ミニチュアシュナウザー

問題行動

犬が吠えるなら、飼い主が変われば犬も吠えなくなる?!

犬が吠え続けると、うるさいし、いくらかわいい愛犬といってもイライラするのが飼い主の心情です。

しかしたら近所にも聞こえていて、迷惑をかけているかもしれません。

ではどうしたら、犬が吠えるのをとめることができるのでしょう。

犬が吠えるのをとめる前に飼い主さんの行動をチェックしてみましょう。

犬が吠える時の飼い主のチェックリスト

  • 私は高い声だ
  • 犬が吠えるとイライラしてもっとイライラする
  • ドッグランに行ったことがない
  • 犬が吠えるとどうしていいかわからなくなる
  • 犬がしたいことはなんでもしてあげたい
  • ケージに入れておいて犬が吠えたら出してしまう
  • 犬と一緒に寝ている
  • 犬の目を見て言葉を会話したことがない
  • あまり散歩に行かない
  • うちの犬は世界で一番かわいいと思っている

 

いくつ、あてはまりましたか?

この質問に内容が決して悪いわけではありませんが、もしかしたら犬が吠える原因にもなっているかもしれません。

犬は飼い主さんをみて行動します。

飼い主の行動を変えると、吠えることがいけないことと理解したり、もっと面白いことがあると、そちらに興味がいって、吠えることが少なくなっていきます。

では1つ1つみていきましょう。

犬が吠えるなら、飼い主は低い声で

犬が吠えるなら、飼い主は低い声で対応する必要があります。

飼い主がずっと高い声だったら、犬が叱られているのか、ほめられているのかわからないのです。

犬は言葉で理解しているというよりも、声のトーンや飼い主さんの表情で認識しています。

高い声で叱ったとしても、遊んでくれていると間違った認識をしたり、戸惑っているのもしれないのです。

犬が吠えるなどの問題行動でおこし、叱るときは、低い声で短く、その瞬間にしっかりと叱っていきましょう。

犬のしつけにおいての<<ボイスコントロール>>はこちらで。

犬が吠えるときは、飼い主の忍耐が大事

犬が吠える時は、飼い主の忍耐力が大事です。

犬が吠えるとイライラしてもっとイライラする

ケージに入れておいて犬が吠えたら出してしまう

犬に吠え続けれると、飼い主さんは憂鬱になってきます。

とにかくうるさいし、イライラしてきますよね。

犬が吠えるのは原因があります。

ただイライラするのではなく、原因を探り、飼い主さん自身が行動をかえることが大切です。

犬をケージに入れた状態で吠えることをやめなかったら、出してあげたくなるのが飼い主の心情です。

でも出してしまったら、犬は吠えることで、ケージから出してくれると理解してしまいます。

犬は吠えることで要求を通そうとしてしまいます。

飼い主さんも忍耐が必要です。

かわいそうだと思っても決めたことは、しっかりとやっていきましょう。

犬が吠えるのは、要求を通そうしてしているので飼い主はきいてはいけない

ミニチュアシュナウザー

犬が要求を通そうとして吠えるなら、飼い主は、犬のいうことをきいてはいけません。

要求吠えはきいてはダメです。

犬がしたいことはなんでもしてあげたい

犬の目を見て言葉を会話したことがない

犬と一緒に寝ている

犬は欲求にまかせて、したいように行動しようとします。

犬を自由に行動させると、私たち飼い主の生活が成り立たなくなってしまうので、行動を制御したり、犬が気持ちよく行動できるようにうながしてあげることが大切です。

犬がしたいことをしてあげたいのは、すごくよくわかりますが、もし犬の要求を全部きいていたら、とてもわがままな犬になっていくので、あまりいいことではありません。

自由というのは、ある程度制約された不自由な世界から、見つけることで幸せを感じます。

自由は不自由な中にあるのです。

おもちゃをなんでも買い与えることがいいことではなく、我慢させることで、本当に欲しいおもちゃがみつかります。

駄々をこねて犬が吠えるのは、要求を通そうとしているので、飼い主さんであるあなたは、無視し続けましょう。

犬が疲れて寝てしまったら、飼い主さんの勝ちです。

また一緒に寝ることは否定はしませんが、主従関係を構築する上で、弊害になっているのかもしれません。

犬が吠えるなら、飼い主の行動範囲を広げよう

犬が吠えるなら、飼い主の行動範囲を広げましょう。

あまり散歩に行かない

ドッグランに行ったことがない

犬を室内だけで生活をさせると、家の外がどんな世界なのかわからないので、何かが起きると恐怖や威嚇するために吠えることがあります。

散歩に行って、他の犬に触れさせたりして、社会性を身につけることで、犬も怖いものが少なくなってきます。

玄関チャイムがなって吠えるのは、犬が恐怖を感じているかもしれません。

音が怖かったり、これから何が起こるかわからないので、吠えてしまうのです。

チャイムが以外のものに興味を持っていったり、チャイムが怖いことでないことを飼い主さんが教えてあげることで、犬は恐怖を感じなくなり、吠えることが少なくなります。

犬が威嚇で吠えるときは、飼い主さんがその場を離れる行動も必要になってきます。威嚇で吠えられると相手はいい気がしないし、子供だったら恐怖に感じてしまいます。

犬を落ちつかせて、なだめてあげて、他の犬や人が敵ではないことをしっかりと飼い主さんが教えてあげましょう。

トイプードル
犬との主従関係の作り方とは。【上下関係を作ると犬は安心する】

続きを見る

犬が吠えるなら、飼い主は考え続ける

犬が吠えるのをやめないなら、理由をずっと考え続けましょう。

もしわからないなら、しつけ教室で他人であるプロにアドバイスをもらうのも1つです。

犬が吠えるとどうしていいかわからなくなる

うちの犬は世界で一番かわいいと思っている

犬が吠えることは、怖かったり、要求を通そうとしているので、飼い主さんが冷静な判断をして、対応していくことが大切です。

犬に吠え続けられたら、平常心を保つのは難しいかもしれませんが、リーダーである飼い主さんが常に冷静であることたとても重要です。

理由は比較的単純なことかもしれませんので、しっかりと愛犬を観察してあげましょう。

犬が吠えることは無駄吠えで問題行動です。飼い主さんの行動次第で、わがままでない犬になっていくはずです。

ミニチュアシュナウザー の食欲
犬の無駄吠えをしつけで治す6つのコツとは

続きを見る

犬が吠えるのは、飼い主と遊びたいから

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬が吠えるのは、飼い主と遊びたいからです。

普段は吠えないのに、ドッグランに行くと犬が吠える場合は、遊びたくて吠えているはずです。

飼い主であるあなたと愛犬だけだったら遊んであげてもいいかもしれません。

ただし他の犬に吠えているときは、やめさせないと不快な思いをさせてしまいます。

遊びたくて吠える場合は、家でおもちゃを使って遊んであげて、興奮してきたら一旦遊びをやめて、なだめてあげるようにしましょう。

興奮状態から、クールダウンをすることを覚えることで、犬が遊びと普段の生活との区切りができてきます。

犬が吠えたら、飼い主さんと遊んでもらえないことを理解させましょう。

まとめ

犬が吠えるのは、犬が持っている本能なので、それを0にすることはできないのですが、飼い主さんの行動を変えれば、少なくすることはできます。

しっかりと愛犬をみてあげて、犬がどうしたら吠えること以外に興味を持つのか考えていきましょう。

ゲージの中の子犬
犬がなぜ吠えるのか。犬が吠える7つの理由とは。

続きを見る

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-問題行動

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5