しつけ

犬が待てができない理由。いつでも待てができるようにするには

犬が待てができない時は

悩んでいる人

犬が待てができないので、悩んでいます。

犬が待てをせず、すぐにおやつに飛びついてしまうのは、どうしたらいいでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

愛犬が「待て」ができないと、悩む飼い主さんは多くいらっしゃいます。

「待て」はしつけの基本なので、ぜひマスターしたいですよね。

犬が「待て」ができないなら、「待て」をしたら、「いいことがある」「得をする」と教えていけば、喜んで「待て」をするようになるはずです。

では、犬にとっていいこと、得することってなんでしょうか?

おやつもらえたり、褒められることです。

ただし、犬はすぐに忘れてしまうので、「待て」をした瞬間におやつをあげないと、「待て」をしたから、おやつがもらえたと理解できないんです。

犬をほめる時は、おやつを与えるタイミングや褒めるタイミングも大切です。

「待て」をさせるときは、「おすわり」の状態でさせる思いますが、あなたの犬は「おすわり」は完璧にできますか?

「待て」ができないなら、「おすわり」を先にしつけると、しつけがやりやすくなりますよ。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する6つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、待てのしつけ方法を実践することで、待てができるようになりますよ。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が待てをできないときの対策

ミニチュアシュナウザー

「待て」を理解させよう

犬が「待て」ができないなら、まずを「待て」を理解が理解できているか、確認してみましょう。

「待て」とは、

犬がおすわりやふせや立った状態から、「待て」と号令をかけたら、静止して、飼い主がOKを出すまで、そのままの状態でいることです。

待ての意味が理解でしたら、犬に待てをさせるだけですね。

<<犬の待てのしつけ方>>は、こちらの記事もおすすめです。

犬が待てができないのなら、待てからOKまでの時間を短くして、成功体験作ってあげましょう。

最初は1秒、3秒、10秒というように時間を長くしていけばいいわけです。

犬の待ては、急にできるものではないので、時間をかけて、しっかりとやっていきましょう。

いざというときに

高齢犬だからってあきらめないで、子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

∪*^ェ^*∪大切なペットの保険選びは!  

ジェスチャーをしよう

犬が「待て」ができないなら、ジャスチャーをしてみましょう。

言葉で「待て」が理解できないなら、手のひらを犬の顔の前に大きく差し出し、前にいけないようにします。

「待て」ど同時にジェスチャーすることで、犬も待てと言われたら、どうしたらいいのか、だんだんわかってくるはずです。

待ての言葉は1つにしよう

犬が「待て」ができないなら、「待て」という意味の言葉を1つにしましょう。

犬は、人間の言葉があまり理解できない動物なので、たくさんの言葉を教えても、混乱してしまうだけなのです。

「待て」や「おすわり」、ハウスに入ってほしい時の「ハウス」などしつけ言葉はたくさんあります。

トイレをしてほしい時の「シーシー」など、様々な言葉をしつけていく必要があるはずです。

現代の人はマルチタスクで行動することが多いですが、あまりにもタスクがあると、混乱してしまいますよね。

犬よりも優れている人間でも、いくつも覚えることがあると、混乱してしまうのです。

犬が「待て」ができないのは、たくさんの言葉で教えているからかもしれないので、少しずつ、少ない言葉をしつけていきましょう。

犬が待てができないなら、家族でチェックする

犬が「待て」ができないなら、家族間で、言葉を統一しているか確認してみましょう。

「待て」の言葉には、

「待て」、「待って」、「ステイ」、「止まれ」

など、いろいろな言葉で表現ができますが、犬はそれほど理解できないので、1つにすることが大事です。

<<犬の待てを英語でしつけ>>をしたいのなら、こちらの記事がおすすめです。

しつけ教室は家族に合わせてくれるはずです。

犬が「待て」ができないなら、しつけ教室に行ってみましょう。

しつけ教室は、その家族にあわせて「待て」でしつけをしてくれます。

あなたの犬には、「待て」でも、参加者の中で「Stay(ステイ)」と普段教えている家族ならば、その犬にはStayと伝えているはずです。

あなたの犬にStayと言っても、犬が待てができないからなのです。

しつけで主従関係を作ろう

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬が「待て」ができないなら、飼い主との主従関係を作っていきましょう。

いくら犬に「待て」をしなさいと命令しても、飼い主がリーダーとしてふさわしいと犬が認めていない限り、犬は待てをしようとしません。

あなたや家族の関係性がどうなのか、あなたよりも犬が上に関係になっていないか、見直す必要があるのかもしれません。

主従関係ができていれば、犬が待てができないことは、なくなるはずです。

<<主従関係については、こちらの記事がおすすめ>>

誘惑を減らそう

ミニチュアシュナウザー

犬が「待て」ができないなら、誘惑を減らしていきましょう。

外よりもおうちの中の方が誘惑がなく、「待て」ができる可能性が高いからです。

また犬が、お腹がすいている状態で、食べ物を前にして、犬に待たせるのはかわいそうなので、空腹よりも少しお腹が満たされた状態で行うと、しつけがうまくいきます。

人間の欲求は理性でセーブできますが、犬はあくまでも動物です。

動物は、まずは生理的欲求の食欲を満たすのを目的で生きているので、欲しいものを目の前にして、犬が待てができないのは、当然ですよ。

もちろん慣れている犬なら、食べ物が目の前にあっても、「待て」ができるかもしれませんが、しつけの回数が少ない犬だと、「待て」ができないのも当然です。

うちのミニチュアシュナウザー もおやつに執着がとても強い犬だったので、「待て」ができないことで、すごく悩みました。

おすわりをさせてもおやつが見えてしまうと、すぐに立ってしまうのです。

でも時間をかけることによって、犬が理解して「待て」ができるようになりました。

集中させてあげよう

待て

犬が「待て」を教えるときは、集中できる環境を作ってあげましょう。

あなたの犬がおうちの中で「待て」ができていたとしても、外に出てみると、待てができないかもしれません。

外は、いろいろな誘惑があったり、犬が集中できないからです。

散歩をしていると、匂い、車の音、人の声など、家に中では聞こえない音や匂いなど、集中できない理由がいっぱいあります。

落ち着いたおうちでしっかりと「待て」ができるようにして、どんなところでも、犬が「待て」ができるようにしていきましょう。

<<犬の待ての教え方>>についての記事もおすすめです。

いいことを作ってあげましょう。

主従関係

犬が待てができないのは、待てをしたらいいことがあるようにしましょう。

犬はまず、生理的欲求を満たすために生きている動物です。

犬に食欲という欲求を満たしてあげれば、犬はいうことをきいてくれるはずです。

犬が待てができないのは、ごほうびがないからかもしれないので、おやつを用意して待てをさせてみましょう。

慣れれば、おやつを使わなくてもできるようになりますが、犬が待てができないなら、まずはおやつでしつけていきましょう。

犬が待てができない理由

犬のおすわり

犬が待てができない理由についてお話しします。

あなたとあなたの犬との行動の差がないか、チェックしてみてくださいね。

待てを理解していない

犬が「待て」ができないのは、犬が「待て」を理解していないことが多いようです。

あなたが正しい「待て」の状態を把握して、しっかりと覚えさせてあげることからはじめてみましょう。

すぐにできると思っている

犬が「待て」がすぐにできると思わないようにしましょう。

「待て」は基本的なしつけですが、「おすわり」よりもハードルが高く、時間がかかるしつけです。

おやつやご飯の前に待たせるのは、犬にとって苦痛です。

犬はすぐには「待て」ができないので、できるまで、何度でもしつけていきましょう。

飼い主との信頼関係ができていない

犬が「待て」ができないのは、飼い主との信頼関係ができていないためです。

犬と信頼関係をつくるには、待てをしたら、いいことがある、ごほうびがあるとしつけていくことで、信頼関係ができてきます。

犬が「待て」ができないなら、待てをやりたくなるように主従関係を作り、安心して従うようにしてあげましょう。

主従関係の作り方
犬との主従関係(上下関係)の作り方。うまくしつける方法

続きを見る

子犬のしつけが早すぎる

子犬のミニチュアシュナウザー

生後3.4か月の子犬は、まだまだ社会性を身につける段階なので、「待て」ができないのは当然です。

子犬に「待て」をしつけるのは、トイレトレーニングやアイコンタクトができてからにしまましょう。

また犬が「おすわり」も完璧にできる状態にして、待てをしつけていきましょう。

待てのしつけ方が間違っている

犬が待てができないのは、しつけ方が間違っているからです。

最初から、長い時間、「待て」をさせようとしたり、「待て」をしてもほめてもらえないなど、しつけ方法にはコツがあるのです。

犬が「待て」ができないなら、しつけ方法をみなおし、あせらずゆっくりやっていきましょう。

犬が待てができないなら、待ての教え方を見直す

待て

飼い主の行動

犬の待てができないなら、飼い主の教え方を客観的にみてみましょう。

できない原因が犬ではなく、飼い主のことも多いのです。

待ての声の掛け方、立ち振る舞い、おやつの与え方など、チェックすることはたくさんあります。

動画にとってみると、意外なことに気づくはずです。

もし自分で待てができない理由がわからないなら、ドッグトレーナーなど他の人にみてもらいましょう。

ボクも犬が待てができない時に、他人にみてもらったら、しつけをする時に腰が高かったので、犬が理解できていないことがわかりました。

待てとおいでをセットで教える

犬が待てができないなら、おいでと待てを一緒に教えると一石二鳥です。

おいででいいことがあるとわかれば、自然と待つこともできるようになるでしょう。

ボクは、「おいで」ではなく「こい!」としつけていましたよ。

しつけ教室に行く

ミニチュアシュナウザー

犬が待てができないなら、しつけ教室に行くといいでしょう。

自分の行動を動画で撮るのと同様、他人に待ての教え方を聞くのは、習得する近道です。

犬のしつけ教室では、素直な気持ちで耳を傾けるようにすれば、待てができるようになるはずです。

犬が待てができない時に気をつけること

いっぱいほめてあげましょう。

犬が待てができないのは、しつけることだけを考えていると、なかなか待てを覚えてくれません。

犬が待てをするのは、とてもすごいことなのです。

犬を褒めるしつけ
犬のしつけは褒めるのが大切。犬も飼い主もハッピーに

続きを見る

犬が待てができないのは、待てをしても、ほめてもらえず、いいことがあると思っていないからです。

ほめられる犬にとって、飼い主から存在を認めてもらっているので、うれしいはずです。

最初は待てをさせて、1秒とか2秒でいいので、できたことをほめてあげましょう。

ほめてあげると、犬もどんどんやる気になってきます。

3秒しか待てができないとしても、だんだんと待ての時間が長くてもできるようになるはずです。

ほめて、できないことをできるにしていきましょう。

犬の待てのしつけについては、こちらもご覧ください。

犬が待てができないときのまとめ

今回は、犬が待てができないことについて、お話ししました。

  1. 「待て」を理解させよう
  2. 言葉は1つにしよう
  3. 主従関係を作ろう
  4. 誘惑を減らそう
  5. 集中させてあげよう
  6. いいことをしてあげよう

愛犬のミニチュアシュナウザー も待てがずっとできないことで悩みましたが、何度も何度も練習して、しつけをしたら、犬が待てができるようになりました。

できるまでやることが大事です!

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

-しつけ