ミニチュアシュナウザー

コンディション

犬のペット保険がアクサがおすすめなワケは?

犬を飼っている人には、ペット保険に入るかどうかは悩みどころですね。

もしも愛犬が病気になってしまって、ペット保険に入っていなかったら、通院や入院、手術などで高額な金額が請求されたら、困ることでしょう。

ただ、病気にかからなくて一生をすごく犬もいるし、療養費以上に支払う保険料が高かったら、意味のないものなのかもしれません。

ペット保険に加入するかどうかは、損得勘定ではなく、愛するペットのために、いざという時、十分な治療ができるように、備えておくためのものと考えるといい感じです。

ペット保険にはいろいろな会社がありますが、私たちは、アクサを選びました。なぜ選んだのか、お話して行きます。

こちらはいろいろなペット保険が検討できる便利なサイトです。保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

アクサのペット保険は2つのプランがある

アクサのペット保険には、プラン50と、プラン70の2つのプランがあります。

プラン50とプラン70の特長
医療費が10万円かかった場合
プラン50 プラン70
補償金額5万円(自己負担額5万円) 補償金額7万円(自己負担額3万円)
補償上限
50万円 70万円

支払った金額から返金される金額によって変わってくる2つのプランです。

例えば、100000円かかったとすると、プラン50なら、50000円返金、プラン プラン70ならかかった金額の70%が返金されます。

もちろん保険料が変わってくるので、どちらがいいかは、考えどころですが、負担額が少ないプラン70はいざというときに、高額の保険料がかかった場合に助かります。

今回の例で言えば、10万円かかったとしても、アクサのペット保険のプラン70なら、30000円ですむわけです。

ただしプラン70は、満10歳までの年齢の制限があるので、ご注意ください。

動物病院の指定がないのもアクサペット保険のいいところ

ミニチュアシュナウザー

ペット保険の会社によっては、動物病院を指定されたり、かかりつけの動物病院では利用できないこともあります。

アクサのペット保険は、日本全国の動物病院で使えるので、普段ワクチン注射などをうってもらっているところで、そのまま使うことができるので安心です。

もしも怪我をさせてしまった時もアクサのペット保険が補償してくれる

愛犬が他の犬に噛みついて怪我をさせてしまったり、ものをこわしてしまった時などに損害賠償責任が生じた場合に、示談交渉つきで、保険料はかかリますが、補償してくれます。

もちろんリードをしっかりでしっかりと管理をして、損害賠償の請求をされないことが望ましいですが、どうしても心配なら、安心のサービスです。

アクサはペット保険以外に急な異変でも相談できる

もしも夜中に愛犬の調子が悪くなってしまったら、誰かに相談したい気持ちですが、動物病院も診療時間外なので、無理なお話です。

アクサペットペット保険のいいところは、24時間、犬の健康相談が無料できるところです。

嘔吐したとか、犬がご飯を食べないなど、ちょっとした質問でも丁寧に応対してくれます。

アクサのペット保険の支払い方法について

保険会社のよって支払い方法が違いますが、アクサの場合は、まずは、動物病院で全額支払いをして、後から振り込まれる感じです。

動物病院で証明書類をもらって、書類をアクサに送ると、1週間程度で、振り込まれます。

例えば、3万円かかったとして、プラン50なら15000円、プラン70なら、21000円、アクサのペット保険が補償分を返金してくれます。

ペット保険には待機期間がある

ミニチュアシュナウザー

どこの保険会社でもそうですが、待機期間が設けられています。

もちろんアクサのペット保険でも同様です。既に病院でかかっている病気については、補償されませんので、注意が必要になります。

また保険に入ってもすぐに補償されるわけでなく、待機期間があります。

全ての病気が補償してくれるわけではない

通院、手術、入院など基本的には補償上限額の範囲内で補償されましたが、病名によっては、補償してくれないこともあるので、確認しておく必要はあります。

ワクチン摂取、ドッグドックなどの健康診断、歯の治療、歯石取り、不妊治療、去勢などは対象外となります。

また、フィラリア、ノミダニ、狂犬病など、予防できる病気も対象外です。

補償されること 補償されないこと
通院、入院、手術 ワクチン摂取、ドッグドックなどの健康診断、歯の治療、歯石取り、不妊治療、去勢手術。
ノミダニ、フィラリアの処方。

アクサペット保険で、少し前ですが、前年度と、今年度で、補償できる病名が変更になり、炎上した例もあります。

ペット保険の内容については、アクサに限らず変更されることがあるので、その点は注意しておいた方がいいででしょう。

アクサのペット保険に加入するかどうか

ペット保険は最初に申し上げた通り、損得ではなく、もし病気になった時に、十分な医療を受けさせてあげることが大事です。

アクサも支払い上限はありますが、大事な愛犬のため、補償を十分しておくことがいいのではないでしょうか。

いざというときに

高齢犬だからってあきらめないで、子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!  

よく水を飲む病気の愛犬ミニチュアシュナウザー には、犬の水入れのウォーターファウンテン2は、なくてはならないものでした。
ミニチュアシュナウザー が水を飲む

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コンディション

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5