おうちから離れてしまうことで、環境が変わると、ストレスになってしまいます。

他の犬の吠える声に怯えたり、普段嗅ぐことのない臭いもあったりして、ストレスになりがちです。

ご飯を食べないことは心配ですし、下痢になる子もいるでしょう。

夜は犬だけになることが多い

ペットホテルは、スタッフが通いのところが多いので、夜は犬だけになってしまうところがほとんどです。

自分の家とは違う環境で、飼い主と離れて生活するのは、さぞかし寂しい思いをするでしょう。

散歩は短めになってしまう

ペットホテルは少ないスタッフで、複数の犬を散歩させているので、ペットシッターにお願いするのと同じで、時間は短めになります。

ペットホテルは、犬を狭いケージの中で生活するので、運動不足になりがちです。

オリーブシッターを試してみる

犬のペットシッターがしてくれること

ミニチュアシュナウザー の子犬

ペットシッターが犬にしてくれる基本的なサービスです。

それぞれサービス会社や人によって違うので、事前に確認しておきましょう。

食事のお世話

犬の食事は、1食ずつ小分けして置いて、ペットシッターさんにはっきりわかるようにしておきましょう。

例えば、1回50gとメモに書いたとしても、1日50gと勘違いして、1回25g、2回と間違えてしまうかもしれません。

ポイント

8月1日水曜日 朝のごはん分 50g

などとメモを貼っておくと、愛犬のお世話をしてくれるペットシッターさんにも親切ですね。

またふやかしてあげるなら、温度や時間など、細かく指示をメモしておきましょう。

トイレのお世話

犬の留守番で一番心配なのは、トイレではないでしょうか。

ペットシッターさんがしてくれるので安心ですね。

犬はとてもきれい好きなので、ペットシッターが掃除もしてくれるはずなので、汚れることも少ないですね。

犬の散歩

朝夕の散歩が必須なら、ペットシッターに、コースや時間、癖などを伝えておきましょう。

拾い癖に注意とか、他の犬に吠えやすいなど、細かく愛犬の特徴を伝えることで、ペットシッターさんも注意して、散歩をしてくれるはずです。

ペットタクシー

ペットシッターさんによっては、犬の通院のために連れて行ってくれるサービスがあるところもあります。

人が付き添いができたり、犬だけで連れて行ってくれるペットシッターもいるので、調べておくといいでしょう。

オリーブシッター
家事代行をしてくれるペットシッターってあるの?サービス料金は?

続きを見る

その他のサービス

犬のペットシッター会社によっては、

  • ドッグランで遊ばせる
  • 介護
  • 犬のケア 爪切り・ブラッシング・シャンプー
  • 送迎
  • お泊まりペットシッター
  • 自宅以外のペットシッティング

をサービスしてくれる会社もあります。

それがまさにオリーブシッターです。

オリーブシッターを試してみる

犬のペットシッターにお願いする時に心配なこと

ミニチュアシュナウザー

きちんとやってくれるか

犬のペットシッターさんは、人によってサービスの質が違うので、注意して起きましょう。

  • 食事を与える
  • トイレを掃除する
  • 散歩に行く

などの指示だけでは、残念ながら理解できないペットシッターさんもいます。

人が変わっても、犬の世話の内容が変わらないように、極力細かく指示を出しましょう。

防犯上問題がない?

ペットシッターさんと愛犬、そして飼い主が、お互い気持ちよくお付き合いできるように、貴重品は鍵をかけたところにおくとか、入ってほしくない部屋などを明確にして、ペットシッターさんの行動できる場所を連絡しておきましょう。

ペットシッターさんには家の鍵をお渡しすることになるので、信頼関係がとても大事なのです。

もし心配なら、カメラをつけておくのもお互いの安心にもなります。

ただし、ペットシッターさんのお世話の仕方が希望通りでなくても、あまり文句を言わない方が、おたがいのためでしょう。

愛犬とペットシッターとの相性も大事

ミニチュアシュナウザー

ペットシッターにお願いする時に、一番大事なことは、愛犬と飼い主との相性です。

犬もこの人は好きとか、苦手など、瞬時にわかるはずです。

一度お願いしてダメなら、違うペットシッターにお願いすることも検討しましょう。

犬のペットシッターまとめ

今回は、犬のペットシッターについてお話ししました。

先代の愛犬もペットシッターに何度かお願いしたことがあります。

なんと言っても住み慣れた家で、愛犬がすごせることが、最大のメリットです。

ペットシッターさんを選ぶ時もそうですが、終わった時に報告書がしっかりしているかも確認して、次に選ぶ基準にしましょう。

-留守番

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5