散歩・旅行

犬におすすめキャンプ場ー静岡県渚園

ミニチュアシュナウザー と人

困っている人

犬と一緒にキャンプがしたいです。

おすすめのキャンプ場はありますか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬と行けるキャンプ場でおすすめな渚園
  • 犬と行ける渚園キャンプ場のデメリット
  • 犬と行ける渚園キャンプ場のよくある質問

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬と一緒に行くことができる渚園キャンプ場について解説します。

この記事を読んでいるあなたも、渚園のキャンプ場に犬と行けば、心も体もリラックスできますよ。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬と行けるキャンプ場でおすすめな渚園

犬と旅行バーベキュー

弁天島渚園は犬も連れて行けるおすすめのキャンプ場です。

ではどんなところかお話していきます。

  1. 犬も行ける渚園キャンプ場がおすすめなのは、ロケーションがいいから
  2. 犬も行ける渚園キャンプ場の種類
  3. 犬も行ける渚園キャンプ場のおすすめな施設
  4. キャンプ場外の犬が行けるおすすめの施設

それでは1つずつ解説していきます。

①渚園キャンプ場が犬におすすめなのは、ロケーションがいいから

アクセスがいい

渚園キャンプ場は、犬も行ける静岡県の浜名湖にある弁天島あリます。

浜名湖は太平洋ともつながっている汽水湖です。

東名高速道路 浜松西インターから20分で行けるアクセス便利な立地のところにあるのでおすすめです。また電車でも新幹線が止まる浜松駅からJRで11分の近さ。

キャンプ場の最寄駅はJR弁天島駅です。

駅からはまっすぐに一本道で、徒歩で北に向かいキャンプ場までは15分の近さなので、電車で犬と一緒にキャンプもおすすめです。

大空のもと、ライブなども時々行われるので、ご存知の方も多いかと思います。

景色がいい

浜名湖がすぐに見える素晴らしいロケーションのおすすめのキャンプ場です。

愛犬も海岸沿いを散歩できるので、いい場所ですね。

夜の天気がよければ星が見えたり浜名湖に浮かぶホテルのライトがとてもきれいに見えます。

②犬も入れるおすすめ渚園キャンプ場の種類

ミニチュアシュナウザー

渚園キャンプ場の愛犬と入れるのは、全部が利用できるわけではなく、ペットサイトのみです。

人気があり、いつも混んでいるので、必ず事前に予約を入れましょう。

結構予約を取るのが大変かもしれません。

フリーサイト

広大な敷地に自分の好きなところにテントを張ることができるキャンプ場です。

海沿いに屋根のあるところもありますが、早い者勝ちになります。(それほど広くありません。)

車で行った場合は、駐車場に車を止めて、荷物は無料のリヤカーを利用して運ぶことができます。

ひとりキャンプも料金がリーズナブルなのでおすすめです。

※フリーサイトは愛犬と連れていくことはできません。

オートサイト

キャンプ場のオートサイトには、

  • 普通オートサイト
  • 犬も入れるオートペットサイト

があります。どちらも車で乗り入れできます。

10Mⅹ10Mの場所が指定されて、その場所に車1台、テントなど自由に配置することができます。(人数5人まで)
キャンプ場でおすすめは電源サイト。電源があれば、キャンプ中、スマホなどの充電も便利ですね。

愛犬を連れて行けるのは、ペットサイトのみなので気をつけましょう。

愛犬も行けるペットサイト

ミニチュアシュナウザー

キャンプ場の中にあるペットサイトは、車を1台乗り入れることができ、愛犬も連れて行けるおすすめのところです。

電源があるサイトもあります。

ペットサイトは全12サイトです。とても人気があるので早めの予約をおすすめします。

広めのドッグランもそばにあるので、わんちゃんにも大変人気があります。

もちろんひとりキャンプにもおすすめです。

愛犬と1対1でゆったりと過ごすのもいいですね。

電源サイト(普通オートサイト、ペットサイト)

キャンプ場のオートサイトの中で電源がついているサイトです。

電源がついているので、スマホの充電などができるので便利です。

発電機は禁止です。容量が多いものはヒューズが飛ぶので注意しましょう。

  • 普通電源サイト:16サイト
  • ペット電源サイト:4サイト

※コロナ禍で、数に制限がされています。

③犬にもおすすめな渚園キャンプ場の施設について

ミニチュアシュナウザー 走る

チェックイン、チェックアウト

キャンプ場の受付は朝8:30から21:00までです。

チェックインは朝10時からできます。

チェックインが遅くなる場合は、必ず連絡してからにした方がいいと思います。

チェックアウトは翌日の朝10時です。

すべて片付け終わって、10時にはチェックアウトするようにしましょう。

超過した場合は追加料金が発生する場合があるので、注意してくださいね。

朝10時チェックアウトなので、ゆっくりできるからおすすめです。

駐車場

キャンプ場の駐車場に入るのに、1回1回料金がかかるので、買い物は済ませてからにしましょう

出るのには料金がかかりませんが、入る時に必ずかかるので注意しましょう。

レンタル用品

バーベキュー用のテーブル、セット(鉄板、あみなど)をレンタルすることができます。

トング、割り箸、お皿などは販売になります。

ただし数が限りがあるので、バーベキューコンロ、鉄板、網などは持参することをお勧めします。

また薪や着火剤、炭なども別途買うことができます。テントはありません。

キャンプ場のルールは時々変わるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ごみ

キャンプ場のゴミはすべて持ち帰りです。

ただし消し炭は捨てる場所があります。

犬の排泄物も持ち帰りです。

トイレ

キャンプ場の新のトイレは、ウォシュレットも装備されてきれいで女性にも優しいでのでおすすめです。 

売店

キャンプ場の土日のみの営業です。

犬は入ることができませんが、焼きそばやうどん、生ビール、カップラーメンなどを売っています。

季節や天候によって、営業日、営業時間などは確認を

キャンプ場そばにはコンビニなどはありませんので、買い物をしてからチェックインがおすすめです。

レクレーション

キャンプ場のボール遊びは火を使っているので禁止です。バトミントンのみOKです。
フラフープなどのレンタルもあります。

犬もいける渚園キャンプ場外のおすすめの施設

ドッグラン

ミニチュアシュナウザー

渚園キャンプ場に併設されたドッグランです。

駐車場や宿泊する場所からはとても近く、おすすめです。

せっかく犬を連れているのですから、思いっきり走らせてあげましょう。

水族館ウォット

キャンプ場の隣にあります。

駐車場は兼用しているので、歩いていける距離です。犬は残念ながら入れませんが、おすすめですよ。

アクアペンションクッチェッタ

奥浜名湖にある犬も泊まれるペンションです。もちろん食事だけでもOKです。

本格的な料理が楽しむことができるので、おすすめです。

渚園キャンプ場からは車で1時間程度です。

ドッグガーデンHAMA&WAN

渚園キャンプ場から車で20分程度のところにある、佐鳴湖という湖のそばにあるカフェです。

大きくてきれいなドッグランは、犬も思いっきり走ることができるので、とてもおすすめです。

犬にもおすすめな渚園キャンプ場のデメリット

友達と遊ぶ

風が強い

日によりますが、海沿いなのでかなり風が強い日があります。

特に冬場はタープなどが立てれらない日がありますので確認しておきましょう。

犬が泊まれるキャンプ場内のペットサイトは、海から少し離れたところにありますので、少しはマシかもです。寒いかもしれないので、上着などは持っていくことをおすすめします。

コンビニが遠い

キャンプ場のそばには、コンビニなどの買い物ができるお店がありません。
弁天島駅の南側にあるファミリーマートは、歩いて15分ぐらいかかってしまうので、アルコールなどはチェックインする前に準備しておきましょう。

駐車場

キャンプ場の隣接に駐車場は、入るたびに料金が発生します。

1回入ったらチェックアウトするまでは出ないようにしておくように買い物などを済ませておくことをお勧めします。

犬も行ける渚園キャンプ場のよくある質問

ミニチュアシュナウザー

キャンプ場のトイレがきれいかどうか気になる

キャンプ場のトイレは、シャワールームも含めて、5箇所あります。

一番新しいトイレは、ウォッシュレットがついているので、おすすめです。

犬も入れるドッグランはあるの?

キャンプ場隣接のドッグランがあります。

キャンプ場を利用しなくても、駐車場代さえ払えば、犬を連れてドッグランに入ることができます。

料金は無料です。

まとめ

今回は、犬も行けるおすすめの渚園キャンプ場についてお話ししました。

  1. 犬も行ける渚園キャンプ場がおすすめなのは、ロケーションがいいから
  2. 犬も行ける渚園キャンプ場の種類
  3. 犬も行ける渚園キャンプ場のおすすめな施設
  4. キャンプ場外の犬が行けるおすすめの施設

愛犬と一緒に過ごすには、すごくおすすめのキャンプ場。

自然の中で1日ゆっくり過ごしてみませんか。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-散歩・旅行
-

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5