老犬

老犬介護で大変!愛犬といっしょにいたいけど仕事がある時の対処法

老犬介護仕事
悩んでいる人

老犬が介護状態なのですが、仕事があります。

何かいい方法があれば知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬介護で仕事があるときの解決法
  • 便利なサービスやグッズ
  • 老犬介護でやるべきこと

今回は老犬介護をしている人のために、おすすめの介護方法をご紹介します。

困っている人

老犬の介護のことが心配だけど、仕事があるから出かけないといけないんだよね。

実際ボクも仕事があって出かけないことがあったので、とても悩みました。

そこで本記事では、仕事があるのに老犬が介護状態の人に、わかりやすく解説していきます。

「愛犬が心配でしょうがない」「誰かに頼めないかなあ?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

老犬介護でも安心して任せられる!

オリーブシッター公式HP

老犬介護で仕事があるなら

老犬介護があるのに、仕事があるなら、人に頼ることが一番です。

夫婦共働きで、老犬のお世話がなかなかできなくて、イライラするぐらいなら、他人に頼りましょう。

ボクも老犬介護を始めたときはイライラしていましたが、人に頼ることを覚えてからは、心がとても軽くなりました。

ただし、もし家族や知人に老犬介護を頼むことができたとしても、気をつかうし、人間関係を崩してしまう可能性もあります。

老犬介護でイライラしないコツは別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

次の章では、老犬介護で仕事があるときの解決方法をお話ししますね。

老犬介護で仕事があるならサービスを利用する

ミニチュアシュナウザー

老犬介護で仕事があるときの解決方法をお話しします。

老犬介護で仕事があるときの解決方法

  • 仕事先から老犬の様子を確認する
  • ペットシッターにお願いする
  • 老犬ホームを利用する

それでは1つずつお話します。

仕事先から老犬の様子を確認する

furboドッグカメラ

老犬が仕事中気になるなら、ドッグカメラが便利です。

老犬になると容体が急変が気になったり、部屋に閉じ込められたりなど、アクシデントやトラブルが起こりやすいものです。

介護している老犬をいつでも見ることができるように、ドッグカメラを設置してみましょう。

安心して仕事ができますよ。

詳しくは>>離れていても、いつでも一緒。【Furboドッグカメラ】 をご確認ください。

 

Furboドッグカメラは使い方が簡単なので、買ったらすぐ、その日から使えます!

 離れた仕事場から、老犬に話しかけることもできます。

>>Furboドッグカメラについての解説はコチラ!

ペットシッター

老犬介護が始まると、精神的にも肉体的にもキツくなってきます。

仕事中も心配ですし、帰宅したらトイレの片付けや、食事の介護など、やることがいっぱいだからです。

老犬が介護状態になって、仕事をセーブする方法もありますが、誰もができるわけではありません。

仕事をやめて老犬介護をしたとしても、生活に困ってしまいます。

時々、ペットシッターを利用すると、老犬介護の負担が減らすことができなす。

30分だけでもペットシッターにお願いすれば、留守番中の老犬のトイレをお世話や、ご飯のお世話をしてくれるので、とても安心です。

夫婦共働きで仕事をしているなら、急な出張や残業などで、老犬介護ができないときも出てくるでしょう。

ペットシッターを頼めば、安心して仕事もできますし、老犬介護のプロのワザをみることもできます。

仕事と老犬介護の両立は大変。息抜きな必要ですよ。

おすすめは、オリーブシッター

獣医師監修のペットシッターなので、安心して任せることができますよ。

【ペットシッター】テレビで話題のオリーブシッター

オリーブシッターを詳しくみる

 

オリーブペットシッターは、別記事で詳しく紹介しています。

老犬ホームを利用する

老犬の介護が仕事があり、難しいようであれば、有料の老犬ホームにお願いしてみましょう。

ただし愛犬に会いたいと思っても、すぐに犬に会えないこと、費用がかかってしまうということが難点です。

ずっと預けっぱなしでなくても、ショートステイを利用し、数日間預かってもらうこともできます。

預けている時間は、介護の負担が軽減されるので、飼い主の気持ちもリフレッシュできるでしょう。

老犬を介護することも大切ですが、あなたの時間も大切です。

老犬に会えないことで、ストレスになってしまうかもしれませんが、選択肢の一つして、考えてみましょう。

老犬介護でイライラするなら。別記事で詳しくお話ししていますので、参考にしてみてください。

老犬介護って何をすればいいの?

ミニチュアシュナウザー

老犬介護ややるべきことについて、お話しします。

老犬介護でやるべきこと

  • 排泄補助
  • 床ずれ防止
  • 食事介助
  • 温度管理
  • 運動

老犬になると、足腰が弱くなってきたり、病気、認知症の発症などによって、どうしても犬だけでは過ごすことが難しくなってきます。

人間社会には、介護保険制度があり、プロにお世話になっても保険で費用が軽減されますが、老犬には精度がありません。

もちろん、老犬を介護してくれる老犬ホームはありますが、遠方だったり、高額な費用がかかります。

詳しくは別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は仕事があるけど老犬介護があるときの解決方法についてお話ししました。

老犬介護と仕事の両立は決して簡単なことではありません。

人に頼めるところはお願いして、あなたの人生も充実したものにしていきましょう。

老犬介護は、無理をしないことがとても大事です。

-老犬