問題行動

犬が自分の手をなめる原因とやめさせる方法

ミニチュアシュナウザー
悩んでいる人

犬が自分の手をなめるので、困っています。

何か気をつけることはありますか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬が自分の手をなめるなら
  • 自分の手をなめる原因
  • 飼い主の手をなめるなら

今回は、犬が自分の手をなめることについてお話しします。

犬が手をなめると、毛玉の原因や湿疹になってしまうと、なかなか治らなくなってしまいます。

原因を探り、早めの対策をしていきましょう。

そこで本記事では、犬がなぜ自分の手をなめるのか、また対策の大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「なぜ手をなめるの?」「いくら注意してもやめない」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは、早速はじめていきましょう。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2400人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー760人を超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が自分の手をなめるときの原因

ミニチュアシュナウザー 子犬

かまってほしい

犬が自分の手をなめるのは、飼い主にもっとかまってほしいからです。

飼い主が過保護になっていないかも、チェックしていきましょう。

遊ぶ時jは遊ぶ。睡眠をとるために放置することも。犬にとってはとても大切な時間です。

ヵわいからかまいたい気持ちはわかりますが、ずっといっしょでないといけない関係性は分離不安の原因にもなります。

ひまつぶし

犬は、単なる暇つぶしで自分の手をなめるlことがあります。

それほど気にする必要はないかもしれませんが、遊びに誘ってみたり、おもちゃの音を鳴らすなどしてあげるといいでしょう。

ストレス

ミニチュアシュナウザー

犬が自分の手をなめるのは、留守番が多く、ストレスやさみしさから、分離不安になっているからです。

犬が分離不安で自分の手をなめるのは、ほとんどの場合、無意識でなめているので、原因である留守番を少なくしてあげましょう。

犬が自分の手をなめるのを放置してしまうと、さらに分離不安が進み、精神的にも不安定になってしまい、無駄吠えなどに発展してしまうかもしれません。

けがをしている

ミニチュアシュナウザー

犬が自分の手をなめるときは、手足や、肉球の間までチェックして、ケガをしていないか、確認してみましょう。

散歩の時に、トゲがついたり、割れたビンなどを踏んで、ケガをしてしまい、犬が保身のために、自分の手をなめることで、治そうとしているのかもしれません。

病気のサイン

犬が自分の手をなめるのは、病気のサインからしれないので、体のすみずみまでボディチェックしていきましょう。

犬が、病気などで不安な気持ちから、自分の手をなめることで、気持ちを落ち着かせているのです。

犬がどこか痛みがあったり、不調を紛らわすために、自分の手を舐めることを通して、飼い主に伝えているのです。

犬が自分の手をなめるのをやめさせる対策

白ミニチュアシュナウザー

手足を清潔にする

まずは手足を清潔にすることからはじめていきましょう。

  • タオルでふいてあげる
  • 手足をシャワーで流し、水洗いする
  • シャンプー液をつけて洗ってあげる

シャンプー液をつけたら、液が残らないようにしっかりと水で流します。

残っていると、かゆみや毛玉になり、自分の手をなめる原因になってしまうからです。

遊ぶ時間を作る

犬は飼い主が頼りなので、限度はありますが、犬が自分の手を舐めることのないよう、しっかりと遊んであげて、ストレスを解消してあげましょう。

<<犬が手をなめるのをやめさせる>>ことについては、こちらでお話ししています。

分離不安にしない

もし犬が留守番のストレスで、自分の手をなめている場合は、しつけをしたり、ストレスが解消できるようにしてあげることが大切です。

<<留守番のしつけ>>については、こちらでお話ししています。

ストレスで自分の手をなめるのをやめない場合は、犬の精神が安定するようなサプリメントもあるので、それを使うのも1つです。

愛犬も外出から帰ると、手がびしょびしょになっていることがよくあったので、自分の手をなめることでストレスを解消していたんだと思い、叱ることはせず、心のケアにつとめました。

肉球のケア、怪我の処置

犬が、傷口をなめ続けると、バイキンが入り悪化してしまうかもしれないので、自分の手をなめるのはやめさせて、傷口には、クリームを塗って、ケアにつとめてあげましょう。

特に冬は寒さで、肉球がかさかさになってしまい、犬が自分の手をなめることがあるので、ワセリンを塗って、保湿に心がけましょう。

犬が自分の手をなめるなら、清潔にするために薬用シャンプーで洗ってあげるのもおすすめです。

エリザベスカラーをつける

もしどうしても、犬が自分の手を舐めるのをやめない場合は、エリザベスカラーで、手に触れないようにしてあげましょう。

<<エリザベスカラー>>については、こちらでもお話ししています。

愛犬のミニチュアシュナウザー も手をケガをしていると、自分の手をなめることがよくありました。

赤く湿疹になったり、毛玉になっては困るので、しっかりとみてあげていました。

病院につれていく

犬が自分の手を舐めるのがとうしてもやめなら、動物病院に連れていくことをおすすめします。

獣医師が病気を見受けてくれるかもしれませんし、ケガの手当てもしてくれるはずです。

また分離不安など精神的なことは、サプリメントを処方してくれることもあるので、気軽に連れていきましょう。

犬が飼い主の手をなめるなら

ミニチュアシュナウザー

犬が自分の手を舐めるのは安心する

犬が飼い主の手をなめるなら、大事な飼い主の手をきれいにしてあげて、自分の匂いをつけてあげる愛情の表れでもあります。

犬に飼い主の手を舐められた場合は、かぶれることもあるので、犬が落ち着いてからしっかり石鹸などで洗い流すようにしましょう。

手を洗い終わってから、犬が手を舐めたいと訴えてきたら、今日はおしまいなどと声をかけて、終わりにしましょう。

犬が自分の手をなめることで安心しているのです。

犬が手をなめることのまとめ

今回は、犬が自分の手をなめることについて、お話ししました。

犬が自分の手や顔を舐めるのは愛情表現であり、さみしさでもあります。

ストレスがたまらないように、しっかりと遊んであげたり、散歩で気分転換させてあげましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー もよく自分の手をなめることがありましたが、見つけたらすぐに対応することが大切だと感じました。

-問題行動