コンディション

老犬の息が荒い時はどうする?飼い主ができる7つのポイント

老犬の息が荒い
悩んでいる人

老犬が息が荒いので、心配です。

放置せず、対処方法が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬が息が荒いときに飼い主ができること
  • 息が荒い時に気をつけること

今回は老犬が息が荒いときに、私たちができること、気をつけることをお話しします。

老犬になると、ちょっと運動しただけで、心肺機能の低下で、息が荒くなることもあるてしょう。

老犬が病気で息が荒くなってしまっていることもあるので、動物病院で診てもらう必要も出てきます。

そこで本記事では、老犬が息が荒いときに飼い主ができることを、わかりやすく解説していきます。

「急に息が荒くなったから心配」「ご飯を食べるとむせる」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2400人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー760人を超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

老犬が息が荒いときに飼い主ができること

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いときに飼い主ができることをお話します。

  • 体調を要チェック
  • 食事に注意
  • 室温に注意
  • 外出は最低限に
  • シャンプーはやめる
  • 散歩や運動は短めに
  • 水分補給を
  • 獣医師と相談しながら

それでは1つずつお話ししていきます。

体調を要チェック

老犬が息が荒いなら、他に異常がないか、体調をチェックしてあげましょう。

老化で息が荒くなっているのか、病気なのかを見極めるためです。

私たち飼い主ができることは、老犬が病気なら、体の状態を把握して獣医師に伝えることです。

老犬が息が荒い時の体調チェック

  • 睡眠がとれているか
  • お尻をあげて、ふせの状態で過ごしていないか
  • 咳が出ていないか

睡眠のとりかた

老犬になると、子犬のときのように睡眠時間が長くなるのが通常です。

長すぎるのもよくないですし、移動しながら寝床を探している行動も体調が悪いサインです。

冷たいところを好んで動き回るのも、熱があったり、痛みに耐えている症状です。

うちの愛犬も病気になってから、息が荒くなり、冬でも冷たい床で寝ようとしていました。

ふせの状態で休む

老犬の体調が悪くなってくると、お尻をあげて、体を伸ばすように伏せの状態で、過ごすことがあります。

立っているのが難しくなったり、横になって寝る体制が辛いからです。

うちの愛犬のミニチュアシュナウザー もべたっと横になった時には、いびきをかいて寝ていたのですが、ある時期から伏せの状態で休むようになりました。

いびきもかくことなく、熟睡できていないようでした。

老犬に痛みがあるかもしれないので、息が荒い同様、早めに動物病院の受診をおすすめします。

咳がでる

息が荒い老犬が咳が出るのも心配です。

犬の咳は、人間のようにゴホンゴホンというような感じではなく、むせたり、喉に何か突っかかっているような感じです。

老犬が声をあげることもあります。

咳は息が荒いのと同様、体調変化のサインです。

体調を細かく獣医師に伝えて、治療をしてもらいましょう。

食事に注意

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いなら、食事には時に気を使うようにしていきましょう。

固いドライフードで喉を詰まらせてしまうかもしれまぜん。

お湯でふやかしてあげたり、スムージーにしてあげて、消化のいい食事にしてあげましょう。

うちのミニチュアシュナウザー も息が荒いときは、食事の時間をずらしたり、1回の量を減らし、何度もご飯を与えるようにしていました。

息が荒いときは、誤飲をしてしまうと大変なので、食事の時間は。老犬の様子をしっかりみてあげましょう。

老犬におすすめな食事をご紹介します。

シニア犬も驚く美味しさ!『ピッコロドッグフード』

老犬の食事については、別記事で詳しくお話ししています。

室温に注意

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いなら、私たちが思っている以上に気温への対応ができないので、室温に気を配ってあげましょう。

成犬の時に我慢できた温度でも、老犬になると、体温調節がしずらくなるからです。

老犬が息が荒いなら、冬は寒くないように、エアコンの温度設定は、25−27度ぐらいにして、暖かくしてあげましょう。

室内の床の部分と天井部分では、温度差があるので、サーキュレーターをつけて、空気を循環させてあげるのもおすすめです。

朝と日中の気温差、天気が変化しても気温は大きく変わってしまうことがあります。

エアコンは付けっ放しして、温度は一定にしてあげましょう。

老犬は体調が悪くなると、息が荒いことや冷たいところにいく性質があります。

これ以上体調が悪くならず、体温が低下しないように、タオルケットなどかける気遣いも大切です。

老犬の寒さ対策については別記事で詳しくお話ししていますので、参考にしてみてくださいね。

老犬の寒さ対策
老犬の寒さ対策は?冬でも防寒対策をして散歩をする

続きを見る

外出は最低限に

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いときはは、不要不急の外出を控えてあげることが大切です。

体調が急変することも考えられるからです。

老犬の体調をみながら、ゆっくりとおうちで過ごしてあげましょう。

老犬を連れて、病院などに出かける場合、車の中の温度も注意が必要です。

車内は場所によって、かなり温度が違いますし、寒かったり、暑かったりしないようにしてあげることが大切です。

老犬が息が荒いときは、旅行などは控え、必要最低限の病院へ行くだけにしてあげるようにしましょう。

シャンプーはやめる

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いなら、シャンプーはやめておきましょう。

息が荒い老犬にとって、シャンプーは体に負担がかかり、体調を悪化させる原因になるからです。

我が家のミニチュアシュナウザー も老犬で息が荒いので、シャンプーはドクターストップがかかり、体をふくだけにしました。

びっくり!

えっ、体が汚れたらどうするの?

うちのミニチュアシュナウザー の体が汚れたり、匂いが気になりだしたら、ウォーターシャンプーで拭いていました。

ウォーターシャンプーは水を使わないので、息が荒い老犬にも体に負担がかからず、重宝です。

詳しくは老犬のシャンプーについてはこちらでお話しているので、参考にしてみてください。

散歩や運動は短めに

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いなら、散歩や運動は短めにしましょう。

思った以上に老犬の体力をうばい、体調を悪くしてしまいがちだからです。

散歩途中でこまめに立ち止まったり、散歩を短めにして、息が上がらないようにしてあげる配慮が必要です。

うちのミニチュアシュナウザー もドッグカートで公園までつれていき、少しだけ歩かせていました。

それだけでも気分転換になっていましたよ。

老犬が息が荒いときは無理をさせないことですね。

水分補給を

水飲み

老犬が息が荒いなら、水分補給をしっかりしてあげましょう。

脱水症状を起こしたら大変だからです。

もし水分を積極的に飲まない場合は、ドライフードをふやかしてあげて、ウェット状態にすると、食物から水分がとれます。

ふやかすのが面倒臭いというあなたには朗報です。

フッチドッグフードは、体に必要な水分や栄養が含まれたウェットフードです。

うちの愛犬も大変お世話になりました。

ブッチ ドッグフード を詳しくみる

逆に老犬の水分のとりすぎにも要注意です。

老犬の息が荒い時、普段よりよく水を飲む場合は、病気の可能性があるので、すぐに動物病院に連れていくようにしましょう。

<<老犬が水をよく飲む>>という記事も参考にしてみてくださいね。

獣医師と相談しながら

ミニチュアシュナウザー

老犬が息が荒いなら、動物病院で早めにみてもらいましょう。

老犬が息が荒いのは、老化のこともありますが、何らかの疾患を持っている場合も多いからです。

しっかりと動物病院でみてもらいながら、生活することをおすすめします。

老犬が息が荒いのは、酸素を十分に取り入れることができないためなので、家の中でも遊ぶのを控えたりして安静状態を保ってあげましょう。

老犬介護のはじまりです。

老犬介護の記事を参考にしていただいて、おだやかな生活ができるように努めてあげることをおすすめします。

老犬が息が荒い時に気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

老犬になるべく留守番がさせない

老犬が息が荒いなら、あなたも不要不急の外出は控えるようにしてあげましょう。

体調が悪い老犬にとっては、ひとりで過ごすのは、心細いし、さみしいものです。

また体調が急変することもあるかもしれません。

老犬が息が荒いなら、なるべく留守番をさせないようにしてあげましょう。

老犬の留守番で気をつけることは?

老犬が息が荒いのが激しいなら

老犬が息が激しくなってきたら、最期が近づいているのかもしれません。

飼い主さんが考えたくない気持ちはすごくよくわかりますが、老犬との最期まで、一緒に寄り添ってあげて、心を整えておきましょう。

ボクもとても辛い日々でしたが、愛犬のためにできることをずっと考え続けました。

だから後悔はしていないし、とても幸せな思い出です。

もしも気になるなら、<<老犬の最期を迎える前にやっておくこととは>>という記事を読まれておいてもいいかもしれません。

老犬が息が荒いことのまとめ

今回は、老犬が息が荒いことについて、お話しました。

老犬が息が荒いのは、とても心配です。

健康寿命と最近よく言われますが、いかに健康でずっと生活ができるかが、幸せを感じさせてくれる大事なことです。

老犬になったら、特にしっかりと愛犬のことを観察して、無理をさせず、穏やかな生活ができるように配慮してあげることが大切です。

我が家のミニチュアシュナウザー も老犬になり、息が荒いことで、とても心配しましたが、ずっと一緒にいることで、可愛さが倍増しましたよ。

<<老犬がかわいいと思うこと>>の記事もおすすめです。

老犬の体調は日々変化します。

息が荒いこと意外にも食欲、足腰、トイレなどしっかりとチョックしてあげましょう。

息が荒くなる前に

高齢犬だからってあきらめないで、子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!  

ミニチュアシュナウザー
犬の動物病院は決まっていますか?いざという時のために

続きを見る

-コンディション