老犬

老犬の寒さ対策の方法と気をつけること

老犬の寒さ対策
悩んでいる人

老犬の寒さ対策の方法が知りたいです。

体調が悪くならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬のサインを見逃さない
  • 寒さ対策の方法
  • 寒さ対策で気を付けること
  • 外出時の寒さ対策

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は、老犬の寒さ対策についてご紹介します。

老犬はいくら元気だと思っても、寒いと急に体調を崩してしまうこともあります。

老犬は寒さを感じにくく、体調が悪いと逆に、冷たいところを選んでしまうこともあるんです。

困っている人

っ、それじゃあ体に悪いじゃん。

そこで本記事では、老犬をことが介護したことのない人でも理解できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「室内温度はどのぐらいにすればいいの」「体調管理は?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

老犬の寒さ対策

シュナウザー

老犬の寒さ対策の方法について、お話します。

老犬の寒さ対策

  • エアコン
  • オイルヒーター
  • タオルケット
  • ホットカーペット

それでは1つずつお話していきます。

エアコンでの寒さ対策

老犬の寒さ対策は、エアコンの温度は。25−26度程度にしてあげましょう。

老犬が介護状態なら、設定温度を少し高めの26度にして、より暖かくしてあげることが大切です。

ただし、部屋の温度を26度にすると、人は暑さを感じてしまいます。

老犬のために、飼い主は服を脱ぐなどして、調整していきましょう。

エアコンは24時間つける

老犬の寒さ対策は、24時間エアコンをつけて、温度を下がらないようにしましょう。

外出で老犬を留守番させるときも、エアコンはつけっぱなしにすることが大切ですよ。

エアコンは24時間つけっぱなしにしないといけないですか?

老犬の寒さ対策は24時間エアコンつけっぱなしにしましょう。

多少電気代がかかってしまいますが、老犬の体調が悪くならないためにも必要経費です。

<<エアコンの設定温度>>については、こちらでお話ししています。

オイルヒーター

老犬の寒さ対策のために、オイルヒーターをつける時は、細心の注意をしていきましょう。

老犬がオイルヒーターの前に陣取ってしまうかもしれませんが、やけどなどしないように気をつけます。

オイルヒーターで、老犬が脱水症状を起こさないように、時々移動してあげることも必要になってきます。

また足の弱った老犬がオイルヒーターのコードが引っかからないように、気をつけてあげてくださいね。

タオルケットをかけてあげる

ミニチュアシュナウザー

老犬が病気なら、タオルケットや毛布で寒さ対策は対策をしてあげましょう。

元気で動き回る老犬には難しいのかもしれませんが、寝たきりなワンちゃんが、ゆっくり休めるように体の上にかけてあげます。

床がフローリングの場合は、寒さを感じるので、カーペットをしいてあげるといいでしょう。

床ずれ防止のため、ヨガマットの上にバスタオルをしいてあげるのも、老犬の寒さ対策として、おすすめです。

ホットカーペット

エアコンだけでなく、ホットカーペットを使って、老犬の寒さ対策をする飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

ずっと同じところにいると、低温火傷の危険性があります。

ホットカーペットの上から、カーペットを敷いてあげて、直接体にあたらないようにしてあげるといいですね。

老犬の寒さ対策で気をつけること

老犬の寒さ対策で気をつけることをお話します。

老犬の寒さ対策で気をつけること

  • 部屋の換気
  • 乾燥に注意
  • 水分補給
  • 体調管理
  • 行動把握

それでは1つずつお話していきます。

部屋の換気もしておこう

老犬は寒さ対策と同時に、換気も大切です。

エアコンなどの暖房器具はつけっぱなしにして、なるべく部屋の温度が下がらないようして換気をします。

窓を開けて、1時間に1回ぐらい、こまめに換気をしてあげましょう。

窓を開けている間、老犬が寒くないように見守りながら、換気をするのも大切ですね。

我が家のミニチュアシュナウザー も寒さ対策同様、獣医師からもアドバイスもあり、しっかりと感染対策していました。

乾燥に注意

ミニチュアシュナウザー

老犬の寒さ対策のためにストーブやエアコンをつけっぱなしにしていると、どうしても空気が乾燥してきます。

お肌が弱い老犬が、肌荒れを起こさないように、体をふいてあげたり、加湿器をつけるなど、対策をしていきましょう。

加湿器をつけるときは、結露にも注意していきましょう。

水分補給

老犬が脱水状態にならないように、水を時々飲ませてあげましょう。

犬はもともと水を飲む習慣がないので、もし水を飲まない場合は、ご飯をふやかしてあげるなど、水分をふくませた食事をあげるのもいいでしょう。

水分補給をするなら、ブッチドッグフードがおすすめです。

栄養もとれるし、食欲がない老犬にもいいですよ。

ブッチ ドッグフード

体調管理もしっかりとする

老犬の寒さ対策同様、体調変化にも十分気をつけていきましょう。

体を触ってあげて、熱がないかどうか確認をしたり、水を飲む量、息が荒くないかどうかなど、確認しておきましょう。

老犬の体調をメモなどにしておけば、いざ病院にいく時に役に立つはずです。

ご飯の量、トイレの回数などもなんでも記録しておくことをおすすめします。

<<老犬が息が荒い>>ならという記事も参考にしてみてください。

行動を把握する

老犬の寒さ対策は、行動にも注意していきましょう。

部屋を暖かくしてあげても、病気になると、冷たい場所を好み、寒いところに行きたがります。

病気を患った犬は寒さに弱いので、他の部屋にいかないようにドアを閉めるようにして、老犬の寒さ対策をしてあげましょう。

老犬の外での寒さ対策

ミニチュアシュナウザー

散歩

冬の散歩は、寒さ対策をして出かけましょう。

体力がおちてきた老犬には負担になってしまいます。

どうしても散歩に行きたい場合は、時間を短くしたり、寒い夜をさけます。

昼間の暖かい時間や、洋服を着せてあげるなどの寒さ対策をしてげるといいですね。

カートに乗せて散歩に行く場合も、老犬の体には毛布などをかけてあげることも忘れずにしましょう。

病院に連れて行く時

ミニチュアシュナウザー

老犬を病院に車で連れていくときも、しっかりと寒さ対策をして連れていきましょう。

毛布などで包んであげて、老犬が寒くないようにして、出かけるようにするといいですね。

車の中のエアコン温度もなるべく高くして、寒さ対策をすることも忘れずに。

老犬の寒さ対策をするサインに気づこう

老犬の寒さ対策は、老犬が寒さを感じるサインを感じてあげることです。

老犬が身震いしたり、水を飲まないなど変化を感じたら、寒さ対策をしていきましょう。

老犬が寒さを感じるサイン

  • 身震いしたり、ブルブル震える
  • 体を丸めていかにも寒がっている
  • 寒さを感じて、あまり水を飲まない

体力が低下したり、体調が悪くなると、寒さを感じなくなることもあるので、早めの対策をしていきましょう。

老犬が寒さを感じるサイン

  • ぐったりして元気がない
  • 食欲がない
  • 冷たい廊下などで寝る
  • 呼吸が荒い

老犬が、冷たい床で寝たがると、病気を疑いましょう。

暑いのではないかと思ってしまいがちですが、逆です。

体調が悪く、熱が出てきて、気持ちいい冷たい場所を選びたがるのです。

さらに老犬の寒さ対策が必要になっています。

あわせて動物病院で早めに受診しましょう。

老犬の寒さ対策のまとめ

今回は、老犬の寒さ対策について、お話ししました。

老犬になると、思った以上に寒さに弱くなっています。

老犬が快適に、なるべく長く一緒にいられるように寒さ対策をしてあげましょう。

寒さ対策同様、介護をしているなら、こちらの記事がおすすめです。

<<老犬介護の必要なもの>>については、こちらでお話ししています。

-老犬