ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方。飼いやすい犬にする方法

困っている人

ミニチュアシュナウザー はどんな性格でしょうか。

飼い方で気をつけることはありますか。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方
  • ミニチュアシュナウザー の性格は、叱らない飼い方をするといい
  • ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方で気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー と楽しく過ごすできたのは、この記事でご紹介する6つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、ミニチュアシュナウザー の性格を理解すれば、飼い方が楽になりますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方

ミニチュアシュナウザー おすわり

下記の6つの飼い方と性格を理解すると、ミニチュアシュナウザー とうまく付き合うことができます。

  1. 飼い方で、性格が従順になる。
  2. 明るい性格を生かす
  3. 争いごとなしの飼い方がいい
  4. 聡明な性格を生かす
  5. 親身な性格を生かす
  6. 気遣い上手の性格を生かす

それでは1つずつ解説していきます。

①飼い方で性格が従順になる。

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの飼い方は、従順な性格を生かしていくと、しつけがとてもうまくいきます。

無理に従わせようとせず、ミニチュアシュナウザーの性格を考えて、自ら進んでやりたくなるように、しつけをしていきましょう。

犬のしつけは、とにかくほめることです。

ミニチュアシュナウザー は、叱るのではなく、ほめる飼い方をすると、とても素直な従順な犬に育っていきます。

ミニチュアシュナウザー の性格を考えたほめ方

  • ミニチュアシュナウザー の名前を呼んで、こちらを向いたらほめる。
  • ご飯を食べたら、ほめる。
  • 首輪をつけさせてくれたら、ほめる
  • おもちゃを離したらほめる
  • トイレができたら、すごくほめる

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、ほめることで従順な性格になっていくので、とても飼いやすくなります。

<<従順な性格>>については、こちらでお話ししています。

とにかくミニチュアシュナウザー は性格や態度がひねくれておらず、飼い主のことを真正面から見つめて、素直に従おうとするので、性格を生かした飼い方をすればいいのです。

ミニチュアシュナウザー に、しつけをしっかりしていけば、素直な性格に育ってくれるので、飼い方に苦労することもないでしょう。

<<ミニチュアシュナウザー の従順な性格>>については、こちらでお話ししています。

②ミニチュアシュナウザー を明るく育てる

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、明るい性格を生かすと、うまく育てることができるでしょう。

明るい性格は、ウジウジしないので、多少叱ったとしても、すぐに忘れてしまうので、飼い方が楽にできます。

ミニチュアシュナウザー をしつけで叱ることも、とても大切です。

犬が、叱られたことを気にして、気分が落ち込むことがあったら、真剣に叱ることも躊躇してしまいますが、ミニチュアシュナウザー の明るい性格は、一緒に遊んだり、散歩にいくと、飼い主までも明るくしてくれます。

何にでも真剣に取り組む性格は、心をポジティブにさせてくれてくれるので、気持ちも楽にしてくれます。

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、飼い主も一緒にポジティブになるようにすれば、飼い主の生活も楽しくなるでしょう。

ただし、頭がよく、警戒心が強い性格なので、最初は人見知りをしてしまうかもしれません。

ミニチュアシュナウザー は、すぐに仲良くなれる性格なので、あまり気にしなくても大丈夫です。

もしもミニチュアシュナウザー の飼い方がわからなかったら、しつけ教室で相談してみるのもいいでしょう。

ミニチュアシュナウザー は、基本的には、誰にでも心を開いてくれるので、しつけ教室で他の人に預けたとしても、従順に言うことをきくはずです。

柔軟性のある対応ができる性格のミニチュアシュナウザー は、誰でも偏見を持つことをなく、フレンドリーの接してくれるおりこうな性格の犬なので、飼い方も苦労しないでしょう。

③性格を穏やかに育てる方法

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の性格で、穏やかに育てていくと、従順で明るい性格になります。

ミニチュアシュナウザー は、争いごとが大嫌いなので、喧嘩をしない、見せない飼い方をするといいでしょう。

ミニチュアシュナウザー がいる場所で、家族間でケンカをすると、ハウスに逃げ込んだり、または家族の間に入ってくれたりして、良好な人間関係を保とうとします。

ミニチュアシュナウザー の飼い方を考えているはずなのに、自分たちが反省しないといけないことが多々出てきます。

家族で会話をしていても 、犬は言葉がわからないので、ちょっと声が大きくなると、けんかをしているのではないかと勘違いして、悲しい目をする優しい性格です。

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、繊細の性格を考えて、とにかく家族円満にしていることが大切です。

飼い主が、喧嘩などをしていると、ミニチュアシュナウザー の気持ちが不安定になり、体調を崩したり、性格も頑固になってくるので、飼い方は気をつけましょう。

<<ミニチュアシュナウザー の特徴>>については、こちらでお話ししています。

④聡明な性格を生かす

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、聡明な性格を生かすといいでしょう。

ミニチュアシュナウザー の頭がいい性格は、主従関係のしつけをしておかないと、飼い方が大変になります。

ミニチュアシュナウザー は、基本的に、リーダーに従いますが、飼い主がリーダーになるような飼い方をしないと、秩序がなくなり、大変なことになります。

ミニチュアシュナウザー は聡明な性格なので、物事がよくわかっています。

主従関係ができていないと、欲望のままに。自分のやりたいようにしてしまったり、自分が気に入らないことがあると、いたずらをしてしまうので、ミニチュアシュナウザー の飼い方が難しくなります。

ミニチュアシュナウザー は聡明な性格で、リーダーに従順に従いたいと思っているので、飼い主がしっかりと自覚を持った飼い方をすれば、良好な関係が築くことができます。

<<主従関係の作り方>>はこちらでお話ししています。

⑤親身な性格を生かす

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、親身になる性格を生かすと、犬と飼い主と良好な関係が構築されるので、飼いやすくなります。

飼い主さんが落ち込んでいるとき、またうれしいことがあったときに、ミニチュアシュナウザー に話しかけると、耳を傾けて真剣に聞いてくれたり、首をかしげて反応する犬もいるでしょう。

ミニチュアシュナウザー は言葉がわからないのに、飼い主さんの話を親身に聞いてくれる聞き上手な性格の犬です。

ミニチュアシュナウザー は飼い方は、犬も頼られるとうれしい性格なので、甘えるのもありかもしれません。

ドッグフードを食べないなら

うちの愛犬もブッチ ドッグフードはよく食べました。

⑥ミニチュアシュナウザー の気遣い上手の性格を生かす

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、気遣い上手な性格を生かしていくと、明るくいいこに育っていきます。

ミニチュアシュナウザー をドッグランに行くとよく思うのですが、自己主張をあまりせず、他の犬を優先してあげる性格です。

遊びに誘うことは誘うのですが、ミニチュアシュナウザー からしつこくいくようなことはあまりなく、相手がのってこないと、あきらめてしまうのです。

ミニチュアシュナウザー は、周りの空気をしっかり読んで、気遣い上手な性格の犬です。

決して甘やかした飼い方をしているわけではありませんが、飼い主さんにずっとくっついて、そばを離れないミニチュアシュナウザー もいるかもしれません。

少しは他の犬と遊んでくればいいのになあと思うこともあリます。

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、積極的に明るい性格を生かすようにしてあげれば、いい感じに育っていくでしょう。

ミニチュアシュナウザー の性格は、叱らない飼い方をするといい

反省達人な性格なので、終わったことは忘れる

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、反省達人な性格なので、終わったことは忘れてしまいましょう。

ミニチュアシュナウザを留守番させて、飼い主が外出から帰宅をして、いたずらを見つけるとします。

ミニチュアシュナウザー は自分でいたずらをしたことはわかっていますし、素直な性格なので、自分が悪いことをしたときは、しっかりとそのことを認め、反省の態度をしめします。

いたずらを反省し、どこかに隠れてしまったり、叱られるのがわかっているので、表情も申し訳なさそうな顔をします。

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、素直に反省する性格を尊重し、叱ることではなく、終わったことは忘れてあげるようにしましょう。

犬は今を生きている動物なので、過去のことは叱ることはタブーです。

ミニチュアシュナウザー の性格は、従順で、自分のミスはしっかりと認める態度です。

ミニチュアシュナウザー の飼い方を考えることを通して、私たちも見習わないといけないことですね

ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方で気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

留守番を少なく

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、さみしがりやの性格なので、常にかまってあげないと、「自分のことは好きではないの?」と勘違いをして、とても不安になります。

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、性格を考えて、束縛するぐらいが、ちょうどいいのかもしれません。

ミニチュアシュナウザー は留守番が苦手な性格なので、なるべく外出を減らす飼い方にしましょう。

頭がいいので、外出するのも理解していますし、連れて言ってくれないと、分離不安になったり、無駄吠えをしてしまうこともあります。

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、常に一緒にいてあげることが大事ですが、飼い主にも生活があるので、留守番のしつけをしたり、体力を消耗させて、不安な気持ちにならないように、疲れさせてあげることも大事です。

運動量の多いミニチュアシュナウザー なので、散歩に行ったり、遊んであげて、飼い主も一緒に運動する飼い方をすれば、わがままな性格になることもないでしょう。

<<ミニチュアシュナウザー の留守番>>については、こちらの記事もおすすめです。

性格が頑固なので、しっかりとしつけが必要

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの性格は、頑固なので、飼い方が難しく、飼いにくいと言われることがあります。

犬との主従関係ができていないと、頑固な性格が、いうことをきいてくれないとなってしまうからです。

ミニチュアシュナウザー の性格が頑固になるかどうかは、飼い方次第です。

もともと持った素直さや、ミニチュアシュナウザー の従順な性格を生かしていけば、決して飼いにくい犬種ではありません。

もし犬がいうことをきかないなどと思ったならば、ミニチュアシュナウザー にも言い分があるはずだし、無駄吠えしたり、トイレを失敗してしまうかもしれません。

ミニチュアシュナウザー の性格が頑固になったと思ったら、飼い方を工夫していきましょう。

ミニチュアシュナウザー の飼い方と性格についてのまとめ

今回は、ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方についてお話ししました。

  1. 飼い方で、性格が従順になる。
  2. 明るい性格を生かす
  3. 争いごとなしの飼い方がいい
  4. 聡明な性格を生かす
  5. 親身な性格を生かす
  6. 気遣い上手の性格を生かす

ミニチュアシュナウザーの従順な性格を生かす飼い方をすれば、うまくいきます。

うちの愛犬も時々いたずらしたりしましたが、しつけをしっかりしたおかげで、とてもいいこに育ってくれました。

ミニチュアシュナウザー を飼う前は、飼い方が難しいのでは、気難しい性格ではないかと心配しましたが、そんなことはありませんでした。

ミニチュアシュナウザーを飼うのは、従順でとてもおりこうな犬なので。飼い方も楽な犬種です。

逆に自分の気持ちを心に納めて、飼い主さんの言うことを聞いてしまうこともあるので、ストレスがたまらないように、接してあげることが大切です。

ミニチュアシュナウザー が飼いにくいと言われることがありますが、気になる方はこちらの記事も。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミニチュアシュナウザー

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5