散歩・旅行

犬が散歩で嫌がるなら。行きたがらない理由と解決方法

散歩を嫌がる
悩んでいる人

犬が散歩を嫌がるので、悩んでいます。

どうしたら犬が散歩に行ってくれるでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬が散歩を嫌がる時の対処方法
  • 体調が悪いなら
  • 散歩を嫌がる理由

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は、犬が散歩で嫌がる時の解決方法について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の散歩がしっかりできたのは、この記事でご紹介するポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、散歩のコツを実践することで、犬が散歩を嫌がることが少なくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日から散歩をやってみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が散歩を嫌がる時の対処方法

ミニチュアシュナウザー

犬が散歩を嫌がるときの対処方法をご紹介します。

犬が散歩を嫌がるときの対処方法

  • 首輪を変えてみる
  • 短い距離、短時間にする
  • 時間を変える
  • 雨、路面が濡れているなら
  • 散歩コースを変える
  • 音を避ける
  • おやつを使う
  • 散歩を即す

それでは1つずつお話ししていきます。

首輪を変えてみる

犬が散歩を嫌がるなら、普段から家の中でも時々、首輪をつけたり、服を着せたりして、慣れさせておきましょう

首輪やリードが顔に触れることで、嫌がる犬もいるので、ハーネスに付け替えて散歩してみましょう。

短い距離、短時間にする

犬が散歩を嫌がるなら、短い時間、短い距離から始めていきましょう。

散歩中の犬を観察して、痛がっているところがないか、体調が十分かどうかも確認してあげることも大切です。

時間を変える

暑いから犬が散歩を嫌がる

犬が暑いから散歩を嫌がるなら、日中は避けて、夜は朝早くいくなど、時間を勘がて散歩をしてあげましょう。

暑い日のアスファルトは、手で触れないほどの熱い温度や、道路の照り返しも気になります。

犬の肉球に直接、地面が当たるので、やけどをしては大変です。

特に、小型犬やダックスフンドなどは、地面との距離も近いので、熱中症になってしまうかもしれません。

夏に犬が散歩を嫌がるなら、車で公園などに連れていき、芝生などで散歩をしてあげるといいでしょう。

日陰が多い場所や、散歩する時間を考慮して、緑が多い公園などを散歩するといいでしょう。

暑い日は、犬にクールビズの服を水で濡らして着せるのもいいですね。

雨、路面が濡れているなら

ミニチュアシュナウザー とカッパ

犬が散歩を嫌がるのは、足や体が濡れてしまうからです。

雨が降っていたり、雨があがったあとだとしても、犬が散歩を嫌がることがあります。

特に水を嫌がる犬は、多少地面が濡れていると、嫌なのです。

雨の日は、散歩を短めにしたり、散歩をやめてもいいかもしれません。

散歩の目的は、社会性を身につけさせることと、運動です。

犬が散歩を嫌がるなら、1日休んで、次の日にいくぐらいの気持ちにすると、犬も安心するはずです。

<<犬が雨の日に散歩を嫌がる>>なら、こちらの記事もおすすめ。

散歩コースを変える

犬がいつもの散歩コースを嫌がるなら、違うところを散歩してみましょう。

犬は吠えられることで恐怖心を感じて、散歩を嫌がるなら、別の道を散歩したり、他の犬が通り過ぎるまで、抱っこするなどして回避してあげましょう。

他の犬に慣れていくことは大事なことですが、トラウマになって、ずっと散歩を嫌がる犬になっては困ります。

まずは回避してあげて、徐々に慣らしてあげましょう。

<<警戒心が強い犬>>も散歩を嫌がることもあります。

過去のトラウマに縛られているなら、散歩コースを変えることで、克服できるでしょう。

音を避ける

犬が音を怖がって散歩を嫌がるなら、避けて通るようにしてあげましょう。

散歩をしていて、予測できる工事の音は、事前に察知できるはずです。

犬が嫌がる音を避けるようにしてあげると。恐怖心で散歩を嫌がることもないでしょう。

また事前に予測できないバースト音などがした時は、犬は恐怖を感じていたり、興奮しています。

大きな音がしたら、体を撫でてあげながら、大丈夫だよと声をかけ、気持ちを落ち着かせてあげましょう。

ずっと音が続くようなら、その場を離れたり、抱っこをして安心させ、犬が散歩を嫌がることのないようにしましょう。

犬が散歩を嫌がるならおやつを使う

犬が散歩を嫌がるなら、おやつを使って誘導してあげましょう。

散歩を楽しいと思ってもらうことが大切です。

短い距離でいいので、少しずつ慣らして、散歩を嫌がる原因の恐怖心を取り除いてあげましょう。

散歩を即す

犬が散歩を嫌がるなら、リードを短く持ち、首元からそっと弾みをつけてあげましょう。

動かない場合は、犬の後ろに回って、散歩を促してあげましょう。

犬は、後ろから近寄ったものに対して、恐怖を感じるので、自然と動きます。

犬が散歩を嫌がるのは、体調が悪いなら

ミニチュアシュナウザー

犬が散歩を嫌がるなら、体調を心配しましょう。

  • 呼吸する息が荒くなっていないか
  • 体の痛みがないか
  • 後ろ足が弱っていないか
  • ぐったりしていないか

などをチェックします。

多少でも心配なことがあるなら、早めに動物病院を受診しましょう。

また老化により筋肉が弱ってきて、散歩を嫌がることがありますので、様子を見ながら、散歩に行きましょう。

特に犬は後ろ足が弱くなる傾向があります。

リハビリも大切ですが、気遣ってあげることも必要になってきます。老犬の後ろ足が弱いなら。リハビリと筋力アップは無理をさせない続きを見る

犬が散歩を嫌がる理由

ミニチュアシュナウザー おすわり

恐怖を感じている

犬が散歩を嫌がるのは、社会性ができていなかったり、なんらかの原因で、恐怖心を感じているからです。

恐怖を感じる対象は、犬によって違いますが、花火や雷、工事の作業などの大きな音や、子供達が遊んでいる集団、ずっと吠えている犬がいると、怖がることがあります。

また過去の怖い経験から散歩を嫌がることもあります。

犬が恐怖を感じて立ち止まったり、散歩を嫌がることで帰りたがる場合は、しっぽを下げて、表情も心配そうな顔をしているので、すぐにわかるはずです。

他の犬

犬が散歩を嫌がるのは、他の犬が怖いからです。

犬は群れで生活してきたので、縄割り意識が残っています。

散歩中、犬が縄張りを超えてしまうと、他の犬が吠えて威嚇することもあるでしょう。

犬が散歩で嫌がるのは、社会性が身についておらず、車の音や、工事の音で恐怖を感じてしまうからです。

大きな音がすると、リードを強く引っ張って逃げようとするのもそのためです。

首輪や服を嫌がる

子犬の散歩デビュー

犬が散歩を嫌がるのは、首輪が苦しかったり、洋服を着せられるのが嫌だからです。

犬にとって、首輪や洋服は異物なので、違和感を感じてしまいます。

天候、気温

ミニチュアシュナウザー

犬が散歩を嫌がるのは、体温調節機能があまりないので、暑かったり、寒かったりすると、歩きたくなくなってしまいます。

疲れているから

ミニチュアシュナウザー

犬が散歩を嫌がるのは、疲れているからです。

遊びが多くて、運動が十分たりていたり、ドッグランで走った後などは、疲れています。

またしつけも犬が疲れる原因です。

もしも疲れていて、犬が散歩を嫌がるなら、お休みさせてあげましょう。

疲れるのは、運動だけじゃありません。

留守番中、心配で寝ることができず、疲れているのかもしれません。

気分転換のための散歩ならいいですが、疲れさせないように、留守番を克服させてあげることも大事です。

<<留守番のしつけ>>はこちらから。

子犬の時にあまり散歩をさせなかった

子犬の散歩デビュー

子犬の時に、散歩の経験が少ないと、社会性ができないため、散歩を嫌がるようになります。

ワクチン接種が終わった後、なるべく毎日散歩に連れていくようにしましょう。

社会性ができていないと、無駄吠えや噛み癖の原因にもなる可能性もあります。

老化

老犬になり、足腰が弱くなってきて、歩くのが億劫になり、散歩を嫌がるようになります。

嫌がる原因が、足腰なのか、内臓の疾患なのか、しっかりと観察して見極めていきましょう。

まとめ

今回は、犬が散歩を嫌がる時の原因と対処方法についてお話しました。

うちのミニチュアシュナウザー も散歩をしょっちゅう嫌がることがありました。

無理しない程度の時間を散歩したり、回数を減らしたりして、犬がおだやかに生活できる環境づくりをしました。

犬が散歩を嫌がるなら、体調や気分などを考えてあげるようにしましょう。

<<犬との散歩>>を健康的に楽しみましょう。

-散歩・旅行
-, , ,