ミニチュアシュナウザー

問題行動

犬 が吠える理由とは。吠えることで気持ちを表現している

犬に吠え続けられると、無駄吠えをして!と思いがちですが、無駄吠えなんて1つもありません。

犬が吠えるのはなんらかの理由があって吠えています。

犬が吠える理由を探ることで、犬の気持ちが理解でき、吠えることをやめさせることができるのです。

では犬が吠える理由について考えていきましゅう。

犬が吠える理由は、かまってほしい時

犬が吠える理由はかまってほしい時です。

キュンキュン声を出すのは、吠えるというよりも泣くという感じかもしれません。

犬は常に一人ぼっちなので、寂しくてしょうがないのです。

子犬は親と離れて寂しさと飼い主が頼りなので、犬の気持ちを察して、寄り添いながらスキンシップをはかっていきまししょう。

犬が吠える理由はうれしい時

ミニチュアシュナウザー

犬が吠える理由は、うれしい時です。

犬と一緒に遊んであげると、「楽しいね!」「楽しいでしょ」などと話しかけるように犬が吠えます。

犬が喜んでいる時、吠えることで喜びを体全体で表現しているのです。

うれしいことは、うれしいと素直な環境を作ってあげて、犬と一緒に楽しくしていきましょう。

もしもうるさいと感じたり、周りに迷惑がかかりそうだったら、気持ちをクールダウンさせてあげれば吠えるのをやめるはずです。

犬が吠える理由は、要求しているから。命令に変わる前に対応しよう

ミニチュアシュナウザー

犬が吠える理由は、要求しているからです。

犬が甘えている理由から吠えている時はいいのですが、それが要求に変わっていることがあります。

例えば、飼い主がご飯を食べている時に、自分も食べさせてくれと、要求してきます。

ほとんどの場合、ほしいわけではなく、自分たちだけが食べていてずるいという気持ちが強いかもしれません。

犬が要求が理由で吠える時は、おやつなどをあげてしまうと、吠えることでおやつがもらえると認識してしまうので、与えないようにしましょう。

遊びなども同様です。

おもちゃで遊ぶのはあくまでも飼い主さんがしっかりとコンセンサスをとって、遊んであげましょう。

犬からいくら遊んでほしいとせがまれても、「遊びの時間でないから遊べないんだよ」と理由を理解させていきましょう。

<<犬の要求吠え>>についてはこちら。

犬が吠えるようであれば無視して、要求に応えないようにしましょう。

要求しているうちはまだいいのですが、やがて命令へと変化したら要注意です。

遊んでくれとかの理由で犬が吠える場合は、あなたがリーダーだということをもう一度しっかりとしつけをすることが大切です。

犬の要求は無駄吠えなので、しつけをしていきましょう。

<<無駄吠えのしつけ>>は、こちらから。

ドッグフードを食べないなら

うちの愛犬もブッチ ドッグフードはよく食べました。

犬は嫌なことがあると吠える

犬が吠える理由は、嫌なことをされた時です。

愛犬の足を間違って踏んでしまった時、キャイーンと、痛い! と訴えるように愛犬が吠えます。

まるで悲鳴のような感じです。

犬が病気で、痛いとか、苦しいなどの理由から吠えることがあるかもしれません。

犬が吠える理由が見つからない場合は、病気を疑って早めに動物病院でみてもらいましょう。

犬が吠える理由は安心するから

犬が吠える理由は、寂しいからです。

留守番をさせようとすると、さみしい気持ちが理由になり、犬が吠えることで行かないでと訴える場合もあります。

犬が吠える理由は警戒心から

犬が吠える理由は、警戒心からです。

犬はもともと群れて生活しているので、縄張りに他の犬が入ってきたり、何をされるかわからない理由から吠えることで、威嚇して、入ってこないようにすることがあります。

ドアのチャイムが鳴ると吠えるのも<<警戒心>>が理由です。

音が鳴った後に何が起きるのか犬にはわからないので、自分がいるということを伝えたり、威嚇するのが目的なのかもしれません。

まとめ

犬が吠えるのは様々な理由があります。

決して無駄吠えとは思わず、理由を探り、もしあなたがうるさいと感じているのなら、犬の気持ちを考えて、吠えるのをやめさせるにはどうしたらいいのか、考えていきましょう。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-問題行動

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5