子犬

ブリーダーから子犬を迎えたいなら。失敗しないブリーダー選びとは

ブリーダーから子犬を迎える

悩んでいる人

ブリーダーさんから子犬を迎えようと思っています。

気をつける点はありますか。

こんなお悩みにお答えします。

子犬をブリーダーを迎えるのは、人間よりもはるかに成長が早い犬の姿をみることができます。

具体的うちの例でいくと、生後2ヶ月でブリーダーさんからうちに来た日の子犬の体重が1kg。

10日後には2kg。生後3ヶ月で3kg、生後5ヶ月では6kgになりました。

すごくないですか?!!

みるみるうちに大きくなる子犬の成長をみることができるのが、ブルーダーさんから譲り受けることなのです。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2320人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー590人超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回はブリーダーから子犬を購入することについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー がブリーダーさんからいい子犬を購入できたのは、この記事でご紹介する5つのポイントがあったからです。

この記事を読んでいるあなたも、ブリーダーから子犬を迎えることで、素敵な子犬を見つけられますよ。

それでは、さっそく始めていきましょう。

子犬をブリーダーから迎えるために

ミニチュアシュナウザー

子犬をブリーダーから迎えることについてお話しします。

ブリーダーから子犬の迎え方

  1. 犬種は決めておく
  2. 近くで探す
  3. ブリーダーを見極める
  4. 本音で話す
  5. 最初から見せてもらわない

それでは1つずつお話していきます。

犬種は決めておく

ミニチュアシュナウザー

ブリーダーで子犬をむかえようと思っているなら、ある程度。犬種が決めてからにしましょう。

ブリーダーさんもプロなので、もちろん親切丁寧には教えてくれますが、最低限の知識をつけておくことがエチケットです。

あなたとブリーダーさんのお互いの時間がとられてしまうからです。

子犬を選ぶ時間がもったいないですし、ブリーダーさんとの信頼関係を作ることが難しくなります。

とは言っても、子犬はこれじゃないとだめというほどではなく、ある程度で構いません。

ほとんどのブリーダーさんは、複数の犬種の子犬を扱っているはずです。

他の犬種がみたい場合は、対応してくれるでしょう。

しかし、ブリーダーさんの仕事は、私たち飼い主に子犬を直接販売するケースと、ペットショップなどのプロに販売があります。

もし子犬の犬種が決まっていないなら、本を読んで勉強したり、ペットショップなどを訪問して、知識を深めておきましょう。

もちろん子犬のことでわからないことがあれば、積極的にブリーダーさんに質問をして、疑問点がないようにすることも大切です。

<<犬を飼う夢を叶えたいなら>>については、こちらでお話ししています。

近くで探す

ミニチュアシュナウザー の子犬

ブリーダーさんで子犬を探す場合は、あなたの住んでいる地域で見つけるのが得策です。

ネットで調べると、たくさんの情報がありますが、あくまでもネット上のことなのです。

  • ブリーダーさんと直接会うこと
  • 実際に見ること
  • 子犬を預かるときは手渡し

が大事な条件だと思っています。

子犬を飼う決断を迷っている場合は、近くのブリーダーさんであれば、子犬を複数回見に行くこともできます。

子犬を空輸をしてくれるブリーダーさんもいらっしゃいますが、子犬に負担がかかるので、できれば避けましょう。

どうしてもその子犬でないとだめという以外は、直接ブリーダーさんに会うことをおすすめします。

ブリーダーを選ぶ

シュナウザー

もし同じ犬種で、ブリーダーが近所にいるなら、決めていく必要がありますね。

ブリーダーさんの子犬に対する考え方、育て方は、人それぞれです。

また子犬価格もブリーダーさんによって、かなり差があります。

コロナ禍や昨今のペット事情によって、子犬の価格は高騰しました。

ブリーダーも商売なので、利益を求めていくことは当然です。

子犬のブリーディングのやり方もしっかりを聞いていきましょう。

ブリーダーの評価は自分でする

子犬を求めよう考えたとき、ブリーダーさんの評価は自分でしていきましょう。

ネット上には、ブリーダーさんの評価を掲載しているサイトもありますが、鵜呑みにせず、自分で評価することが大切です。

子犬を選ぶのも大切ですが、ブリーダーさんとの相性も大事です。

子犬を買うときだけの関係ではなく、一生付き合えるぐらいの人間関係を作っておくのが理想ですね。

本音で話す

主従関係

子犬の犬種やブリーダーさんが決まってきたら、自分の生活環境を本音で語ってみましょう。

  • 家族構成
  • 留守番があるか
  • 犬が暮らす場所
  • 年齢

などを本音で話し、あなたにとって選んだ犬種の子犬がふさわしいかどうか、ブリーダーさんと一緒に考えていきましょう。

柴犬やミニチュアシュナウザー は留守番が苦手なので、他の犬種にした方がいいかもしれません。

吠えやすい犬種なら、マンションで吠えられたら困るので、犬種ごとの特徴を把握しておくことが大切です。

子犬を選ぶときは、ブリーダーさんと信頼関係を築き、犬を飼うことで後悔しないように、しっかりと話し合っておきましょう。

もし親身になってくれないなら、子犬がいくら気に入っていたとしても諦めて、他にブリーダーさんにするのが得策です。

ボクも犬を飼う最後の年齢のことを、ブリーダーさんとしっかり相談して、納得の上で、子犬を飼うことも決めました。

最初から見せてもらわない

ブリーダーさんにいく前に、子犬の犬種が決まっていたとしても、最初から見セてもらわないようにしましょう。

トイプードルと決めていて、いきなり子犬を見せてくれるブリーダーさんは、商売を優先している感じがします。

ブリーダーさんも自分が育てた親犬や子犬が幸せになってほしいはずなので、飼い主がどんな人なのか、見極めたいのです。

ただ売りたいだけのブリーダーさんは、子犬の飼育環境にも疑問が残ります。

ある程度ブリーダーさんと話してから、子犬を見せてもらいましょう。

ブリーダーで飼う子犬が決まったら

ミニチュアシュナウザー

子犬の特徴を聞く

ブリーダーさんで飼う子犬が決まったら、子犬や親の特徴を聞きましょう。

  • 親の性格
  • 親の体重
  • 子犬の健康状態

親の性格

犬のおすわり

子犬の性格は、育て方によって変わってきますが、親がおとなしいかどうか、活発かどうかなどは、とても参考になります。

我が家は、ブリーダーさんで、子犬を2頭迎えました。

最初のミニチュアシュナウザー はとても活発で、ずっと動きが止まらない感じでしたが、2頭目は、ずっと寝ている感じでした。

体重

ミニチュアシュナウザー

子犬の体重が親と逆転してしまうことはありますが、稀なことです。

ブリーダーさんは、経験豊富なので、ピタッと当てることは難しいですが、子犬の大きさから、成犬の大きさを想像できるはずです。

体重は、犬を飼う上でとても大事なことなので、ブリーダーさんからヒアリングをして、しっかりと把握をしておきましょう。

うちのミニチュアシュナウザー もブリーダーさんが、「この子は足がしっかりしているかも」と言われた通り、大きな子犬から成犬に成長していきました。

ミニチュアシュナウザーの<<大きさ>><<体重>>については、こちらでお話ししています。

子犬の健康状態

ミニチュアシュナウザー 走る

子犬の一番近くにいるブリーダーさんは、子犬のことが一番わかっているはずです。

子犬の健康状態も聞いておきましょう。

ご飯の食べ方、足腰の強さ、被毛の状態、視力など、なんでも子犬のことをブリーダーさんに聞いておくことが大切です。

ブリーダーから子犬を受け取るとき

ミニチュアシュナウザー

値引き交渉はしない

飼い主であるあなたは、ブリーダーさんからできるだけ安く子犬を購入したいと思っているはずですが、できれば値引き交渉はしないようにしましょう。

ブリーダーさんも大切に育てた子犬です。

もし気になるなら、予算を軽く伝えれば、犬種も含めて、ブリーダーさんからいい提案をもらえるかもしれません。

支払いは速やかに

ミニチュアシュナウザー 走る

ブリーダーさんから、子犬を購入すると決めたら、速やかに支払いを済ませましょう。

子犬の支払いが早いのは、ブリーダーさんとの信頼関係もできますし、飼い主の気持ちの整理もつくはずです。

クレジットカードは、ポイントがついたりするので、飼い主にとってはいい支払い方法です。

個人でやっているブリーダーさんにとっては、入金が遅いことと、手数料をとられるので、現金がいいはずです。

支払いへの気遣いも子犬をブリーダーさんから譲り受ける上で、大切なことです。

ブリーダーから子犬を迎えるのまとめ

ミニチュアシュナウザー の子犬

今回は、ブリーダーから子犬を迎えることについて、お話ししました。

ブリーダーさんから、子犬を迎えるのは、ペットショップと比べ、少しハードルが高いのかもしれません。

いいブリーダーさんもたくさんいるので、ゆっくり探していきましょう。

うちの2匹のミニチュアシュナウザー はそれぞれ違うブリーダーさんですが、いい出会いでしたし、10年以上経った今でもお付き合いをさせてもらっています。



-子犬