しつけ

犬が噛むならしつけ教室へ。6つの方法で噛まなくなる!

犬が噛むならしつけ教室へ

困っている人

犬が噛むことで悩んでいます。

しつけ教室に行った方がいいでしょうか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬が噛むことをしつけ教室で治す
  • 犬が噛むならしつけ教室にいく前に理由は?
  • 犬が噛むならしつけ教室に行く時の気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬が噛むことをしつけ教室で治すことについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する6つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の噛む癖が、しつけ教室で直していくことができますよ。

最後までじっくりと読んでしつけをしてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が噛むならしつけ教室へ行こう

犬のおすわり

下記の6つを意識することで、犬が噛む癖をしつけ教室で治すことができます。

  1. しつけ教室で治すヒントを見つける
  2. しつけ教室で質問しよう
  3. 個別相談してみよう
  4. しつけ教室に何度か通う
  5. しつけ教室に預ける
  6. しつけ教室から帰ってきたら

それでは1つずつ解説していきます。

①しつけ教室で治すヒントを見つける

待て

犬が噛む悩みがあるなら、しつけ教室に噛まないようにするヒントを見つけにいきましょう。

犬のしつけ教室にいくのは、費用もかかるし、恥ずかしいかもしれませんが、プロのトレーナーさんから、アドバイスをもらうことができます。

犬のしつけ教室は、あなた以外の犬もいるので、自分とは何か違うのか、しっかりと自分を見つめ直す客観性が大事なのです。

犬が噛むのは、飼い主の行動を変えることで、問題行動がなくなるはずです。

犬のしつけ教室で、自分を客観視して、犬が噛むのをやめさせましょう。

②しつけ教室で質問しよう

ミニチュアシュナウザー

犬が噛むなら、しつけ教室で質問してみましょう。

犬が噛むいう悩みをかかえていらっしゃる方は、あなただけではないはずです。

あなたが勇気を持って、犬が噛む悩みをしつけ教室で質問すれば、賛同してくれる人もいるでしょう。

犬が噛むといっても、犬によって、家具を噛む、手を噛む、威嚇する、子供を噛む、トイレシートを噛むなど悩みは様々です。

しつけ教室は、いろいろな人の意見が聞くことができるチャンスなので、犬の噛むのを直したいなら、勇気ある行動をとっていくことが大事です。

犬が噛むのは、恐怖心や不満があることが多いので、しつけ教室で、細かく分析して、スキンシップやコミュにケーションをとっていきましょう。

③個別相談してみよう

ミニチュアシュナウザー しつけ

犬が噛むなら、しつけ教室で、個別相談してみましょう。

たいがいのしつけ教室が、1回、30分程度で設定されているのは、もし1時間以上やってしまうと、犬も疲れて、集中力がなくなってくるからです。

もししつけ教室の開催中に犬を噛むという悩みが解決しないなら、しつけ教室が終わった後に、個別に相談してみましょう。

犬が大好きなトレーナーは、親身になって答えてくれるはずです。

ただし相手も予定があることなので、短く簡潔に、相談する配慮をしてあげるといい感じです。

犬が噛むのは、単純な理由もありますが、1つだけの原因ではなく、いくつかが重なって、噛む行動になります。

しつけ教室のトレーナーは、あなたの犬だけを見ることで、犬が噛むことのより適切なアドバイスがもらうことができるでしょう。

食欲がないなら

食欲がない時に、ソーセージのような美味しさ。



④犬が噛むならしつけ教室に何度か通う

ミニチュアシュナウザー

犬が噛むなら、しつけ教室に何度か続けて通いましょう。

犬が噛むのを治すのは、理由も1つではないし、時間がかかります。

犬が噛む原因は、答えは1つではなく、いろいろな理由が絡まって、犬が噛む行動をしているのです。

1度ぐらい犬のしつけ教室に行った程度では、解決しません。

飼い主である自分の行動を変えるのは、癖がついていたり、プラシドがあるので、とても難しいことのです。

何度か通って、前回からの状況をトレーナーに説明し、新しいアドバイスをもらい、トライアンドエラーの精神で、犬が噛むことのないようなしつけをしていきましょう。

諦めないことが、成功への近道です。

⑤しつけ教室に預ける

ミニチュアシュナウザー

どうしても犬が噛むのを解決できないなら、しつけ教室にある程度の期間、預けるのもいいでしょう。

犬を預けることで、あなたの犬の行動を見直し、特性に合わせながら、犬が噛むことのないようにしつけてくれるはずです。

ただし費用はかかるし、あくまでも飼い主がしつけをした方が、リバウンドの心配もなく、うまくいきます。

⑥しつけ教室から帰ってきたら

ミニチュアシュナウザー

犬が噛むしつけが終わり、しつけ教室から帰ってきたら、飼い主が行動を変えていきましょう。

今までのやりかたが間違っていたから、噛むのが治らなかったわけなので、頑張りましょう。

犬が問題であれば、犬にしつけをすればいいのですが、飼い主が原因だった場合は、いくらしつけ教室で犬にしつけてもらっても、またリバウンドしてしまいます。

犬が噛むなら、飼い主の行動や言動を変えて、しつけをしていきましょう。

ここで飼い主というのは、家族全員です。

犬が噛むことを治すために、全員が、行動を変えることができるでしょうか?

正直、難しさはありますが、犬が噛むことで迷惑をかけないように、しつけ教室で教えてもらったことを、家族全員で共有して、やっていきましょう。

必ず克服できるはずです。

<<犬のしつけ教室を安くしたい>>という記事もおすすめです。

犬のしつけ教室にいく前に噛む理由を考える

ミニチュアシュナウザー

犬のしつけ教室にいく前に、噛む理由を考えてみましょう。

威嚇のために噛む行動をすることもありますが、ほとんどの場合、恐怖心だったり、不満があることが多いのです。

しつけ教室にいく前に、犬の気持ちを探り、飼い主の行動を変えるだけでも、噛む行動がなくなることがあります。

ほめることは、犬の心を落ちつかせるためにとても有効なので、顔をみながらほめてあげることに勤めましょう。

<<犬が噛む理由>>については、こちらでお話ししています。

犬の噛む時にしつけ教室にいくなら自分ごとにする

ミニチュアシュナウザー

犬が噛むことで悩んでいるなら、しつけ教室にいくのが一番なのですが、その理由は、トレーナーさんは、犬の性格や行動をみて、飼い主の行動か適切かどうかみてもらえることなのです。

犬が噛むのは、ほとんどの場合、飼い主と犬との信頼関係ができて、安心できる環境ができれば、改善できることが多いので、自分がどうしたらいいのか、考えていきましょう。

犬の行動を変えることはできませんが、飼い主自身の行動を変えることはすぐにできます。

プライドなんて要りません。甘えた声を出せば、犬もうれしくなるはずです。

犬が噛むなら、しつけ教室でも恥ずかしがらず、真摯な態度で受講するようにしましょう。

犬が噛むならしつけ教室についてのまとめ

今回は、犬が噛む癖をしつけ教室で治すことについてお話ししました。

  1. しつけ教室で治すヒントを見つける
  2. しつけ教室で質問しよう
  3. 個別相談してみよう
  4. しつけ教室に何度か通う
  5. しつけ教室に預ける
  6. しつけ教室から帰ってきたら

犬が噛むなら、しつけ教室に早めに行って直していきましょう。

しつけ教室にいかず、犬が噛む原因がわからず、一人で悩む必要はありません。

しつけ教室はいろいろな犬がいるし、トレーナーさんに質問することで解決できる問題もあるはずです。

それでも解決しないなら、専門のしつけ教室に預けて、しっかり犬が噛むことのないようにしつけてもらうのもいいでしょう。

保険があったら

いざという時に安心。子犬から老犬まで犬種別に見積もりがすくできます。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-しつけ

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5