食事

犬が手からしかご飯を食べない理由は?困った時の対処法

犬が手からしか食べない
悩んでいる人

犬がご飯を食べなので困っています。

手からなら食べてくれます。

なにかいい対処方法はありますか。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 手からしか食べない原因
  • 対処法
  • 老犬が食べない時は、どうする?

今回は犬が手からしか食べないときの原因や対処方法について、ご紹介します。

愛犬が甘えん坊さんになって、手からしご飯を食べなくなってしまったら。かわいいけど、困っちゃいますね。

犬にご飯をあげるにも時間がかかりますし、かわいいだけでは済まないこともあるんです。

そこで本記事では、犬が手からしか食べないときの対処方法について、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「手からしか食べなくなった」「老犬はどうしたらいい?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2320人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー590人超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、早速はじめていきましょう。

犬が手からしかご飯を食べないとき、そのまま与え続ける?

子犬のミニチュアシュナウザー

犬がご飯を食べなくても、飼い主が手であげれば食べるのは、さまざまな原因があります。

手から与え続けることで、飼い主の手間もかかりますし、犬も甘えん坊になり、しつけ上、あまりよくありません。

自分からご飯を食べるようにしていくことが大切です。

犬が人間の手からしかご飯を食べない原因

ミニチュアシュナウザー 白

犬が手からしかご飯を食べない原因についてお話しします。

犬が手からしかご飯を食べない原因

  • 甘えている
  • お皿が嫌
  • 環境の変化
  • 場所が落ち着かない
  • ご飯が嫌

それでは1つずつお話ししていきます。

甘えている

犬が手からしか食べないのは、飼い主に甘えているからです。

飼い主の手からご飯をもらえれば、そばにいて世話をやいてくれるので、愛情を感じます。

ただし、「わがままをいえば、飼い主が手でご飯をくれる」と思う犬もいるので、注意が必要です。

お皿が気に入らない

犬がお皿が気に入らなくて、ご飯を食べない可能性があります。

ステンレスのお皿は、歯がうつわにあたって嫌な音がしたり、材質そのものがきらいなこともあります。

環境の変化

今までと環境が変わることで、犬がご飯を食べないのはよくあることです。

「引っ越しをした」「新しく家族(人間、犬)を迎えた」「家族が入院などでいなくなった」などの環境の変化は、犬にとって大きなストレスです。

また迎えたばかりの子犬は、まだ慣れていないので、ご飯を食べないことがあります。

場所が落ち着かない

「テレビの音や話し声」など、音を敏感に感じ、ご飯に集中できず、ご飯を食べないことがあります。

また人間の食べ物の匂いも、落ち着かない原因になっているかもしれません。

ご飯が嫌

ドッグフードを急に変えたり、飽きてしまったりして、ご飯を食べなくなってしまうことがあります。

犬は匂いや食感にとても敏感な動物です。

少しでも変わると、安全確認ができるまで食べなかったりします。

手からしか食べないのも、飼い主のことを信用して、ご飯を食べてくれるのです。

犬が手からしか食べないときの対処法

ミニチュアシュナウザー

時間を決めてご飯を下げる

犬がご飯を食べない時は、時間を決めて、ご飯をさげてしまいます。

いつまでも置いてあると、「いつでも食べられる」と思うからです。

お腹がすけば食べ始めるはずです。

安易に手から与えず、食べないなら一旦下げてしまいましょう。

1日から1日半以上経っても食べないときは、動物病院でみてもらうことをおすすめします。

フードを見直す

ドッグフードが気に入らなくて、ご飯を食べないなら、風味のいいもの、美味しいドッグフードに変えてみましょう。

犬は毎日同じドッグフードだと飽きてしまったり、今食べているドッグフードが気に入らないのかもしれません。

おいしく食べられる!<

モグワンドッグフード

お皿を変える、位置を変える

ステンレスのお皿が気に入らないときは、木やプラスチックなど、素材を変えてあげましょう。

器を変えるだけで、安心して食べ始めるかもしれません。

また高さがあっていないこともあります。

特に老犬は、足腰が弱くなり、低い体勢だと食べにくくなってきます。

人間が手から与えると、ちょうどいい高さにご飯をもってきてくれるので、食べてくれるのです。

老犬が食べないときは、器の高さも考えていきましょう。

フードを温める

ご飯の味の決め手は、特に犬は匂いです。

手でしか食べないのは、飼い主がご飯を鼻先まで持っていくために、匂いを感じているからです。

匂いを感じるために、ご飯を温めてあげましょう。

電子レンジで10秒温めたり、ふやかしてあげるのもいいでしょう。

トッピングをする

大好きなおやつをトッピングしたり、ふりかけなど、ご飯に混ぜてあげると、食欲が出る犬もいます。

ドライフードを食べないなら、ブッチなどウェットフードをトッピングするのもおすすめです。

\ トッピングがおすすめ /

ブッチトライアルセット

ドライフードにブッチを混ぜる方法については、こちらでくわしくお話ししています。

手からしか食べない老犬は、どうする?

ミニチュアシュナウザー 噛む

子犬や成犬なら、手からしか食べないのは、治すことをおすすめしますが、老犬は事情がかわってきます。

体の調子が悪く、甘えているなら、食べてくれるだけでもOKとしてあげましょう。

老犬は手からでも、食べてくれることがとても大事なのです。

<<老犬が食べない>>については、こちらでお話ししていますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は犬が手からしかご飯を食べないことについてお話ししました。

愛犬に甘えられるととっても可愛いし、愛情を感じてしまいますね。

手からしか食べないことで、分離不安など問題がでてくることもあるので、できればうつわから食べるようにしつけをしていくことをお勧めします。

老犬は、こだわらず、とにかく食べさせてあげてくださいね。

-食事