しつけ 問題行動 子犬

子犬が吠える時のしつけとは。5このしつけのコツ

ミニチュアシュナウザー

困っている人

子犬が吠えるので、困っています。

どうしたら、子犬が吠えるのを、しつけでやめさせることができるでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 子犬が吠える時のしつけのコツ5こ
  • 子犬が吠える時のしつけで気にすべき点

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、子犬が吠える時のしつけについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、子犬が吠える時のしつけ方法を実践することで、吠えることが少なくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日からしつけをやってみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

子犬が吠える時のしつけのコツ

トイプードル

下記の5つを意識することで、子犬が吠える時のしつけができます。

  1. しつけで信頼関係を作る
  2. 吠えても無駄だとしつける
  3. 吠えることをやめたらいいことがあると教える
  4. 子エネルギーを消耗させる
  5. 社会性を身につける

それでは1つずつ解説していきます。

①子犬との信頼関係を作る

トイプードル

子犬が吠えるなら、しつけで信頼関係を作っていきましょう。

早く子犬が吠えるのをやめさせたい気持ちは、すごくわかりますが、信頼関係がない限り、子犬はいうことをきいてくれません。

子犬をとにかく目をみて、アイコンタクトをして、語りかけるようにしていきましょう。

子犬のしつけで信頼関係を作ることは、

  • 敵でないことをわかってもらうこと
  • あなたがリーダーだと認識してもらうこと
  • 吠えるのをやめたら、いいことがあるとしつけをする

と教えることです。

仕事など、信頼関係ができていない人から叱られても、いうことを聞かなかった経験ありませんか?

子犬を吠えるのをしつけでやめさせたいなら、信頼できる人がしつけることで、効果があるのです。

飼い主が敵でないことをわかってもらい、おうちの中が、安心安全であることを伝えていきます。

犬と主従関係を作ることで、飼い主がリーダーとなり、安心して子犬が従うようにしていくことが大事です。

<<主従関係のしつけ>>はこちらで詳しくお話しています。

②吠えても無駄と教える

ミニチュアシュナウザー

子犬が吠えるならしつけで、吠えても無駄だと教えていきましょう。

子犬が吠え続けているのを無駄だと教えるのは、やってみると意外と難しいでしょう。

子犬が吠えるなら、飼い主が冷静になって、平常心でしつけをやっていきましょう。

子犬が吠えることでうるさいと思ったり、子犬はなかなか吠えるのをやめてくれないかもしれませんが、頑張りましょう。

子犬が吠えることが無駄だと理解するまで、しつけをやっていくことが大事です。

子犬の吠えるなら、無視をするしつけ方法

  1. 子犬をケージ(サークル)にいれる
  2. 子犬は出してほしいので、吠える
  3. 吠えても無視し続ける
  4. 吠えるのをやめたら、OKと言って出してあげる

数日間、子犬のしつけで吠えるのが無駄だとしつけをしていきましょう。

子犬が吠えても何もしてくれないとわかったら、まるで嘘なきが泣き止むように、ある日突然、吠えるのをやめるはずです。

もしも根負けして、子犬をケージから一度でも出してしまうと、吠えたら出してもらえると思ってしまうので、ぐっと我慢して、しつけをしましょう。

吠えたら、出してもらえた。

出して欲しいときは、吠えればいいんだ

と理解してしまうのです。

<<子犬のしつけのコツ>>はこちらの記事でお話しています。

③いいことがあると教える

ミニチュアシュナウザー

子犬をしつけで、吠えるのをやめれば、いいことがあるとしつけていきましょう。

吠えることよりも、いいことがあるとわかれば、子犬も吠えなくなるはずです。

子犬が吠えている間は何もせず、吠えるのが止まった瞬間に、いいこ、いいこと声をかけて、ほめてあげましょう。

子犬が吠えるのをやめたら、ごほうびのおやつをあげてもいいですね。

子犬が吠えるなら、ほめてしつけをする

  1. 子犬がケージ(サークル)内で吠えるのをやめたら、出してあげる
  2. ほめてあげたり、ごほうびのおやつを与える
  3. 終わったら、またケージに入れる

子犬が吠えるなら、ほめることで、しつけをしていきましょう。

<<無駄吠えのしつけ>>はこちらでもお話しています。

④エネルギーを消耗させる

ミニチュアシュナウザー

子犬が吠えるなら、しつけと共に、エネルギーを消耗させてあげましょう。

子犬が吠える理由はいろいろありますが、要求を通そうとすることがほとんどです。

子犬が吠えるなら、おもちゃを使って遊んであげたり、散歩に長く行ったりして、子犬が吠える原因のエネルギーを、消耗させてあげましょう。

エネルギーが消耗できれば、子犬のストレスもなくなり、吠えることが少なくなるでしょう。

1つ気をつけておきたいことは、もしもおもちゃで遊んでいる最中に子犬が吠えるなら、遊ぶのをいったん止めて、吠えるのをやめさせましょう。

子犬が吠えることをやめたら、しっかりほめてあげて、また遊んであげるようにしましょう。

⑤社会性を身につける

ミニチュアシュナウザー おすわり

子犬が他人や他の人に吠えるなら、しつけで社会性を身につけることが大事です。

子犬は、経験が少ないことで怖さを感じたり、警戒心から、吠えるのです。

室内犬は特に、飼い主以外の人と接することが少ないので、怖い場合や威嚇のために吠えることがあります。

子犬のうちに、いろいろな人や犬と接しさせてあげて、犬に安心感を持ってもらい、社会性を身につけておきましょう。

子犬をあまりにも過保護しすぎると、吠えることが癖になってしまうので、近所を少しでも散歩するだけでも、しつけの一環になるので、経験をさせてあげましょう。

こちらの記事は、<<ミニチュアシュナウザー は警戒心が強い>>ことについてお話していますが、他に犬にも参考になるかと思いますので、ご覧いただけるとうれしいです。

子犬の吠えるしつけで気をつけること

ミニチュアシュナウザー のモノクロ写真

子犬が吠えるなら、しつけよりも一緒にいてあげること

子犬が吠えるなら、しつけをする前に、一緒にいてあげる時間を増やしてあげましょう。

ずっと留守番が多い子犬の場合は、ストレスから吠えることがあります。

吠えることをやめさせたいなら、さみしさを取り除いてあげることの方が大事なはずです。

子犬は飼い主だけが頼りなので、しつけの前に、さみしいから吠えていると考えて、愛情いっぱいに接してあげましょう。

徐々に子犬も安心して、吠えるのをやめるはずです。

<<犬に無駄吠えを治すしつけ>>

子犬が吠える時のしつけ方法のコツのまとめ

今回は、子犬吠える時のしつけのコツについてお話しました。

  1. 子犬との信頼関係を作る
  2. 吠えても無駄だとしつける
  3. 吠えることをやめたらいいことがあると教える
  4. 子エネルギーを消耗させる
  5. 社会性を身につける

子犬が吠えるのは、理由があるのしつけで治していきましょう。

<<犬が吠える理由>> についてはこちらでお話しています。

うちのミニチュアシュナウザー も留守番が多かったせいか、無駄吠えをずっとしていました。

しつけ時間がかかりましたが、無視したり、吠えるのをやめたら、ほめることでだんだんと吠えない子犬になりました。

成犬になる頃には、吠えることを聞くことがとても難しくなったぐらいです。

<<子犬のしつけ>>については、こちらでもお話ししているので、参考にしてみてください。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-しつけ, 問題行動, 子犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5