老犬

犬が階段を使うことの危険性と対策について

ミニチュアシュナウザー

あなたの愛犬は階段は大丈夫ですか?

Facebookやインスタグラム、TwitterなどのSNSを見ていると、階段が得意な犬と、あまり得意ではない犬がいることがわかります。

おうちが2階建で階段を自由に登りおりができる犬もいるし、階段を怖がって動けなくなっている犬もいるでしょう。

犬が階段を使うと、筋肉を強くすることもできるし、腰に負担がかかる懸念もあります。

犬が階段を使う危険な面と、安全に利用するための対策について、どうしたらいいかお話ししていきます。

犬の階段の昇り降りは対策が必要?足腰に負担がかかる。

犬の階段の昇り降りは、健康な犬にとっても足腰への負担が大きいため、対策が必要になってきます。

犬によっては、目があまりよくなく、奥行きの認識ができない犬は、階段がどのぐらいの高さなのか、何段の階段なのか把握できないこともあるので、踏み外してしまったり、足腰に負担がかかってきます。

階段が苦手な犬は、テレビが見えないかもしれません。うちのミニチュアシュナウザーは、3次元の感覚がないせいか、テレビが見えず、階段も苦手です。

ミニチュアシュナウザー
犬の留守番でテレビをつけておいたほうがいい?

続きを見る

特に、老犬になると後ろ足が弱ってきて、蹴る力が弱くなってきます。登り際に後ろ足が引っかかってしまうことがあるので対策が必要です。

階段でなくても段差や車の乗り降りなども、嫌がったり、引っかかったりして、足腰への負担がかるので、注意してあげましょう。

ミニチュアシュナウザー が海岸にいく
老犬の後ろ足が弱いなら。リハビリと筋力アップは無理をさせない

続きを見る

犬が階段を使う場合のケガの危険性

犬が階段を登る際に、階段が怖いために、思いっきり勢いをつけて登る犬がいます。うちの犬がまさしく2、3段の階段を登る時の行動です。

一緒に階段を登ろうとして、無理にリードを引っ張ったりすると、それこそケガのもとになってしまうので、注意してあげましょう。犬が骨折をしたり、ヘルニアをわずらったりしたら、大変ですね。

階段を、犬本人が登りたがる場合もあるでしょう。あなたがいないところで、勝手に登ってけがをしてしまうこともあるかもしれません。下りは特に足を踏みはずさないとも限らないので、しっかりと対策をしてあげましょう。

階段にゲートの設置の対策をして、犬のケガを防ぐ

おうちの中に階段がある場合、勝手に犬が階段を昇り降りしないように、ゲートを設置することをおすすめします。工事すると大変なので、ツッパリ棒で簡単に設置できるものもあるので、対策していきましょう。

犬の階段の上り下り防止のための対策用のゲートは、上と下、2箇所に設置してしましょう。留守番の際は、いつも過ごしている方に犬を移動して、過ごさせてあげましょう。

犬の階段のために滑り止めマットで対策する

ミニチュアシュナウザー

犬が階段を昇り降りする際に滑らないように。マットを敷くのもおすすめです。階段だけでなく、玄関やリビングなどにもマットを敷いて対策をしておくといいでしょう。また階段に手作りでスロープを作ってあげるのも1つですね。

階段を登り降りさせてはいけない犬

老犬など足腰が弱い場合は、階段を登り降りさせないようにすることも必要になってきます。一般的に老犬になると足腰が弱くなってきます。

うちのミニチュアシュナウザー は、立って歩くだけで、ヨタヨタして、後ろ足が滑っています。フローリングの床には、マットが強いてあるのですが、それでも筋肉が弱っているせいか滑ってしまうのです。

このような老犬は、階段の昇り降りは危険です。もし犬が昇り降りをしたがっても抱っこをしたり、ゲートを設置して階段を利用させないことが、ケガを防ぐという意味でも大事ですね。

階段を使って犬とトレーニング

犬とトレーニングのために階段を使うのは、筋肉維持にも有効です。もし怖がったらやめておきましょう。

犬にリードをつけて、飼い主さんが愛犬に寄り添い、トレーニングをしていきましょう。階段は登るだけにして、下りは避けた方が賢明です。

飼い主さんも十分対策をして、気をつけてケガをしないようにしてくださいね。

またネットショップで市販の階段を販売しているので、それでトレーニングしてもいいですね。

犬への階段の対策は、スロープがおすすめ

犬が階段が怖い場合や、ケガが心配の場合は、無理に上り下りをさせず、対策として、スロープがおすすめです。手作りで設置をしたり、手軽に持ち歩けるものもあリます。持ち歩けるものは、車の乗り降りも、安心して乗せることができます。

スロープの幅や、犬の体重などを考慮して、使用していくようにしましょう。スロープから落ちてしまうと大変なので、対策として、必ずリードをつけて、飼い主さんが見ているところで上り下りすることをおすすめします。

うちのミニチュアシュナウザー はそこそこ体重があるのですが、スロープも怖いので、抱っこをして車に乗せています。

まとめ

犬の階段が無理しないことがいいと思います。うちのミニチュアシュナウザー は子犬の頃から階段が苦手でした。スロープがあるところはそちらを使い、なるべく階段は使わないようにしています。

階段は足腰への負担も大きいので、注意をしながら使っていきましょう。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5