ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格。犬を伸ばす5つの方法

ミニチュアシュナウザー も聡明な性格
悩んでいる人

ミニチュアシュナウザー は、聡明で頭がいいと聞きますが、どのような性格でしょうか。

飼い主のいうことをきいてくれるか心配です。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • ミニチュアシュナウザー の聡明な性格
  • 聡明な性格で気をつけること
  • よくある質問

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は、ミニチュアシュナウザー の聡明な性格をご紹介します。

ミニチュアシュナウザー って頭良さそうだから。いたずらしないって思う人もいるでしょいう。

そこで本記事では、ミニチュアシュナウザー を飼っていない人でも理解できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「ミニチュアシュナウザー の性格はどんな感じ?」「わがままじゃない?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格の5この特徴

ミニチュアシュナウザー

今回は、ミニチュアシュナウザー の聡明な性格についてお話しします。

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格

  1. 判断が早い
  2. 表情で感じとる
  3. 迷子にならない
  4. おやつに執着する
  5. いたずらはわかってやっている

ミニチュアシュナウザーに性格は、別記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

判断が早い

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は、聡明な性格なので、判断が早く、とても行動力がある犬です。。

狩猟なごりで、瞬時の判断をして行動しないと、命に関わる問題だからです。

嗅覚で危険を察知したり、獲物を見つけることが大切なので、常にアンテナを貼っている必要があります。

ミニチュアシュナウザー は、<<警戒心が強い>ことと、聡明な性格なので、情報収集能力に優れているのです。

表情で読み取る

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの聡明な性格は、飼い主の表情で気持ちを読み取リ、行動します。

真面目な性格の表れですし、日々の生活する中で、ブラッシュアップされていきます。

飼い主の表情や声がどんな意味を持つのか、考えて続けているのです。

天才は1日にしてならず。ミニチュアシュナウザー の聡明な性格も1日にしてならず

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格は、努力家の性格の表れでもあるのです。

迷子にならない

ミニチュアシュナウザー 子犬

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格は、迷子になることはあまりありません。

嗅覚は、とても発達していること、判断力に優れているので、迷うことなく行動できるのです。

散歩に行った帰り、迷わずにうちに帰ることができるのも、聡明な性格の表れです。

自宅マンションで、間違って、違う階で降りたら、不思議な顔をしました。

我が家のミニチュアシュナウザー は、聡明な性格が、自宅ではないと理解できていたのです。

いたずらはわかってやっている

シュナウザー

ミニチュアシュナウザーの聡明な性格は、いたずらしたことは自分でわかっています。

犬がいたずらをした時は、故意かどうか見極める必要があります。

甘噛みにように、無意識にしてしまう問題行動もあります。

しかし、ミニチュアシュナウザー は分離不安などストレスで、故意にいたずらをしてしまうことがあります。

ミニチュアシュナウザー を留守番で、「ボク(ワタシ)の気持ちをわかって!さみしいんだから。」という代わりに、わざとトイレの粗相をしてしまったり、留守中に噛んではいけないものを噛んだりしてします。

いたずらをするのは。飼い主さんにかまってほしいからです。

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格は、いたずらをしたら、叱られることは十分承知をしています。

さみしいという気持ちを伝えたいからなので、叱ることはしないようにしましょう。

おやつに執着する

犬がしつけ

ミニチュアシュナウザー は、聡明な性格なので、しつけのときに、おやつがほしくて先回りして行動しようとします。

しつけコマンドを発する前に、「おすわり」をしたり、「伏せ」をしてしまうのです。

聡明で頭がいい性格のミニチュアシュナウザー は、どうしたらほめられるか、次はどうすればいいのかわかっています。

ミニチュアシュナウザー が、人の気持ちを読み取り先回りすることは、しつけがやりにくいこともあります。

おやつがもらえるとわかっていうことをきくのは、とてもいいことなのですが、コマンド自体の意味もわからず、したがってしまっているかもしれないので、気をつけましょう。

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格で気をつけること

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザー 聡明な性格で、気をつけるべきことについてお話しします。

留守番は苦手です。

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー は、とても寂しがりやで留守番が苦手です。

聡明な性格の持ち主のミニチュアシュナウザーは、飼い主が外出しようとするとわかってしまうのです。

留守番で分離不安にならないように、極力おうちで過ごしたり、散歩に一緒にいって、さみしくならないようにしてあげましょう。

<<留守番のしつけ>>>はこちらでも解説しています。

甘やかせすぎるということをきかなくなる

ミニチュアシュナウザー を甘やかあせすぎると、聡明な性格ゆえ、わがままな犬になってしまいます。

ミニチュアシュナウザー に主従関係を構築するときに大変になるので、甘やかせる時と、厳しくしつけをする時のメリハリをつけて、育てていきましょう。

主従関係の作り方
犬との主従関係(上下関係)の作り方。うまくしつける方法

続きを見る

家族間でしつけは統一しよう

ミニチュアシュナウザー のしつけは、家族間で統一していきましょう。

例えば、散歩の時、犬の行きたい方向にいく家族がいたとしたら、いくら他の家族が飼い主の横にくっついて散歩しなさいとしつけをしようと思っても、聡明な性格のミニチュアシュナウザー がいうことをきくはずがありません。

とても頑固な性格なので、家族のしつけのルールば。統一していきましょう。

社会性をしっかり身についておこう

ミニチュアシュナウザー は、警戒心がとても強いので、散歩などで社会性をしっかりミニチュアシュナウザー つけておきましょう。

とても聡明で賢い性格なので、何か会った時に、異常におびえたり、トラウマになってしまうのです。

警戒心が強い性格
ミニチュアシュナウザー の警戒心が強い性格なので飼いにくい?

続きを見る

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格についてのよくある質問

ミニチュアシュナウザー モノクロ

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格のよくある質問についてお話しします。

ミニチュアシュナウザー は知能はどのぐらいでしょうか。

ミニチュアシュナウザー は、人間の知能で言えば、1−2歳ぐらいだと言われています。

子供で言えば、立ち始めて、言葉を覚え始めた頃です。

ミニチュアシュナウザー は聡明な性格なので、ある程度理解できるはずです。

ミニチュアシュナウザー を聡明な性格を生かして育てるにはどうしたらいいでしょうか。

シュナウザー

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格を生かして育てるには、従順にすることです。

とてもかしこくおりこうな犬なので、覚えが早く好奇心も旺盛です。

できたらほめるを繰り返していけば、ミニチュアシュナウザー もほめらればうれしいので、どんどん覚えようとします。

その毎日の繰り返しが、聡明な性格に磨きがかかってきます。

また<<主従関係>>をしっかり作っておかないと、聡明な性格のミニチュアシュナウザー は勝手に行動しようとするので、気をつけましょう。

ミニチュアシュナウザー の<<従順な性格>>は、こちらもおすすめです。

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格まとめ

今回は、ミニチュアシュナウザー の聡明な性格についてお話ししました。

  1. 判断が早い
  2. 表情で感じとる
  3. 迷子にならない
  4. おやつに執着する
  5. いたずらはわかってやっている

ミニチュアシュナウザー はとても聡明でかしこい性格なので、飼い主がしっかりしないと、飼いにくいになるかもしれません。

我が家のミニチュアシュナウザー の性格も聡明でとてもおりこうな犬でした。

家族の一員なので、ずっと一緒でないと気がすます、子供と思って付き合うとちょうどいい感じでしたよ。

ミニチュアシュナウザー に余分な心配をさせないように、おだやかで明るい家庭を築いていきましょう。

-ミニチュアシュナウザー