散歩・旅行

雨の日、犬の散歩に行く?いかない?必要性と散歩を楽しむ方法

雨の日お散歩の楽しみ方

困っている人

犬の雨の日の散歩はどうすればいいでしょうか。

愛犬がトイレを外でしかしないので、雨の日でもいく必要があります。

こんなお悩みにお答えします。

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬の雨の散歩について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の雨の日でも楽しく散歩ができたのは、この記事でご紹介するポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の雨の日の散歩が、楽しくなりますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の雨の日の散歩の必要性。行く?いかない?

犬が雨が降っても散歩に行く必要は、おうちの中で、排泄ができるかどうかです。

外でしか排泄をしない犬なら、我慢をして、病気になっては困るので、雨が降っていたとしても、散歩に行ったほうがいいでしょう。

できれば、雨が降った時や、災害時は散歩にいくのはむずかしいので、犬にはおうちの中でも、排泄にできるようにしておきましょう。

犬の雨の散歩の5つのポイント

犬のおすわり

下記の5つを意識することで、犬の雨の散歩が有意義なものになります。

  1. 雨の散歩を好きになろう
  2. 服装は、お揃いコーデで
  3. 犬の雨の散歩は克服できる?
  4. 雨の散歩が嫌いなら、水を好きになろう
  5. 散歩のアフターケア

それでは1つずつ解説していきます。

うちのミニチュアシュナウザーもそうなんですが、多くの犬は、雨の散歩が嫌いです。

せっかく行くのですから、雨の日であっても、楽しい散歩になればいいですね。

この記事では、雨の日の散歩に行くことや、散歩で楽しく方法、雨の日のファッションについてご紹介します。

①雨の散歩は、好きになろう

雨の日散歩するミニチュアシュナウザー

犬の雨の散歩は、どうしても億劫になってしまいますが、毛嫌いせず、好きになってしまいましょう。

犬の雨の日の散歩は決して嫌なことばかりではないはずです。

犬と散歩は、雨の日でもちょっと視界を広げることによって、いろいろな美しい景色がみえてきます。

雨の散歩は、晴れの人は違う光源が感じられ、優しい落ち着いた光と、水の美しさを体幹することができます。

葉っぱについた水滴は、水の光で、とても美しくみえてきます。

ボクは、ミニチュアシュナウザー と散歩に行くときは、写真を撮るために、散歩の時は必ず、スマホはもちろん、デジタルカメラを持って行くことが多いのです。

犬との散歩は、雨でも、シャッターチャンスはありますし、雨の日しか撮れない犬の写真もあリます。

あなたの犬に、「ほら見て、きれいだよ」 とか、「こんなになっている」 などと話しかけてみましょう。

犬には、言葉がわからないかもしれませんが、あなたが 楽しんでいることが伝われば、雨の日の散歩が犬も楽しくなってくるはずです。

<<犬の散歩の楽しみ方>>はこちらでもお話ししています。

②雨の散歩の服装は、お揃いコーデで

ミニチュアシュナウザー と雨の散歩

犬の雨の散歩のファッションは、お揃いのレインコートがおすすめです。

犬の雨の日のためのレインコートは、いろいろなカラーや素材のものが販売されているので、選ぶのも楽しいですね。

犬の雨の散歩でのレインコートは、ファッションで楽しむことと、傘をさすと、どうしても片手が埋まってしまうので、安全確保のためにも、とても便利です。

犬のトイレの際に、散歩で雨が降っていると、ビニール袋を取り出すなど、作業がやりにくいので、カッパはとてもおすすめです。

犬用レインコートに、フードは、嫌がる犬も多いです。

耳が塞がれるのを拒否する犬もいるので、無理にフードはつけず、犬の雨の散歩で、濡れたら拭けばいいぐらいの気持ちでいきましょう。

犬の雨の散歩から帰ったら、しっかり拭いてあげることで、対応してもいいですね。

③雨の散歩が嫌いなら、克服していきましょう

ミニチュアシュナウザー 子犬

犬が雨の日の散歩が嫌いなら、克服していきましょう。

水ぎらいの犬が、雨の日の散歩が好きになるには、時間がかかるかもしれませんが、徐々に慣らしていきましょう。

犬に水に慣れてもらう前に、雨の音を聞かセることからはじめてみましょう。

もちろんそれでも、雨の散歩が苦手な犬もいるので、無理はしないようにすることが大切です。

④水を好きになろう

犬を飼い始めたけど、シャンプーするのが怖い 肛門腺ってどうやって絞るの?

犬が雨の散歩が嫌いなら、水に慣らしておきましょう。

水が苦手な犬は、足が濡れるだけでも嫌がりますが、雨が降っても散歩に行けるようにしておきましょう。

犬がシャンプーをするのも嫌がる時は、体全体に水をかけるのではなく、最初は足だけにして、水が怖くないことを、しつけていきます。

すべての犬が、水や雨が苦手というわけではありませんが、 水はずっと怖いものと、一度認識してしまうと、気持ちを変えようとなかなかしてくれないかもしれません。

犬が水が嫌いなら、雨の散歩はしなくてもいいですが、シャンプーで体が濡れることは慣らしておきましょう。

<<犬のシャンプー>>のやり方は、こちらでお話しています。

⑤アフターケア

シュナウザー

犬の雨の散歩が終わったら、しっかりとタオルで頭をふき、ドライヤーで体を乾かしてあげましょう。

もし、雨で濡れて、肌寒いようであれば、エアコンをつけて、体を乾かしてあげることをおすすめします。

犬と散歩にいく前に、雨が降っているようなら、事前にエアコンをかけておくといいでしょう。

雨の散歩が終わったあとは、犬に「散歩終わったよ。頑張ったね。」などと声をかけて、終わったことをしっかり伝えてみましょう

雨の散歩が苦手な犬には、特に、散歩後は、犬が嫌がることはしないようにしましょう。

犬にとって、雨の散歩を忘れさせるために、いいことをどんどんやるといいので、おやつをあげたり、大好きな追っかけっこをしたりして、遊んであげましょう。

犬との鬼ごっこやおっかけっこは、犬のストレス解消が解消できることと、犬の被毛を乾かす効果もあるので、とてもおすすめです。

ただし、かなり興奮している場合が多いので、犬が疲れないように、雨の散歩のあとは、運動はほどほどにしてあげましょう。

犬の雨の散歩で気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬の雨の散歩は、行かなくてもいいようにしておこう

犬の雨の散歩は行かなくてもいいようにしておきましょう。

犬の散歩の目的は、社会性を身につけたり、運動することによって、体型維持、ストレスをためないことです。

雨でなくても、災害などにあって、犬が散歩にいくことができないと大変です。

うちのミニチュアシュナウザー も雨の日でも散歩に行きますが、犬が嫌がるなら、行かなくてもいいようにしていきましょう。

犬が雨の日に散歩に行かなくても済むように、おうちでトイレができるようにしておきましょう。

<<犬のトイレのしつけ>>はこちらで詳しく解説しています。

犬との雨の散歩のまとめ

今回は、犬との雨の散歩についてお話しました。

  1. 雨の散歩を好きになろう
  2. 服装は、お揃いコーデで
  3. 犬の雨の散歩は克服できる?
  4. 雨の散歩が嫌いなら、水を好きになろう
  5. 散歩のアフターケア

犬の雨の日の散歩は、水が嫌いな犬にとって、克服は難しいかもしれません。

散歩が終わったら楽しく遊んであげるようにして、 ストレスにならないようにしてあげましょう。

犬と美味しいものを自宅で楽しむのもいいでしょう。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-散歩・旅行
-, , , ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5