トイプードル

しつけ 子犬

子犬のケージでトイレトレーニング。7つのコツでしつけがうまくいく

困っている人

子犬を迎えますが、どうやってトイレトレーニングをしたらいいかわかりません。

ケージでのトイレトレーニングのやり方が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 子犬のケージでのトイレトレーニングの方法
  • 子犬のケージでのトイレトレーニングの成功させるコツ

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、子犬のケージでのトイレトレーニングについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のトイレトレーニングがしっかりできたのは、この記事でご紹介する7つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、子犬のケージでのトイレトレーニングを順番にやることで、トイレがちゃんとできるようになりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日からしつけをやってみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

子犬のケージでのトイレトレーニング

トイプードル

下記の7つを順番に実行することで、子犬のケージでのトイレトレーニングがうまくいきます。

  1. 子犬のケージでのトイレトレーニングの準備 ー用意するもの
  2. 子犬のケージでのトイレトレーニングの準備 ー段ボールハウス
  3. 子犬のケージでのトイレトレーニングー観察
  4. 子犬のケージでのトイレトレーニングを始める
  5. 子犬のケージでのトイレトレーニングは繰り返しが大事
  6. 子犬のケージでのトイレトレーニング ー遊んであげる
  7. 子犬のケージでのトイレトレーニング ー外に出す時間を長くする

それでは1つずつ解説していきます。

①子犬をケージでトイレトレーニングする時の用意するもの

ゲージの中の子犬

子犬のケージでのトイレトーニングで必要なものをご紹介します。

子犬のケージトイレトレーニニングで用意するもの

  • ケージ(サークル)or段ボールハウス
  • トイレシーツor新聞紙

ケージの代わりにする段ボールハウスについては、次の章でご説明させていただきます。

ケージ

子犬のトイレトレーニングに使うケージは、小型犬の場合は、45センチ×60センチぐらいのものがいいでしょう。

子犬のトイレトレーニングは、生活空間のケージの中を2つにしきります。

1つは、トイレ、もう1つはベッドルームや食べるところです。

ベットルームには、犬が安心して睡眠ができるようにクッションやハウスなどを用意してあげましょう。

<<犬のトイレのしつけ>>はこちらで詳しく解説しています。

トイレシーツ

子犬のケージでのトイレトレーニングを始めるために、ケージにトイレシートをおきます。レギュラーサイズのシーツを2枚敷くといいでしょう。

子犬は、生後6ヶ月ぐらいまでは頻繁にトイレをします。

子犬のケージでのトイレトレーニングで使うトイレシートは、経済的なことと、子犬によってはトイレシーツを食べてしまう犬もいるので、代用品として、新聞紙をちぎったものを敷くのもおすすめです。

②子犬のケージでトイレトレーニングの段ボールハウス

子犬のダンボールハウス

子犬をケージでトイレトレーニングをする時に、段ボールを使うこともおすすめです。

もしすでにケージがある場合は、読み飛ばしていただいても結構です。

段ボールをケージにするといいこと

  • 経済的
  • 怪我をしにくい
  • 汚れても大丈夫
  • 簡単にトイレとベットルームが仕切ることができる。

では、段ボールハウスの作り方をご説明します。

  1. 段ボールを2つ組み立てる
  2. 飼い主が上からのぞけるように、段ボールの上の部分はカットしてしまう。
  3. 段ボールのサイド1箇所を開ける(子犬が行き来できる大きさに)
  4. 段ボールを2つくっつける

作り方は、2つのダンボールの重なる部分をまーるく穴を開けて、子犬が行き来できるようにして、片方がベットルーム、もう1つがトイレにします。

子犬のトイレトレーニングで汚れても、ダンボールは簡単に作ることができるので、ケージとして便利に使えます。

子犬は最初は、段ボールハウスのどちらでトイレをしていいのか、迷うかもしれませんが、そのうち、どちらかに定まってくるはずです。

子犬がトイレをする場所の割合が、5:5から7:3ぐらいに偏ってきたら、トイレの回数が少ない方に、ご飯のうつわや水飲みを置いてあげて、ケージ内でトイレトレーニングをする場所を決めあげましょう。

子犬は、ご飯はきれいなところで食べたいと思っているので、ご飯の側ではトイレをしなくなります。

③子犬のケージでのトイレトレーニング ー観察しましょう

トイプードル

子犬のケージでのトイレトレーニングは、いつ子犬がトイレをするのか、観察するところからはじめていきましょう。

子犬がトイレをしたくなる時

  • 朝起きた時
  • ご飯を食べたあと
  • 遊んだあと
  • トイレ後、30分以上経過した時
  • 寝る前

最初は、子犬がトイレをするタイミングがわからないかもしれませんが、ずっと見ているとわかってきます。

子犬がソワソワしたり、歩き方がゆっくりになったりするので、だんだんとわかってきます。

子犬のトイレ回数は1日5−6回、1日20回するときもあるので、チャンスはいっぱいあります。

飼い主は、子犬の行動を観察して、ケージでのトイレトレーニングを成功させるためにタイミングを把握していきましょう。

④子犬のケージでのトイレトレーニングーはじめましょう

ミニチュアシュナウザー ともちゃ

1、子犬をトイレに連れていく

いよいよ子犬のケージでのトイレトレーニングをはじめていきましょう。

子犬のトイレのタイミングで、子犬を抱っこして強制的に、ケージに連れていきます

子犬のトイレをするタイミングが把握できたら、ケージでのトレーニングは半分以上成功したようなものですが、もしもタイミングがわからない時は、子犬がトイレをしてから、30分以上経過したときがチャンスです。

子犬を失敗させるのは一番よくないので、トイレのタイミングを把握してトレーニングをしていきましょう。

2、トイレをさせる

子犬をケージでのトイレトレーニングは、子犬にトイレを即してあげましょう。

「しーしー」と号令をかけて、子犬がトイレをするまで待ちますが、号令は、それぞれのご家庭で決めれば、OKです。

くるくる廻り出したら、トイレをするはずなので、トイレをするまで待ってあげましょう。

3、子犬がトイレをしたら

子犬がトイレトレーニングでケージでトイレをしたら、かなりのハイテンションでほめてあげましょう。

ハイテンションであることがとても大事です。

子犬をほめる時は、ケージでのトイレトレーニングに限らず、大袈裟すぎるぐらいでちょうどいいのです。

  • 「いいこ。いいこ。」
  • 「Good Job」
  • 「できたね!」

言葉はなんでもかまいません。

とにかくケージでトイレトレーニングが成功したことを、子犬と共に喜びを分かち合いましょう。

4、子犬をケージから出す

子犬が、ケージの中でのトイレトレーニングが成功して、褒め終わったら、いよいよ子犬をケージから出してあげましょう。

ケージから出してあげるのは、上手にトイレができて褒めてあげたときだけです。

気がついたら、子犬がトイレをしていた場合は、ケージでのトイレトレーニングの成功とは違うので、外に出さず片付けるだけにしましょう。

5、子犬を観察し続ける

子犬をケージから出したら、トイレトレーニング中は、ずっと見てあげるようにしましょう。

ケージの外でトイレの失敗させないためです。

子犬のケージのトイレトレーニングは、お休みの日などにゆっくりと時間をとって行いましょう。

子犬から目を離してしまい、その間にケージ以外の部屋のどこかでしてしまうと、トイレトレーニングが失敗してしまうことになリます。

⑤子犬のケージのトイレトレーニングは繰り返しが大事

ミニチュアシュナウザー

子犬のケージでのトイレトレーニングができたら、いったん子犬をケージから出してあげて、10分たったら必ず戻してあげましょう。

この子犬をケージに戻す行為は、子犬がトイレをしたくなる前にケージに戻すことが大切なのです。

子犬をケージに戻して、トイレをしたら、ほめてあげる。そしてケージから出す。

子犬にケージでのトイレトレーニングは、その繰り返しです。

子犬のケージでのトイレトレーニングが失敗にならないために大切な行動なので、必ず時間が経過したら、戻してあげるようにしましょう。

⑥子犬のケージでのトイレトレーニング ー⑥遊んであげる

ミニチュアシュナウザー

子犬のケージでのトイレトレーニングは、成功体験を積み重ねることが大事です。

子犬をケージから外に出したら、トイレが早くしたくなるように、一緒に遊んであげましょう。

子犬とおもちゃなどえ遊ぶと、トイレをしたくなるはずです。

子犬が、遊んでいる最中、興奮しすぎてタイミングを逃し、トイレトレーニングが失敗する可能性もあるので、早めにケージの中に戻してあげましょう。

子犬のケージでのトイレトレーニングができたら、必ずハイテンションで褒めてあげてくださいね。

⑦子犬のケージでのトイレトレーニング ー外に出す時間を長くする

トイプードル

子犬のケージでのトイレトレーニングが、1ヶ月ぐらい続けていると、子犬も慣れてくるので、自分でできるようになってきます。

子犬は、ケージでトイレをすると、ほめられてうれしくなってくるので、自発的に行動するのです。

子犬が慣れてきたら、ケージから出す時間を長くして、しっかりと見守り、トイレをしそうになったら、号令をかけて、ケージに戻してあげましょう。

ひとこと

うちのミニチュアシュナウザー の場合は、トイレがしたくなると、ピーピーと言ったり、そわそわしました。

そうすると、自分でケージの中に行くか、「ハウス!」と声をかけると、ケージの中に入りました。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。食べチョク。

子犬のケージでのトイレトレーニングの成功させるコツ

子犬のケージのトイレトレーニングを成功させるコツ ー①きれいにしておく

トイプードル

子犬のケージでのトイレトレーニングを成功させるコツは、トイレをしたら、すぐにトイレシートを片付けてあげることです。

子犬はとにかくきれい好きです。

ケージのトイレシート の汚れが、ちょっとぐらいいいかなって思うかもしれませんが、必ず片付けてあげましょう。

汚いところでは、トイレを子犬もしたがらないので、トイレトレーニングの失敗の原因にもなります。

子犬のケージでトイレトレーニングのコツ ー②失敗しても叱らない

トイプードル

子犬がもし、トイレトレーニング中、ケージ以外のところでトイレをして失敗しても叱らないことです。

子犬は、成功体験を積むことで理解をしていくのです。

イライラするかもしれませんが、そこは我慢です。

子犬がトイレを失敗したとしても、何事もなかったように、すぐに片付けてきれいにしてあげるのが、トイレトレーニングを成功させるコツです。

また子犬を留守番させることもあるでしょう。

ケージの中で留守番をさせている場合は、トイレシーツをくちゃくちゃにしたり、食べてしまうかもしれません。

口にペットシーツがいっぱいついていても、くちゃくちゃにされても、留守番をさせた飼い主の責任なので、何事もなかったように片付けてあげましょう。

留守番のしつけはこちらでも解説しています。

またケージで過ごす留守番についてはこちら。

子犬のケージでのトイレトレーニングのコツ ー③子犬が吠える場合

ミニチュアシュナウザー

子犬のトイレトレーニング中、ケージから外に出して欲しくて、吠えるかもしれません。

子犬を外に出すのは、とても危険です。

トイレをしたいのに、外に出してしまうと失敗する可能性もあるし、子犬の要求吠えを許してしまうと、しつけがうまくいかないからです。

子犬のケージでのトイレトレーニングは飼い主の忍耐でもあるので、グッとこらえて、無視し続けましょう。

実は、子犬をずっとケージから出さないことは、実はかなり難しいのです。

うちの愛犬のミニチュアシュナウザー も飛び上がって、キャンキャン言って大騒ぎをして「出して、出して」と訴えました。

のケージから出さない期間を乗り越えることが、トイレトレーニングの成功するかどうかのラインなのです。

ミニチュアシュナウザー 子犬
子犬のしつけを成功させるための9つのポイントとは

続きを見る

まとめ

今回は、子犬のケージでのトイレトレーニングについて、お話しました。

  1. 子犬をケージでトイレトレーニングの準備 ー用意するもの
  2. 子犬をケージでトイレトレーニングの準備 ー段ボールハウス
  3. 子犬のケージでのトイレトレーニングー観察
  4. 子犬のケージでのトイレトレーニングを始める
  5. 子犬のケージでのトイレトレーニングは繰り返しが大事
  6. 子犬のケージでのトイレトレーニング ー遊んであげる
  7. 子犬のケージでのトイレトレーニング ー外に出す時間を長くする

子犬のケージでのトイレトレーニングは時間がかかる場合もあるますが、焦らず、やりましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー は、トイレトレーニングが1ヶ月ぐらいかかりました(笑)

一度習得してしまうと、自分でしてくれるので、とても楽になります。

子犬がトイレトレーニングができてくると、号令(ハウス)をいうと、ケージの中に入ってトイレをしてくれますよ。

頑張りましょう。

<<成犬のトイレのしつけ>>はこちらから。

犬と一緒に映画をみよう!

犬との大切な時間を過ごすなら、U-NEXTがおすすめ!

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-しつけ, 子犬
-, , ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5