しつけ 老犬

老犬がトイレを失敗する時の対策。失敗させないようにする方法は?

悩んでいる人

老犬がトイレを失敗してしまいます。

失敗しないようにするには、どうしたらいいですか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬がトイレを失敗させないための対策
  • 老犬介護の準備
  • 気をつけること

今回は、老犬のトイレの失敗しないようにするにはどうしたらいいかお話しします。

老犬になると、トイレの回数も増えて、失敗することもあるでしょう。

老犬を叱るのは、かわいそうでできないし、叱っても自分がイライラするだけです。

そこで本記事では、老犬を飼っている人に簡単に理解できるように、わかりやすく解説していきます。

「老犬がトイレを失敗したらどうすればいい?」「おむつは必要?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、早速はじめていきましょう。

老犬がトイレに失敗させないための対策

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレをなるべく失敗しないようにする方法をご紹介します。

老犬をトイレに失敗させないために

  • タイミングを把握する
  • トイレまで誘導する
  • 場所を増やす
  • カーペットを敷く
  • オムツをつける
  • 留守番を減らす

それでは1つずつお話していきます。

タイミングを把握する

老犬がトイレを失敗しないようにするには、トイレのタイミングを把握することが大切です。

タイミングがわければ、失敗を防ぐことができるからです。

タイミングがわかったら、トイレに連れていってあげましょう。

成犬の頃から子犬にころのように、トイレの回数が増えてきます。

老犬がトイレを失敗してしまうのは、トイレが近くなり、だんだんと回数が増えてくるからです。

老犬のトイレのタイミング

  • 老犬が、起きた時
  • 老犬が、ご飯を食べた後
  • 老犬が、水を飲んだ時
  • 飼い主が、外出から帰ってきた時
  • 老犬が、寝る前 など

老犬がトイレを失敗しないように、飼い主が把握して、トイレに即すようにしてあげましょう。

老犬が病気で水を飲む量が増えると、比例してトイレの回数も増えます。

トイレを失敗しないようにタイミングをみて、トイレに連れていきましょう。

老犬介護のトイレについては、別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

トイレまで誘導する

老犬が食事をしたとき、水を飲んだ時、起きた時は、トイレのタイミングです。

トイレを失敗しないように、トイレまで誘導してあげましょう。

足腰が弱っていて歩きにくいなら、立つのを補助するのも大切です。

老犬が立たせるのが大変なら、ハーネスを支えば、力が少なくてすみます。

場所を増やす

老犬が足腰も弱くなってトイレを失敗するなら、場所を増やしてあげましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー は。老犬になり、トイレを失敗することが多くなってから、対策をしました。

我が家の老犬トイレの失敗対策

普段のケージの中がトイレだったのですが、バスルームの前でもしょっちゅうしてしまったので、バスルームの入り口にも、ペットシーツをおくようにしました。

また老犬が下痢が激しくなった時は、ペットシーツとビニール袋を、家の各所において、トイレを失敗しないように準備をしておきました。

老犬は所定の場所でトイレをしないといけないことは十分わかっています

自分の気持ちとは裏腹に、失敗してしまうのです。

老犬はトイレを失敗したなら、十分自分が悪いことは理解していますよ。

老犬がトイレに失敗したしても、叱らないようにして何事もなかったように片付けてあげましょう。

カーペットを敷く

老犬の足腰が弱くなってくると、フローリングはすべりやすく、歩きにくくなってきます。

歩くのが億劫になり、トイレをその場でしてしまう失敗もあります。

フルーリングの上に50センチ四方ぐらいのカーペットを敷いておけば、万が一老犬がトイレに失敗してもすぐに交換できます。

オムツをつける

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレの失敗が多くなる場合は、介護でオムツをつける時期なのかもしれません。

老犬の筋肉が弱ってきて、犬自身もいつしたいのかわからなくなってきているかもです。

老犬がトイレに失敗しないように、オムツをつけて、いつでもできるようにしてあげるのも1つです。

ただし嫌がる老犬もいるし、おむつは意外と手間がかかります。

またオムツが嫌で外してしまう犬もいます。

老犬介護のオムツについては別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

留守番を減らす

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレを失敗するなら、留守番を減らし、ストレスを少なくしてあげましょう。

老犬が、トイレのしつけをした場所とは違うところで失敗するのは、留守番のストレスかもしれません。

うちのミニチュアシュナウザー もずっと留守番が長かった時、帰宅すると嫌がらせのように、カーペットに上でしていたことがあります。

ストレスがたまらないように、散歩や遊びで、運動で発散させてあげましょう。

<<老犬の留守番>>のことは、こちらでお話しています。

老犬がトイレを失敗する理由

ミニチュアシュナウザー

老化

犬が年齢を重ねると、歩いたり、走ったりするのが遅くなったり、ジャンプ力がなくなり、老化が進んできます。

筋肉が衰えて、最後は歩けなくなってくる老犬も少なくありません。

老犬介護については、別記事でお話しています。

筋肉の衰え

老犬の筋肉の衰えは足腰もそうですが、膀胱のしまりがなくなり、お漏らしをしてしまうこともあります。

ちょっとした弾みで、おしっこがでてしまうこともあるでしょう。

人間の老人同様、筋肉に衰え、ふんばる力、がんばる気持ちもなくなってきて、トイレの失敗につながってしまうのです。

病気の可能性

老犬がトイレを失敗するのは、慢性腎不全などの病気の可能性もあります。

また認知症が出てきたり、トイレの意識が薄くなることもあります。

心配なら、かかりつけの獣医さんに早めに相談することをおすすめします。

老犬のトイレのしつけで気にすべきこと

老犬がトイレを失敗する時のしつけは必要?

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレを失敗する時は、しつけはせず、違う方法を考えていきましょう。

子犬の頃、トイレのしつけをしっかりとしてずっとできていたとしてもです。

失敗が多くても、トイレのしつけは卒業です、

老犬はトイレを失敗したとしても、それは故意ではないので、しつけをするのはかわいそいうです。

老犬は、トイレは失敗してはいけないことは、十分わかっているはずです。

老犬にトイレのしつけをするよりも、<<老犬介護>>について考えてあげる方が懸命です。

老犬介護が始まったら、いっぱいかわいがってあげて、トイレを失敗しても愛情いっぱいに片付けてあげましょう。

老犬のトイレの失敗のまとめ

今回は、老犬のトイレの失敗についてお話しました。

老犬がトイレを失敗させないようにするためには、

  • 老犬のトイレの間隔を把握する
  • タイミングをみて、トイレを即す、させる
  • 留守番を極力させない
  • 新しいトイレの場所を作る
  • オムツをつける

です。

うちにミニチュアシュナウザー は、老犬になり、いろいろ対策をしたら、トイレの失敗しなくなりました。

失敗したとしても無かったことにしたので、お互い気持ちよく生活できましたよ。

<<老犬介護のトイレ>>についての記事もおすすめです。

-しつけ, 老犬