コンディション

犬の暑さ対策は?過信しない犬の体調管理

ミニチュアシュナウザー
悩んでいる人

犬の暑さ対策はどうすればいいでしょうか。

体調が心配なので、エアコンはつけっぱなしがいいですか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬の暑さ対策
  • 犬が熱中症が疑われるときの対策
  • 老犬や子犬の暑さ対策
  • 脱水症状をおこさせないために

今回は犬の暑さ対策についてご紹介します。

犬は意外と暑さに対して弱く、熱中症になったり、脱水症状をおこしがちです。

そこで本記事では、犬が快適に暮らせるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「エアコンはつけっぱなしがいい」「熱中症になってしまったら」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは、早速はじめていきましょう。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の暑さ対策

白ミニチュアシュナウザー

犬の暑さ対策についてお話します。

犬の暑さ対策

  • エアコンはつけっぱなしにする
  • 日陰や風通しをよくする
  • 犬の散歩は暑さに注意して
  • いつでも新鮮な水を飲める状態にしておく
  • 夏場はサマーカットにする
  • 犬の暑さ対策グッズを使う
  • ドライブでのの暑さ対策
  • ドッグランで気をつけること

それでは1つずつお話していきます。

エアコンはつけっぱなしにする

夏場は犬のために24時間エアコンをつけることをおすすめします、

留守番の時のあつさ対策は、特に大切です。

朝涼しいと思っても、ずっとエアコンをつけっぱなしにしてあげましょう。

エアコンのチェック

エアコンはときどき点検して、正常の動くかどうかも確認することも忘れずに。

エアコンの機種によっては、フィルターが目詰まりしていると、故障と認識して、運転を停止してしまうものもあります。

<<エアコンの設定温度>>はこちらでお話ししています。

日陰や風通しをよくする

エアコンを効率よく作動してしてもらうために、カーテンをしめて日陰を作って、室内温度があがらないようにするのもおすすめです。

また、サーキュレーターをつけて、エアコンの風を回してあげると、効率よう犬の暑さ対策ができます。

犬の散歩は暑さに注意

犬の散歩は、涼しい時間にしてあげるようにしましょう。

夏になり、朝7時を超えると、アスファルトの温度もかなり上昇します。

直接足をつけて歩く犬にとっては、肉球をやけどをしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

地面の温度が上がると、大気中の気温も上昇させ、照り返しもあり、我慢できないぐらいの暑さになってしまうのです。

特にダックスなど、ボディが地面と近い犬種は、気をつけてあげましょう。

犬の散歩の暑さ対策

  • 朝早くいく
  • 夕方、遅めにいく
  • 日陰を選ぶ
  • アスファルトは熱いので、やけどをしないように芝生の上などを歩く

犬の散歩が足りなければ、おうちの中でおもちゃを使って遊んであげる時間を長くして、運動不足にならないようにしてあげましょう。

<<散歩の楽しみ方>>はこちらでもお話しています。

過信は禁物

犬は人間が思う以上に、暑さに弱い動物です。

夕方涼しくなったかなと思っても、地面に近い犬の体には負担がかかります。

もっと行きたいと犬にせがまれても、早めに切り上げたり、日陰を歩くなど、気をつけてあげましょう。

はーはーと息が荒いなら要注意です。

いつでも新鮮な水を飲める状態にしておく

犬のために、いつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。

朝た出かける前には、水入れの水は多めに用意してあげることが大切です。

脱水症状を起こして、熱中症にならないためにも、水のチェックはいつでもしてあげてくださいね。

夏場はサマーカットにする

犬の暑さ対策のためにも、夏場はサマーカットにするのもおすすめです。

犬は発汗作用がないため、毛が長いととても暑く感じてしまいます。

サマーカットにすることで、皮膚の状態もチェックできるので便利ですよ。

犬の暑さ対策グッズを使う

犬のために、サマークッションを利用するもの暑さ対策です。

夏用クッションは、ひやっとするので、気持ちよさそうですよ。

車での暑さ対策

ドライブ

犬の暑さで心配なのは、車の中です。

ちょっとした病院に行く時でも、犬の暑さ対策は必要です。

車の室内温度は直射日光があたるので、少しの時間でもかなり高くなります。

車のエアコンをつけていたとしても、注意が必要です。

設定温度に届かずに暑くなってしまったり、信号待ちなどで車で停止した場合も温度が上昇してきます。

犬の暑さ対策として、車のエアコンの温度は低めに設定をしてあげましょう。

人間は寒ければ、1枚着るぐらい気持ちでちょうどいいでしょう。

ドライブ中の休憩

犬の暑さ対策は、ドライブ休憩中もしっかりしていきましょう。

春先から秋までは、コンビニで食事を調達して済ませるという人も多いでしょう。

少しの間だったらと思うかもしれませんが、数十秒で、車の室内温度は急上昇します。

車内に一人、犬といっしょに残って、窓を開けるとか、最低限の時間にするなど、犬の暑さ対策をしてあげましょう。

ドッグランの暑さ対策

犬の暑さ対策は、ドッグランでもしっかりやっていきましょう。

ドッグランは、直射日光があたり、暑さで犬もバテてしまいます。

時間を短くしたり。ドッグランに入る時間も考えて、暑さ対策をしていきましょう。

冷感服

犬のドッグランでの暑さ対策は、服を水で濡らすことで、冷感を感じる犬用の服を利用するようにしましょう。

水に濡らして、服をしぼって着せておけば、車の中でもびしょびしょになることはないので、便利です。

犬の暑さ対策に最適です。

飲み水

犬の暑さ対策は、水分補給がとても大切です。

ドッグランの水を飲まない犬もいるので、飲み水を用意して、暑さ対策をしてあげましょう。

飲み水は、車の中で熱くなってしまうので、クーラーなどに入れておいて、冷やした水をあげるといいでしょう。

犬は、運動直後や緊張状態から、水をすぐに飲まないこともあリます。

犬が走ったあと、少し時間をおいて再度、水をあげる工夫も必要です。

また水を飲んだ後に、すぐに出発すると、犬が気持ちを悪くしてしまい、嘔吐することもあるので、気をつけましょう。

<<おうちで水飲み>>のおすすめは、こちらでお話ししています。

タオル

犬の暑さ対策のために、タオルは何枚か用意して持っていきましょう。

タオルの使用目的例

  • 汚れた体をふく
  • タオルを濡らして、よだれをふく
  • 暑さ対策で、犬の体をタオルで冷やす

ドッグランで、犬が泥や土で汚れる場合もありますし、他の犬になめられて、よだれがついていることもあります。

犬は暑くても発汗作用がなく、運動することにより、呼吸でハーハーして、よだれが大量に流れ出ます。

犬の汚れた被毛を放置しておくと、毛玉の原因になってしまうので、しっかりと濡れタオルで拭き取ってあげましょう。

犬が熱中症が疑われるときの対策

白ミニチュアシュナウザー トリミング

動物病院に連れていく

犬が熱中症になったと感じたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。

元気がない、ぐったりしているなど、息が荒いなどは要注意です。

水を飲ませる

犬がぐったりしているなら、まずは水を飲ませてあげましょう。

急に水を飲ませると、むせたり、嘔吐してしまうこともあるので、少しずつ飲ませてあげるのがポイントです。

体を冷やす

水で冷たく濡らしてタオルで体を拭いてあげたり、体全体が覆うようにしrて、体を冷やしてあげましょう。

脇の下、首を冷やす

脇の下や首は付近は大きな血管が集まっています。

氷で包んだタオルを当てると、体温を下げられます。

スポーツドリンクを飲ませる

脱水症状を起こしていると、水さえ体が受け付けないことがあります。

スポーツドリンクで水分を補給するといいでしょう。

ただし与えすぎるとカロリー過多になってしまうので、気をつけましょう。

脱水症状をおこさないために

ミニチュアシュナウザー 白

犬は水を飲む習慣があまりないので、脱水症状にしないために、水分をとらせてあげる必要があります。

でも、犬に「水を飲め」といっても飲んでくれるわけではないでしょうね。

適切な水分量をとってもらうには、ウェットフードがおすすめです。

ウェットフードは、水分の他、栄養もしっかり含まれているので、夏場の食事にいいですね。

おすすめのウェットフード「ブッチ」

詳しくはブッチ ドッグフード をご確認ください。

 

ブッチは、子犬から老犬までやわらかくて食べやすいドッグフードです。

初回トライアルセットならとてもお安く購入できますよ!

春、秋の暑さ対策が重要

ミニチュアシュナウザー

犬の暑さ対策は、夏場だけでなく、春、秋もしっかりとやっていきましょう。

夏はだれでも暑いと思っているので、犬の暑さ対策は当然のようにしますが、犬にとって、春や秋の季節も暑さ対策は大切です。

地球温暖化によって、最近は5月ぐらいでも。気温が30度越えというのも珍しくなくなってきました。

秋の残暑もとても暑いので、犬の暑さ対策もしていかないと、生命に関わることなりかねないので、しっかりとやっていきましょう。

老犬や子犬の暑さ対策

ミニチュアシュナウザー 野津

子犬や老犬は、成犬に比べて、温度の適応ができず体調を崩してしまいがちです。

温度は低めに設定して、暑さ対策をしてあげましょう。

息がはーはーしているなら、暑い証拠です。

また、介護している老犬は、動物病院の先生と相談しながら、エアコンの温度を消えていくことをおすすめします。

犬の暑さ対策のまとめ

今回は、犬の暑さ対策について、お話ししました。

暑さは犬によっては大敵です。

しっかりと犬のために、暑さ対策をして、犬が熱中症になったりしないようにケアをしてあげましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー も暑さ対策と、寒さ対策をすることで、気温のとる体調変化はありませんでした。

犬がハーハーと息をするようなら、暑いので、しっかり暑さ対策をしてあげましょう。

-コンディション