しつけ 散歩・旅行

犬の散歩でしつけをする方法ーついてを教えよう

ついてのしつけ

困っている人

犬を散歩でしつけをしたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

犬のしつけの方法が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬の散歩のしつけの仕方
  • 犬の散歩のしつけで気をつけること

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え噛み癖の問題行動留守番のしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬の散歩のしつけについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしっかりしつけができたのは、この記事でご紹介する4つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の散歩でしつけをすることで、犬との生活が楽しくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、犬の散歩のしつけをしてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の散歩のしつけ方法

トイプードル

下記に4つを意識することで、犬の散歩のしつけがうまくいきます。

  1. 犬の散歩のしつけー危険から守るためにしつけをしよう
  2. 犬の散歩のしつけー「ついて」のコマンドを教える
  3. 犬の散歩のしつけで「待て」のコマンドも教える
  4. 犬の散歩でのしつけーあれこれ

それでは1つずつ解説していきます。

①犬の散歩のしつけー危険から守るためにしつけをしよう

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬が散歩でしつけをして、大切な愛犬や周りの人を危険から守っていきましょう。

急に犬が勝手に動き出したり、いうことを聞かずリードを引っ張ったら、とても困る

ので、引っ張り癖は治しておきましょう。

<<犬の引っ張り癖>>については、こちらでお話ししています。

小型犬ならまだしも大型犬だったら大変なことになりますし、急に引っ張られて、飼い主自身がケガをしないように、しつけをしておきましょう。

犬の散歩中のしつけは、リードを使い、「ついて」という言葉を教えて行きましょう。

「ついて」は、ついておいでという意味で使われ、散歩を安全に行うのに大切な犬への命令語、つまりコマンドです。

犬の散歩でしつけをしておらず、リードを長いままや、伸ばしたままにしておくと、歩行者に向かっていき接触してしまう危険もあります。

犬の散歩で飼い主は、距離感や犬の性格で、大丈夫だとわかっていても、他人からすれば、この犬がおとなしいかどうかなんてわかりません。

自分に危害を与えない保証がないために、不安感を与えてしまうことになるのです。

犬の散歩でしっかりとしつけをして、犬に社会性を身につけ、社会の一員として、行動できる犬にしていきましょう。

②犬の散歩のしつけー「ついて」のコマンドを教える

ミニチュアシュナウザー

犬に散歩で「ついて」をしつけていきましょう。

急に散歩にしつけをしようとしても、雑音などで気が散って、なかなか思うようにならないので、おうちで事前に練習しておくことが、散歩のしつけのうまくいくコツです。

家で練習する場合でも、犬にリードをつけ、ごほうびのおやつを使いながら、しつけをしていきます。

犬の散歩のしつけ「ついて」のコマンド

犬の散歩中、「ついて」(リーダーウォーク)のしつけをしていきましょう。

慣れるまでは、おうちでしつけていきましょう。

犬に散歩のしつけーついてのやり方

  1. 犬にリードをつけて、飼い主の右側におすわりさせる。
  2. 「ついて」と声をかけて、歩き出す。
  3. 数歩歩いたら、「待て」と声をかけて、止まる。
  4. おすわりさせる。
  5. 「ついて」と声をかけて、また歩き出す。

このとき、犬がリードを引っ張ったりしないように気をつけながら、しつけをしていきましょう。

しつけ言葉は、ついてでなくても、「ゴー」など別な言葉でも構いません。

犬のしつけは、散歩でしつける前に、おうちで完璧にしておくことが大切です。

できるまで何度でも練習しておきましょう。

犬をあなたの体にぴったりとくっつくように、一緒に歩くように誘導しますが、もしうまくできないようなら、鼻先におやつをチラつかせながら、「ついて」と声をかけながらやっていきましょう。

最初は数歩歩くことができただけでも、おやつをあげて、褒めてあげましょう。

スピードを変える。「ゆっくり」

犬の散歩の「ついて」のしつけで、普通の速さで歩くことができるようになったら、今度は「ゆっくり」とコマンドをかけて、ゆっくり歩きます

犬が急ごうとする場合は、リードをしっかりとコントロールして、同じスピードになるようにしつけをしていきます。

「ゆっくり」のコマンドをしつけておけば、犬も歩くスピードを緩めてくれるので、散歩が楽になります。

「速く」

犬の散歩のしつけで、今度はスピードを速めて、外だったら小走りのスピードでも、犬がくっついてくるように練習していきましょう。

犬の散歩途中でやると危険なこともあるので、安全のため、公園など広い場所でやるといいでしょう。

犬の散歩は、雑音など障害も多いですが、スピードを変えても、犬がしっかりと飼い主の横にくるようにしつけをしていきましょう。

両刀使いにする。

犬の散歩のしつけで、犬が飼い主のどちら側でもできるようにしておきましょう。

道路によっては、左側や右側どちらかしか、歩けないところもあるからです。

犬の散歩が安全にできるように、しつけで、犬が飼い主の道路側の反対になるように、どちらの側でも散歩ができるようにしておきましょう。

③犬の散歩のしつけで「待て」のコマンドも教える

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬の散歩で、待てをしつけていきましょう。

「待て」のコマンドは、犬が散歩で、どこかにいきそうになった時にも役に立つので、必ずしつけをしておきましょう。

犬の待てのしつけは、安全確保にとても大切で便利な言葉なので、散歩で危険にならないように教えておきましょう。

<<犬の待てのしつけ>>は、こちらでお話ししています。

④犬の散歩でのしつけーあれこれ

ミニチュアシュナウザー

犬の散歩のしつけは、おうちでやるのと違い、騒音や人の声など、障害が多いので、最初は難しいかもしれませんが、根気よく続けていきましょう。

「ついて」や「待て」などの他にも、おすわりやコイ、伏せなど、犬の散歩中、公園などの安全な場所でしつけをしていきましょう。

犬のしつけが散歩でできるなら、おうちでは簡単にできるはずです。

<<犬が他人を噛む>>ことについては、こちらでお話ししています。

犬の散歩のしつけで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬の散歩のしつけーしつけが終わったことを教える

犬の散歩にしつけは、安全を確保して、メリハリをつけてやるようにしましょう。

犬の散歩中、ずっとしつけをすると、犬も集中力がなくなってくるし、いつも緊張した状態になり、疲れてしまいます。

少ししつけの練習したら、必ず犬に「オッケー」のコマンドをかけて、リードを緩めて、犬を練習から解放してあげましょう。

犬を散歩でしつけるときは、犬も特に緊張しています。

犬のしつけがうまくいったら、思いっきりほめて、あげましょう。

私の体験

我が家のミニチュアシュナウザーも散歩でついてやマテなどのしつけをしっかりしました。

最初はできませんでしたが、ゆっくりと急がず広場などで、練習しましたよ!

実際は、公園などに行くと、匂いを嗅ぐことも多いので、メリハリをつけて、今はフリー、今は練習というようにするといいと思います。

犬の散歩のしつけのまとめ

今回は、犬の散歩のしつけについて、お話ししました。

  1. 犬の散歩のしつけー危険から守るためにしつけをしよう
  2. 犬の散歩のしつけー「ついて」のコマンドを教える
  3. 犬の散歩のしつけで「待て」のコマンドも教える
  4. 犬の散歩でのしつけーあれこれ

我が家のミニチュアシュナウザー も雑音でなかなか散歩でしつけがうまくいきませんでしたが、続けることにより、待てやおすわり、ついてなどできるようになりました。

<<犬との散歩>>は楽しんでやっていきましょう。

ミニチュアシュナウザー との散歩
ミニチュアシュナウザーの散歩の必要性。運動としつけもしよう。

続きを見る

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-しつけ, 散歩・旅行
-, ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5