しつけ ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーのしつけ方は?いつから何をしつける?

ミニチュアシュナウザー のしつけ方
悩んでいる人

ミニチュアシュナウザー のしつけ方が知りたいです。

子犬を迎えてから、いつからしつけをすればいいですか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • しつけ方のコツ
  • 社会化をしよう
  • 無駄吠え、噛み癖のしつけ方
  • 覚えさせたいしつけ

今回はミニチュアシュナウザー を飼う人のためにおすすめのしつけ方をお話しします。

ミニチュアシュナウザー は、従順で飼い主のことが大好きですが、頑固な面もあるので、しつけがしにくいと感じる人もいるでしょう。

そこで本記事では、ミニチュアシュナウザー をはじめて飼う人でも理解できるように、大切なしつけ方のポイントをわかりやすく解説していきます。

「ミニチュアシュナウザー がいうこときかない」「トイレを失敗ばかりする」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴16年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2400人超えました!

インスタグラム wankolige01 フォロワー770人を超えました。

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、早速はじめていきましょう。

\ 子犬のしつけで悩んでいるなら /

こいぬすてっぷ

ミニチュアシュナウザーのしつけ方のコツ

白ミニチュアシュナウザー

犬のしつけはできるだけ早い方が、覚えも早く、しつけも楽にできます。

では、いつ頃からしつけを始めればいいのでしょうか。

しつけをはじめる時期は?

ミニチュアシュナウザー をしつける時は。生後2−3ヶ月から始めるといいでしょう。

子犬から大人に近づいてくると、知恵がついたり、他の人や犬に警戒心をもつようになり、しつけがしにくくなります。

成犬で迎えた場合は、迎えたその日から、コミュニケーションをとりながら、しつけていきましょう。

しつけは褒めることが重要

犬の上手なしつけ方は、とにかく褒めることが大事。

叱るのは、危険を感じたときだけでいいでしょう。

ミニチュアシュナウザー は、とても賢く、従順な犬種です。

褒めるとどんどんいい子に育っていきます。

「褒められたから、どんどん褒められることをしよう」と理解させることが大切です。

叱るよりも無視が効果的

犬は人間の言葉がわからないので、いたずらをしたとき、叱ってもあまり意味がありません。

飼い主から無視され、相手にしてもらえないのは、とても苦痛なことです。

大声で叱っても、「かまってもらえた」と誤解したり、恐怖心だけが残ってしまいます。

ミニチュアシュナウザー を叱るなら、短く、「ノー」などと低い声で叱り、そのあとは無視が効果的なしつけ方です。

ずっと無視し続けると、いたずらをしたことと結びつかなくなるので、少し時間をおいて、かまってあげてくださいね。

\ 子犬のしつけで悩んでいるなら /

こいぬすてっぷ

子犬の社会化ー人間社会に慣れる、ルールを覚える

白ミニチュアシュナウザー トリミング

子犬にとって、社会化はとても大切なしつけです。

社会性を身につけることは、過度な恐怖心や警戒心を取り除いたり、問題行動を引き起こさないようにするためです。

おうちの中で生活させるだけでなく。ミニチュアシュナウザー を散歩に行連れ出し、他人や犬、音などを経験させてあげましょう。

家族以外の人に触れさせる

ミニチュアシュナウザー は飼い主や家族に対しては従順ですが、警戒心の強さから、他の人に吠えたりする傾向があります。

子供から大人、男性、女性など、幅広い年齢や性別の人と触れさせて、社会性を身につけていきましょう。

他の犬に慣れさせる

ミニチュアシュナウザー と散歩に出かけた時、縄張り意識や警戒心をもたないように、いろいろな犬と触れさせてあげましょう。

犬は独特の距離感を持ったり、匂いでいろいろな情報を得ています。

お互いに吠えたり、けんかにならないように、しつけをすることが大切です。

体に触られることに慣れさせる

ミニチュアシュナウザー は警戒心が強い犬種なので、体を触られるのがあまり得意ではありません。

病院やトリミングサロンに行った時に、スタッフが困らないように、体を触る練習をしておきましょう。

背中や頭、お腹、そして足、肉球まで隅々さわらせてもらえることで、おうちでもブラッシングなどのケアが楽になります。

グッズに触れさせる

ミニチュアシュナウザー のお手入れをするときに困らないように、ブラシやリード、首輪などに触れさせてあげましょう。

いきなり首輪をつけようとしたり、ブラッシングしたら、トラウマになり、散歩やお手入れが大変になります。

まずは匂いを嗅がせたりして、慣れさせてあげるようもしましょう。

ミニチュアシュナウザーのしつけ方<トイレ>

トイレシート

 トイレトレーニングのポイント

トイレのしつけ方は、失敗したことを叱るのではなく、成功体験を作ることがとても重要です。

子犬は、2、3時間に1回ぐらいトイレをしたくなります。

排泄のタイミングを把握して、トイレをしそうになったら、トイレに連れていき、成功したら褒めることで、だんだんとできてきます。

失敗を繰り返すかもしれませんが、1ヶ月ぐらいを目安にやっていきましょう。

トイレのしつけ方

起きた後、ごはんの後、遊んだ後など、子犬がトイレをしたくなるタイミングです。

子犬をトイレに連れていきましょう。

ケージの中で生活させているなら

一旦ケージから出して、遊んであげます。

少し時間が経ったら、トイレに連れていきましょう。

匂いを嗅ぎ出したらトイレのサインです。

すぐにトイレに連れていきましょう。

ドアを閉める

ケージやサークルの中にトイレがあるなら、ドアを閉めましょう。

オープンな場所なら、囲むなどして、子犬がトイレが終わるまで安心できるようにすることが大切です。

声をかける

家族で掛け声を決めておいて、「ワンツー」とか、「トイレ」などと優しく声をかけてあげましょう。

目を合わさないことがトイレのしつけ方のコツです。

できたら褒める

トイレが終わったら、ご褒美をあげて、高い声で褒めてあげましょう。

トイレが成功したら、褒めてもらえると意識させるためです。

ケージから出してあげるのもいいでしょう。

トイレはすぐに片付ける

ミニチュアシュナウザー はとてもきれい好きです。

トイレが終わったらすぐに片付けてあげましょう。

 トイレのしつけ方で気をつけること

トイレを失敗しても叱らないようにしましょう。

せっかくトイレをしたのに、叱られると思ってしまうからです。

上手にできたときに褒めるのが、トイレのしつけ方のコツです。

失敗した場所は丁寧に掃除する

匂いが残っていると、子犬は失敗した場所をトイレだと勘違いして、失敗を繰り返してしまいます。

粗相をした場所は匂いが残らないように、丁寧掃除をしておきましょう。

トイレを覚えてくれないなら

子犬は匂いややわらかいクッションや布などにトイレをしたがるので、部屋の中をチェックしておきましょう。

またトイレのタイミングも大事です。

しっかりと子犬を観察して、トイレにつれていきましょう。

\ 子犬のしつけで悩んでいるなら /

こいぬすてっぷ

ミニチュアシュナウザーのしつけ方<甘噛み>

ミニチュアシュナウザー 子犬

子犬の甘噛みは本気噛みにかわらないように、子犬のうちからしつけをしておくことが大切です。

ミニチュアシュナウザー は、遊びの延長で飼い主を噛んでしまうことがあるなら、遊びをとめて無視するなど、対処していきましょう。

ミニチュアシュナウザーのしつけ方<吠え癖、無駄吠え>

子犬の散歩デビュー

散歩などで他の犬に吠えるなど無駄吠えや吠え癖は、恐怖心や縄張り意識などが原因です。

ミニチュアシュナウザー は警戒心が強い犬種などで、吠えやすくなります。

無駄吠えのしつけ方は、その場から離れて、だんだんと慣れさせることことです。

飼い主に吠えるのは、飼い主より犬の方が上の立場になってしまい、命令する形になっています。

主従関係を見直して、しつけをしていきましょう。

ミニチュアシュナウザー に覚えさせたいしつけ

ミニチュアシュナウザー

おすわり、待て、伏せ

待ては、愛犬や他人を危険から守る大切なコマンドです。

待てのポジション、おすわりを覚えさせて、できたら待てをしつけていきましょう。

ふせのしつけは、おすわりや待てができてから、ゆっくりやるといいでしょう。

ハウス

ケージの中、クレートをハウスにしている場合は、「ハウス」と声をかけてたら、子犬が中に入るようにしつけておくといいでしょう。

いざというときにとても役に立つからです。

しつけ教室を利用する

ミニチュアシュナウザー

 しつけ教室を利用するポイント

 犬のしつけ教室を利用するときのポイントは、トレーナーとの信頼関係です。

犬の何に困っているのか、具体的に説明できるようにしましょう。

またふだんの犬との付き合い方、家族間で考え方、行動に相違がないかも確認しておくことが大切です。

 飼い主の行動

しつけ教室は、犬に教える場所ではなく、飼い主のしつけ方を見直す場所です。

リードの持ち方、声のかけ方などで、見違えるほど、犬はいうことをきくようになります。

しつけ教室に行くときは、自分がどう行動したらいいか学んでいきましょう。

まとめ

今回はミニチュアシュナウザー のしつけ方についてお話ししました。

シュナは、従順な反面、頑固で警戒心が強い面ももっています。

すぐにできるとは思わず、時間をかけてしつけをしていきましょう。

\ 子犬のしつけで悩んでいるなら /

こいぬすてっぷ

-しつけ, ミニチュアシュナウザー