しつけ

おやつを使い、犬のしつけを効果的にする方法

おやつを使った犬のしつけ
悩んでいる人

犬をおやつを使い、しつけるにはどうしたらいいでしょうか。

効果的にしつける方法はありますか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 犬のしつけでおやつを使う方法
  • おやつは何がいい?
  • おやつを使い続ける弊害
  • おやつを使わない犬のしつけ方法

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴15年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 1歳 子犬からしつけ中です

Twitter https://twitter.com/chobistory  フォロワー2200人超えました!

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回は犬を飼っている人のために、おやつを使ったしつけ方法についてご紹介します。

おやつを使って、犬のしつけをすれば、おすわりや待てができるようになりますよ。

そこで本記事では、犬のしつけをしたことがない人でも理解できるように、大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。

「おやつの使い方がわからない」「どのぐらいあげればいいの?」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは、早速はじめていきましょう。

犬のしつけでおやつを使う方法

ミニチュアシュナウザー

犬のしつけでおやつを使う方法をお話しします。

犬のしつけでおやつを使う方法

  • おやつはすぐにあげる
  • アイコンタクトのしつけ
  • おすわりのしつけ
  • 「待て」のしつけ
  • 甘噛みを治す

それでは1つずつお話していきます。

おやつはすぐにあげる

犬のしつけでおやつを使うときは、いいことをしたらすぐに与えるようにしましょう。

おやつを時間が経ってあげても、なぜもらえたのか犬は理解できないからです。

これからご紹介する犬のしつけも、いいことをしたらすぐにおやつをあげましょう。

できれば1秒以内です。

アイコンタクトのしつけ

おやつを使って、犬とのアイコンタクトのしつけをしていきましょう。

最初は犬と目線があっただけで、おやつをあげるようにします。

慣れてきたら、名前を呼んで、こちらを向いたらおやつを与えましょう。

アイコンタクトのしつけができないとき

  • 一度おやつを口元に近づけて、おやつがあることを認識させます。
  • そのまま、おやつを口元から離し、飼い主と犬の視線の間におやつを持っていきます。
  • 視線があったら、アイコンタクトのしつけの成功。

すぐに犬におやつをあたえましょう。

犬のアイコンタクトにしつけについては、別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

おすわりのしつけ

おすわりのしつけもおやつを使って、犬に教えていきましょう。

おやつを犬の口元に近づけて、おやつを上に移動させます。

おやつが上に上がれば、犬のお尻が下がるはずです。

そこですかさず「おすわり!」といいながら、犬におやつを与えます。

おすわりのしつけ成功です!

<犬のおすわりのしつけ>をもっと知りたい方はこちら

「待て」のしつけ

犬がおすわりができるようになったら、おやつで「待て」をしつけていきましょう。

待てのしつけは、おすわりをさせた状態から、「待て」を声をかけます。

最初は、1秒でも待つことができたら、すぐにおやつをあげましょう。

犬の「待て」のしつけは、最初からできないかもしれません。

犬とおやつの距離を保ちながら、時間も数秒からだんだんと長くしていきましょう。

待てができるようになったら、

  • 待ての時間を長くする
  • おやつを近づける

と難しくなってきます、

犬がおやつをほしがって飛びつかないように、しつけをしていきましょう。

<<犬の待てのしつけ>>はこちらでお話ししています。

問題行動を治す

犬のしつけでおやつを使い、甘噛みの治すしつけをしていきましょう。

犬が甘噛みをするのは、噛みたい理由からよりも、退屈していたり、寂しいからです。

犬の甘噛みのしつけは、甘噛みをする対象物から、興味の矛先をおやつに変えることです。

甘噛みをやめたら、すぐにおやつをあげましょう。

犬の問題行動は、問題を叱るのではなく、やめたらほめて与えるようにすることが大切です。

「吠えるのをやめたら」「噛むのをやめたら」、おやつを使って、犬をしつけていきましょう。

<<子犬の甘噛みのしつけ>>はこちらでもお話ししています。

犬のしつけのおやつは何がいい?

トイプードル

手で簡単にちぎれるもの

犬のしつけのおやつは、ジャーキーなどのやわらかい素材で簡単にちぎれるようにしましょう。

ちぎったおやつをポケットに入れておいて、すぐに与えることができるからです。

ボーロなどかたいおやつは、しつけのおやつにはおすすめできません。

喉をつまらせてしまうと大変だからです。

やわらかいおやつで犬にしつけをしていきましょう。

 低カロリーのおやつ

犬のしつけで使うおやつは低カロリーのものにしましょう。

しつけ中は何度もおやつをあげるので、与える量が多くなってしまいます。

おやつでお腹いっぱいになってしまうと、ご飯を食べなくなってしまうので、低カロリーのものにしましょう。

犬のしつけのおやつの適量は

犬をしつける時の1回の量は、ほんの少しの量で構いません。

なぜなら、犬は飼い主に、いいことをしたと認めてもらったことがうれしいのです。

ボクも愛犬をしつけるときは、指先ほどの小さいものにしています。

ドッグフードをおやつの代わりに

モグワン

犬がおやつで太るのが心配なら、しつけはドッグフードに変えていきましょう。

おいしいドッグフードなら、犬も喜んでしつけをがんばるはずです。

おすすめの「モグワンドッグフード」をご紹介します。

手作りのような美味しさなので、しつけのおやつがわりになりますよ。

モグワンは、チキンとサーモンなど、タンパク質がたっぷり含まれています。

またバナナやリンゴ、トマトなどの野菜やくだものの栄養価が、バランスよく配合されたドッグフードです。

手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス
プレミアムドッグフード『モグワン』

 

>>最大20%OFFキャンペーン実施中!!

モグワンを購入する

犬のしつけでおやつを使い続ける弊害

ミニチュアシュナウザー

犬のしつけでおやつを使い続ける弊害についてお話しします。

おやつをあげないということをきかなくなる

犬のしつけで、おやつはある程度でやめるようにしましょう。

なぜなら、おやつがないということをきかなくなってしまうからです。

おやつがないと、おすわりをしたり、待てができないのは意味がありません。

犬におやつを使うしつけをある程度したら、だんだんとおやつを使ったり使わなかったりして、慣らしていきましょう。

最終的には、おやつなしで、コマンドがきくようにします。

おやつで太ってしまう

おやつを使いづづけて犬のしつけをすると、肥満の原因になります、

おやつもカロリーがあるので、太ってきます。

もし犬のしつけでおやつを使ったら、ご飯の量の減らして調整していきましょう。

ご飯をたべなくなる

ごはんを食べないなら、おやつの量を減らしていきましょう。

おやつはとてもおいしいので、ご飯を食べなくなってしまいます。

ドッグフードを食べないなら、ウェットフードがおすすめですよ。

ウェットフードは、水分を多く含んでいるので、食いつきもよく、おやつしか食べない犬にもおすすめです。

おすすめのウェットフード

■使いたい分だけ使えるブッチ ドッグフード

 

ドライフードを食べてくれない愛犬へ【カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ】

ウェットフードは、ドライフードに混ぜて与えると、食いつきが良くなりますよ!

おやつを使わない犬のしつけ方法

犬のおすわり

この度は、犬のしつけでおやつを使わない方法についてお話しします。、

ほめることでおやつの代わりに

犬をおやつを使ってしつけがうまくいくようになったら、だんだんとおやつを使わないしつけに切り替えていきましょう。

おやつがなくても命令に従ってくれれば、いつでもどこでもしつけができるからです。

おやつのかわりはほめるです。

犬のしつけでおやつを使わないなら、ほめることを代わりにしていきましょう。

犬は褒められることが大好きです。

なるべく高い声で、おおげさにほめてあげましょう。

ほめることは、犬との信頼関係を作る上でもとても大切です。

信頼関係ができれば、主従関係もできてきます。

犬の主従関係の作り方については、別記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

こまめに声をかける

犬のしつけをするときは、こまめにほめて、やる気を出させてあげましょう。

「いいよ!」とか「Good!」など、何度も何度もこまめに声をかけることで、おやつのかわりにしていきましょう。

たとえば、散歩でのリーダーウォークのしつけです。

歩きながら、ずっと話しかけてあげれば犬も安心するはずです。

犬のしつけのおやつで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

おやつがほしくて飛びつかないようにする

犬にしつけでおやつを使うときは、飛びつかないように気をつけて、落ち着かせてから、与えるようにしましょう。

飼い主は、「そんなに欲しいのか?じゃああげよう」という気持ちなのかもしれませんが、よくありません。

犬に飛びつきくせがあると、とても危険なのです。

散歩中や小さなお子様などがいた場合に、犬が飛びついたらケガのもとにもなりかねません。

犬のしつけの時に、いざという時のために、おやつで飛びつかないように、しつけておきましょう。

カロリー注意

犬をおやつでしつけをするときは、カロリーにも注意しましょう。

犬のしつけで使うおやつは、人間でいえばいわばお菓子で、間食です。

間食しすぎると、よくないことは、わかっていただけていると思うので、夜のご飯で調整しましょう。

犬のしつけで、おやつを与えすぎたなと思った場合は、その日の夜のご飯のドッグフードの量を減らして、健康維持につとめてあげましょう

おやつしつけで食べているのに、ご飯を普段通り与えてしまうと、太る原因となり、疾患にもなりかねません。

犬のしつけで使うおやつは、ごほうびであったとしても、おやつはあくまでもおやつです。

与えすぎに注意しましょう。

<<犬がご飯を食べないけれど、おやつは食べる>>ことについては、こちらでお話しています。

おやつは、ドッグランでは与えない

ミニチュアシュナウザー と芝生

犬のしつけをドッグランでやるときは、他のことも考え、おやつを与えるのは、控えるようにしていきましょう。

その時に犬がいないと思っても、万が一おやつを落として、拾い食いをしたら、迷惑がかかります。

犬におやつでしつけをするときは、おうちの中などにしておきましょう。

犬をおやつでしつけをするのまとめ

今回は、犬をおやつでしつけをすることについて、お話ししました。

犬のしつけのおやつは、今回ご紹介した、待てのしつけや甘噛みを治すしつけ以外にも、無駄吠え噛み癖など、いろいろなことに利用できます。

おやつを効果的に使い、犬のしつけをしていきましょう。

-しつけ