老犬

仕事がある!高齢になった老犬の介護をするには?

老犬介護仕事
悩んでいる人

老犬が介護状態なのですが、仕事があります。

何かいい方法があれば知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 自宅で介護する方法
  • ペットシッターにお願いする
  • 老犬ホームを利用する
  • おすすめのペットグッズは?

今回は老犬介護をしている人のために、おすすめの介護方法をご紹介します。

困っている人

老犬の介護のことが心配だけど、仕事があるから出かけないといけないんだよね。

実際ボクも仕事があって出かけないことがあったので、とても悩みました。

そこで本記事では、仕事があるのに老犬が介護状態の人に、わかりやすく解説していきます。

「愛犬が心配でしょうがない」「誰かに頼めないかなあ?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

\ 老犬を留守番させるなら /

forboドッグカメラ

仕事がある!高齢になった老犬の介護する3つの方法

ミニチュアシュナウザー

働きながら、老犬介護をするには、3つの方法が挙げられます。

仕事をしながら老犬介護をする方法

  • 自宅介護
  • ペットシッターにお願いする
  • 老犬ホームに預ける

それぞれ、あなたの生活にあわせながら、老犬介護をしていきましょう。

老犬介護は

自分のできる範囲でやること

が大事です。

愛犬のためにと無理をしすぎると、疲弊してきます。

仕事をしながら、老犬介護をするには、無理しないことが大切なのです。

自宅で仕事を老犬を介護する

ミニチュアシュナウザー

自宅で介護をするには、3つの条件が揃うと、仕事をしながらでも、安心して介護することができます。

通勤時間が少ない

仕事をしながら老犬介護をするには、通勤時間が短いことです。

体調が悪い時に、出社時間ギリギリまでおうちにいて、また急変したときにすぐにかけつけることができるからです。

老犬の留守番がなるべく短くできるようにしてあげましょう。

自分のスマホでいつでもチェック

仕事中、留守番している老犬をスマホでいつでもチェックできるように環境を整えておきましょう。

ドッグカメラがあればいつでも愛犬の様子を確認することができます。

おすすめのfurboドッグカメラについて詳しくお話ししていますので、参考にしてみてくださいね。

急を要するときに、席をはずせる

容態が悪くなったときに、すぐに帰宅できる環境づくりが大切です。

仕事中でも家族間で連絡を取れる環境を

もし夫婦共働きなら、何かあったときは、どちらが早く帰宅できるのかも話し合っておくといいいでしょう。

老犬介護を押しつけあうことのないように、しっかりと話し合ったおくことが大切です。

仕事や介護のことでイライラすることもあるでしょう。

老犬介護でイライラしないコツは別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

老犬介護するため、仕事をテレワークに切り替える

ミニチュアシュナウザー

一番ベストな方法は、自宅に居ながらにして、介護をする方法です。

今の仕事がテレワークに切り替えられるなら、会社に希望を出すのも1つです。

また難しい場合は、転職なども視野に入れて、自宅でパソコン1台でできる仕事があると安心ですね。

仕事と介護を両立させるには、ドッグカメラが必須

ドッグk目ら

ドッグカメラとは

留守番している老犬の様子を、スマホでいつでもみることがきるのが、ドッグカメラです。

定期的に愛犬の様子をすることができ、録画や写真も撮ることができます。

夫婦共働きなら、複数で留守番の様子をチェックすることも可能です。

安心して仕事ができますよ。

\ 大切なペットの見守りに /

forboドッグカメラの公式HP

Furboドッグカメラは使い方が簡単なので、買ったらすぐ、その日から使えます!

 離れた仕事場から、老犬に話しかけることもできます。

>>Furboドッグカメラについての解説はコチラ!で詳しくお話ししています。

仕事中の老犬介護はペットシッターに

ミニチュアシュナウザー

毎日ではなくても、老犬介護の負担を減らすためにペットシッターにお願いするといいでそゆ。

老犬介護は、トイレの片付けや、食事の介護など、必要なことがいっぱいです。

愛犬のことをプロに任せれば、安心して仕事ができるはず。

30分だけでもペットシッターにお願いすれば、留守番中の老犬のトイレをお世話や、ご飯のお世話をしてくれるので、とても安心です。

夫婦共働きで仕事をしているなら、急な出張や残業などで、老犬介護ができないときも出てくるでしょう。

ペットシッターを頼めば、安心して仕事もできますし、老犬介護のプロのワザをみることもできます。

仕事と老犬介護の両立は大変。息抜きな必要ですよ。

おすすめは、オリーブシッター

獣医師監修のペットシッターなので、安心して任せることができますよ。

【ペットシッター】テレビで話題のオリーブシッター

オリーブシッターを詳しくみる

 

オリーブペットシッターは、別記事で詳しく紹介しています。

老犬ホームを利用する

ミニチュアシュナウザー

老犬の介護が仕事があり、難しいようであれば、有料の老犬ホームにお願いしてみましょう。

ただし愛犬に会いたいと思っても、すぐに犬に会えないこと、費用がかかってしまうということが難点です。

ずっと預けっぱなしでなくても、ショートステイを利用し、数日間預かってもらうこともできます。

預けている時間は、介護の負担が軽減されるので、飼い主の気持ちもリフレッシュできるでしょう。

老犬を介護することも大切ですが、あなたの時間も大切です。

老犬に会えないことで、ストレスになってしまうかもしれませんが、選択肢の一つして、考えてみましょう。

老犬介護でイライラするなら。別記事で詳しくお話ししていますので、参考にしてみてください。

老犬介護でやるべき仕事

ミニチュアシュナウザー

老犬介護ややるべきことについて、お話しします。

老犬介護でやるべきこと

  • 排泄補助
  • 床ずれ防止
  • 食事介助
  • 温度管理
  • 運動

老犬になると、足腰が弱くなってきたり、病気、認知症の発症などによって、どうしても犬だけでは過ごすことが難しくなってきます。

人間社会には、介護保険制度があり、プロにお世話になっても保険で費用が軽減されますが、老犬には精度がありません。

もちろん、老犬を介護してくれる老犬ホームはありますが、遠方だったり、高額な費用がかかります。

詳しくは別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は仕事があるけど老犬介護があるときの解決方法についてお話ししました。

老犬介護と仕事の両立は決して簡単なことではありません。

人に頼めるところはお願いして、あなたの人生も充実したものにしていきましょう。

老犬介護は、無理をしないことがとても大事です。

-老犬