コンディション 老犬

老犬介護でイライラしない秘訣。無理をしないでやるコツを紹介

犬の介護

困っている人

犬の介護が心配です。

犬の介護でどのようなことが必要でしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

悩んでいる人

老犬介護が大変です。イライラしないコツはありますか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬介護でイライラしない秘訣
  • 老犬介護でイライラしないコツ
  • イライラしないメンタル
  • 老犬介護は無理をしない

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は老犬介護をしている人、これから介護をはじめる人のために、イライラしないコツをご紹介します。

老犬が介護状態になると、トイレの失敗が多くなったり、食事の介助など、飼い主の負担も増えてきます。

そこで本記事では、老犬介護をしている人、はじめる人がなるべくイライラしないように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「もうほんといらイライラしちゃう」「ストレスたまるわー?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

老犬介護でイライラしない秘訣

老犬介護でイライラしない秘訣をお話しします。

老犬介護でイライラしない秘訣

  • 安心できる生活環境
  • 生活リズムを変えない
  • 遠慮なく頼る

それでは1つずつお話ししていきます。

安心できる生活環境

老犬介護でイライラしない秘訣は、安心できる生活環境を作ることです。

飼い主のそばにケージをおいて。老犬が安心して睡眠ができるようにしてあげましょう。

目が見えづらくなった老犬には、クッション材を配置して、ぶつからないようにしてあげます。

後ろ足がよわくなったら、老犬がつまづかないように段差をなくして、介護がしやすいようにしましょう。

老犬介護でイライラしないコツは、老犬に失敗させないことです。

介護が気持ちよくできるために、安心して老犬が生活できるように環境を整えてあげましょう。

生活リズムを変えない

老犬になると寝ていることが多くなりますが、昼夜逆転しないように、生活リズムを作ってあげることが大切です。

介護が始まっていないくも、夜ぐっすり眠れるようにしてあげましょう。

夜起こされてイライラしないように、朝から散歩にいったり、ときどき起こして、老犬の生活リズムを作ってあげます。

遠慮なく頼る

老犬介護でイライラしないコツは、遠慮なく頼るということです。

老犬介護は、飼い主ひとりにかなりの負担がかかってくるので、無理をせず、他人に頼りましょう。

老犬介護をしてイライラが続くと、どんどん精神的にもまいってきます。

家族に頼れないなら、老犬介護をしてくれるペットシッターや一時預かりのサービスを利用するといいでしょう。

プロの介護のしかたをみることで、役にたつこともあるし、気分転換もできるでしょう。

おすすめの老犬介護をしてくれるペットシッターを1つご紹介します。

【ペットシッター】今だけ!無料で相談する

 

オリーブシッターのことは別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

老犬介護のイライラしない対処法

ミニチュアシュナウザー

老犬介護でイライラしないためのコツをお話します。

老犬介護でイライラしないコツ

老犬の足腰をフォローする
トイレの失敗は叱らないで
老犬の食事はウェットフードを
夜泣きを減らす
通販を積極的に利用する
温度管理
動物病院と連携する

それでは1つずつ解説していきます。

老犬の足腰をフォローする

ミニチュアシュナウザー

老犬介護をなるべく負担がないようにするコツは、老犬が立って生活できるようにしてあげることが大切です。

足腰が弱くなった老犬が、トイレの失敗が多くなると、どうしてもイライラしてしまいがちです。

散歩ができるなら、無理をしない程度に歩かせてあげたり、老犬の手を添えてその場で立たせてあげるだけでも、運動になります。

老犬はリハビリする考えはないので、飼い主がサポートしてあげることが大切。

気をつけないと、あっというまに立てなくなって、介護状態になってしまうのです。

老犬の介護が大変になっていらいらしないように、筋肉がおちないように運動をしていきましょう。

<<後ろ足が弱くなる>>については、こちらでもお話しています。

トイレの失敗は叱らないで

老犬の介護で大変なのは、トイレの失敗が多くなることです。

老犬だって、トイレに失敗したくないはず。叱らないようにしてあげてください。

失敗したとしても、イライラせず、すぐに片付けてあげましょう。

トイレの失敗で叱ったら、余計にイライラしてきて、介護の不満が溜まるだけ。

精神的にもよくないので、失敗は叱らないことが老犬介護のコツです。

老犬の食事はウェットフードを

老犬は消化機能が弱くなり、硬いドッグフードをふやかして食べやすくしてあげる必要があります。

ドッグフードをやわらかくして食べさせるのも、介護していると。負担になります。

老犬が食べてくれないと、1日何回も食事の用意する必要も出てくるでしょう。

老犬が食べないことについては、別記事で紹介しています。)

めんどうくさいと思うなら、最初からふやかした状態になっている、ウェットフードを用意しましょう。

手間を減らすことが老犬介護のコツ。イライラも減ってくるはずです。

おすすめはブッチ ドッグフード です。

  

栄養満点、老犬不足しがちな水分も含まれているので、おすすめですよ。

初回購入のトライアルキットがとてもお得です。

夜泣きを減らす

老犬が夜泣きをするなら、なるべく起きている時間を長くしておきましょう。

老犬は昼間ずっと寝ていると、夜起きてしまい、夜泣きをされ。イライラします。

寝ていても、声をかけたり、立たせたりして、老犬介護が負担にならないようにしていきましょう。

通販を利用する

ミニチュアシュナウザー

老犬の介護が始まったら、外出を控えて、通販を利用していきましょう。

日々の生活の中で意外と時間がかかるのが、食材調達です。

老犬が介護状態のときに、たとえ30分であっても、留守番させるのはかわいそうです。

買い物に行かなくても、昨今ネットスーパーや通販でかなり便利です、

老犬介護は始まったら、イライラせず、なるべく一緒にいられる時間を作ってあげましょう。

あなたのライフスタイルに合った使い方が出来る!らでぃっしゅぼーやの食材宅配

温度管理

ミニチュアシュナウザー

老犬介護は、室内の温度管理がとても重要です。

寒かったり、暑かったりすると、体力のない老犬は、体調を崩してしまいます。

下痢や嘔吐などをすると、介護が大変になり、イライラもしてくるでしょう。

夏場は暑くなりすぎず、また冬場は、寒くならないように、25度ぐらいの温度にしてあげましょう。

調子が悪くなると、犬は冷たいところに行きたがるかもしれません。

体を冷やさないように、タオルをかけてあげたりして、体を冷やさないようにしてあげましょう。

また時々換気をしてあげて、感染しないようにしてあげることも大切です。

冬場、窓を開けて換気をする時は、エアコンなどを付けっ放しにして、温度を下げないようにしましょう。

<<老犬の寒さ対策>>については、こちらでもお話しています。

動物病院と連携する

ミニチュアシュナウザー

老犬の介護は、飼い主や家族だけでできるものではありません。

動物病院と連携して、しっかりと介護ができるようにしておきましょう。

老犬護が始まったら、細かいことも記録しておくことをおすすめします。

食べたもの、様子などを詳細に記録しておけば、獣医さんから適切なアドバイスがもらえるはずです。

ミニチュアシュナウザー
犬の動物病院は決まっていますか?いざという時のために

続きを見る

老犬介護でイライラしないメンタルを作ろう

トイプードル

老犬介護でイライラしないように、強いメンタルを作っていきましょう。

つねにポジティブな気持ちでいるのは、大変です。

美味しいものを食べたり、好きな映画を見たりして、自分で気分転換する方法を見つけていきましょう。

映画を観るならU-NEXTがおすすめです。

犬の映画もたくさん観ることができますし、30日間無料で視聴もできます。

老犬介護でイライラしてしまうなら、映画でストレスを解消していきましょう。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

老犬介護は無理をしないことがイライラしない秘訣

ミニチュアシュナウザー

老犬介護は無理をしないことがイライラしない秘訣です。

すべてを完璧にしようとすると、介護も仕事も生活も中途半端になってしまいます。

手を抜くところはしっかりと抜いて、できる範囲で犬の介護をしていきましょう。

<<老犬介護>>の考え方は、こちらの記事もおすすめです。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

-コンディション, 老犬