子犬 散歩・旅行

子犬の散歩デビューはいつから?気をつけたいことは?

子犬の散歩デビュー
悩んでいる人

子犬の散歩デビューはいつからでしょうか?

子犬の散歩デビューさせるにあたり、気をつけることがあれば、知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 散歩デビューはいつから 
  • 子犬の散歩デビューの準備
  • 散歩デビューをしよう
  • 散歩で気をつけること
  • 散歩デビューしたらしつけたいこと

今回は子犬を飼い始めた人のために、散歩デビューについてご紹介します。

子犬の散歩は社会性を身につける上でとても大切なものですが、気をつけないといけないことがあります。

「散歩をいつからはじめるか」はとても大事。

早すぎると感染症のリスクがあるし、遅すぎると子犬の社会化ができにくくなってしまうからです。

そこで本記事では、子犬の散歩デビューがこれからで、不安という人でも理解できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「子犬の散歩デビューはいつから?」「散歩で気をつけることは?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、早速はじめていきましょう。

子犬の散歩デビューはいつから

子犬の散歩デビュー

子犬の散歩デビューの時期についてお話しします。

  • 3回目のワクチンを摂取後、2週間程度たった頃
  • 2回目のワクチンから1週間ぐらいしたら

3回目ワクチン接種後

3回目のワクチンの接種が終わってから散歩デビューするのが一般的です、

子犬が生後4ヶ月がすぎてしばらくした頃ですね。

ワクチンの抗体ができた頃にすると、体ができていない子犬の感染リスクが下がるという理由からです。

2回目ワクチン接種後

最近は2回目のワクチン接種後、1週間ぐらいたてば、散歩デビューを始めることをすすめる獣医さんが多くなってきました。

子犬の散歩デビューが遅くなると、社会性が身に付かないという理由です。

ただしワクチンが済んでいない分、感染のリスクはあるので、十分注意して散歩する必要があります。

散歩デビューで注意すること

  • ほかの犬や他人に触れないようにすること
  • 草むらなどに入らないこと

散歩デビューは、犬種や子犬の体調、成長ぐあいなどを動物病院に相談して、決めていくといいですね。

うちのミニチュアシュナウザー は、2回目のワクチンが済んだあとの散歩デビューをしました。
早めの散歩デビューしてわかったことは、他の犬とのご挨拶をお断りしないといけないので、飼い主さんとの距離感を保つのが難しかったです。

動物病院との相談にはなりますが、ボクは生後3ヶ月をすぎたころ、2回目のワクチンが終わったころでよかったと思っています。

子犬の散歩デビューの季節は重要

子犬の散歩デビュー

子犬の散歩デビューは、季節や散歩の時間が、とても重要です。

気温への適応ができず、子犬が気温差で病気になったら大変です。

暑いと熱中症になったり、寒いと風邪をひいてしまう危険性があります。

散歩でデビューは時期ではなく、その日の気温や体調などを考慮していきましょう。

夏場のアスファルトの上は、思った以上に温度が上がっています。

どうしても、暑い時期や寒い時期に、散歩デビューさせたい場合は、朝か夕方などの気温が低い時、そして冬場は日中の暖かい時間を選ぶようにしましょう。

子犬の体調を考えて、寒い冬なら暖かくなる春まで待つのも、子犬に優しい気遣いです。

子犬の散歩デビューの準備

ミニチュアシュナウザー 白

子犬の散歩デビューの準備についてお話します。

子犬の散歩デビュー

  • 首輪をつける練習をする
  • おうちでリードをつけて練習
  • 外の空気を感じよう
  • お散歩グッズを用意する
  • ノミダニの薬をつけよう
  • 動物病院に相談しよう

それでは1つずつお話していきます。

首輪をつける練習をする

子犬を散歩デビューする前に、首輪をつける練習をしましょう。

最初は嫌がって子犬に首輪をつけるのは難しいかもしれません。

体につけても気にならないリボンで代用したり、首輪をつける時間を短くして、違和感がなるべく減るようにします。

うちのミニチュアシュナウザー は、つけるのをいやがったり、つけても手で取りたがったりしましたが、だんだんと慣れていきました。

おうちでリードをつけて練習

子犬が首輪に慣れてきたら、家の中でリードをつけて歩いてみましょう。

いきなり子犬にリードをつけて、散歩デビューして、外を歩かせても、歩かないことが多いからです。

リードは、子犬が安全に散歩をするための大切なアイテムなので、散歩デビューする前に早めに慣れさせておきましょう。

リードをつける理由は?

  • どこかに行ってしまわないように
  • 他の人に迷惑をかけないようにする
  • 車などの危険なものから守る
  • 有害なものを食べたりしないようにする

リードは、飼い主と子犬とをつなぐ命綱です。

首輪を犬につける前に、首輪やリードの匂いを嗅がせて、安心であることを認識させてあげましょう。

何度か繰り返すうちに、リードを持っただけで散歩に行けることがわかるので、喜んで首を差し出してくるはずです。

もし子犬のしつけのことが知りたいなら、>>累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】がおすすめです。

外の空気を感じよう

子犬を散歩デビューさせる前に、おうちで抱っこして、窓を開けて外を風景を見せてあげて、臭いを嗅がせてみましょう。

窓を開けることで、匂いを感じたり、音が聞こえることで、だんだんとなれさせていくのです。

お散歩グッズを用意する

子犬と散歩デビューする前に、散歩グッズを用意しておきましょう。

  • リード、首輪
  • 散歩バッグ
  • 排泄物を入れる袋
  • 汚れを流す水
  • ペットシーツ

子犬の散歩バッグはなんでも構いませんが、開け口が広いとすぐに取り出せて便利です。

ノミダニの薬をつけよう

子犬をを散歩デビューする前には、季節にもよりますが、ノミダニの薬を塗布しておきましょう。

最初は草むらなどを避けることが望ましいですが、どうしても草に触れてしまう可能性があります。

子犬の体調を万全にして出かけましょう。

フィラリアの薬も処方してもらいましょう。

動物病院に相談しよう

ミニチュアシュナウザー の子犬

子犬の散歩デビューは動物病院と相談しながらやっていきましょう。

かかりつけの動物病院が決まっていないなら、早めに見つけていくと、長い犬との生活にきっと役に立ちます。

子犬の足腰の状態、体調のことなど、散歩デビューをする時は、獣医さんにみてもらい、許可をもらうと安心です。

特に初めて子犬を飼った場合は、心配なことが多いでしょう。

子犬の健康状態を獣医さんに確認することも、お互いの信頼関係を作る上で大切なことです。

子犬の散歩デビューは、獣医さんと相談しながら、タイミングを決めていきましょう。

<<かかりつけの動物病院>>を決めていきましょう。

もちろん、狂犬病の注射も済ませ、行政期間へのペット登録も必ずしましょう。

子犬の散歩デビューをしよう

いよいよ子犬の散歩デビューです。

散歩デビューは、

  • 安心してできること
  • 社会性を身につけること

です。

まずは子犬を抱っこをして外に出ましょう。

いよいよ、子犬の散歩デビューですが、まずは抱っこして、外の空気を味わうだけにしましょう。

子犬にとって、初めての外は怖いので、まずは抱っこをしたり、カートに入れた状態で、外に出てみましょう。

車の音や他の犬の鳴き声、子供の声などを聞かせ、外が怖くないことを伝えていきます。


子犬は不安な気持ちでいっぱいです。
まずは、気持ちを落ち着かせてあげることが散歩デビューの第一歩です。

子犬と散歩デビュー。さあ歩いてみましょう。

ミニチュアシュナウザー 子犬

いよいよ本格的な子犬の散歩デビューです。

散歩で外に出たら、子犬に声をかけながら歩きましょう、

一歩進んだら「いいこ、いいこ」とほめて、また一歩進んだらほめてあげます。

ほめてあげることは、子犬はうれしいはずですし、ほめることで子犬は成長していきます。

もしかしたら、子犬の散歩デビューしても、怖がって、歩き出さないかもしれません。

その場合は無理をせず、その日は散歩をやめるぐらいの大きな気持ちで、ゆっくり行いましょう。

<<犬が散歩で嫌がるなら>>という記事も参考にしてみてくださいね。

子犬に話しかけ続けましょう。

子犬にとって散歩デビューは、とても不安で怖いものです。

子犬に安心させるために、ずっと話しかけ続けましょう。

いいよ、よしよし、Good、などできれば褒める言葉で、語り続けましょう。

<<子犬が歩かないなら>>こちらの記事も参考にしてみてください。

子犬の散歩デビューで気をつけること

ミニチュアシュナウザー

子犬の散歩は、安全、安心にするために、気をつけることがあります。

スムーズに散歩デビューができるようにしましょう。

散歩デビューはあせらなくてもいい。

子犬の散歩デビューは、早くいきたいかもしれませんが、焦らず、じっくり時期をみましょう。

子犬の体力や免疫力がついていません。

準備ができていない子犬を、散歩デビューさせることで、病気になってしまう可能性があるからです。

子犬の散歩デビューの大事な目的は、社会性を身につけること、そして運動で筋肉をつけることです。

急いで子犬を散歩デビューしなくても、運動という面では、おうちの中でも遊びを通して運動はできます。

まずは、子犬が散歩で不安にならないように、おうちの中で信頼関係を作り、素直に育てていくことが大切です。

あせらなくても大丈夫。

タイミングがくれば、子犬の散歩デビューはいつでもできます。

<<子犬の育て方>>の記事もおすすめです。

子犬が食べない

子犬が散歩のストレスで食べなくなってしまうことがあります。

とにかく散歩デビューはゆっくりやっていくことが大事です。

子犬が食べないなら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ご近所さんへの大切な挨拶

子犬の散歩デビューは、犬を飼っていることを、ご近所さんへお知らせするための大切な行事でもあります。

子犬を飼い始めても、ご近所さんは、音がしたり、匂いもすることがあるので、気になっているはずです。

「子犬を飼っている人」、「トイプードルを飼っている人」だとか、「ミニチュアシュナウザー の子がいるおうち」などと認識してくれるでしょう。

犬好きだったら、何々ちゃんのパパ、ママなどと呼んでくれるかもしれません。

子犬が吠えて、迷惑をかけてしまうかもしれないので、低姿勢な態度で出かけるのもマナーです。

子犬の散歩デビューは、責任を持って行動するようにしましょう。

散歩デビューしない子犬ー室内犬の場合

トイプードル

子犬を散歩デビューさせない飼い主さんもいるでしょう。

子犬は室内だけでなく、散歩をして社会性をつけていく方が、犬にとっても飼い主にとっても望ましいことです。

散歩デビューしないとしても、首輪とリードをつける練習はしておきましょう。

旅行やペットホテルに宿泊する時に、必要になってくるはずです。ぜひ慣らしておきましょう。

子犬の散歩デビューしたらしつけたいこと

ミニチュアシュナウザー

アイコンタクト

おうちの中で生活していた子犬が、散歩デビューをしたら、アイコンタクトをしつけていきましょう。

外は誘惑がいっぱいです。

飼い主にいつでも注目させていけるように、目と目を合わせるアイコンタクトをしながら、散歩できるように心がけましょう。

>>子犬のしつけのアイコンタクト。覚えさせたいしつけの基本

リーダーウォーク

子犬のひっぱり癖がつかないように、リーダーウォークをしつけていきましょう。

散歩デビューしたら、飼い主にピッタりついて歩くように、早めに「ついて」リーダーウォークを教えていきましょう。

>>犬の散歩のリードの使い方。リーダーウォークのしつけ方

子犬は6ヶ月を過ぎると、自我がついて、いうことをきかなくなる時期がきます。

早めのしつけがとても大事なのです。

おすわり、待て

おすわりと待ても子犬にしつけたいことです。

まずはおうちの中でできるようにしてから、散歩でしつけていきます。

散歩は音や人の声が気になってできにくいですが、がんばってやっていきましょう。

うちのミニチュアシュナウザー も散歩デビューして1ヶ月ぐらいたったぐらいから、しつけをはじめました。

子犬の散歩デビューのまとめ

今回は子犬の散歩デビューについて、お話しました。

我が家のミニチュアシュナウザーは、子犬の時から臆病な子だったので、ゆっくり散歩デビューをしました。

最初は抱っこして、外に連れ出すことからはじめて、地面に足をおろして、そして徐々に歩く練習をしました。

子犬が散歩デビューをすると、いろいろなところに行けるので、犬との生活が楽しくなります。

ぜひ犬が怖がらないように、安全に散歩してくださいね。

うちのミニチュアシュナウザー は運動量が多いので、散歩はしっかりと時間をかけて、いくようにしています。

>>累計4万頭以上の子犬が受講【こいぬすてっぷ】

-子犬, 散歩・旅行
-, , , ,