ミニチュアシュナウザー

しつけ

犬の「待て」の教え方とは?4つのコツで完璧に待てをしつける

困っている人

犬がなかなか待てをしてくれません。

どういう教え方をしたら、しつけがうまくできるでしょうか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬の待ての教え方
  • 犬の待ての教え方で気をつけること

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬の待ての教え方について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の待てのしつけができたのは、この記事でご紹介する4つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の待ての教え方を習得することで、犬の待てが完璧になりますよ。

最後までじっくりと読んで、しつけをしてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の待ての教え方のコツ

トイプードル

犬の待ての教え方は、下記の4つを意識することで、待てができるようになります。

  1. 犬の待ての教え方は、ジェスチャーと声で
  2. 犬の待ての教え方は、遠くでもできるようにする
  3. 犬の待ての教え方は、おやつを使う
  4. 犬の待ての教え方を完璧にする

それでは1つずつ解説していきます。

①犬の待ての教え方ージャスチェーと声で

ミニチュアシュナウザー とドッグラン

犬の待ての教え方は、ジャスチャーと声でしつけていきましょう。

声は「待て」手は、犬に前に静止するように、掌を向けます。

目標は、声だけで、慣れたら、ジャスチャーなしでもできるようにしていきます。

正面の犬の待ての教え方

犬の待ての教え方(正面)

  1. 犬をおすわりをさせる
  2. 犬の正面に立つ
  3. 犬に「待て」と低い声で短く声をかけながら、掌を犬の顔の前に向けます。
  4. 犬が静止したら、「OK」と待てを終了させる。
  5. 待ての成功です。犬をほめてあげましょう。

最初の犬の待ては、1秒でも十分なので、犬が待てができたことをほめてあげましょう。

犬に待ての教え方になれてきたら、だんだんと時間を長くしていきましょう。

横位置の犬の待ての教え方

今度は、犬を飼い主の横におすわりさせて、待てができるようにしていきましょう。

犬の待ての教え方(横)

  1. 犬の横に立つ
  2. 少し体をかがませて、犬の顔の前で、手のひらで静止して、待てと声をかける。
  3. OKと声をかけて、しつけ終了
  4. ほめる

犬を横に立たせてから、待ての教え方は、少し難しいかもしれませんが、頑張ってやっていきましょう。

犬の横に立たせた待ての教え方に慣れてきたら、応用です。

正面と横の待ての教え方

今度は、犬を飼い主の横におすわりさせて、待てができるようにしていきましょう。

犬の待ての教え方(正面と横)

  1. 犬の正面に立ちます。
  2. 犬の顔の前で掌で静止して、待てと声をかける
  3. 犬の横に移動する。
  4. OKと声をかけて、しつけ終了
  5. ほめる

<<犬の「待て」の具体的なしつけの方法>>については、こちらでもご紹介しています。

②犬の待ての教え方ー離れてもできるようにする

ミニチュアシュナウザー と芝生

犬の待ての教え方をある程度習得したら。離れた場所からでも、ロングリードを使い、待てができるようにしていきましょう。

犬の「待て」の教え方(離れる)

  1. 犬をロングリードにつなぎ、待てと声をかけます。
  2. 犬から離れます。
  3. 数秒経ったら、犬のところに戻ります。
  4. OKと声をかけて、犬をほめます。

犬の待てとコイの教え方

犬の待てをしつける時に、「コイ」も教えていきましょう。

犬の「待て」の教え方(待てとコイ)

  1. 犬に待てと声をかけて、またせる
  2. ロングリードを持ちながら、犬から離れる
  3. 「コイ」と声をかけて、ロングリードを引き寄せる。
  4. 犬がそばにきたら、OKと声をかけてほめる

待てと同様、コイも大切なコマンドです。

犬がどこかに行きそうになった時、待てと言って犬を静止させて、コイでこちらにくるようになったら、どんなに楽になります。

犬が待てとコイがなかなかできないかもしれませんが、時間をかけて、教え方を工夫して何度も練習しましょう。

③犬の待ての教え方ーおやつを使う

犬がしつけ

犬の待ての教え方が慣れていない時は、おやつを使うと、比較的簡単にできます。

犬は、目の前におやつがあるとほしいので、おやつをもらえるかもと期待して「待て」してくれます。

犬の待ての教え方は、おやつの位置やタイミングがとても重要です。犬が飛びついて、おやつを取られないようにしましょう。

犬の待ての教え方は、おやつを食べるのをまたせることで、できるようになっていきます。

<<犬が待てができないならという記事>>もおすすめです。

④犬の待ての教え方を完璧にする

トイプードル

犬の待ての教え方を完璧にしていきましょう。

1回できたと思っても、すぐにできなくなってしまうのが待てのしつけです。

待ての教え方が曖昧だと犬も迷ってしまうので、威厳のある教え方をすることが大事です。

最初は、おやつとジェスチャーを使った教え方をしますが、慣れてきたら、おやつもジェスチャーがなくてもできるようにしましょう。

  • 正面の待て
  • 横の待て
  • 離れる待て
  • 離れたコイの待て
  • 外での待て

いっぺんにはできないと思いますが、焦らず丁寧な教え方をすれば、犬も待てができるようになるはずです。がんばりましょう。

いざというときのために、ペット保険検討しませんか?

犬の待ての教え方で気をつけること

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬に「待て」の教え方は冷静にさせること

犬の「待て」の教え方は、まずは犬を冷静で落ち着いた状態にしましょう。

犬が興奮した状態では、なかなか待てのしつけは、教え方がうまい人でもうまくいきません。

おもちゃで遊んだあと、犬がまだ遊びたくて、飛び上がるような状態だったら興奮をしずめて、落ち着かせてから行いましょう。

ドッグランやおうちの中で走らせた後や、遊んだ後などは、しばらく時間をおいて、犬の待てを確実にする教え方をしましょう。

犬の待ての教え方のまとめ

今回は、犬の待ての教え方について、お話しました。

  1. 犬の待ての教え方は、ジェスチャーと声で
  2. 犬の待ての教え方。遠くでもできるようにする
  3. 犬の待ての教え方はおやつを使う
  4. 犬の待ての教え方を完璧にする

我が家のミニチュアシュナウザー も待てがなかなかできませんでしたが、だんだんと完璧な待てができるようになりました。

<<犬の待てを英語でしつける>>ことについては、こちらでお話しています。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-しつけ

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5