ミニチュアシュナウザー

散歩・旅行

犬の散歩コースの選び方。犬を成長させる4つのコツ

困っている人

犬の散歩コースがマンネリ化しています。

どうすればいいでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬の散歩コースの選び方
  • 犬の散歩コースで気にすべき点

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬の散歩コースについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の散歩コースを楽しむことができたのは、この記事でご紹介する4つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の散歩コースを選んでいくことで、散歩が楽しくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日から楽しく散歩コースを楽しんでいきましょう。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の散歩コースの選び方

トイプードル

犬の散歩コースは、下記の4つを意識して決めていくと、楽しくなります。

  1. 犬の散歩コースでの、出会いは大事
  2. 犬の散歩コースで、同じ犬種の犬を見つけるといい
  3. 犬の散歩コースは、運動できるかどうかで決める
  4. 犬の散歩コースでのコミュニケーション方法

それでは1つずつ解説していきます。

①犬の散歩コースは、出会いが大事

ミニチュアシュナウザー

犬の散歩コースを決めるのは、社会性を身につけさせるように、いろいろな人や犬と出会えるコースにすると、犬も成長できます。

犬と毎日、同じコースを散歩するのもいいですが、新しい出会いも少なくなり、慣れてくるため、社会性がなかなかつきません。

もちろん犬は、同じ匂いを嗅ぐことで、縄張り意識が構築されるので、いいこともありますが、できれば散歩コースを変えてみるのもおすすめです。

犬に社会性を身につけてもらうには、時々散歩コースを変えて、匂いを嗅がせて、誰と会うか、どんな犬と会うかもとても重要です。

犬が社会経験が少ないと、急に知らない人がきた時、吠えてしまったり、突然の出来事で噛んでしまうような問題行動を起こしてしまうかもしれません。

犬にとって、社会性を身につけることは、無駄吠えをなくしたり、噛み癖のしつけをするときに、とても役に立ちます。

飼い主にとっても、犬の散歩コースを変えれば、新しい発見があるはずです。

同じコースを散歩するのもいいですが、たまには、コースと変えて、犬の散歩を楽しんでいきましょう。

<<犬が散歩で吠えるなら>>

②犬の散歩コースで、同じ犬種の犬を見つけると楽しい

ミニチュアシュナウザー

犬の散歩コースで、同じ犬種の犬を見つけると、仲間意識が生まれてきて、うれしくなります。

犬によって、散歩コースで出会う犬は、人懐っこさ、被毛の色の違い、大きさなど様々ですし、同じ犬種でも、性格や特徴も違うので、愛犬との違いがわかり、しつけに役立ちます。

同じ犬種だからこそ、飼い主同士が分かりあえることもあります。

犬の散歩コースを変えると、いろいろな犬に会えるのも、散歩の楽しみの1つですね。

③犬の散歩コースは、運動できるかどうかで決める

ミニチュアシュナウザー

犬の散歩コースは、平坦な道でも、歩くスピードを早めたりすることで。運動能力は高めることができますが、散歩コースを変えて、坂道が多い道を選ぶと足腰への負荷がかかり、代謝が上がってきます。

老犬や子犬を、散歩で無理をさせることはよくないですが、エネルギーが放出できず、犬がストレスをためて、問題高度を起こさないように、ほとよく運動していきましょう。

犬も散歩コースが変わると、気分も変わります。犬も人も健康的な散歩をしていきましょう。

<<犬の散歩>>はこちらの記事もおすすめです。

④犬の散歩コースでのコミュニケーション

ミニチュアシュナウザー と人

犬の名前を覚える

犬の散歩コースで出会う人とコミュニケーションしましょう。

散歩で何度か同じ犬に会うようだったら、年齢や名前を聞くのもいいでしょう。

声をかけられて嫌がる飼い主さんもいますが、たいがいは聞かれた飼い主さんはうれしいはずです。

次に犬と同じコースを散歩したときに、名前を聞いた犬と出会った時、名前を覚えてくれていたら、うれしいばかりか感動を覚えるかもしれません。

犬の散歩コースで出会った人と、犬の名前を覚えることが、犬友さんを作る最大のコツですね。

犬の散歩コースでのおつきあいはほどほどに

犬の散歩コースで出会った飼い主さんから声をかけられることがあるでしょう。

犬同士、匂いを嗅がせるなどの挨拶をさせたくて、話しかけてくることもありますが、飼い主さん同士のグループのような感じだと注意が必要かもしれません。

話に夢中になり、毎日、時間が取られて困ってしまうこともあるので、おつきあいはほどほどに群れないことです。

もし声をかけられるのがうっとおしいようだったら、犬の散歩のコースを変えてみましょう。

犬の散歩コースでおつきあいをしたくなかったら

犬の散歩で犬友さんができると楽しい面もありますが、人によって時間の事情は様々です。

あなた自身が、おしゃべりが好きで、話す時間が楽しいならいいのですが、コミュニケーションが苦手だったり、時間をとられるのが嫌だと感じていたら、犬の散歩コースを変えるのがいいでしょう。

無理して付き合う必要はないので、思い切って犬と違うコースを散歩するのもおすすめです。

犬の散歩コースで気にすべきこと

トイプードル

犬の散歩コースを変えた時も、また同じ散歩コースでも、車や人に気をつけて、散歩しましょう。

犬の安全を守るのは、飼い主であるあなたなので、十分注意して散歩コースを決めて、散歩を楽しみましょう。

<<犬の公園散歩>>の記事もおすすめです。

犬の散歩コースのまとめ

今回は、犬の散歩コースについて、お話しました。

  1. 犬の散歩コースでの、出会いは大事
  2. 犬の散歩コースで、同じ犬種の犬を見つけるといい
  3. 犬の散歩コースは、運動できるかどうかで決める
  4. 犬の散歩コースでのコミュニケーション方法

犬の散歩は、毎日同じコースするのではなく、違うコースを行けば、経験もたくさんできるので、いい感じです。犬友だちを作りたい人は、公園などにいくのもいいでしょう。

ボクも愛犬のミニチュアシュナウザー と散歩をするときは、時々コースを変えると、発見があり、とても楽しい散歩になりました。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-散歩・旅行

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5