老犬 食事

老犬が食べない時の飼い主ができる食事の工夫と注意すること

老犬が食べない

悩んでいる人

老犬が、ご飯を食べないので、とても心配です。

どうしたら食べるようになるでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

愛犬のミニチュアシュナウザー はもともと食欲がある方ではなかったのですが、老犬になって、さらに食べなくなり、とても悩んでいました。

食べることは生きることだとはわかっていても、顔をぷいっとされると、やはり挫けそうになりました。

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、老犬が食べないことについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー は、普段から食が細かったのですが、老犬になると、さらに食べないことで悩みました。

少しでも食べさせることができたのが、この記事でご紹介する7つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、老犬の食べさせ方を実践することで、愛犬と一緒にいられる時間が長くなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日から実践してみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

老犬が食べない理由

ミニチュアシュナウザー

まず、老犬が食べない理由について、お話ししていきます。

味覚、嗅覚の衰え

老犬になると、味の感覚が鈍くなり、ご飯を食べなくなってきます。

犬は嗅覚で匂いを感じ、食欲が出てきますが、嗅覚が衰えてくると、ご飯を食べたいと思わなくなるのでしょう。

歯の衰え

老犬がご飯を食べないのは、歯が衰えて噛みにくくなっていたり、歯や口周りが痛いのが原因の1つです。

歯は人間にとっても犬にとっても、食欲における大切なアイテムです。

歯が痛ければ、食欲もなくなってきます。

代謝が落ちる

老犬がご飯を食べないのは、基礎代謝が落ちてきて、ご飯をあまり食べられなくなってきます。

人も犬も老化現象の1つで一緒ですね。

筋肉量も減り、運動量も落ちてきます。

老犬が食べない時は、少しでもタンパク質を多くとれるように、ドッグフードの成分表を確認したり、別途ささみなどを与えるなどしてあげるといいでしょう。

嗜好の変化、こだわりが強くなった

老犬が食べないのは、嗜好の変わったり、食への強いこだわりからです。

昨日は食べていたのに、日は食べないとか、ふやかし方へのこだわり、手作りご飯を作った時に、単品なら食べるのに、混ぜると嫌がって食べないなど、老犬にもこだわりがあるようです。

ドッグフードの嗜好の変化も老犬が食べない理由になります。

食欲そのものがなくなる

老犬は、食欲そのものがなくなり、ご飯を食べなくなってしまいます。

老化により、消化器のなどの内臓の働きが弱くなり、食べる量が自然と減ってきます。

老犬が食べないと、とても心配になりますが、食事の回数を増やすなどして、老犬が穏やかに過ごせるようにしてあげましょう。

筋力の衰え

老犬になってくると、食事の姿勢が辛いから、食欲がなくなってきます。

筋力が衰えてきて、特に後ろ足が弱くなり、首をかがむような格好は嫌なので、ご飯を食べないことを選択してしまうのでしょう。

病気

一番心配なのは、老犬が、痛みや内臓の疾患などの病気でごはんを食べないことですね。

老犬の体全体を優しく触ってみて、どこか痛みがないかどうか、探ってあげましょう。

痛みがあるようであれば、嫌がったり、声を出したりするはずなので、注意深くみてあげましょう。

老犬の体をさわるときに、いくらしつけがしてあっても、老犬は嫌なことをされると保身から噛むこともあるので、十分気をつけながら、やっていきましょう。

老犬が食べないときは、排泄物の色や大きさ、硬さもしっかり確認して、注意深く観察していきましょう。

ミニチュアシュナウザー
犬のおすすめドッグフード。犬の大きさや体調に合わせた選び方

続きを見る

老犬が食べない時の7つの解決方法

ミニチュアシュナウザー

ドッグフードを変える

ブッチのドッグフードを食べる

老犬が食べないなら、ドッグフードを変えてみましょう。

普段の与えているドッグフードを食べない場合は、別の種類のドッグフードを与えてみたり、動物病院にも相談し、無脂肪の牛乳を与えてみたりして、味の変化を与えてみることです。

キャットフードは、ドッグフードに比べて栄養も多いので、おすすめです。

老犬が食べないなら、成分などを確認しながら。猫用の缶詰を与えてもいいですね。

ボクのミニチュアシュナウザー も動物病院から試してみるように、おすすめされました。

ドッグフードの食感を変える

老犬が食べないなら、ご飯を変化させましょう。

まずは、ドッグフードにお湯をかけて、ふやかしてあげることから始めましょう。

お湯をかけてから、15分程度たつと、段々冷めてくるので、かき混ぜて、熱いところがないか確認します。

温めると、臭いも出てくるので、食べない老犬には最適ですね。

ふやかすことで、消化にもいいので、ぜひ試してみましょう。

タンパク質の多い無脂肪の多い牛乳をかけると、味変になります。

老犬が食べないなら、ドッグフードを変えてみましょう。

もし老犬で食べないのなら、一度をブッチ ドッグフードを試してみるのも1つです。

ブッチのドッグフードはウェットフードで、冷蔵庫に補完をしておいて、食べさせたい量だけ与えるできるので、便利です。

うちのミニチュアシュナウザー も老犬になり、食べない時でも、食いつきがよかったです。

食事回数を増やしてみる

ミニチュアシュナウザー

老犬が食べない時は、食事を与える回数、時間を変えてみましょう。

老犬になると、運動量がへり、ごはんの時間になっても、食べないかもしれません。

1日2回なら、5回ぐらいに分けるとか、分量をかけてみましょう。

老犬がご飯を食べない時や、残す時は、何度か分けて与えると、少しなら食べるかもしれないし、食べたい気分になっているかもしれません。

老犬が食べない時は、あせらず、何度か時間をかえてあげるといいでしょう。

あきらめないこと

休んでいるミニチュアシュナウザー

老犬が食べないなら、あきらめず、食べさせることです。

食材、与える時間、回数などいろいろな方法を試してみましょう。

食材は、単品で与えたり、混ぜたりと、与え方に変化をつけるのも1つです。

昨日、老犬が食欲がないとしてもあきらめず、与え続けしょう。

5分前に食べなくても、今だったら食べることもあります。

簡単には、老犬が食欲がない時でも、ご飯を片付けず、根気よく何度もトライすることが大切です。

老犬が食欲がないとあきらめないこと。

根気よく老犬と接してあげましょう。

手作りご飯にする

ミニチュアシュナウザー

老犬が食べない場合は、手作りご飯に切り替えましょう。

老犬になり、ドッグフードをもう食べない時期にきているのかもしれません。

野菜や肉などをボイルしてあげて、バランスよく与えていくことといいでしょう。

<老犬の栄養補給>に関しては、こちらの記事もおすすめです。

老犬が食べないなら、豆腐ハンバーグや野菜のアラカルトなど、バリエーションを多くしてあげて、犬が飽きないようにしてあげればバッチリですね。

食材が、混ざってしまうと食べないこともあるので、単品で与えると食べるかもしれないので、トライしてみるといいかもしれません。

老犬が食べない時は、動物病院と相談しながら、手間をかけて、食べない老犬のために手作りご飯を与えてあげましょう。

手作りごはんは、こちらで解説していますので、参考にしてみてくださいね。

愛情いっぱいの手から与える

ミニチュアシュナウザー

老犬が食べないなら、うつわを使うのではなく、犬のご飯を、飼い主の手の上にのせて、老犬の口に、手を近づけてみましょう。

特に手からあげるのにおすすめな食材は、ドッグフードをふやかしたものや、ムネ肉を小さくしたもの、プチトマトを半分に切ってあげると、水分のみずみずしさも加わり、食べてくれます。

老犬を甘えやかすのは、よくないという考え方もありますが、老犬なので、介護という面で考えてみましょう。

<<老犬介護のついて>>は、こちらの記事もおすすめです。

老犬が食べない時は、甘やかしたとしても、食べてくれる方が、老犬の健康を考える上で必要なことです。

犬のご飯を、スプーンで少しずつ手にとって、スプーンからあげてもいいかもです。

スプーンは金属製のものではなく、プラスティックの方が、金属の匂いがなく、おすすめです。

うつわの高さを変えてみる

ブッチのドッグフードを食べる

老犬が食べないなら、うつわの高さを変えてみましょう。

老犬になったことで、腰が弱くなり、体を曲げるのが、辛くなっているからです。

うつわの高さが低いと、ご飯を食べるのがおっくうになってしまっているのかもしれません。

老犬の様子をしっかりみてあげて、ご飯が食べやすい高さに変えてあげましょう。

高さに関係なく、うつわが嫌いになってしまったことで、老犬がご飯を食べないことがあります。

うつわの種類を変えてあげると、食べ始めることもあるので、チャレンジしてみましょう。

散歩で気分転換してみる

ミニチュアシュナウザー

老犬が食べない時は、運動不足で、お腹が空いていないこともあるので、気分転換をかねて散歩に出かけてみましょう。

過度な運動は、老犬に負担になるので、軽く歩く程度で十分です。

気分転換で散歩をしたあとは、ゆっくり休ませて、落ち着いたら、食べさせてみましょう。

老犬になり、動くのが億劫になると、運動量が減ってきます。

老犬が食べないなら、とにかくトライアンドエラー。

いろいろ試してみましょう。

老犬が食べないのは、ストレスかもしれないので、<<老犬の留守番>>はなるべくさせないようにしましょう。

老犬が寝たきりになってしまったら

老犬が寝たきりになってしまったら、ごはんを食べないと体が弱ってしまうので、注意しながら、食事を与えていきましょう。

食べさせる前の準備

老犬が寝てきりになってしまったら、体をマッサージしてあげて、食べる準備をしてあげましょう。

寝返りをさせてあげるだけでも、運動になります。

少しでも老犬が食べてもらえるように準備をしていきましょう。

食べさせるとき

老犬にごはんを食べさせる時は、誤飲をしないように、状態を起こしてあげましょう。

食事は、ハンドミキサーなどで、スムージーにしてあげるといいでしょう。

スプーンやシリンジなどで、むせないように注意しながら、与えていきます。

老犬が食べない時は、動物病院に行く

ミニチュアシュナウザー

老犬が食べないなら、病気の可能性があるので、早めに動物病院に連れて行きましょう。

成犬の時代は、多少食べなくても大丈夫なことが多いですが、老犬が食べないことは、命に関わってきます。

動物病院で、検査が必要なことがあるので、お金はたくさん持っていくことをおすすめします。

どうしても老犬が食べないなら、点滴をしてくれることもあるので、相談してみましょう。

老犬がほとんど食べなくなってしまったら

ミニチュアシュナウザー

老犬には好きなものを

老犬がほとんど食事を食べないなら、好きなものを与えるようにしてあげましょう。

食事制限をするよりも、とにかく食べさせることが重要になってきます。

塩味など、味をつけて食べればその方がいいし、プリンなどのスイーツだったら、食べるかもしれません。

老犬が食べないなら、動物病院と相談しながら、糖質や油分の制限など、食事制限を解除していくことも必要になってきます。

<<老犬の食事について>>は、こちらでもお話していますので、ぜひご覧ください。

老犬がご飯を食べないけれど、水を飲む時

老犬がほとんど食べなくなってしまったら、水分補給だけでもしっかりとしていきましょう。

水を飲むのは難しくなってきているかもしれませんが、みかんなどの果物からも水分は取れます。

どうしても自分で水分をとりにくいなら、誤飲に気をつけながら、シリンジで口に含ませてあげましょう。

老犬が食べない時のよくある質問

ミニチュアシュナウザー

老犬が食べないなら、うつわを片付けなくてもいい?

老犬がご飯を食べない時は、うつわを片付けず、放置しておいた方がいいでしょうか。

なぜなら、食べたいときに食べることができると思うからです。

老犬がご飯を食べない場合は、片付けるのがセオリーですが、老犬は一度に食べられないし、いつ食欲が出てくるかわかりません。

なま物を置きっぱなしはよくないですが、カリカリの乾燥したドッグフードを置いておくのがいいでしょう。

我が家の愛犬は、外出から帰ってくると、いつの間にかドッグフードがなくなっている場合があります。食べてくれるとうれしいし、安心できますね。

ミニチュアシュナウザー
犬のおすすめドッグフード。犬の大きさや体調に合わせた選び方

続きを見る

老犬が食べないことのまとめ

今回は、老犬が食べないときのことについてお話ししました。

老犬が食べないことが心配ですね。

食べさせることが、難しくなってきて、大変ですが、それでも最後までしっかりと面倒をみてあげることを忘れないようにしましょう。

うちのミニチュアシュナウザー も老犬になり、食べないことがしょっちゅうだったので、いろいろ工夫しました。

老犬が食べないなら、しっかりと手間をかけて、愛情いっぱいの手作りご飯を作ってあげたり、食べる方法を変えるなどをしてあげるといいですね。

いざというときに

高齢犬だからってあきらめないで、子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!  

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-老犬, 食事
-, ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5