ミニチュアシュナウザー

老犬

老犬の寒さ対策は、24時間いつでも必要です。

老犬が温度に対応できなくなってきているから、寒さ対策は大事

老犬になってくると、体が温度に対応できなくなってきて、寒さにも弱くなってきています。

運動能力も下がり、筋力もへり、免疫力も落ちてきます。

老犬は自分では、寒いなどと言えないので、私達飼い主が、寒さに対して、暖かくしてあげる対策が必要になってきます。

寒さ対策がしていないと、老犬が風邪をひいてしまったり、持病がある場合は、悪化したり、下痢の原因にもなってしまいまます。

室内の温度の目安ですが、25ー27度ぐらいにして、暖かくしてあげましょう。

ただし、部屋の温度を26度ぐらいにすると、人は暑さを感じてしまうかもしれません。老犬のために、服を脱ぐなどして、調整して、暑さへの対策もして、犬が寒くないようにしてあげましょう。

私たちが思っている以上に老犬は寒さに弱いので、しっかりと寒さ対策をしてあげましょう。

老犬の寒さ対策はタオルケットや毛布をかけてあげる

ミニチュアシュナウザー

飼い主さんが思っている以上に老犬は、寒さに弱くなっています。

特に病気もちの老犬には、注意が必要です。

元気な老犬には難しいのかもしれませんが、寒さ対策として、タオルケットや毛布をかけてあげて、より暖かくして、ゆっくり休めるようにしてあげましょう。

床がフローリングの場合は、老犬が滑ってしまうかもしれないことと、寒さを感じてしまうので、カーペットをしいてあげるといいでしょう。

ヨガマットの上にバスタオルをしいてあげるのも、老犬の寒さ対策として、おすすめです。

ドッグフードを食べないなら

うちの愛犬もブッチ ドッグフードはよく食べました。

老犬の寒さ対策をするなら、体調管理もしっかりとする

ミニチュアシュナウザー

老犬の寒さ対策同様、体調変化にも十分気をつけていきましょう。体を触ってあげて、熱がないかどうか確認をしたり、水を飲む量、息が荒くないかどうかなど、確認しておきましょう。

いざ病院にいく時に役に立つはずです。

ご飯の量、トイレの回数などもなんでも記録しておくことをおすすめします。

水を飲む量が増えたら、補充するのが大変なので、ドリンキングウォーターファウンテン2がおすすめです。

寒さ対策と同様、老犬の感染対策も

ミニチュアシュナウザー

老犬は寒さにも弱いのと同時に、換気も大切です。ウイルスなどの感染対策もしてあげましょう。

エアコンなどの暖房器具はつけっぱなしにして、なるべく部屋の温度が下がらないようにしながら、窓を開けて、換気をしてあげましょう。

1時間に1回ぐらい、こまめにしてあげましょう。

窓を開けている間、老犬が寒くないように対策をしてあげることも大切です。

老犬の行動と寒さ対策

老犬が病気になると、寒いところに行きたがる行動をしがちです。

1つの部屋を暖かくして、老犬のために寒さ対策をしたとしても、老犬がエアコンがきいていないところにいきたがるかもしれません。

老犬が熱があったり、病気のためです。

病気を患った老犬は寒さに弱いので、家の中全体を、暖房で25度以上にしたり、他の部屋にいかないようにドアを閉めるようにして、老犬の寒さ対策をしてあげましょう。

オイルヒーターで老犬の寒さ対策する場合は気をつけて

老犬は、体温調節ができにくいので、オイルヒーターの前に行きたがるかもしれません。

熱すぎたり、被毛がオイルヒーターで焼けてしまうと、とても危険なので、寒さ対策として、あまりおすすめできません。

老犬にずっとついていてあげるか、オイルヒーターを使わず、エアコンで寒さ対策をしてあげるようにしましょう。

老犬の散歩での寒さ対策

ミニチュアシュナウザー

いくら寒さ対策をした上で、散歩に行こうと思っても、老犬にとっては、体の負担になってしまいます。

朝や夜などの寒い時間を避けたりして、老犬の体調が悪くならないように気をつけてあげましょう。

どうしても散歩に行きたい場合は、時間を短くしたり、寒い夜を避けて、昼間の暖かい時間や、洋服を着せてあげるなどの寒さ対策をしてあげましょう。

服を着せてあげるのもおすすめです。

カートに乗せて散歩に行く場合も、老犬の体には毛布などをかけてあげることも忘れずにしましょう。

老犬を病院に連れて行く時も、車内の寒さ対策をする

ミニチュアシュナウザー

老犬が病気になって、動物病院に連れて行く時は、毛布などで包んであげるなどの寒さ対策をして、出かけるようにしてあげましょう。

外の寒さは、老犬には応えます。

車の中のエアコン温度もなるべく高くして、寒さ対策をしてあげましょう。

老犬の寒さ対策は、部屋全体で

ミニチュアシュナウザー

部屋の床部分と天井では、かなりの温度差があります。老犬の生活圏である、床に近い部分は、温度が低いので、エアコンをつけるのと同時に、空気を循環させてあげる必要があります。

天井部分の暖かい空気を床方面にいくように、サーキュレーターをつけるのもおすすめです。

乾燥にも注意

部屋が乾燥していると、お肌が弱い犬が、肌荒れを起こしてしまうかもしれません。

ある程度の湿度がないと、老犬が病気をひき起こしてしまうかもしれないので、老犬には寒さ対策同様、湿度対策もしてあげましょう。

<<老犬が息が荒い>>ならという記事も参考にしてみてください。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。食べチョク。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5