犬のマウンティング

問題行動

犬のマウンティングをやめさせるには

愛犬が足にまとわりついてきて「かわいいっ!」なんて思っていませんか?

この足にまとわりつく行為を「マウンティング」といい犬の問題行動の1つです。

マウンティングをなぜするのか、なぜ問題なのかお話していきます。

犬がマウンティングするのは

犬がマウンティングをするのは本能ですので、それ自体が悪いわけではありません。子犬の頃にしつけとして治しておかないと、成犬になった時に困ることがあります。

犬の様子を観察してすべての人にマウンティングをするのか、特定の家族にするのか考えてみましょう。

犬がマウンティングをする理由は、犬との主従関係ができていないために、飼い主さんを自分より下にみてマウンティングをします。これはとても問題です。

犬のマウンティングだけを考えるのではなく、健全な主従関係ができていない可能性があります。飼い主のいうことをきかないということにもつながってしまうので、注意が必要です。

我が家でも私にはマウンティングはしませんが、他の家族には時々マウンティングをしているようです。私としてはやめさせるようにしてほしいところです。

犬のマウンティングはやめさせる

ミニチュアシュナウザー

自分や自分の家族に犬がマウンティングをするのは、「かわいいから」で終わらせてもいいですが、もし他の人や犬にしたらどうなるでしょう。

外で散歩をしていたり、ドッグランに行った時などは要注意です。

突然、子供に覆いかぶさってけがをさせてしまったらどうでしょうか。

小型犬ならまだしも大型犬は制御がきかなくなりとても危険です。

そうならないためにも犬にマウンティングをやめさせるしつけをしておくことが大事です。

またお子さんや他の人が犬が怖いとかの気持ちになって、一生のトラウマになってしまっては、とても残念なことです。

犬はかわいいと思ってもらい、犬と人間との共存した社会生活を飼っていない人にも思ってもらうことが大切なのです。

ぜひ犬のマウンティングはやめさせるようにしておきたい問題行動です。

犬のマウンティングをやめさせるには、主従関係をしっかりと作る

ミニチュアシュナウザー

主従関係は

  1. 飼い主

の順番です。かわいさのあまり、この順序をあいまいにしがちです。今回のテーマのマウンティングもすがりついてくれるのはかわいいので、やめさせることをしない飼い主さんも多いのです。

問題にならないために、ぜひ犬のしつけでマウンティングをやめさせるようにしておきましょう。

トイプードル
犬との主従関係の作り方とは。【上下関係を作ると犬は安心する】

続きを見る

愛犬にマウンティングをやめさせる方法

犬がマウンティングをしたら、すぐにしかることで、だんだんとしなくなってきます。「あっ」「こら」「ノー」など低い大きな声で瞬時にしかることが有効です。

犬は今を生きている動物なので、あとでしかることはせず、今この瞬間です。もし他の家族が注意をしないのなら、あなたが代わりに注意しましょう。

犬のかわいさよりも主従関係の維持を優先して、マウンティングをやめさsることをおすすめします。人それぞれの考え方ですが、ご家族でしっかりと相談していきましょう。

まとめ

マウンティングはドッグランに行った時などにも問題になってしまうことがありますので、ぜひなおしておきたい行動です。特に大型犬はけがのもとになりますので、早めに対応しておきましょう。

しつけは子犬のうちが有効です。大きくなってからでは大変だからです。
犬と人間との共存できる社会生活のためにも、ぜひしつけをしておきましょう。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-問題行動

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5