コンディション

犬のお腹がキュルキュルなるとき、どうしたらいい?

ミニチュアシュナウザー

犬のお腹が急にキュルキュルなることはありませんか?

犬もどうしていいかわからない状態になってしまい、荒れ狂うように動き回ったり、くっついて離れなくなってしまうことがあります。

うちのミニチュアシュナウザー が初めてお腹の調子が悪くなり、落ち着きがなくなったときは、飼い主としては、なんとかしてあげたい気持ちでいっぱいでしたが、どうしていいかわかりませんでした。

 

何か音が聞こえる!?

犬のお腹がキュルキュルなると、雷の時のように怖がっている感じ

ミニチュアシュナウザー

犬のキュルキュルとお腹がなって、落ち着きがなくなってしまう状態は、雷がなっているかのごとく、怖がり、体を震わせ、飼い主に頼ろうとする状態です。

犬には何がおきているかわからないので、とにかく不安でしょうがない気持ちをぶつけてくるのです。

どうにかしてよ、とって訴えている感じです。

うちのミニチュアシュナウザー もお腹がキュルキュルとなると同時に、急にそわそわしだして、落ち着きがなくなりました。

犬が不安な気持ちからどこに行くのにもあとをくっついてきて、トイレにまで一緒に入ろうとしてきました。

犬のお腹がキュルキュルなっているか確認する

愛犬が何かに怖がって震えているだけと思ったら、キュルキュルと誰かのお腹の音がしていることに気がつきました。

誰なのか?飼い主自身のお腹がなっているのか、犬のお腹なのか、確かめます。

キュルキュルというお腹の音は、人間と犬との区別がつきにくいので、意外と場所がわからないかもしれません。しっかりとどこでなっているのか確認しておきましょう。

もしわかりにくいようだったら、犬のお腹を触ってみます。犬のお腹がキュルキュルなると、手にその振動が伝わるので、犬が原因だということがわかるのです。

犬は自分のお腹のキュルキュル音だと気づいていない。

犬がそわそわしていたり、落ち着きがないのは、自分のお腹がまさかキュルキュルなっているとは気づいていない可能性が高いかもしれません

犬のキュルキュルというお腹の音と自分の体の調子の悪さが結びつかず、不安になってしまうのです。

お腹のキュルキュルの音がおさまるまで犬を待ってあげる

ゲージの中の子犬

獣医さんに診てもらう前に、犬のお腹のキュルキュルの音は、ずっと続いても1時間程度のことが多いので、抱っこなどをして待ってあげましょう。

ずっと続くようだったら、早めに診察を受けることをおすすめします。

お腹がなったときには、ぎゅっと抱きしめてあげて、「大丈夫だよ」ということを伝えて安心させてあげましょう。そばにいるだけでも犬は安心します。

犬のお腹のキュルキュル音が聞こえたら、ペットシーツを即準備

犬のお腹がキュルキュルとなっている場合は、下痢をしてしまうかもしれないので、ペットシーツを広げて、事前に用意しておきましょう

普段トイレのしつけができている犬でも、緊急事態なので、どこでするかわかりません。トイレシートを持って、追っかけるぐらいの気持ちで、じっと犬を観察してあげることが大切です。

ずっと犬のお腹がキュルキュルとなっている場合は

一度、犬のキュルキュルというお腹の音がおさまったとしても、何度か繰り返すことがあります。

繰り返す場合も同様に、抱っこをして待ってあげましょう。犬はとても不安なので、安心させてあげることが何よりも大事なのです。

犬のお腹がキュルキュルするなら絶食させる

ミニチュアシュナウザー

獣医さんに診てもらう前に時間がある場合は、絶食にすることが大事です。動物病院でもたいがい絶食は必須だということを言われます。

一度お腹の中を空っぽにして、そこから自分の治癒力で治すか、治療によって治すかです。またお腹に入れてしまうと、腸が休まることがないので、治りにくくなってしまうのです。

また熱があるか体を触ってみて確認しておきましょう。炎症を起こしている場合は熱が上がることがあります。

犬のお腹のキュルキュルを動物病院に診てもらう

もし犬のお腹がキュルキュルなって治らないようであれば、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

獣医さん診てもらうときは、いつトイレに行ったのか、食べたもの、熱があるか、などを詳しく経過や症状を伝えます

症状に合わせて注射を打ってくれる場合もあるし、処方箋を出してくれることもあります。

また、しばらく絶食した後のウェットフードの缶詰を処方してくれることもあります。お腹をしっかりと休めて、健康な体にしていきましょう。

ミニチュアシュナウザー
犬の動物病院は決まっていますか?いざという時のために

続きを見る



犬がお腹がキュルキュルとなる原因を探っておく

食べさせたものを確認する

今後のために原因は必ず探っておきましょう。

チェックポイント

  • 普段と違うものを食べさせていないか
  • 水を大量に飲んでいないか
  • 誤飲をしていないか

などをチェックして、獣医さんに伝えたり、また今後のためにも探っておくことが大事です。負担食べて問題ないものでも、多量に摂取するとお腹を壊すことがあります。

うち愛犬のミニチュアシュナウザー の場合は、ブロッコリーを食べさせた後、時々お腹がキュルキュルとなってしまうことがあるので、注意しています。食べすぎなこともありますが、体がその時、受け付けていないこともあります。ブロ

食事は、結構デリケートな犬が多いので、食べ物には注意してあげてくださいね。おやつの与えすぎにも注意が必要です。

疾患で犬がお腹がキュルキュルなっていうこともある

どうしても長く続いたり、繰り返す場合は、疾患の可能性もあります。血液検査やエコーなどを実施してもらい、疾患などがないかどうか調べておくことをおすすめします。

うちの愛犬のミニチュアシュナウザー もお腹がキュルキュルなることが続いて調べてもらったら、膵炎と甲状腺異常だということがわかりました。

まとめ

犬のお腹がキュルキュルなっていると、ただ単にお腹に調子が悪いときと、疾患の場合があります。

少しの時間なら犬も気にしないのですが、長く続くと暴れたりしてしまうこともあるので、抱っこなどをしてあげて安心させてあげてくださいね。

いつ起こるかわからないのが、犬のお腹がキュルキュルなることです。夜中に鳴ることもあるので、その時のために準備しておきましょう。


大切なワンちゃんのために保険一括見積

-コンディション

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5