ゲージの中の子犬

しつけ 子犬

子犬がケージを噛むのはケガのもと。すぐにやめさせる5つの方法

困っている人

子犬がケージをずっと噛んでいるので、ケガをしないか心配です。

どうしたら、子犬がケージを噛むのをやめるでしょうか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 子犬がケージを噛むなら
  • 子犬がケージを噛むのはなぜ?
  • 子犬がケージを噛む時の気をつけること
  • 子犬がケージを噛む時のよくある質問

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、子犬のケージを噛むことについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、5つのポイントを意識することで、子犬がケージを噛むことが少なくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日からしつけをやってみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

子犬がケージを噛む時の5つの解決方法

トイプードル

下記の5つを実行することで、子犬がケージを噛むことを解消できます。

  1. おやつで気をそらす
  2. 体力を消耗させる
  3. ストレスを解消
  4. 留守番を減らす
  5. 市販のスプレーを用意する

1つずつ解説していきます。

①おやつで気をそらす

子犬がケージを噛むなら、おやつで気をそらしてあげましょう。

おやつを与えることも大切なしつけなので、必ず「待て」をさせてから、おやつを与えるようにします。

ケージを噛むよりも、おやつをもらえる方が、子犬はうれしいはずです。

与えるすぎるのを気をつけて、上手にしつけをしていきましょう。

<<待ての>>しつけは、こちらでお話ししています。

②おもちゃで体力を消耗させる

子犬がケージを噛むなら、おもちゃで体力を消耗させてあげましょう。

疲れてしまえば、ケージを噛むすら忘れて、寝てしまいます。

子犬は、退屈なこととエネルギーが溜まっているから、ケージを噛む行動になってしまいます。

子犬と散歩に行ったり、大好きなおもちゃで引っ張りあいこで遊んであげて、体力を消耗させましょう。

おもちゃはわざわざ買わなくても、使いふるしたタオルの両端を結んであげれば、噛むおもちゃの出来上がりです。

ケージを噛むことで、ケガをしてしまうかもしれないので、安全なおもちゃで遊んであげましょう。

子犬と一緒に外にでて、外の空気を吸って、気分転換を積極的にするのもおすすめです。

子犬がケージを噛むなら、ドッグランにいくのもいいし、雨の日などは、おうちでボールなどで遊んであげましょう。

子犬を遊びや散歩で疲れさせれば、疲れて眠る時間が多くので、ケージを噛むこともなくなるでしょう。

遊びすぎるのもよくないですが、運動と睡眠のバランスをとって、子犬にストレスをためないようにしてあげましょう。

<<犬との散歩で健康力のアップ>>>の仕方を記事にしていますので、ご参考に。

③ストレスを解消してあげる

ミニチュアシュナウザー おすわり

子犬がケージを噛むなら、ストレスを解消してあげましょう。

子犬は、精神的にも安定していないので、ちょっとしたことでもストレスを感じています。

自分の思い通りにならなかったり、おうちの中が騒がしい、散歩が少ない、飼い主にかまってもらえないなど、子犬は、小さなことでもストレスをためてしまいます。

ストレスがためると、子犬はケージを噛むことで、気持ちを落ち着かせているのです。

子犬がケージを噛むなら、子犬を散歩などで連れ出したり、遊んであげて、ストレス解消をしてあげましょう。

うちのミニチュアシュナウザー もとても元気な子だったので、エネルギーがたまりがちになっていました。

毎朝、犬と散歩に行くのは、ルーティーンで、楽しいひとときでした。

④留守番を減らす

ミニチュアシュナウザー

子犬がケージを噛むなら、留守番を減らしてあげましょう。

本来、ケージは安心で安全なところです。

長い間、子犬にケージで留守番させると、外に出してほしい気落ちになったり、さみしくなってしまいます。

子犬がケージを噛むことは、退屈な時間を紛らわすために無意識にする行動です。

留守番は子犬にとっては、大敵です。

なるべく留守番を少なくしてあげると、ケージを噛むこともなくしてあげましょう。

ケージで過ごす留守番については、こちらでも解説しています。

⑤市販のスプレーを用意する

ミニチュアシュナウザー の食欲

子犬がケージを噛むことをやめない場合は、犬が嫌な匂いのスプレーを使うことを考えていきましょう。

子犬がケージをかじったところ、もしくはかじりそうなところに、犬が嫌がるスプレーそするだけです。

ケージを噛もうとすると、嫌な匂いがするので、子犬が噛むのをやめさせることができます。

子犬がケージを噛むのはなぜ

ゲージの中の子犬

歯がむずかゆいから、ケージを噛んでしまう。

子犬は歯の生え変わりのむず痒さから、ケージを噛むことで、紛らわしています。

生後4−6ヶ月あたりから、子犬の歯は、乳歯から永久歯へと生え変わり始めます。

ケージが木材ならば、子犬が噛むのにちょうどいい硬さなので、ガシガシ噛んでしまうのです。

子犬がケージを噛むなら、子犬におもちゃを与えて、歯のむず痒さを解消してあげましょう。

子犬は好奇心旺盛だから

子犬がケージを噛む理由は、好奇心旺盛だからです。

ケージの素材や固さ、食べられるかどうかなどを、噛むことによって確かめています。

子犬が噛むことは、社会性を身につける上で、とても大切なことですが、ケージを噛むことでケガをしたり、お腹を壊してしまう原因にもなってしまうので、やめさせていきましょう。

子犬がケージを噛むなら、子犬におもちゃを与えて、ケージから興味をそらしてあげましょう。

<<甘噛みのしつけ>>はこちらで解説しています、

子犬がケージを噛む時の気をつける点

トイプードル

子犬がケージを噛むことで心配なのは、ケガをしてしまわないかということです。

歯の生え変わりは、かなりむずがゆいはずなので、ガシガシ噛んでしまいます。

うちのミニチュアシュナウザー も心配だったので、噛むのをやめたら、その場でほめてあげて、ガムを与えていました。

子犬は叱るよりもほめることですね。

子犬がケージを噛む時のよくある質問

トイプードル

いつまで、子犬がケージを噛むのをやめるでしょうか?

子犬がケージを噛む原因は

  • ストレス
  • 歯のむず痒さ

などですが、ストレスの場合は、留守番を減らしたり、体力を消耗させてあげることで解決します。

原因が、歯のむず痒さの場合は、簡単なものではありません。

子犬がケージを噛むのは、成犬になるぐらいまで、続くかもしれないので、気長に待ってあげましょう。

子犬をケージから出せばいいですか?

子犬の歯のむず痒さは我慢できるものではないので、ケージから、テーブルの脚などに変わるだけです。

ケージから出すなら、おもちゃで引っ張りあいこをするなどして、子犬の歯のむず痒さを解消してあげましょう。

子犬が退屈しているなら、ストレスの解消にもなりますね。

 子犬がケージを噛むことについてのまとめ

今回は子犬がケージを噛むことについて、お話ししました。

  1. おやつで気をそらす
  2. 体力を消耗させる
  3. ストレスを解消
  4. 留守番を減らす
  5. 市販のスプレーを用意

子犬がケージを噛むと心配になりますが、上記の5つのことを試しながら、やっていきましょう。

どうしても子犬がケージを噛むのをやめないなら、動物病院で相談してみるのも1つです。

<<犬の甘噛みをしつけで治す方法>>についてもこちらでお話していますので、ぜひ。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-しつけ, 子犬
-, ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5