コンディション

犬の暑さ対策は?7つの対策で体調を管理する

ミニチュアシュナウザー

困っている人

犬の暑さ対策はどうすればいいでしょうか、

体調が心配なので、エアコンはつけっぱなしがいいですか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬の暑さ対策について
  • 犬の暑さ対策で気にすべきこと

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は、犬の暑さ対策について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしっかり体調管理ができたのは、この記事でご紹介する7つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の暑さ対策をすることで、犬との生活が楽しくなりますよ。

それでは、さっそく始めていきましょう。

トイプードル

下記の7つの犬の暑さ対策をして、犬の体調が悪くならないようにしていきましょう。

  1. 犬の暑さ対策は、人と暑さの感じ方を考える
  2. 犬の暑さ対策をして、散歩でする
  3. 犬の暑さ対策は、室内も大事
  4. 犬の暑さ対策のエアコンの使い方
  5. 犬の暑さ対策は、春、秋が重要
  6. 犬の暑さ対策は、ドライブでも
  7. 犬の暑さ対策は、ドッグランも

それでは1つずつ解説していきます。

①犬の暑さ対策は、人と暑さの感じ方を考える

トイプードル

犬の暑さ対策をするには、犬と人との暑さの感じ方の違いを把握して、対策をしていきましょう。

犬の体温は人間よりも1、2度高い平均38度程度で、人間は暑くなると、汗をかくことにより、体温の調節を行っていますが、犬にはありません。

犬は汗をかかず、口で呼吸をして体温調節をしているので、体温調節がしにくく、暑さ対策をしてあげないと、体調を悪くしてしまうのです。

犬は、はーはー息が荒くなる時は暑さを感じているので、早めの暑さ対策をしてあげましょう。

おうちの中でも、犬の床の部分と、人の生活空間では、温度が違うので、考えながらエアコンなどで暑さ対策をしていくことが大切です。

また老犬になると、暑さも感じにくくなることもあるし、老犬は、暑さに対してかなり弱いので、しっかりと暑さ対策をしてあげましょう。

②犬の暑さ対策を、散歩でする

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬の暑さ対策は、夏場は特に注意して、やるようにしましょう。

夏になり、朝7時を超えると、アスファルトの温度もかなり上昇して、直接足をつけて歩く犬にとっては肉球をやけどをしてしまう可能性があります。

地面の温度が上がると、大気中の気温も上昇させ、照り返しもあり、我慢できないぐらいの暑さになってしまうこともあります。

犬の散歩は、暑さの対策のことも考えて、朝早く行ったり、夕方は、遅めにいくなどして、体調に気をつけながら、散歩をしてあげましょう。

アスファルトは暑いので、芝生の上などを歩くようにして、犬が火傷をしないように暑さ対策をしてあげましょう。

犬の散歩での暑さ対策は、外にいる時間を少なくしてあげて、その分、おうちの中でおもちゃを使って遊んであげる時間を長くして、運動不足にならないようにしてあげましょう。

<<散歩の楽しみ方>>はこちらでもお話しています。

③犬の暑さ対策は室内も大事

犬の暑さ対策は、部屋の場所によって、温度差があることを把握しながらやっていきましょう。

特に気をつけないといけないのは、日中温度です。

朝は室内温度が低いので、犬の暑さ対策が必要ないと思っても、日中、日が当たる場所と当たらないところではかなりの温度差があります。

犬は留守番中、どこで過ごすかわからないので、部屋全体が涼しくなるような暑さ対策をしていきましょう。

④犬の暑さ対策のエアコンの使い方

ミニチュアシュナウザー

犬の暑さ対策は、エアコンを上手に使ってやっていきましょう。

日中どのぐらい温度が上がるか事前にわからないですし、急な天候の変化により、おうちの中の温度が急上昇することも考えられます。

犬がいる場合、ずっとエアコンをつけっぱなしにして、暑さ対策していきましょう。

エアコンの機種によっては、フィルターが目詰まりしていると、故障と認識して運転を停止してしまうものもあるので、こまめに清掃と点検もしておきましょう。

エアコンを使う場合、部屋全体が涼しくなるとは限らないので、扇風機を併用して、風を作ってあげると犬の暑さ対策は万全です。

我が家は冷気が対流するように、サーキュレーターで風が循環するようにして、犬と人間の暑さ対策をしています。

<<エアコンの設定温度>>はこちらでお話ししています。

⑤犬の暑さ対策は、春、秋が重要

ミニチュアシュナウザー

犬の暑さ対策は、春、秋が重要です。

夏はだれでも暑いと思っているので、犬の暑さ対策は当然のようにしますが、犬にとって、春や秋の季節も暑さ対策は大切です。

地球温暖化によって、最近は5月ぐらいでも。気温が30度越えというのも珍しくなくなってきました。

秋の残暑もとても暑いので、犬の暑さ対策もしていかないと、生命に関わることなりかねないので、しっかりとやっていきましょう。

⑥犬の暑さ対策はドライブでも

ミニチュアシュナウザー と人

犬の暑さ対策は、ドライブでもしていきましょう。

ちょっとした病院に行く時でも、犬の暑さ対策は必要です。

車の室内温度はおうちよりも直射日光があたるので、かなり高くなります。

車のエアコンをつけていたとしても、設定温度に届かずに暑くなってしまったり、信号待ちなどで車で停止した場合も温度が上昇してきます。

車内の運転席、助手席、後部座席など場所によっても温度は変わり、エアコンのきき具合も違うので注意が必要です。

犬の暑さ対策として、車のエアコンの温度は低めに設定をしてあげて、人間は寒ければ、1枚着るぐらい気持ちで、犬が暑くならないようにしましょう。

特に老犬は、暑さにとても弱いです。

エアコンをかけていたとしても、熱中症にならないように十分注意し、暑いようなら出かけないという犬への思いやりの気持ちも大切です。

ドライブ中の休憩

犬の暑さ対策は、ドライブ休憩中もしっかりしていきましょう。

犬を連れていると、途中のレストランなどによることが難しいので、コンビニで食事を調達して済ませるという人も多いでしょう。

少しの間だったらと思うかもしれませんが、数十秒で、車の室内温度は急上昇します。

車内に一人、犬といっしょに残って、窓を開けるとか、最低限の時間にするなど、犬の暑さ対策をしてあげましょう。

⑦犬の暑さ対策はドッグランも

ミニチュアシュナウザー

犬の暑さ対策は、ドッグランでもしっかりやっていきましょう。

ドッグランは、直射日光があたり、暑さで犬もバテてしまうので、時間を短くしたり。ドッグランに入る時間も考えて、暑さ対策をしていきましょう。

冷感服

ミニチュアシュナウザー

犬のドッグランでの暑さ対策は、服を水で濡らすことで、冷感を感じる犬用の服を利用するようにしましょう。

水に濡らして、服をしぼって着せておけば、車の中でもびしょびしょになることはないので、便利です。

犬の暑さ対策に最適です。

飲み水

ミニチュアシュナウザー が水を飲む

犬の暑さ対策は、水分補給がとても大切です。

ドッグランの水を飲まない犬もいるので、飲み水を用意して、暑さ対策をしてあげましょう。

飲み水は、車の中で熱くなってしまうので、クーラーなどに入れておいて、冷やした水をあげるといいでしょう。

犬は、運動直後や緊張状態から、水をすぐに飲まないこともあリます。

犬が走ったあと、少し時間をおいて再度、水をあげる工夫も必要です。

また水を飲んだ後に、すぐに出発すると、犬が気持ちを悪くしてしまい、嘔吐することもあるので、気をつけましょう。

<<おうちで水飲み>>のおすすめは、こちらでお話ししています。

タオル

犬の暑さ対策のために、タオルは何枚か用意して持っていきましょう。

タオルの使用目的例

  • 汚れた体をふく
  • タオルを濡らして、よだれをふく
  • 暑さ対策で、犬の体をタオルで冷やす

ドッグランで、犬が泥や土で汚れる場合もありますし、他の犬になめられて、よだれがついていることもあります。

犬は暑くても発汗作用がなく、運動することにより、呼吸でハーハーして、よだれが大量に流れ出ます。

犬の汚れた被毛を放置しておくと、毛玉の原因になってしまうので、しっかりと濡れタオルで拭き取ってあげましょう。

犬の暑さ対策で気にすべきこと

トイプードル

犬の暑さ対策は、とても大事ですが、その中でも子犬や老犬は特に注意してやっていきましょう。

子犬や老犬は、成犬に比べて気温への対応ができづらくなっています。

暑ければ、散歩は控えめにしたり、エアコンはつけっぱなしにして、体調が悪くならないように、暑さ対策をしていきましょう。

<<老犬の寒さ対策>>も合わせて気にしておきましょう。

犬の暑さ対策のまとめ

今回は、犬の暑さ対策について、お話ししました。

  1. 犬の暑さ対策は、人と暑さの感じ方を考える
  2. 犬の暑さ対策をして、散歩でする
  3. 犬の暑さ対策は、室内も大事
  4. 犬の暑さ対策のエアコンの使い方
  5. 犬の暑さ対策は、春、秋が重要
  6. 犬の暑さ対策は、ドライブでも
  7. 犬の暑さ対策は、ドッグランも

暑さは犬によっては大敵です。

しっかりと犬のために、暑さ対策をして、犬が熱中症になったりしないようにケアをしてあげましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー も暑さ対策と、寒さ対策をすることで、気温のとる体調変化はありませんでした。

犬がハーハーと息をするようなら、暑いので、しっかり暑さ対策をしてあげましょう。

-コンディション