留守番

犬のお留守番で電気をつけていったほうがいいの?

犬と一一緒に寝る
悩んでいる人

犬が留守番中、電気をつけるかどうか迷っています。

電気代もかかるし、犬が留守番で寂しがらないかどうか心配です。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬が留守番中、電気をつける理由
  • 犬の留守番で電気をつけるのは帰宅が遅くなる時
  • 犬の留守番で電気をつけない理由

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は、犬の留守番で電気をつけることについてお話しします。

困っている人

電気をつけてあげないと、暗くなったら、犬がさみしがらないかなあ。

そこで本記事では、犬を飼っている人が電気をつけるかどうかについて、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「電気はつけてあげたほうが犬のため?」「電気代かかるし」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

犬が留守番中、電気をつける理由

ミニチュアシュナウザー

犬の留守番で、電気をつける理由をお話しします。

犬の留守番で、電気をつける理由

  • 昼と夜の区別をつけないため
  • 犬がさみしくならないため
  • 防犯のため

それでは1つずつお話しします。

昼と夜の区別をつけないため

犬の留守番中、電気をつけるのは、昼と夜の区別をつけないためです。

電気をつけっぱなしにすれば、暗くならず、常におなじ状態が保てます。

暗りなり始めて、そろそろ飼い主が帰ってくるかなと思ってもなかなか帰ってこないと、犬も留守番のストレスがたまってしまうのです。

犬がさみしくならないため

犬の留守番中、夕方になって暗くなってくると、さみしさを感じるからです。

心細くなり、犬が吠え始めたら、ご近所にも迷惑をかけてしまいますね。

防犯のため

飼い主が電気をつけて、外出するのは、防犯にも役立ちます。

夕方から夜にかけて、電気がついていれば、誰かいると認識されるので、防犯対策になるのです。

犬も留守番中、電気がついていれば、安心ですね。

犬が安心するから

犬の留守番で電気をつけるのは、飼い主が電気をつけると、犬が安心できると思うからです。

犬は留守番で、ひとりで過ごすのがとても苦手です。

電気をつけていくと、電気代もかかるので、電気をつけるかどうかは迷うところです。

電気をつけて出かければ、あなたがいれば安心ですが、飼い主さんが出かけてしまうと、電気がつけてあっても、犬は精神が不安定になってくることもあります。

犬は留守番中、不安を紛らわすために、いたずらをしたり、故意に違う場所でトイレをしてしまうような問題行動をしてしまうかもしれません。

では、犬が留守番をする時の電気は、どうしたらいいのでしょうか?

  • 暗くて寂しい思いをさせたくないので、電気はつけっ放しにしておく
  • 玄関の電気だけつけておく
  • 犬は暗いところを好むので、電気は消して出かける

犬の性格や、体調、留守番の長さなどを考えて、電気をつけるかどうか決めていきましょう。

犬の留守番で電気をつけるのは帰宅が遅くなる時

ミニチュアシュナウザー 白

犬の留守番で電気をつけた方が望ましいのは、仕事で帰宅が遅くなるとわかっている時は、つけておくと犬も安心できるでしょう。

夜になり、電気がついていないと、留守番している犬にとって、飼い主がいつ帰ってくるかどうかわからなくなってしまうので、とても不安な気持ちになります。

飼い主が帰宅時間が事前に遅くなるとわかっている場合は、犬の留守番も長くなるので、電気はつけておいた方が無難です。

犬の留守番で電気をつけない理由

ミニチュアシュナウザー 白

犬の留守番をさせるときに、電気をつけなくてもいいこともあります。

犬はもともと暗くて狭いところが好きな動物です。

電気をつけるか考えるよりも、犬が留守番中、ぐっすり眠ることができる環境も大事なのです。

犬の留守番の間、寝かせておくには、留守番の前に、運動をさせて疲れさせておきましょう。

外出前に、おもちゃで遊んであげたり、散歩に時間をかけてあげて、愛犬を十分疲れさせてあげるようにしましょう。

犬が疲れていれば、電気がついていなくても、留守番だろうが、在宅していようが眠たいはずです。

犬の留守番で電気よりも気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬の留守番は電気よりもエアコンをつける

犬の留守番は電気よりもエアコンをつけるかどうかが大事です。

犬を留守番をさせている室内は、1日温度が一定ではありませんし、密室のため、暑くなりすぎたり、逆に寒いこともあります。

犬が留守番中、体調が悪くなったりしないように、エアコンで温度調節をしておきましょう。

電気代を気にするよりも、犬が留守番中、体調が悪くならないようにエアコンはつけて出かけるようにしてあげましょう。

特に老犬は、体力がないので、要注意です。

留守番でなくても、夜になって電気を消すとしても、エアコンはつけっぱなししておくことをおすすめします。

<<エアコンの設定温度>>については、こちらでも解説しています。

犬の留守番の電気のまとめ

今回は、犬の留守番で電気をつけるかどうかについてお話しました。

ボクも犬を留守番をさせるときに、電気をつけるかどうか、ずっと悩み続けていました。

以前は愛犬のミニチュアシュナウザー が留守番をする時は、電気をつけて出かけていましたが、タイマーで自動でつくような灯りに買い換えました。

犬が留守番をしても。していなくても、電気は、毎日17時につくようになっていますが、防犯対策のためなのか、17時ジャストではなく、時間をずらして電気がつくようなシステムになっています。

ちなみに23時には消灯になります。在宅していても、自動的に電気がついてくれるので、便利です。

<<犬の留守番のしつけ>>も記事もおすすめです。

<<老犬の留守番>>については、こちらでもお話しています。

-留守番