しつけ 老犬

老犬がトイレを失敗するなら。3つの解決策でトイレの失敗がなくなる

困っている人

老犬がトイレを失敗してしまいます。

しつけをしっかりしてあったのですが、失敗しないようにするには、どうしたらいいですか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 老犬のトイレの失敗について
  • 老犬がトイレに失敗するなら、介護の始まり
  • 老犬のトイレの失敗で気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、老犬のトイレの失敗について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の老犬になって、老犬のトイレの失敗をしなくなったのは、この記事でご紹介する3つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、老犬がトイレの失敗をせず、穏やかに過ごすことができますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

老犬がトイレに失敗する時は

ミニチュアシュナウザー

下記の3つを意識することで、老犬のトイレが失敗しなくなります。

  1. タイミングを把握する
  2. 足腰が弱い理由なら
  3. 留守番を減らす

それでは1つずつ解説していきます。

①老犬がトイレに失敗するなら、タイミングを把握する

ミニチュアシュナウザー 留守番

老犬がトイレを失敗してしまうのは、トイレが近くなり、だんだんと回数が増えくるからです。

老犬のトイレのタイミングを把握して、失敗しないようにしてあげましょう。

老犬のトイレのタイミング

  • 老犬が、起きた時
  • 老犬が、ご飯を食べた後
  • 老犬が、水を飲んだ時
  • 飼い主が、外出から帰ってきた時
  • 老犬が、寝る前 など

老犬がトイレを失敗しないように、飼い主が把握して、トイレに即すようにしてあげましょう。

老犬の水の量が増えると、比例してトイレの回数も増えるので、トイレを失敗しないようにタイミングをみて、トイレに連れていきましょう。

老犬が水を飲みのは、病気になってしまっていることもあるので、獣医さんに症状を伝えて、適切に処理をしていきましょう。

②足腰が弱いなら

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレを失敗するなら、場所を増やす

老犬がトイレを失敗するなら、場所を増やしてあげましょう。

老犬がトイレを失敗してしまうのは、足腰も弱くなってきたからです。

我が家のミニチュアシュナウザー は。老犬になり、トイレを失敗することが多くなってから、対策をしました。

普段のケージの中がトイレだったのですが、バスルームの前でもしょっちゅうしてしまったので、バスルームの入り口にも、ペットシーツをおくようにしました。

また老犬が下痢が激しくなった時は、ペットシーツとビニール袋を、家の各所において、トイレを失敗しないように準備をしておきました。

老犬は所定の場所でトイレをしないといけないことは十分わかっていますが、自分の気持ちとは裏腹に、失敗してしまうのです。

老犬はトイレを失敗したなら、十分自分が悪いことは理解しています。

老犬がトイレに失敗したしても、叱らないようにして何事もなかったように片付けてあげましょう。

老犬にトイレを失敗させたくないならオムツをつける

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレの失敗が多くなる場合は、介護でオムツをつける時期なのかもしれません。

老犬の筋肉が弱ってきて、犬自身もいつしたいのかわからなくなってきているかもです。

老犬がトイレに失敗しないように、オムツをつけて、いつでもできるようにしてあげるのも1つです。

③留守番を減らす

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレを失敗するなら、留守番を減らし、ストレスを少なくしてあげましょう。

老犬が、トイレのしつけをした場所とは違うところで失敗する時は、留守番のストレスかもしれません。

うちのミニチュアシュナウザー もずっと留守番が長かった時、帰宅すると嫌がらせのように、カーペットに上でしていたことがあります。

老犬がトイレを失敗する原因は、ストレスです。

ストレスがたまらないように、散歩や遊びで、運動で発散させてあげましょう。

<<老犬の留守番>>のことは、こちらでお話しています。

老犬がトイレに失敗するなら、介護の始まり

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレに失敗をし始めたら、介護の始まりです。

介護というと、何か気が重くなるかもしれませんが、老犬をかわいがってあげることで、新たな愛情が生まれてきます。

老犬介護になると、トイレが失敗するのが当たり前になってきます。

介護は、トイレのお世話の他、食事や病気のことなど、さまざまなことがあります。

無理をせず、できる範囲でやっていきましょう。

あまり神経質になりすぎると、飼い主が疲れてしまうことは、老犬も望んでいないはずです。

もし老犬がトイレに失敗したとしても、何もなかったように振る舞うことができるような精神力をつかておきましょう。

大丈夫、心配しなくても、老犬はわかってくれるはずです。

老犬のトイレのしつけで気にすべきこと

老犬がトイレを失敗する時のしつけは必要?

ミニチュアシュナウザー

老犬がトイレを失敗する時は、もうしつけはせず、違う方法を考えていきましょう。

子犬の頃、トイレのしつけをしっかりとしてずっとできていたとしても、老犬になると、トイレを失敗し始めることがあります。

老犬はトイレを失敗したとしても、それは故意ではないので、しつけする意味はありません。

老犬は、トイレは失敗してはいけないことは、十分わかっているはずです。

老犬にトイレのしつけをするよりも、<<老犬介護>>について考えてあげる方が懸命です。

老犬介護が始まったら、いっぱいかわいがってあげて、トイレを失敗しても愛情いっぱいに片付けてあげましょう。

老犬のトイレの失敗のまとめ

今回は、老犬のトイレの失敗についてお話しました。

  1. タイミングを把握する
  2. 足腰が弱い理由なら
  3. 留守番を減らす

老犬がトイレを失敗させないようにするためには、

  • 老犬のトイレの間隔を把握する
  • タイミングをみて、トイレを即す、させる
  • 留守番を極力させない
  • 新しいトイレの場所を作る
  • オムツをつける

です。

うちにミニチュアシュナウザー は、老犬になり、いろいろ対策をしたら、トイレの失敗しなくなりました。

失敗したとしても無かったことにしたので、お互い気持ちよく生活できましたよ。

<<老犬介護のトイレ>>についての記事もおすすめです。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-しつけ, 老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5