問題行動

成犬の噛むしつけとは?今すぐ始めれば、しつけがうまくいく7つのコツ

成犬が噛むときのしつけ

悩んでいる人

成犬になって噛むのが困っています。

成犬いなってから犬を譲り受けたので、しつけをせず、放置してしまったのですが、今からでも大丈夫でしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

噛むしつけは、もちろん成犬になってからでもしつけることができます。

犬は子犬でも成犬でも遊ぶことが大好きです。

遊びを通して、おもつちゃなど噛んでいいものを成犬に教えてから、噛む行動がいけないことをしつけをしていきましょう。

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、成犬の噛むしつけについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する7つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、成犬の噛むしつけをやることで、噛むことが少なくなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日からしつけをやってみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。


成犬が噛む原因

成犬が噛むのには原因があります。

興奮したり、飼い主のことを下に見ていると、噛み癖がついてしまいます。

<<犬の噛み癖のしつけ>>については、こちらでお話ししているので、参考にしてみてくださいね。

犬の噛み癖のしつけ
犬の噛み癖をなくすための効果的なしつけとは。

続きを見る

成犬の噛むしつけの7つのコツ

ミニチュアシュナウザー と人

信頼関係を作る

成犬に噛むしつけをするなら、信頼関係を作るとうまくいきます。

まずは犬を優しく見つめ。目を合わせていきます。

名前を呼んで、目があったら、ほめてあげて、飼い主のほうをみたらいいことがあると教えていきましょう。

もし目が合わないようなら、おやつを使います。

アイコンタクトが難しいようなら、<<アイコンタクトのしつけ>>の記事を参考にしてみてくださいね。

信頼関係ができてくれば、だんだんと飼い主のいうことを聞きたくなってくるはずです。

成犬の噛むしつけは、信頼関係を作るようにすれば、うまくいきます。

遊びながらしつけをする

ミニチュアシュナウザー タオル

成犬に噛むのをやめさせるしつけをするなら、遊びながらやっていきましょう。

犬との遊びは、噛むことが楽しいので、しつけがしやすくなるのです。

まずは噛むことがいいことだとしつけていきます。

使い古したタオルの両端を結び成犬が噛みやすいように細工し、引っ張りあいこをしましょう。

成犬は力が強いので、大変かもしれませんが、噛むしつけで大事なことは、負けてはダメです

成犬とのしつけのタオルの引っ張り合いは、あなたが勝つことこそ、飼い主がリーダーであることを認識させるのです。

もし自身がないようだったら、誰かに手伝ってもらいましょう。

遊びが終わったことを教える

しばらく成犬と引っ張りアイコをしたら、「ストップ」とか「やめ!」とか声をかけて、噛むのをやめさせます。

成犬が噛むのをやめないといけないと理解し、口からタオルをはなしたら、その場でオーバーアクションで、ほめてあげましょう。

ほめられれば、犬もうれしいはずです。

成犬との引っ張りあいこは、「噛むことがいいこと」と「噛むのをやめること」をしつけで教えていくのです。

成犬が噛むなら、犬が噛む理由についてを探ることもしていきましょう。

引っ張り合いこは、犬が興奮しないように十分気をつけてやることも大切です。

興奮しているなと思ったら、成犬の噛むしつけを中断させて、落ち着かせてからやりましょう。

成犬が手を噛むなら、しつけはすぐに

ミニチュアシュナウザー

成犬の噛むしつけで、間違って飼い主の手を噛むようなら、すぐにしつけで直していきましょう。

ガシッと噛むことがないにしても、手に成犬の歯があたるだけでも、噛んだことと一緒のことなので、しつけで直していきましょう。

ポイント

  1. タオルの引っ張り合いは中断する
  2. 「痛い!」「痛い!」とオーバーアクションで叫ぶ。
  3. 反省の態度を示してしばらくしたら、遊び再開。
  4. また歯が当たったら、同じように「痛い!」と叫ぶ。

大きな声で、痛い! と言ったり、コラっ などオーバーアクションで表現しましょう。

成犬が、噛むことがくせになってしまったら大変です。

歯が当たるだけでも問題行動なので、何度も何度も成犬に噛むしつけで直していきましょう。

主従関係を作る

ミニチュアシュナウザー

成犬が噛むなら、しつけで主従関係を作るようにしていきましょう。

犬が攻撃的な態度なら、しつけは時間がかかるかもしれませんが、しっかり直していきましょう。

犬との<<主従関係>>ができていないなら、飼い主をリーダーにして、すぐに行動を起こすことが大切です。

成犬が攻撃的に噛むのは、とても危険です。

主従関係をしっかりと構築して、攻撃的な態度をしないように、<<従順な性格>>にしていきましょう。

家庭内も平和的な環境にして、笑いの絶えない家庭にすることが大切です。

夫婦喧嘩や兄弟喧嘩は、飼い主を真似して、犬も攻撃的に噛む行動になってしまうので気をつけましょう。

しつけ同様、おだやかに過ごすことで、成犬の性格もだんだんと優しくなって、噛むことがなくなってきます。

成犬が他の犬に噛むときのしつけの仕方

ミニチュアシュナウザー

成犬が他の犬に噛むなら、先手をうって、しつけをしていきましょう。

他の犬を噛むなら、ドッグランは、ずっとあとです。

成犬との散歩で、他の犬が近づいてきたとき、吠えて威嚇をしたり、唸ったりするなら、「大丈夫。だいじょうぶ」と声をかけながら、抱きしめてあげて、安心させてあげましょう。

他の犬が通り過ぎたら、「いいこ、いい子だったね」とほめてあげましょう。

成犬へのしつけは、噛む行為を叱るよりも噛まなかったら、ほめることです

もしどうしても喧嘩にしそうになったら、リードを強くひき、その場から速やかに離れるようにしましょう。

犬が他人を噛むなら、しつけでいますぐ治す方法

成犬が噛むのをやめないなら、しつけ教室で

ミニチュアシュナウザー

成犬に噛むしつけをしても治らないようだったら、しつけ教室にいきましょう。

プロの目で、飼い主と成犬の状態を確認してもらって、噛むことのないように、しつけで治してもらうようにしましょう。

もし噛むのをやめなかったり、凶暴性があるのなら、かかりつけの獣医さんや専門家に相談することをおすすめします。

成犬をしつけで噛むのを止めるのが難しい時は、心を落ち着かせるようにサプリメントを服用させるのもいいでしょう。

しつけをしてあっても成犬が噛むようになったら

ミニチュアシュナウザー

再度しつけをし直す

噛むしつけをしてあっても、成犬が噛むようになったら、主従関係が崩れてきたり、環境の変化によって、いうことを聞かなくて、いいかと思っているかもしれません。

一度覚えたことは、思い出すのはすぐのはずなので、再度成犬に噛むしつけをしていきましょう。

病気の可能性

ミニチュアシュナウザー

成犬が噛むようになったら、病気も疑ってみましょう。

犬は言葉を発しないので、噛むことによって訴えているのかもしれません。

体を触られると痛いので、やめて!という気持ちから噛む行動になってしまうことがあります。

成犬にしつけをする前に、なぜ噛む行動になるのか考えていきましょう。

成犬の噛むしつけで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

成犬を卒業して老犬が噛むなら、しつけよりも見守る

成犬を卒業して、老犬が噛むなら、しつけよりも穏やかに生活することに心がけましょう。

老犬になると、頑固になったり、体がいうことをきかなくなってきます。

今まで噛まなかったのに、体を触っただけでも嫌なことをされたと思い、噛むことをしてしまうかもしれません。

老犬を嫌な気持ちにさせないように、しつけをせずに、見守ってあげることも、余生を幸せに送ることです。

老犬が噛むようなら、噛まれないように、飼い主自身が行動すればいいわけです。

<<老犬が噛むなら>>の記事もおすすめです。

成犬の噛むしつけのまとめ

ミニチュアシュナウザー

今回は、成犬の噛むしつけについて、お話ししました。

子犬の時にできていればいいのですが、成犬になってからでも、必ず治ると信じて、しつけをしていきましょう。

我が家のミニチュアシュナウザー も噛むことがなかなか治りませんでした。

噛んだらすぐに「痛い!」とオーバーアクションすることで、しつけの時間はかかりましたが、噛むことはなくなりました。

合わせて読みたい、<<子犬の噛むをやめさせるしつけ>>



-問題行動