問題行動

犬のマウンティングをやめさせる理由とやめさせ方

ミニチュアシュナウザー おすわり
悩んでいる人

犬がしがみついてきて困っています。マウンティングをやめさせる方法が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬hsマウンティングをする理由
  • マウンティングのやめさせ方
  • マウンティングをやめさせる理由

今回は犬のマウンティングのやめさせ方について、ご紹介します。

マウンティングはかわいいと放置をしてしまうと、飼い主のいうことをきかなくなってしまったり、無駄吠え、噛み癖などの問題行動にもつながってしまいます。

そこで本記事では、マウンティングで困っている人のために、やめさせ方の大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「マウンティングがとまらない」「犬がいうことをきかなくて困る」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2400人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー760人を超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬がマウンティングをする理由

ミニチュアシュナウザー

犬がマウンティングをする理由についてお話しします。

犬がマウンティングをする理由

  • 喜び、興奮状態
  • 犬が飼い主より立場が上
  • かまってほしい、さみしい
  • メスのマウンティング

喜び、興奮状態

犬は何かうれしいことがあったとき、遊んで興奮したときなど、マウンティングで喜びを表現することがあります。

また、性的な行動の表れで、オスがメスに対して行うことを、人間に対してもマウンティングをしてしまうかもしれません。

マウンティング自体は、異常な行動ではありませんが、人間にとっては決していいことではなく、やめさせることが大切です。

犬が飼い主より上の立場

犬が飼い主よりも偉いと思っているときに、マウンティングで権威をしめすことがあります。

犬が上の立場だと、マウンティング以外にも、要求吠え、噛みつくなど問題行動に発展してしまいます。

飼い主のいうことをきかなくなるのは、社会生活をする上でもマイナスなことです。

早めにマウンティングをやめさせるようにしつけをしていきましょう。

かまってほしい、さみしい

飼い主にかまってもらえないと、犬はさみしいと、足にしがみついて、マウンティングの行動をすることがあります。

家に一緒にいたといても、不安を抱えて、ストレスをためてしまうので、時々体にさわるなど、スキンシップをしてあげましょう。

メスのマウンティング

マウンティングはオスしかしないと思われがちdすが、メスも種々関係ができていないと、マウンティングをします。

足にしがみつくと、かまってほしいと勘違いするかもしれません。

犬が自分の方が上だと、誇示している可能性が高いので、マウンティングをやめさせることが大切です。

犬のマウンティングをやめさせるには?効果的なやめさせ方

ミニチュアシュナウザー

犬のマウンティングのやめさせ方についてお話しします。

無視をする

犬がマウンティングをするなら、徹底的に無視をしまししょう。

マウンティングをやめさせようとして、叱ってもなかなか治るものではなく、相手にしてもらえると勘違いする犬もいます。

犬がマウンティングをした瞬間に「あっ」「こら」「ノー」など短い言葉を低く発し、飼い主から犬の体を引き離し、「無視」を5分以上します。

飼い主が何も反応しなければ、マウティングしたらかまってもらえないと理解して、マウンティングをしなくなるでしょう。

上下関係(主従関係)を作る

犬が飼い主さんを下にみていると、マウンティングをしてしまうことがあるので、主従関係を見直す必要があります。

飼い主に向かって要求吠えをしないか、「待て」。「コイ」などの基本的なしつけができているか、再確認をしていきましょう。

犬が飼い主さんよりも上の立場と認識させるためにも、毅然とした態度が必要です。

主従関係を作り、マウンティングをやめさせるようにしましょう。

<<犬の主従関係の作り方>>については、こちらでお話ししています。

誰にマウンティングするかチェック

犬がマウンティングをやめさせていきましょう。

マウンティングするのは本能ですので、それ自体が悪いわけではありません。

子犬の頃に、マウンティングをしないようにしつけとしておかないと、成犬になった時に困ることがあります。

犬の様子を観察してすべての人にマウンティングをするのか、特定の家族にするのか考えてみましょう。

犬がマウンティングをする理由は、犬との主従関係ができていないために、飼い主さんを自分より下にみてマウンティングをします。これはとても問題です。

犬のマウンティングをやめさせることだけを考えるのではなく、健全な主従関係ができていない可能性があります。

飼い主のいうことをきかないということにもつながってしまうので、注意が必要です。

<<主従関係のチェックについて>>はこちらでお話ししています。

マウンティングをやめさせるには時間が必要

マウンティングをやめさせるには、根気と時間が必要です。

生理的な欲求に近い行動のマウンティングは、時間をかけて、厳しい態度でしつけをしていきましょう。

なぜ、犬のマウンティングをやめさせる?

ミニチュアシュナウザー 子犬

犬のマウンティングをやめさせるようにしなかったらどうでしょうか。

自分や自分の家族に犬がマウンティングをするのは、「かわいいから」で終わらせてもいいですが、もし他の人や犬にしたらどうなるでしょう。

外で散歩をしていたり、ドッグランに行った時などは要注意です。

突然、子供に覆いかぶさってけがをさせてしまったら

小型犬ならまだしも大型犬は制御がきかなくなりとても危険です。

そうならないためにも犬にマウンティングをやめさせるしつけをしておくことが大事です。

またお子さんや他の人が犬が怖いとかの気持ちになって、一生のトラウマになってしまっては、とても残念なことです。

犬はかわいいと思ってもらい、犬と人間との共存した社会生活を飼っていない人にも思ってもらうことが大切なのです。

我が家のミニチュアシュナウザー もリードを引っ張る力が強く、また走るのもとても早かったので、マウンティングしないように、しっかりとしつけをしました。

犬のマウンティングをやめさせることのまとめ

今回は、犬のマウティングをやめさせることについてお話ししました。

犬のマウンティングをやめさせることをしておかないと、ドッグランに行った時などにも問題になってしまうことがありますので、ぜひなおしておきたい行動です。

特に大型犬はけがのもとになりますので、早めに対応しておきましょう。

うちのミニチュアシュナウザー もとても厳しくマウンティングをしないようにしつけをしました。

コツはその場で犬を叱ることです。

特に犬のマウンティングをやめさせるしつけは、その場でないと意味がないので、しっかりと直していきましょう。

-問題行動