老犬

老犬介護で必要なもの。食事、睡眠、運動で用意したいグッズ

老犬介護に必要なもの

悩んでいる人

老犬になって、介護になったら、何が必要でしょうか。

老犬介護になって、あったら便利なもの、必要なものが知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

僕も愛犬のミニチュアシュナウザー を1年近く、老犬介護しました。

老犬に合わせて、必ず必要なものあるので、ボクの経験を元にお話します。

介護の程度、犬種、個体差もあるので、皆さんの愛犬の状態に合わせて必要なものなら、ぜひ使ってみてくださいね。

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー が老犬介護になったときの経験は、とてもいい経験でした。

犬をこよなく愛することで、介護する気持ちが少し楽になりました。

今回は、老犬介護の必要なものについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の老犬になって、介護がしっかりできたのは、この記事でご紹介するポイントを意識していたからです。

老犬介護することが楽しいとは思いませんが、犬と接する時間が増えると考えれば、乗り切れることだと考えています。

この記事を読んでいるあなたも、老犬介護で必要なものを準備すれば、迷わず介護ができますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

老犬介護とは

人間も歳をとりますが、犬も歳をとると、老犬介護が必要になります。

  • ご飯を食べさせる
  • 介助して立たせる
  • トイレのお世話をしてあげる
  • 寝返りを打たせてあげる

老犬は、体が動かなくなったり、自分でトイレができなくなってくる時期がきます。

すべての人が経験するわけではありませんが、老犬介護になった時には、あせらず、できる範囲でやっていくことが大切です。

老犬介護
老犬介護のノウハウ、無理せず、できる範囲でやることが大事

続きを見る

老犬介護に必要なもの<運動グッズ>

ミニチュアシュナウザー

老犬介護で運動はとても大事で必要なことです。

介護が始めると、散歩は難しくなるかもしれませんが、外の空気を吸うだけでも、老犬や飼い主も気分が変わるので、体調をみながらやっていきましょう。

ハーネス

老犬介護になって歩けるようなら、ハーネスを用意しておきましょう。

自分では立ち上がれないとしても、補助があれば、立てるなら、ハーネスは老犬にとって必要なものです。

ハーネスは首輪に比べて、体全体を起こすことになるので、老犬に体の負担も少なくなるし、立ち上がるきっかけを作ることができます。

老犬がけがをしないように、ハーネスで体をささえてあげましょう。

<<老犬介護のハーネス>>については、こちらで詳しく解説しています。

うちにミニチュアシュナウザー もリードから、ハーネスに変える時期がありました。

老犬介護で立つことは必要なことなので、ハーネスはとても役に立ちました。

バギー・ドッグカート

ミニチュアシュナウザー キャリーバッグ

老犬介護で必要なものは、ドッグカートです。

老犬が歩けなくなっても、ドッグカートがあれば、どこでも散歩にいけます。

できれば折りたためるものを用意して、お散歩に出かけてみましょう。

ずっとおうちの中ばかりだと、精神的にもよくないので、老犬介護に必要なものとして、ぜひ準備しておきたいものの1つです。

犬が歩くのが難しくなって、バギーで公園まで連れて行って、少しだけ散歩しました。

老犬介護は、散歩は必要なものですね。

車椅子・補助車

老犬介護で、特に必要なものではないかもしれませんが、あった方がいいかもしれないです。

特に痴呆になった老犬には、必要なものとして、車椅子や補助車を用意しておくと、介護が楽になります。

1つ気をつけないといけないのは、体の大きさや体調に合わせて調整に手間がかかることと、オーダーメイドで作るものも多いので、調達に時間がかかってしまいます。

車椅子を用意するかどうかは、老犬の体調や介護状態をみながら決めていきましょう。

老犬介護で必要なもの<食事>

ブッチのドッグフードを食べる

ご飯を食べるうつわ

老犬介護で必要なものは、うつわの高さやうつわそのものを変えていきましょう。

足腰が弱くなった老犬は、体をかがめることが難しくなって、ご飯を食べるのを嫌がる犬もいます。

老犬介護が始まったら、体に合わせて高さを調整してあげたり、うつわ自体を高さがあるものに交換してあげましょう。

ウェットフード

老犬介護で必要なものは、ウェットフードです。

ドライフードがなかなか食べなくなって、歯も弱くなり、硬いものが食べらなかったり、喉につまらせてしまうかもしれません。

おすすめのウェットフードは、ブッチです。

我が家のミニチュアシュナウザー もとてもお世話になりました。

老犬の体調もかなり悪かったのですが、バクバク食べましたよ。

老犬介護で必要なものとして、ウェットフードは、ぜひ用意しておきたいですね。

ドッグフードを食べないなら

うちのミニチュアシュナウザー もブッチ ドッグフードはよく食べました。

ミキサー

老犬が介護で必要なものは、ミキサーです。

体調があまり芳しくなっても、栄養はとっていく必要がありますが、なかなか食べてくれないことで悩みがちになります。

ニンジンやブロッコリーを茹でて、小さく切ってあげて食べない時jは、ミキサーにかけて、スムージーにして、飲ませてあげましょう。

老犬介護で必要なものとして、手軽なのは、ハンドミキサーです。

犬用というわけではありませんが、バイタミックスが我が家では大活躍しています。

老犬介護で必要なものではありませんが、健康生活ができるアイテムです。

水飲み

老犬介護で必要なものは、大量の水分をとるための水飲みです。

老犬が病気や薬の影響で、大量に水を飲むことがあります。

水は命を守るためにも大切です。

老犬介護で水を切らさないように、大量補給できる水飲みは、必要なものとして用意してあげましょう。

我が家にとって、振り返ると、老犬介護で一番必要なものだったかもしれません。

とても重宝しました。これがなかったらと思うとゾッとします。

スプーン

老犬介護になると、首を傾けて器から食べるのは、難しいので、スプーンで与えてあげましょう。

金属にスプーンは嫌がる犬もいるので、木のプラスチックのスプーンや赤ちゃん用のスプーンがおすすめです。

シリンジ

老犬介護で必要なものかもしれないのは、シリンジです。

注射器の先が太いもので、食べ物が喉に通らなくなったときに、水分はスムージーのご飯を与えるためのものです。

老犬の介護状態、体調、性格などにより、必要なものかどうかは微妙です。

ちなみに我が家はミニチュアシュナウザー のために購入しましたが、使いませんでした。

老犬介護で必要なものとして、それほど高いものではないので、1個あってもいいかもしれません。

老犬介護の体調に関することで必要なもの

ミニチュアシュナウザー

老犬介護になると、免疫力も落ちてきて、体調が悪くならないように管理してあげる必要があります。

体調管理で必要なものをご紹介します。

エアコン

老犬介護で必要なものは、エアコンです。

老犬になると、温度変化に対応できなくなり、体調が悪くなるとkまるので、エアコンを昼夜24時間つけておくことをおすすめします。

エアコンの温度は、25度ぐらい、冬場は体調によって、もう少し高くてもいいかもしれません。

動物病院と相談しながら、温度は決めておきましょう。

設定温度が26度だと、人は暑く感じてしまうので、老犬の介護のために、薄着になるなどして、気遣ってあげましょう。

<<エアコンの設定温度>>については、こちらでも解説しています。

愛犬が老犬介護になり、24時間エアコンをつけっぱなしにしていました。

もったいないなあと思うこともありましたが、老犬にとって、エアコンは必要なものです。

サーキュレーター

老犬介護でエアコンと併用して必要なものとして使いたいのが、サーキュレーターです。

部屋の中は、床と天井では、数度の温度差があるので、空気をサーキュレーターで回してあげると、室内温度が一定になり、エアコンの効果が生かされます。

サーキュレーターは、動きが固定ではなく、首が回るタイプをお勧めします。

安いものだと、5000円程度で購入できるので、老犬介護が始まったら、必要なものとして、サーキュレーターは準備しておきましょう。

あまり安いものだと、風の強さが弱くならず、老犬介護をする立場から考えると、よくないかもしれません。

老犬介護に必要なものとして、ぜひサーキュレーターは用意しておくことをお勧めします。

我が家もとても役に立ちました。

バスタオル・タオルケット

老犬介護で必要なものは、特に冬場、バスタオルやタオルケットを用意してあげましょう。

体が冷えすぎないように、老犬の体調を考えて、ゆっくり休めるように、タオルケットをかけてあげましょう。

ウォータレスシャンプー

老犬介護で必要なものは、ウォーターレスシャンプーです。

老犬にとって、シャンプーは、体の負担が大きいので、おすすめできません。

我が家のミニチュアシュナウザー もドクターストップがかかり、介護の時は、シャンプーはしませんでした。

そこで老犬介護で必要なものは、<<ウォーターレスシャンプー>>です。

泡状になっているシャンプーで、水がなくても、体をふくだけできれいになるので、とても便利です。

老犬介護になっても、体を清潔に保ってあげましょう。

老犬介護のトイレで必要なもの

ミニチュアシュナウザー

老犬介護になって心配なのは、トイレ関係ですね。

我が家のミニチュアシュナウザー の介護経験を元に、必要なものをご紹介します。

<<老犬介護のトイレ>>については、こちらでもお話しています。

トイレシート

老犬介護で一番必要なものかもしれないのが、トイレシートです。

いつどこでするかわからないし、下痢などで、大量に使うこともあるので、多めに準備しておきましょう。

販売されているものは、たたんだ状態なので、数枚は広げておくと、すぐに使うことができるので、おすすめです。

お尻ふきシート

老犬介護が始めると、どうしても汚れてしまうのが、お尻です。

いつでも清潔にできるように、お尻ふきシートは必要なものです。

老犬介護は、トイレのお世話が大変ですが、飼い主も気分転換しながら、やっていきましょう。

オムツ

老犬介護で必要なものはオムツですが、使うかどうかは老犬の性格や体調によって決めていきましょう。

老犬介護で大変になるのは、寝たきり状態になることです。

できる限り体を起こしてトイレをさせてあげることは、生きる希望にもなります。

我が家のミニチュアシュナウザー もオムツは買いましたが、結局下痢をした数回で、あとは使いませんでした。

オムツは老犬介護で必要なものですが、臨機応変に使うかどうかは、判断していきましょう。

老犬介護
老犬介護のノウハウ、無理せず、できる範囲でやることが大事

続きを見る

カーペット

老犬介護で必要なものは、取り替えがきくカーペットです。

老犬はどうしてもトイレに間に合わなくても、粗相をしてしまうことがあります。

我が家のミニチュアシュナウザー は粗相をすることがあっても、50センチ四方のカーペットを使っていたので、洗うもしくは交換するだけだったので、簡単でした。

老犬介護で床ずれ防止で必要なもの

ミニチュアシュナウザー

老犬介護で必要なものは、マットです。

1日中ほとんど寝ている状態だと、自分で寝返りもできにくく、体を動かさないと、床づれの原因になります。

低反発と高反発のマットをしたり、ハーネスをつけたりして、床ズレにならないようにしてあげましょう。

愛犬のミニチュアシュナウザー を老犬介護した時は、ストレッチボードを購入して、動きやすいようにしていました。

老犬介護で必要なもの、飼い主のポジティブマインド

老犬介護で必要なものはメンタル力です。

老犬を介護するのは、簡単なものではありませんし、仕事や子供の世話など、並行してやる必要があるので、大変です。

老犬介護の必要なものーメンタル

  • 折れない心
  • 笑顔
  • 素直さ

心が折れそうになるかもしれませんが、ポジティブマインドのメンタルをしっかり持って、笑顔を忘れそうになったら、笑顔を作り、素直さも大事です。

素直さとは、老犬介護では無理をせず、自分でできる範囲でやって、疲れてきたなと思ったら、そのことを自分で認め、素直に泣いたりできることです。

自分の弱さを見せるのも、老犬介護で必要なものではないでしょうか。

老犬介護で必要なもの<最期の準備>

老犬介護で用意するもの。考えたくないものは、最期のときに使うものです。

すぐに準備をする必要はないかもしれませんが、もしもの時のために、少しだけ考えておきましょう。

<<老犬の最後を迎える前に>>は、こちらでお話しています。

まとめ

今回は、老犬介護で必要なものについてお話しました。

老犬の介護は、飼い主にとって、精神的にも肉体的にも負担がかかりますが、少しでも負担がかからないように、必要なものは準備しておきましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー も介護になり、大変だったですが、明るく接することに心がけて、がんばりました。

また飼い主にとって、必要なものは精神力、相談できる人です。

老犬介護が始まっても心が穏やかに保てるように、気分転換ができるものを用意しておくことをおすすめします。

<<老犬介護>についてはこちらでもお話しています。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5