留守番

犬が留守番ができない時に対処方法?分離不安にさせないために

犬が留守番できない

困っている人

犬が留守番ができないので、困っています。

何か方法はありますか?

こんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

犬が留守番できないと困りますね。

あなたが外出したあと、いたずたをしたり、吠え続けていたら、近所迷惑にもなってしまいます。

Webカメラをつける方法もありますが、ただ様子をみていただけでは根本的に解決しません。

犬が留守番ができないとあきらめず、しつけをすれな安心して外出することができますよ。

この記事では犬との距離の取り方、しつけの仕方、留守番できない犬の対処方法をご紹介します。

愛犬のミニチュアシュナウザー が、留守番をさせることができたのは、この記事でご紹介するポイントを意識していたからです。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が留守番できない理由

ミニチュアシュナウザー

溺愛しすぎている

犬が留守番できないのは、飼い主が溺愛しすぎているからです。

犬はもともと群れで生活していた動物なので、猫のようにひとりでいることは苦手です。

犬と一緒にいることは、決して悪いことはありませんが、ずっと一緒だと離れらなくなり、分離不安になってしまうのです。

老犬になって心配

犬が留守番させることができないのは、老犬になり、病気になったり、痴呆を発症し、ずっと吠え続けたりして、目が話せなくなるからです。

老犬介護が始まれば、なおさらです。

老犬になると留守番はできないと思って、一緒に過ごす時間を作ってあげましょう。

犬が留守番できないなら

ミニチュアシュナウザー

犬と少し距離をおく

犬が留守番できないなら、おうちに一緒にいる時から距離をおきましょう。

ずっとべっとりになるのではなく、遊ぶ時は遊ぶ、それ以外の時は、かまわないようにして、犬が分離不安にならないように気をつけましょう。

犬とは別の部屋にしばらくいたり、たっと2、3分でも出かけるように普段から留守番の練習をしましょう。

留守番のしつけをする

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬が留守番ができないなら、しつけで治すことを考えていきましょう。

<<犬の留守番のしつけ>>ついては、こちらで詳しく解説していますので、参考にしてしつけをしてみましょう。

もししつけで治らず、犬の留守番ができないようであれば、しつけ教室のお願いして、なんとか留守番ができるようにしましょう。

<<犬のケージでの留守番>>のしつけもおすすめな記事です。

犬の幼稚園に入れる

ミニチュアシュナウザー 走る

犬が留守番ができないなら、犬の幼稚園に入園させましょう。

最近犬の幼稚園もよく見るようになりました。

子供の幼稚園、保育園のように補助金もないので、費用はかかりますが、プロに面倒をみてもらえるので、いいですね。

しつけやトリミングもしてくれるところがあるので、犬の成長にも繋がります。

犬の幼稚園に入れれば、留守番ができない犬でも、プロがみてくれるので、安心です。

ペットシッターにお願いする

犬が留守番ができないなら、時間を短くしてあげましょう。

家族の誰かに頼んで、一旦帰宅してもらうとか、ペットシッターさんにお願いするのもいいでしょう。

犬のペットシッター
犬のペットシッターは散歩代行だけじゃもったいない

続きを見る

お手伝いさんにお願いする

シュナウザー

犬が留守番ができないなら、たくさん稼いで、お手伝いさんにお願いしましょう。

犬もお手伝いさんがいれば、他人であっても、さみしさもなく、留守番ができないようなさみしい思いをしなくてもすみます。

犬が留守番できないなら働き方を変える

ミニチュアシュナウザー

専業主婦(主夫)になる

犬が留守番ができないなら、どちらが家にいれば、犬も安心するので、専業主婦や専業主夫になりましょう。

家事専業でもなくても、テレワークが浸透してきているので、夢ではないはずです。

コロナ禍の中、犬が留守番できないなら、家で仕事を見つける方法を考えてみましょう。

まさしく今がボクがそうです。

愛犬のミニチュアシュナウザー が、老犬介護になり、留守番ができないことから、在宅ワークに切り変えました。

<<老犬介護>>については、こちらでお話ししています。

在宅ライターになる

ミニチュアシュナウザー

犬が留守番ができないなら、在宅ライターになりましょう。

昨今、ランサーズやクラウドワークスなどでクラウドで仕事を見つけることもできますし、起業案件で仕事をするのもいいでしょう。

会社に勤めていても、在宅ワークを志願するのも1つです。

時間はかかりますが、ユーチューバーやブログやSNSで稼いでいらっしゃる方も増えてきました。

自宅で仕事をすれば、犬が留守番ができないことで悩む必要はないですね。

ボク自身は、今は犬と暮らすために、在宅で仕事をしています。

Webのデザインなどで生計を立てているので、犬が留守番ができなくてもたいじょうぶです。

会社にお願いしてみる

シュナウザー

犬が留守番できないなら、会社で過ごす方法を考えてみましょう。

ほんとうに少ないかとは思いますが、ペットショップや動物病院などの専門的なところでなくても、たまにOKな企業がテレビで紹介されているのを時々みます。

仕事に犬を連れていけば、犬が留守番ができないことで悩む必要はないでしょう。

またいつでも犬のことを見ることができるので、かわいそうな思いをさせずにすみます。

かなりレアなケースだと思いますが、探してみるのも1つです。

役員待遇にする

主従関係

犬が留守番できないなら、起業してしまうのも1つです。

もちろん犬のために起業するのは、リスクもありますし、だれでもできるわけではありません。

犬が留守番が苦手なら、起業して、自社ビルも立ててしまいましょう。

賃貸だとペットOKのところを見つけるのはとても難しいですが、自分が社長で、自社物件なら、自分で決めてペットOKにできるはずです。

役員待遇にすれば、留守番ができない犬でもOKですね。ただしハードルが高すぎますね。

犬が留守番ができないことで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬が留守番ができないことで困るのは、

  • トイレのこと
  • 甘噛み
  • 無駄吠え

です。

この中で、一番困るのは、無駄吠えです。

無駄吠えは、他人に迷惑をかけてしまうので、犬が留守番ができない時は、とにかく無駄吠えをしつけていきましょう。

<<犬の無駄吠えのしつけ>>については、こちらで解説しています。

犬が留守番ができないことのまとめ

今回は、犬が留守番ができないことについて、お話しました。

もし犬が留守番ができないでかわいそうな思いをさせたくないなら、いろいろな手立てを考えることが必要でしょう。

実際、犬の介護が始めると、犬が留守番できないなんて、言っていられなくなるので、いい方法を見つけていきましょう。

<<犬の介護>>については、こちらで解説しています。

-留守番