留守番

犬が留守番ができない時に対処方法?分離不安にさせないために

犬が留守番できない
悩んでいる人

犬が留守番ができないので、困っています。

何か方法はありますか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬が留守番できないときの対策
  • 働き方を変える
  • 犬が留守番できない理由

今回は犬を飼っている人のために、留守番ができないときの対処方法をご紹介します。

犬が不安感を持っている状態で。急に留守番をさせると、お留守番ができないことがあります。

「犬が一人で過ごすのは難しい」、「ずっと一緒にいてあげないと」と思うと、余計にお留守番ができない犬になってしまいます。

そこで本記事では、犬が留守番できないと思っている人に解決できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「留守番させるとトイレを失敗する」「お留守番で吠えるのでうるさい」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が留守番できないときの対策方法

ミニチュアシュナウザー

犬が留守番できないときの対処方法をご紹介します。

犬が留守番できないときの対処方法

  • 靴別な行動をとらないようにする
  • お留守番の状況をつくる
  • お留守番前に犬とコミュニケーションをとる
  • ケージやサークルでお留守番を
  • 出かける前に少し別の部屋で過ごす
  • 留守番のしつけをする

それでは1つずつお話ししていきます。

靴別な行動をとらないようにする

犬をなるべく不安にさせないように、お留守番が特別でないことと思わせることが大切です。

お留守番の前に、飼い主さんがソワソワしたくを始めたり、特別な行動をとらないようにしてあげましょう。

声をかけない

飼い主さんがで出かける前に「行ってきます!」などと犬に声をかけないようにしましょう。

犬にお留守番だとお知らせすることになり、不安な気持ちになってしまうからです。

また帰宅後すぐは声をかけてしまうと、うれしょんしてしまったり、騒げば留守番がなくなると思うかもしれないからです。

お留守番の状況をつくる

飼い主さんが出かける予定がなくても、留守番を作ってみましょう。

少しでも犬のお留守番の不安をやわらげるためです。

たとえば、家の鍵やお出かけバッグを持って、おうちの中をうろうろしたり、カバンを持ったままリビングでくつろいだりします。

また違う洋服に着替えるのも、犬にとってはドキドキです。

お留守番ができないとあきらめず、だんだんと慣れさせていきましょう。

お留守番前に犬とコミュニケーションをとる

出かける前に、犬と長めの散歩にいったり、おうちのなかでおもちゃで遊んであげて、コミュニケーションをとってあげましょう。

コミュニケーションをとることで、犬には満足感が得られ、疲れもでてきます。

満足感や疲れは、お留守番のさみしさをやわらげてくれるはずです。

ケージやサークルでお留守番を

犬がサークルやケージでお留守番ができないのはないか、かわいそうと思いがちですが、できればケージでお留守番をさせることはとても大事なのです。

不安な気持ちから、おうちの中で暴れたり、家具などをかじっていたずらさせないためです。

かじるだけならいいのですが、誤飲をしたり、電気コードなど危険なものをかんだら大変です。

出かける前に少し別の部屋で過ごす

ボクがよくやっているときは、出かける前に犬がいるリビングとは別の部屋で過ごします。

犬が落ち着いてきた頃を見計らって、そぉっと出かけます。

夫婦で一緒に外出するときも時間差で出るようにしています。

留守番のしつけをする

犬が留守番ができないなら、しつけで治すことを考えていきましょう。

<<犬の留守番のしつけ>>ついては、こちらで詳しく解説していますので、参考にしてしつけをしてみましょう。

もししつけで治らず、犬の留守番ができないようであれば、しつけ教室のお願いして、なんとか留守番ができるようにしましょう。

<<犬のケージでの留守番>>のしつけもおすすめな記事です。

犬が留守番できないならサービスを利用する

白ミニチュアシュナウザー

犬の幼稚園に入れる

犬が留守番ができないなら、犬の幼稚園に入園させましょう。

最近犬の幼稚園もよく見るようになりました。

子供の幼稚園、保育園のように補助金もないので、費用はかかりますが、プロに面倒をみてもらえるので、いいですね。

しつけやトリミングもしてくれるところがあるので、犬の成長にも繋がります。

犬の幼稚園に入れれば、留守番ができない犬でも、プロがみてくれるので、安心です。

ペットシッターにお願いする

犬が留守番ができないなら、ペットシッターにお願いしましょう。

家族の誰かに頼んで、一旦帰宅してもらうとか、ペットシッターさんにお願いするのもいいでしょう。

ペットシッターんついては、別時事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

犬が留守番できない時に、ペットシッターにお願いすれば、犬がさみしい思いをしませんよ。

【ペットシッター】テレビで話題のオリーブシッター

オリーブシッターを詳しくみる

犬が留守番できないなら働き方を変える

ミニチュアシュナウザー

専業主婦(主夫)になる

犬が留守番ができないなら、どちらが家にいれば、犬も安心するので、専業主婦や専業主夫になりましょう。

家事専業でもなくても、テレワークが浸透してきているので、夢ではないはずです。

コロナ禍の中、犬が留守番できないなら、家で仕事を見つける方法を考えてみましょう。

まさしく今がボクがそうです。

愛犬のミニチュアシュナウザー が、老犬介護になり、留守番ができないことから、在宅ワークに切り変えました。

<<老犬介護>>については、こちらでお話ししています。

在宅ライターになる

ミニチュアシュナウザー

犬が留守番ができないなら、在宅ライターになりましょう。

昨今、ランサーズやクラウドワークスなどでクラウドで仕事を見つけることもできますし、起業案件で仕事をするのもいいでしょう。

会社に勤めていても、在宅ワークを志願するのも1つです。

時間はかかりますが、ユーチューバーやブログやSNSで稼いでいらっしゃる方も増えてきました。

自宅で仕事をすれば、犬が留守番ができないことで悩む必要はないですね。

ボク自身は、今は犬と暮らすために、在宅で仕事をしています。

Webのデザインなどで生計を立てているので、犬が留守番ができなくてもたいじょうぶです。

会社にお願いしてみる

シュナウザー

犬が留守番できないなら、会社で過ごす方法を考えてみましょう。

ほんとうに少ないかとは思いますが、ペットショップや動物病院などの専門的なところでなくても、たまにOKな企業がテレビで紹介されているのを時々みます。

仕事に犬を連れていけば、犬が留守番ができないことで悩む必要はないでしょう。

またいつでも犬のことを見ることができるので、かわいそうな思いをさせずにすみます。

かなりレアなケースだと思いますが、探してみるのも1つです。

役員待遇にする

主従関係

犬が留守番できないなら、起業してしまうのも1つです。

もちろん犬のために起業するのは、リスクもありますし、だれでもできるわけではありません。

犬が留守番が苦手なら、起業して、自社ビルも立ててしまいましょう。

賃貸だとペットOKのところを見つけるのはとても難しいですが、自分が社長で、自社物件なら、自分で決めてペットOKにできるはずです。

役員待遇にすれば、留守番ができない犬でもOKですね。

茶リオ

ときどき犬と一緒に出勤という記事もSNSで目にします。

犬が留守番できない理由

ミニチュアシュナウザー

溺愛しすぎている

犬が留守番できないのは、飼い主が溺愛しすぎているからです。

犬はもともと群れで生活していた動物なので、猫のようにひとりでいることは苦手です。

犬と一緒にいることは、決して悪いことはありませんが、ずっと一緒だと離れらなくなり、分離不安になってしまうのです。

老犬になって心配

犬が留守番させることができないのは、老犬になり、病気になったり、痴呆を発症し、ずっと吠え続けたりして、目が話せなくなるからです。

老犬介護が始まれば、なおさらです。

老犬になると留守番はできないと思って、一緒に過ごす時間を作ってあげましょう。

犬が留守番ができないことで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬が留守番ができないことで困るのは、

  • トイレのこと
  • 甘噛み
  • 無駄吠え

です。

この中で、一番困るのは、無駄吠えです。

無駄吠えは、他人に迷惑をかけてしまうので、犬が留守番ができない時は、とにかく無駄吠えをしつけていきましょう。

<<犬の無駄吠えのしつけ>>については、こちらで解説しています。

犬が留守番ができないことのまとめ

今回は、犬が留守番ができないことについて、お話しました。

もし犬が留守番ができないでかわいそうな思いをさせたくないなら、いろいろな手立てを考えることが必要でしょう。

実際、犬の介護が始めると、犬が留守番できないなんて、言っていられなくなるので、いい方法を見つけていきましょう。

<<犬の介護>>については、こちらで解説しています。

-留守番