食事

カナガンドッグフードは子犬にいつから与える?注意点は

カナガンドッグフード
悩んでいる人

カナガンドッグフードは、子犬にはいつから与えていいのでしょうか。

与え方や注意点について知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 子犬に与えるのはいつから?量は?
  • 子犬にカナガンドッグフードを与える時の注意点
  • 子犬用(パピー用)のドッグフードでなくても大丈夫?

今回は子犬を飼い始めた人のために、カナガンドッグフードについてご紹介します。

カナガンドッグフードは、子犬だけでなく、成犬、老犬まで全ステージに対応したドッグフードです。

ではいつから子犬に与えていいのか、悩みますね。

そこで本記事では、子犬を飼い始めた人でも理解できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「パピー用じゃないけど与えても大丈夫?」「カナガンの品質はどうなの?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2320人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー590人超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、早速はじめていきましょう。

カナガンドッグフード公式サイト>

\ 子犬から老犬まで /

カナガンドッグフード

カナガンドッグフードを子犬に与えるのはいつから?

白ミニチュアシュナウザー

カナガンドッグフードは、生後2か月からの子犬に与えることができます。

カナガンの公式のHPには、

『カナガン』はタンパク質が豊富な栄養満点のフードなので、2ヶ月の子犬からシニア犬まで、全犬種・全年齢のワンちゃんに食べていただけます。

と記載があります。

カナガンドッグフードは、子犬だけでなく、成犬そして、シニア犬までずっと食べ続けることができるドッグフードなのです。

もちろん子犬にも安心して与えることができますよ。

>>カナガン最大20%OFFキャンペーンはこちら

子犬がむせたり、噛む力が弱いので心配。

ミニチュアシュナウザー 白

カナガンは、食べやすいようリング状にした小さめの粒なので、お口の小さい子犬にも最適です。

噛む力が弱い愛犬には、ぬるま湯でふやかしてあげるのもおすすめです。

茶リオ

カナガンは、だから穴が空いているんですね。納得です。

子犬に1日に与える量はどのぐらい?

ミニチュアシュナウザー

子犬に与えるドッグフードの量は、成犬の大きさによって違います。

自分が飼っている犬種の大きさにあわせ、給与量を決めていきましょう。

子犬の体重ではないので、気をつけてくださいね

ドッグフードに種類によっても、与えるグラム数が変わります。

カナガンなら、下記の表を参考にしてくださいね。

カナガンの1日の給与量目安<子犬>

成犬時の体重(kg) 1日の給与量(g)
2-3ヶ月 4-5ヶ月 6-7ヶ月
5-10kg  60-70 80-90 90-100
10-15kg 140-150 160-170 170-180
15-20kg 140-150 180-190 200-210
15-20kg 160-170 220-230 240-250

参考:カナガン公式HPより

愛犬にあわせて与える量を変える

カナガンドッグフードを与える与える量は、あくまでも目安なので、子犬の体型や体重、犬種などによって決めていきましょう。

なぜなら子犬の運動量や体質によって、ドッグフードを与える量を変える必要があるからです。

与えすぎなら、肥満の原因になるし、やせすぎなら、あばら骨が浮き出て、体力が低下してきます。

まずは適正量の下限からはじめて、徐々に増やしていきましょう。

茶リオ

わぁーむずかしい

毎日、子犬の状態を見ることによって、ドッグフードの量もだんだんとわかってきます、

適正な量を決めるのが、飼い主のたいせつな仕事ですよ。

ドッグフードの量を調整する

基本的には、カナガン推奨の量を与えることが望ましいですが、子犬の状態をみて調整していきましょう。

体型

お腹がぷくっとしてきたり、体の両サイドのくびれがなくなってきたら注意です。

子犬のうちは、筋肉をつけるためにも、適正量を与えているなら、まずは運動ですね。

それでも気になるなら、ドッグフードを与える量を減らしていきましょう。

ただし、それほど神経質にならなくてもだいじょうぶですよ。

うんちの状態で微調整していく

毎日の排泄物の状態で、ドッグフードの量が適切かどうか判断し、調整していきます。

うんちがやわらかいなら、ドッグフードの量を減らし、逆に固いなら、増やしてもいいかもしれません。

理想のうんちは、だいたい耳たぶぐらいの硬さです。

毎日チェックして感覚をつかんでいきましょう。

茶リオ

ボクの場合は、毎回、ビニール袋の上から触ったり色を確認していますよ。

うちの愛犬の場合

うちのミニチュアシュナウザー は、生後6ヶ月で体重6kgなので、170gが理想的なドッグフードのグラム数です。

1日2回なら、朝85g、夜85gです。

子犬にドッグフードを与えるときは、計量して与えることをおすすめします。

計量することで、健康状態や与えすぎなどを把握できるからです。

子犬にカナガンドッグフードを与える時の注意点

ミニチュアシュナウザー 白

ふやかす

はじめてカナガンドッグフードを与える場合は、ふやかしてあげて、飲み込みやすいようにしてあげましょう。

温度が高いと、栄養成分が壊れてしまうので、ふやかすのは、お湯ではなくぬるま湯でやることが大事です。

子犬に与えるときは、やけどをしないように、十分冷ましてからにしてくださいね。

砕く

子犬が飲み込む力が弱く、喉に詰まってしまいそうなら、ドッグフードを

細かく砕いてあげましょう。

多少手間がかかりますが、子犬のためですね。

カナガンドッグフードは穴が空いていますが、念のためですね。

食事の回数を増やす

子犬の1日の量が決まったら、3回とか4回にわけて与えましょう。

いっぺんに食べることができなかったり、消化機能がまだ十分でないため、消化されず、嘔吐してしまうこともあるからです。

飼い主さんは、仕事で忙しいかもしれませんが、できるかぎりわけて与えてくださいね。

日中にあげることが難しければ、散歩のあと1回、出かける前に1回、帰宅後、人間の夕食後など、工夫していきましょう。

他のドッグフードからの切り替え

他のドッグフードからカナガンに切り替える場合は、一気に変えるのではなく、少しずつ混ぜていきましょう。

目安は1週間程度で切り替えるのがおすすめです。

急にカナガン100%に変えてしまうと、内臓が受けつけないこともあります。

ドッグフードの切り替えは、少しずつ進めていきましょう。

愛犬にあわせる

子犬と一口にいっても、犬種、体重、月齢、体質など様々です。

太りやすい体質、運動が苦手な子犬など、個体差にあわせて、ドッグフードを与えていくことが大切です。

給与量の目安を参考にして、愛犬の様子をみながら、与えていきましょう。

\ 子犬から老犬まで /

カナガンドッグフード

子犬用(パピー用)のドッグフードでなくても大丈夫?

ミニチュアシュナウザー

カナガンは全ステージ対応

カナガンは、子犬から老犬まで全ステージに対応したドッグフードです。

ペットショップなどでは、パピー用、成犬用、シニア犬用と別れて販売されていますが、それよりも大事なのは、成分です。

タンパク質、脂質、糖質が配合でドッグフードを選んでいくことが大切です。

>>カナガンホームページでくわしくみる

食べやすい大きさのドッグフード

カナガンドッグフード

カナガンドッグフードは、小型犬でも食べやすい粒です。

粒が大きいと、飲み込みができなかったり、のどにつまってしまうと心配です。

またカナガンは穴が空いているのも安心できるところです。

カナガンが子犬(パピー)に与えるおすすめな理由

カナガン

子犬は良質なタンパク質が重要

子犬のうちに強い足腰を作っていくために、良質なタンパク質をとっておくことが重要です。

筋肉を多くすることでけがの防止や、運動と組み合わせることで、肥満防止にもつながっていきます。

カナガンは原材料の50%以上がチキンという高タンパク。

パピーのうちから、良質なタンパク質をとっていくことで、子犬の成長時に必要な栄養が補給されます。

食いつきが違う!『カナガンドッグフード チキン』

最大20%OFFキャンペーン実施中

カナガンドッグフード

子犬に安心な品質

ヒューマングレード品質

カナガンはヒューマングレード品質のドッグフードです。

ヒューマングレードってなに?

人間が食べてもいい品質のドッグフードがカナガンです。

子犬の好みの味つけなので、おいしいのでよく食べてくれることでしょう。

体にやさしいグレインフリー

カナガンは、とうもろこしや小麦などの穀物を不使用のドッグフードです。

穀物をとりすぎると体の負担になったり、小麦アレルギーの子犬は、食べさせることはできません。

グレインフリーにこだわったカナガンなので、いつまでもイキイキと元気な子犬の体を維持することができます。

まとめ

カナガンドッグフードは、子犬からシニア犬まで全ステージに対応したドッグフードです。

離乳食を卒業した生後2ヶ月の子犬から与えることができ、成長に必要な良質のタンパク質など、子犬の成長時に必要な栄養を配合されたドッグフードです。

\ 子犬から老犬まで /

カナガンドッグフード

-食事