ミニチュアシュナウザー 子犬 留守番

ミニチュアシュナウザー の子犬は留守番は注意。かしすぎる性格

ミニチュアシュナウザー

困っている人

ミニチュアシュナウザー の子犬は留守番が苦手でしょうか。

子犬を迎えるときに気をつけておくことが知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけができたのは、この記事でご紹介する4つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番について考えることで、子犬を迎える不安が少なくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、ミニチュアシュナウザー の子犬を迎えてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番について

犬と一一緒に寝る

ミニチュアシュナウザー の子犬は、留守番が苦手な性格

ミニチュアシュナウザー の子犬は留守番が苦手なのは、とてもかしこく、人懐っこい性格だからです。

子犬は私たちのことをしぐさ、匂い、気配で察して行動しているので、外出しようとすると、すぐにわかってしまうのです。

飼い主がちょっと出かけようとしても、わんわんと「行かないで!」と吠えることもあるでしょう。

ミニチュアシュナウザーの子犬 が留守番が苦手なので、なるべく出かけないようにしてあげることが大切です。

<<ミニチュアシュナウザー の聡明な性格>>については、こちらでもお話しています。

ミニチュアシュナウザー の子犬は留守番のしつけが大事

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザー の子犬は、留守番のしつけがとても大事です。

子犬を迎えた時は、誰かが在宅している状況の家庭であっても、買い物に出かけないといけないこともあるでしょうし、しばらく時間が経過し、家庭環境が変わり、ミニチュアシュナウザー の子犬に留守番をさせることが多くなってしまうかもしれません。

ミニチュアシュナウザー の留守番のしつけは、成犬になってからからよりも、子犬のうちにぜひしておきましょう。

「このうちは留守番が多い家なんだ」と子犬にわかってもらうのも、問題行動を起こさせない方法です。

ミニチュアシュナウザー は留守番が苦手なので、在宅して一緒に過ごしてあげた方がいいのですが、やむを得ないこともあるので、子犬のうちから慣らしておきましょう。

<<留守番のしつけ>>はこちらで詳しくお話しています。

子犬に留守番のしつけを始めよう

ミニチュアシュナウザー の子犬を迎えて、少し時間がたったら、留守番の練習をしていきましょう。

共働きの場合は、特に早めからしつけをしていくことが大切です。

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番のしつけは、最初は10秒ぐらいから始めて、だんだんと長くしていきましょう。

飼い主さんと匂いが残っているうちはいいのですが、匂いが消えてしまうと、ミニチュアシュナウザー の子犬も不安になります。

留守番のしつけが、10秒程度の短い時間であっても、ミニチュアシュナウザー の子犬が留守番ができたことをほめてあげて、慣れさせていきましょう。

<<留守番のしつけ>>はこちらで詳しく解説しています。

留守番させて帰ってきたら

ミニチュアシュナウザー と人

ミニチュアシュナウザー の子犬を留守番させて、飼い主さんが帰ってきたら、子犬は嬉しくて嬉しくてたまりません。

帰宅後すぐに、高い声で帰ったことを伝えてしまうと、ウレションをしてしまうかもしれないので、注意が必要です。

留守番をさせたミニチュアシュナウザー の子犬は、しばらくは放置するか、すぐにトイレに誘導して、できたらほめてあげるようにしましょう。

子犬の<<トイレのしつけ>>はこちらでも詳しくお話ししています。

留守番中の子犬のミニチュアシュナウザー は必ずといっていいほど、いたずらはしています。

犬は今を生きている動物なので、いたずらを見つけたとしても、何もなかったように片付けてしまいましょう。

ストレス対策をする

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の子犬は、留守番でストレスがたまってしまいます。

飼い主がずっと外出して、留守番が多くなると、分離不安になり。無駄吠え噛み癖など問題行動を起こしたがちです。

ミニチュアシュナウザー の子犬を留守番させた後は、思いっきり遊んであげたり、散歩を長めにしたりして、ストレスを解消してあげましょう。

<<ミニチュアシュナウザー との散歩>>の楽しみ方は、こちらでお話しています。

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番で気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

世話は他人に任せない

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番は、プロ以外に他人に任せないようにしましょう。

飼い主の急な外出があり、子犬がさみしいからと言って、近所に住んでいる家族に留守番の世話をしてもらおうとしても、ミニチュアシュナウザー は飼い主に依存しているので、難しいです。

ミニチュアシュナウザー は警戒心が強い性格です。

いくらミニチュアシュナウザー が人懐っこいといっても、急なことだと戸惑い、不安になってしまうかもしれないので、事前にふれあいの時間が必要ですね。

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番をペットシッターにお願いする場合も気をつけましょう。

<<ミニチュアシュナウザー の警戒心が強い性格>>については、こちらでもお話しています。

留守番は計画的に

ミニチュアシュナウザー とドッグラン

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番のしつけは、計画的にやっていきましょう。

子犬を家族に迎えることが決まったら、スケジューリングをして、なるべく留守番させる時期を遅らせうことが大切です。

ミニチュアシュナウザー の子犬を1日でも早く迎えたい気持ちは、痛いほどわかりますが、子犬を迎えた後、長く一緒にいられるのは、いつなのか、考えてあげることがとても大事なのです。

飼い主が、土日休みだとしたら、金曜日の夜か、土曜日の朝にすると、2日間は子犬と一緒に過ごす時間ができるので、その間は、留守番をさせなくてもすみます。

最近は3連休も多いので、ミニチュアシュナウザー の子犬を迎えるのは、連休の初日にするのもいいでしょう。

いざというときに

高齢犬だからってあきらめないで、子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!  

ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番についてのまとめ

今回は、ミニチュアシュナウザー の子犬の留守番についてお話しました。

ボクもミニチュアシュナウザー の子犬を留守番させることが多かったのですが、迎えるまえから計画的にしつけをしたので、さみしがりましたが、おだやかで従順なミニチュアシュナウザー に育っていきましたよ。

<<ミニチュアシュナウザー の留守番のしつけ>>はこちらで詳しく解説しています。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

-ミニチュアシュナウザー, 子犬, 留守番