ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの性格は?飼いにくい?

ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方
悩んでいる人

ミニチュアシュナウザー の性格や飼い方について知りたいです、

吠え癖や噛み癖がなく、飼い主に従順でl、飼いにくい犬にしない方法を教えてほしいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • ミニチュアシュナウザー の性格
  • 飼いにくい犬にしない方法
  • ミニチュアシュナウザー の飼い方

今回は、ミニチュアシュナウザー の性格や飼い方についてご紹介します。

飼い主に従順で、とても賢い、ミニチュアシュナウザー 。

ただし。飼い方次第で、飼いにくい性格の犬になってしまいます。

小型犬のわりに力が強く、性格が頑固なところもあるので、わがままになるので、注意しましょう。

悩んでいる人

わがままにしないためにどうしたらいいの?

そこで本記事では、ミニチュアシュナウザー を飼ったことがない人でも理解できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「ミニチュアシュナウザー って飼いにくい性格なの?」「しつけって必要?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは早速はじめていきましょう。

犬の健康のために栄養を補給するなら。

テレビCMでお馴染みのモグワンがおすすめ!

モグワン公式サイトはこちら

ミニチュアシュナウザー の性格を生かした飼い方

ミニチュアシュナウザー 呼び出す

ミニチュアシュナウザーの性格は、「陽気で明るい」「活発」「従順」そして「頑固」なところがあります。

他の犬とも仲良くできる友好的な性格は、子供のいる家庭でも飼いやすいですよ。

ではミニチュアシュナウザー の性格について、詳しくみていきましょう。

  • 明るい性格
  • 従順な性格にする飼い方
  • 聡明な性格を生かす
  • 好奇心旺盛
  • 頑固な性格のしつけ方
  • 警戒心が強い
  • 優しい性格を生かした飼い方

それでは1つずつお話ししていきます。

ミニチュアシュナウザー は明るい性格

ミニチュアシュナウザー はもともと陽気で明るい性格なので、明るく育てると飼い方が楽になります。

基本的に人懐っこく、だれとでも仲良くなれる性格です。

もちろん飼い主に従順で、大好きです。

とてもポジティブな性格は、いたずらをして叱られても、ウジウジして根に持ったりしません。

だからミニチュアシュナウザー と明るく生活することで、どんどんいい子になっていきます。

ただし頭がよく、警戒心が強い性格なので、最初は人見知りをする犬もいます。

でもだいじょうぶ。すぐに仲良くなれる性格なので、あまり気にしなくてもいいですよ。

従順な性格にする飼い方

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は飼い主にとても従順な性格です。

飼い主のことが大好きで、他の人にも友好的なので、家庭犬としてもおすすめです。

ミニチュアシュナウザーの飼い方は、従順な性格を生かしていくと、しつけがとてもうまくいきます。

無理に従わせようとせず。自ら進んでやりたくなるように、ほめるしつけをしていけば、飼い主に従順に従うからです。

ただし、しつけをしないとわがままな性格になり、飼いにくい犬に変身する可能性があるので、注意が必要。

ミニチュアシュナウザー の性格は、基本は従順なので、飼い主がしっかりすることが大事なのです。

ミニチュアシュナウザー は、叱るのではなく、ほめるです。

褒める育て方

  • 名前を呼んで、こちらを向いたらほめる。
  • ご飯を食べたら、ほめる。
  • 首輪をつけさせてくれたら、ほめる
  • おもちゃを離したらほめる
  • トイレができたら、すごくほめる

ミニチュアシュナウザー は、とにかくほめる育て方をすれば、飼いやすい犬のままなのです。

性格や態度がひねくれておらず、飼い主のことを真正面から見つめて、素直に従おうとするはずです

怒ってばかり、叱ってばかりだと、ミニチュアシュナウザー が飼いにくい性格に変身します。

<<ミニチュアシュナウザー の従順な性格>>については、こちらでお話ししていますので、参考にしてみてくださいね。

犬のしつけは、ほめるのがいいとわかっていても、ほめるのがとても苦手でした。
高い声でほめるなんて恥ずかしいじゃないですか。
でも犬のためと思ったら、だんだんできるようになりました。

ちょっとブレイク

従順でおりこうなミニチュアシュナウザー には、おいしいご飯を与えていますか?

美味しいドッグフードで、心身ともに健康的な育て方をしていきましょう。

運動量の豊富なミニチュアシュナウザー には「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンは、チキンとサーモンなど、タンパク質がたっぷり含まれています。

またバナナやリンゴ、トマトなどの野菜やくだものの栄養価が、バランスよく配合されたドッグフードです。

手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス
プレミアムドッグフード『モグワン』

 

>>最大20%OFFキャンペーン実施中!!

モグワンを購入する

聡明な性格を生かす飼い方

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は、とても頭がよく、聡明な性格です。

人間の子供でいうと、おおよそ1歳から2歳ぐらいの知能だと言われています。

想像してみてください。

1歳半の赤ちゃん。

何にでも興味を示し、なんでも口にするし、わけもわからず泣き出すこともあるでしょう。

それがミニチュアシュナウザー の性格なのです。

だから、飼い方を間違ってしまうと、飼いにくい犬になってしまいます。

ミニチュアシュナウザー の親は飼い主。子供はミニシュナです。

びっくり!

飼い主と犬が逆転すると、犬に命令されちゃいますよ!?

ミニチュアシュナウザー は、リーダーに従おうとしますが、あくまでもリーダーが飼い主であった場合です。

主従関係を作り、飼い主が上になるような飼い方をしないと、秩序がなくなり、飼いにくい犬になってしまいます。

ミニチュアシュナウザー が、欲望のままに自分のやりたいようにしてしまうからです、

<<主従関係の作り方>>は別記事でお話ししていますので、参考にしてみてくださいね。

いたずらに注意

ミニチュアシュナウザー は、自分が気に入らないことがあると、故意にいたずらをします。

例えば留守番が多いと、家具を噛んだり、トイレをわさと失敗するのは、ストレスの表れです。

いたずらが多いと、飼いにくいと思ってしまったり、飼い方を悩んでしまうこともあるでしょう。

ミニチュアシュナウザー は聡明な性格なので、飼い主も自覚をもった飼い方をしていきましょう。

留守番のいたずらは叱らない

ミニチュアシュナウザー を留守番のあと、いたずらを見つけたらどうしますか?

もしかして叱っていませんか?

犬は今しかわからないので、過去のことを叱られても、なぜ飼い主が怒っているのかわからないのです。

だったら、お互い気分よくするほうがいいですよね。

ミニチュアシュナウザー の留守番のいたずらを見つけても、騒がず叱らないことが、飼いにくい性格にしないコツなんです。

子犬はとても元気。うちのミニチュアシュナウザー です。

留守番のいたずらが心配なら、ドッグカメラを設置するのがおすすめです。

うちもドッグカメラのあかげでいつでも愛犬の様子をみることができるので、安心です。

詳しくは>>離れていても、いつでも一緒。【Furboドッグカメラ】 をご確認ください。

 

Furboドッグカメラは使い方が簡単なので、買ったらすぐ、その日から使えます!

好奇心旺盛

とても好奇心が旺盛で、匂いを嗅ぐのが大好きなミニチュアシュナウザー です。

おうちの中でも散歩でも、ずっと匂いを嗅ぎ続けて情報を集める行動派タイプ。

好奇心な行動は、拾い食いをしたり、引っ張り癖につながると危険なので、注意してあげましょう。

頑固な性格は、飼いにくい

待て

ミニチュアシュナウザーは頑固な性格な面もあります。

自分が行きたい方向に行こうとしたり、嫌なことがあると頑としてご飯を食べないこともあるんです。

頑固な性格が目立ってしまうと、飼い方が難しく、飼いにくいと言われてしまうこともあります。

飼いにくいミニチュアシュナウザーにしないためには 、主従関係を作り、良好な関係を作っておくことが大切です。

頑固な性格とつきあうのは、飼い方次第です。

ミニチュアシュナウザー と対抗心を燃やすのではなく、いいことをしたら褒めるをくりかえしていけばいいだけです。

ミニチュアシュナウザー の従順な性格を生かしていけば、決して飼いにくいことはないですよ。

ミニチュアシュナウザー の性格が頑固になったと思ったら、飼い方を工夫していきましょう。

ミニチュアシュナウザー が頑固な性格の持ち主です。

警戒心が強い

ミニチュアシュナウザー は、警戒心が強い性格です。

チャイムの音に反応したり、散歩で他の犬にあったときに、警戒心から吠えることもあるかもしれません。

飼いにくい犬にしないためにも、安心させて、だんだんと慣らしていくようにしましょう。

優しい性格を生かした飼い方

犬のおすわり

性格がおだやか

ミニチュアシュナウザー はおだやかな性格で、争いごとが大嫌いです。

ミニチュアシュナウザー は賢く、状況がわかっているから、ケンカは嫌な感じだとさとっているのです。

家族内でケンカをするのはNG。

ミニチュアシュナウザー はハウスに入ったり、別の部屋に行って、嫌なことから回避しようとします。

また、ケンカしていると、家族の間に入ってきて、仲直りのきっかけを作ってくれるのです。

ミニチュアシュナウザーに教えられることもしばしば。わたしたちが反省しないといけないですね。

おだやかに育てていくと、もっと従順で明るい飼いやすい犬になっていきます。

話し声が大きいのも苦手な性格

家族ケンカではないですが、話し声が大きくなると、勘違いして、悲しい目をするのもミニチュアシュナウザー の優しい性格の表れです。

ミニチュアシュナウザー のいい飼い方は、とにかく家族円満にしていることが大切です。

家族内のケンカは、犬の気持ちが不安定になり、体調を崩すこともあります。

性格も頑固で飼いにくいミニチュアシュナウザー になるので、飼い方は気をつけましょう。

<<ミニチュアシュナウザー の特徴>>については、こちらでお話ししています。

親身な性格

ミニチュアシュナウザー の飼い方は、親身になる性格を生かすと従順で優しい犬になります。

犬と飼い主と良好な関係が構築されるので、飼いやすくなるからです。

飼い主さんが落ち込んでいるとき、またうれしいことがあったときに、話しかけましょう。

ミニチュアシュナウザー に話しかけると、耳を傾けて真剣に聞いてくれたり、首をかしげて反応する子もいるんです。

ミニチュアシュナウザー は言葉がわからないのに、飼い主さんの話を親身に聞いてくれる聞き上手な性格の犬です。

束縛されることうれしいので、ミニチュアシュナウザー に甘えるのもありかもしれませんよ。

気遣い上手な性格

ミニチュアシュナウザー は気遣い上手な性格です。

ミニチュアシュナウザー ば、自己主張をあまりせず、他の犬を優先してあげる性格だからです。

遊んで!と誘いはしますが、ミニチュアシュナウザー からしつこくいくようなことはあまりありません。

相手の犬ががのってこないと、あきらめてしまうのです。

ミニチュアシュナウザー は、周りの空気をしっかり読んで、気遣い上手な性格の犬なのです。

ミニチュアシュナウザー を飼いにくい性格しない飼い方

シュナウザー

ミニチュアシュナウザー を飼いにくい性格にしないための飼い方についてお話しします。

先日こんなツイートをしました。

ミニチュアシュナウザー を飼う前は、とても不安でしたが、今では育てることが楽しくなっています。

反省達人な性格なので、終わったことは忘れる

ミニチュアシュナウザー は、反省達人な性格なので、過去の失敗は、叱からず、すぐに忘れてしまいましょう。

例えば外出から帰宅をして、いたずらを見つけたとします。

ミニチュアシュナウザー は。自分でいたずらをしたことは十分わかっているはず。

叱られるのがわかっているので、表情も申し訳なさそうな顔で、反省の態度を示します。

反省の態度を示しているときに、過去のことは叱ることはタブーです。

犬は今のことしかわからないので、過去のことを叱っても意味がないのです。

終わったことは忘れることがしつけのコツです。

留守番を少なく

ミニチュアシュナウザー は、留守番が苦手なので、なるべく一緒にいてあげるように生活することがとても大切です。

留守番が多いと、分離不安になったり、無駄吠えをして、飼いにくい犬になってしまうこともあります。

不要不急な外出は控え、犬中心の生活をしてあげましょう。

ただし、飼い主にも生活があります。

ミニチュアシュナウザー を飼いにくい犬にしないためには。留守番のしつけは必須。

外出前は、散歩に長く行ったり、おもちゃで遊んであげて、体力を消耗させてあげてあげましょう。

飼い主がいなくても、睡眠がとれるように疲れさせてあげるためです。

<<ミニチュアシュナウザー の留守番>>については、別記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

ミニチュアシュナウザー の飼い方ー生活環境

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は室内犬なので、寒さや暑さにあまり強くありません。

「ケージ」「トイレ」「食器」、散歩で使う「首輪やリード」などを揃え、エアコンなどで温度調節が必要です。

おうちの中でフリーで生活させてもいいのですが、わんちゃんを見ることができないときは、ケージの中で生活させるのがおすすめです。

ミニチュアシュナウザー をフリーにしてしまうと、人間の食べ残しを食べて、中毒症状になったり、誤飲やいたずらなどをしてしまうからです。

ミニチュアシュナウザーの飼い方ー食事

ミニチュアシュナウザー

食事量

ミニチュアシュナウザー の食事は、基本的にはドッグフードに書いてある量を目安に与えていくようにしましょう。

ただし運動量が多い犬種なので、表示の量では、たりないワンちゃんもいます。

個体差にあわせ、肥満に注意して調整していきましょう。

留守番が多かったり、警戒心が強い性格からご飯を食べないわんちゃんもいます。

ミニチュアシュナウザー は、ストレスがないようにしてあげることが大切です。

おすすめのドッグフード

ミニチュアシュナウザー には「カナガンチキン」がおすすめです。

上質なチキンをたっぷり使用して作った栄養満点のドッグフードです。

高タンパクな成分は、運動量の多いミニチュアシュナウザー には、とってもいい食事です。

食いつきが違う!『カナガンドッグフード チキン』

最大20%OFFキャンペーン実施中

理想的な身体を維持するなら、「カナガンチキン」ですね。

カナガン公式サイトはこちら

ご飯を食べないなら

わんちゃんが何らかの原因でご飯を食べないなら、ブッチドッグフードがおすすめです。

ウェットタイプのドッグフードで栄養満点、匂いもいいので、食欲がないミニチュアシュナウザー にはおすすめです。

うちのミニチュアシュナウザー もとってもお世話になっています。

詳しくはブッチ ドッグフード をご確認ください。

 

ブッチは、子犬から老犬までやわらかくて食べやすいドッグフードです。

初回トライアルセットならとてもお安く購入できますよ!

ミニチュアシュナウザーの飼い方ーお手入れについて

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は子犬のうちからお手入れに慣らしておくことが大切です。

警戒心が強い性格は、ブラシが近づいただけで嫌がったり、トリミングがうまくできなかったりするからです。

子犬のうちから、ブラッシングや歯磨きが怖くないようにしておきましょう。

被毛のケア

ミニチュアシュナウザー の被毛は、上毛と下毛のダブルコードになっています。

毎日のブラッシングで、毛玉が作らないように被毛を溶かしておきましょう。

毛玉ができると汚れがたまり、皮膚の病気になったり、わんちゃんがなまて、どんどん毛玉が広がってします。

ミニチュアシュナウザー は、ブラッシングを性格的にいやがるかもしれませんが、少しずつ毎日続けることが大切です。

シャンプー

ミニチュアシュナウザー のシャンプーは、2週間から1ヶ月に1回程度を目安にするといいでしょう。

人間のように毎日シャンプーをする必要はありません。

頻繁なシャンプーはワンちゃんにとって負担になり、体調を崩してしまう可能性があるからです。

体が汚れてしまったら、部分的にシャンプーすることをおすすめします。

歯磨き

歯磨きも毎日少しずつすることをおすすめします。

間隔をあけてしまうと、汚れがたまったり、嫌がったりするからです。

歯磨きをつけなくても、指に布を巻いて、ブラッシングするだけでも、歯石がたまることの防止にもなります。

ミニチュアシュナウザー の歯の健康のためにも、毎日歯磨きをしてあげましょう。

爪切り

ミニチュアシュナウザー は、とても警戒心が強く、頑固な性格なので、爪切りは苦労してしまうかもしれません。

もし爪切りが苦手だなと感じるなら、トリミングサロンや動物病院でやってもらうことをおすすめします。

ケガをさせたら。大変です。

ちなみにうちのわんこもプロ任せです。

料金は500円から1000円程度です。

耳掃除

ミニチュアシュナウザー のお手入れで忘れてしまいがちなのが、耳掃除です。

耳をきれいに拭いてあげて、専用の道具で耳毛を抜いてあげましょう。

ミニチュアシュナウザー は匂いが少ない犬種ですが、耳は意外と悪臭の原因になります。

耳毛もテクニックを必要とするので、トリミングの時にやってもらえばOKです。

ただおうちでは、ローションなどできれいにしておくことをおすすめします。

トリミング

ミニチュアシュナウザー のトリミングは、2ヶ月に1回程度でいいでしょう。

ぬけえげ少ない特徴のわんちゃんなので、2ヶ月に1回でも十分な感覚なのです。

ミニチュアシュナウザー の運動、散歩

子犬の散歩デビュー

ミニチュアシュナウザー は運動量が豊富な犬種なので、毎日の散歩は必須です。

朝晩30分ずつ散歩にいくといいでしょう。

仕事などで時間がとれない時や、散歩にいってもエネルギーがあまっている場合は、おうちでもわんちゃんと遊んであげてくださいね。

ミニチュアシュナウザー の散歩についてば別記事で詳しくお話ししています。

ミニチュアシュナウザー のしつけ

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー はしつけをしておくことをおすすめします。

本来従順で陽気な性格ですが、しつけができていないと、わがままになり、飼いにくい犬になるからです。

主従関係を作り、無駄吠え、噛み癖などしっかりとしつけをしておくと、飼い方が楽になりますよ。

>>ミニチュアシュナウザー の子犬に覚えさせたいしつけ

ミニチュアシュナウザー の寿命、病気について

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の平均寿命は12-15歳です。

年齢を重ねると、老犬介護が必要が出てくることもあるので、気にとめておきましょう。

ミニチュアシュナウザー はお腹があまり強くないので、下痢や嘔吐などを起こしがちです。

膵炎などもなりやすい犬種。

食事などに十分気をつけてあげるようにしましょう。

皮膚もあまり強くないので、散歩などでかぶれないように気をつけることが大切です。

ミニチュアシュナウザー の特徴

ミニチュアシュナウザー 白

ミニシュナの大きさ

ミニチュアシュナウザー の大きさは、平均体重が4-8kgで、体高が35-40cmほどです。

運動量が豊富で活発なので、筋肉質なシュナが多く、骨格はしっかりとして、がっしりした体型が特徴です。

うちのミニチュアシュナウザー も6lgと小柄ですが。とても力強い犬ですよ。

被毛

四角い顔に長い眉毛が特徴的なミニチュアシュナウザー は、被毛はダブルコートで上毛と下毛になっています。

カラーは、「ソルト&ペッパー」「ブラック&シルバー」「ブラック」「ホワイト」の4種類です。

ホワイト、ブラックは、他の色に比べてたら少なめなので、見つけたらラッキーです。

これ以外にも、タン、レバー、ウィートンなどで表現される茶色のミニチュアシュナウザー もいます。

茶色は、ジャパンケネルクラブ(JKC)で認められていないカラーですが、とってもかわいいですよ。

我が家で飼っていたので、実証済みです。

ミニチュアシュナウザー は抜け毛が少ないのが特徴で飼いやすい犬種です。

シュナウザーの種類

シュナウザーの大きさには、「ミニチュアシュナウザー 」「スタンダードシュナウザー」「ジャイアントシュナウザー」の3種類があります。

「スタンダードシュナウザー」が小型化されたのが、「ミニチュアシュナウザー 」のルーツなんです。

大きさの違いはありますが、3種類のシュナウザーともとても賢く、容器で明るい性格ですよ。

ミニチュアシュナウザー の大きさについては、別記事で詳しくお話ししています。

ミニチュアシュナウザー の飼い方と性格についてのまとめ

今回は、ミニチュアシュナウザー の性格と飼い方についてお話ししました。

ミニチュアシュナウザーの従順な性格を生かす飼い方をすれば、うまくいきます。

うちの愛犬も時々いたずらしたりしましたが、しつけをしっかりしたおかげで、とてもいいこに育ってくれました。

ミニチュアシュナウザー を飼う前は、「飼い方が難しいのでは?」「飼いにくいのではないか?」と心配しましたが、そんなことはありませんでした。

ミニチュアシュナウザーを飼うのは、従順でとてもおりこうな犬なので。飼い方も楽な犬種です。

逆に自分の気持ちを心に納めて、飼い主さんの言うことを聞いてしまうこともあるので、ストレスがたまらないように、接してあげることが大切です。

ミニチュアシュナウザー が飼いにくいと言われることがありますが、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ミニチュアシュナウザー が健康に育ちますように

-ミニチュアシュナウザー