ミニチュアシュナウザー

コンディション ヘルス

犬の介護でオムツは必要?5つのオムツの使い方

困っている人

犬の介護は、オムツが必要でしょうか。

オムツをつけるにあたり、気をつけることはありますか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬の介護のオムツについて
  • 犬の介護のオムツで気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え噛み癖の問題行動トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬の介護のオムツについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー の老犬になって、介護がしっかりできたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の介護でオムツがあれば、介護が楽にできますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の介護のオムツについて

ミニチュアシュナウザー

下記の5つを知ることで、犬の介護のオムツが理解できます。

  1. 犬の介護のオムツは、サイズが大事
  2. 男の子の犬の介護は、オムツを2種類用意する
  3. 犬の介護なら、オムツをつけて、外出する
  4. 犬の介護でおむつを替える場合
  5. 犬の介護でオムツを替えた後のシャンプーは?

犬の介護のオムツは、犬の大きさの個体差に比べて、種類が少ないので、あわせるのが大変です。

またオムツをつけるのを嫌がる犬もいます。

犬の介護で、オムツがスムーズに使えるようにするには、どうしたらいいか、お話していきます。

①犬の介護のオムツは、サイズが大事

ミニチュアシュナウザー

犬の介護で、オムツのサイズを、介護が始める前に確認しておきましょう。

犬の大きさに対して、オムツの大きさは、種類が少なく、犬にフィットするかどうかがわからないからです。

愛犬がどのぐらいのサイズのオムツを使えばいいのか、目安だけでもオムツのサイズ感を確認しておくと、犬の介護が始まって、オムツがいざ必要になった時に、とても役にたつはずです。

いつか犬の介護が始めると考えず、いつでもオムツが必要になっても大丈夫というようにしておくといいでしょう。

②犬の介護のオムツは、2種類用意する(男の子)

ミニチュアシュナウザー

犬の介護のオムツは、サイズと共に、男の子用と女の子用がありますが、男の子の場合、併用すると便利です。

犬の男の子用のオムツは、おしりをカバーしてくれないので、女の子用のオムツを使うといいでしょう。

男の子の犬は、女の子用オムツで代用

トイレ(小)→ 男の子用の介護オムツ

トイレ(大)→ 女の子用の介護オムツで代用

愛犬のミニチュアシュナウザーが介護になった時、下痢を頻繁にしたので、介護用のオムツが必須でした。

男の子でしたが、女の子用のオムツで代用して使っていました。



③犬の介護なら、オムツをつけて、外出する

ミニチュアシュナウザー

犬の介護で、オムツがなくても大丈夫と思っても、病院に連れていくなど、外出する場合は、オムツは必ずつけていきましょう。

犬の介護は何があるかわかりません。オムツをつけていないと、急な体調変化で下痢をしてしまうかもしれません。

車の中でも大変なことになるので、犬の介護が始まったら、必ずオムツをつけて行動するようにしましょう。

④犬の介護でオムツを替える場合

犬の介護で、オムツを替えるなら、早めにオムツを替えてあげて、清潔感が保てるようにしましょう。

犬のオムツを替えている最中でも、もよおしてしまうことがあるので、トイレシートは必ず用意しておくことをおすすめします。

トイレシート

犬の介護でオムツを替える時は、トイレシートは広げた状態で、何枚か用意しておきましょう。

犬が介護状態なら、いつ何があるかわからないし、トイレをしたと思って、安心してオムツを外している最中、もよおしてしまうことがあるからです。

犬の介護でオムツを替える時は、トイレシート を広げて用意しておきましょう。

おしりふきタオル

犬の介護でオムツを替える時は、おしりをきれいにするためにおしりふきタオルは、用意しておきましゅ。

オムツを替える時に、大型犬や、たくさん汚れてしまった場合などもあるかと思います。

おしりふきタオルは、犬用でも構いませんが、人間用の大き目の介護用のものがいいかもしれません。

マスク

犬の介護でオムツを替えるなら、匂いがあるので、マスクは必要です。

衛生的にも、犬の介護でオムツを交換する場合は、必ずマスクはつけておきましょう。

消臭スプレー

犬の介護でオムツを交換する場合に、空気中の匂いを変えるために消臭スプレーがおすすめです。

また床や自分の衣類に匂いが残っていることがあるので、除菌つき消臭スプレーは準備しておきましょう。

消毒液

犬の介護でオムツを替えたら、必ず手をせっけんで手を丁寧に洗いましょう。

感染対策のためにも、手を洗い終わったら、消毒液で除菌しておきましょう。

<<老犬介護で必要なもの>>ついては、こちらでお話ししています。

⑤犬の介護でオムツを替えた後のシャンプーは?

犬の介護がオムツを使っていると、おしりをきれいにするために、シャワーを使ってシャンプーしたいですよね。

老犬や、介護している犬は、体に負担がかかるので、シャワーはやめておいた方がいいかもしれません。

シャワーができなくても、犬の介護でオムツを替えたあとなど、体全体や、お尻周りをきれいにしておかないと、匂いが残ってしまうし、不潔です。

犬が介護でなくても、シャンプーは体に負担もかかるので、オムツを変えたあとは、<<ウォーターレスシャンプー>>で、時々体をふいてあげましょう。

犬の介護のオムツで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬の介護でオムツは必要?歩けるうちは、オムツは必要ない?

犬の介護のオムツは、犬が動けるうちは、オムツをつけてトイレをさせるのではなく、トイレは立って、自分でさせるようにしましょう。

犬が介護になっても、立って生活することは、生きる力になり、とても大切なことだからです。

犬の介護でオムツをつけないなら、トイレを予測して、犬を移動してあげましょう。

犬は、足腰が弱くなり、間に合わないこともあるので、トイレシートはいつでも準備しておきましょう。

<<老犬の後ろ足が弱い>>ことについては、こちらでお話ししています。

犬の介護で、ずっとオムツをつけているとむれてしまうこともあるので、歩けるうちは、オムツはつけ外しするのもお勧めです。

部屋が汚れてしまうと心配なら、カーペットは50センチ四方ぐらいのすれば、部分的に交換できるので、便利に使えます。

犬の介護のオムツについてのまとめ

今回は、犬の介護のオムツについて、お話ししました。

  1. 犬の介護のオムツは、サイズが大事
  2. 男の子の犬の介護は、オムツを2種類用意する
  3. 犬の介護なら、オムツをつけて、外出する
  4. 犬の介護でおむつを替える場合
  5. 犬の介護でオムツを替えた後のシャンプーは?

犬の介護はいつ始まるかわからないので、普段からオムツが必要になるかもと考えて、サイズ感など確認しておきましょう。

犬によっては、オムツを嫌がる犬もいますが、粗相が頻繁になると必ず必要になるので、交換方法なども確認しておきましょう。

うちのミニチュアシュナウザー もオムツには、苦労しました。

  • サイズが合わなかったこと。
  • 下痢が多かったこと

です。

犬の介護をしていると、だんだんとコツもつかめてくるので、無理をせず、できる範囲でやっていきましょう。

<<犬の介護>>については、こちらでお話ししています。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コンディション, ヘルス

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5