コンディション 老犬

老犬の足に力が入らない時は。5つの対処方法で足の緩和をする

ミニチュアシュナウザー

困っている人

老犬の足に力が入らないことで、よろけてしまうことが多くなってきました。

これ以上悪くならないように、飼い主ができることはありますか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 老犬の足に力が入らないときの対処法
  • 老犬の足に力が入らないときに気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、老犬の足に力が入らないことについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の老犬になって、力が入らない時に、しっかり対応できたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、老犬の足に力が入らない時にしっかりと対処すれば、老犬の足の緩和ができますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

老犬の足に力が入らない時の対処法

ミニチュアシュナウザー

z老犬の足に力が入らない時は、下記の5つを意識することが大切です。

  1. 老犬の足に力が入らない時は、立ち上がる時に補助してあげる
  2. 老犬が足に力が入らないなら、マッサージしてあげる
  3. 老犬の足に力が入らないなら、トイレの時間に注意する
  4. 老犬の足に力が入らないなら、段差や滑るところをなくす
  5. 老犬の足に力が入らないなら、過度の遊びは避ける

それでは1つずつ解説していきます。

①老犬の足に力が入らない時は、補助してあげる

ミニチュアシュナウザー

老犬に足に力が入らない時は、立つときに手を添えて、補助してあげましょう。

もし老犬が、立ち上がりにくそうにしたら、積極的に体を持ってあげて、スムーズに立てるように補助してあげます。

老犬は、足に力が入らないとしても、とにかく立つことが大切です。

立つだけでも、筋肉を使うので、リハビリという意味合いからも、なるべく立たせてあげましょう。

老犬に足に力が入らないなら、足を気遣って、かばうだけでなく、負荷をかけて、老犬の健康寿命を伸ばしていきましょう。

②老犬が足に力が入らないなら、マッサージしてあげる

ミニチュアシュナウザー

老犬の足に力が入らないなら、マッサージしてあげましょう。

老犬になってくると、筋肉量が減って、運動もしたがらなくなったり、散歩も億劫になってきます。

手足を脇から肉球まで、ゆっくりとていねいに、あまり力をいれず、優しくやってあげましょう。

老犬が、痛がらないように、関節や手足の付け根などをマッサージしてあげることです。

人間でいうと、わきの下あたりもしっかりと触ってあげて、優しくマッサージしてあげましょう。

老犬の足に力が入らないなら、関節は、とくにていねいにやってあげるといいでしょう。

老犬には、足や手を両手でゆっくりと動かし、軽いストレッチをしてあげるのもおすすめです。

無理をしないようにストレッチもすると、筋肉も伸びて、運動がしやすくなり、老犬の足の力が入らなくなる症状の緩和にもつながります。

<<老犬介護>>については、こちらでお話ししています。

③老犬の足に力が入らないなら、トイレの時間に注意する

ミニチュアシュナウザー

老犬は、足に力が入らないことで歩くことも遅くなり、トイレに間に合わなくなってくることもあるでしょう。

飼い主は、長い間、犬と暮らしているので、トイレの時間は把握できているはずです。

寝起き、ご飯を食べた後、水を飲んだ後など、トイレをしたいはずなので、即してあげましょう。

老犬の足に力が入らないなら、トイレの場所を増やしたり、私たち飼い主さんが犬の気持ちを察してあげて、頻繁にトイレに連れて行くなど、サポートしてあげることが大切です。

もし老犬が足に力が入らないことで、歩きにくいならば、体を持ってあげて、トイレまで連れていきましょつ。

老犬は、トイレを失敗させないことが、生きる力となり、お互い幸せに暮らせることです。

<<老犬がトイレに失敗する>>なら、こちらの記事がおすすめです。

④老犬の足に力が入らないなら、段差や滑るところをなくす

ミニチュアシュナウザー

老犬の足に力が入らないなら、老犬の歩く導線は、滑らないようにカーペットを敷くようにしてあげると優しいですね。

おうちの中でも老犬に無理をさせないように、階段の上り下りはさせないように、抱っこをしてあげましょう。

ケージも注意が必要です。老犬がケージに入る場合、段差があると、引っかかってしまうこともあるからです。

老犬の水飲みや食事の器が、ケージの中においてある場合は、場所の変更してあげましょう。

老犬に足に力が入らないなら、外での散歩で階段があったら、抱っこあげるなどして、老犬をケアしてあげましょう。

⑤老犬の足に力が入らないなら、過度の遊びは避ける

ミニチュアシュナウザー

老犬が足に力が入らないなら、遊びは過度の運動は、控えるようにしましょう。

老犬は、自分で力の加減をすることがないので、足に力が入らないなら、過度な遊びや運動は控えてあげましょう。

老犬になると足に力が入らないので、踏ん張りがきかなくなっているため、急な動きにも対応できず、怪我の原因にもつながることがあります。

老犬との引っ張りアイコや、追っかけっこは、足に力が入らない老犬にとっては負担になるし、悪化しないとも限らないので、遊びは控えてあげましょう。

老犬と散歩に行く時、車やカートに載せたり、犬を抱っこしてあげれば、下地が土などのやわらかいところに連れて行くと、足腰の負担が少なくなります。

もしドッグランに行きたいなら、走らせる時間を短くしたり、ノーリードにせず、リードでコントロールしてあげるなど、飼い主さんがリーダーシップをとって対応してあげましょう。

老犬が足に力が入らないなら、無理をさせないことが大事です。

老犬の足に力が入らない時に気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

老犬の力が入らないからといって、あまりにも過保護にしてしまうと、どんどん足が悪くなってしまいます。

犬には、リハビリしてよくしたいという気持ちはないので、飼い主がリハビリをしてあげる必要があります。

老犬の足に力が入らないなら、無理をしない程度に短い距離を歩かせてあげたり、その場で立たせるだけでもリハビリになります。

これ以上、老犬の足に力が入らないことで立てなくなってしまうので、バランスを考えて、マッサージ、運動などをしていきましょう。

<<老犬介護>>については、こちらでもお話ししています。

まとめ

今回は、老犬の足に力が入らないことについて、お話ししました。

  1. 老犬の足に力が入らない時は、立ち上がる時に補助してあげる
  2. 老犬が足に力が入らないなら、マッサージしてあげる
  3. 老犬の足に力が入らないなら、トイレの時間に注意する
  4. 老犬の足に力が入らないなら、段差や滑るところをなくす
  5. 老犬の足に力が入らないなら、過度の遊びは避ける

老犬になって足に力が入らないと心配になりますが、しっかりとみてあげて、家族としての愛犬をサポートしてあげましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー も、足に力が入らない時は、いっぱい補助してあげました。

老犬の体が元気であっても、足に力が入らないと、無理して、ケガをしては大変です。

老化によって、徐々に足に力が入らなくなってくることもありますが、病気などで、急に進行してしまい、立てなくなってしまうことも考えられます。

犬は飼い主が頼りです。手となり、足となり、愛犬にいっぱいの愛情で接してあげましょう。

<<犬の介護>>については、こちらでお話ししています。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-コンディション, 老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5