老犬

犬の老化とは。老化に備えて気をつける6つのこと

ミニチュアシュナウザー 老犬

ミニチュアシュナウザー の悩み

犬の老化って何歳からですか?

犬の老化が始まったら、何を気をつけたらいいですか?

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬の老化について
  • 犬の老化で気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え噛み癖の問題行動留守番のしつけなど、しっかりできました。

今回は犬の老化について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー が老化しても幸せだったのは、この記事でご紹介する6つのポイントがあったからです。

この記事を読んでいるあなたも、犬の老化に備えておけば、心配が少し軽減されますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の老化について

ミニチュアシュナウザー

犬の老化は、6つのことを気をつけていきましょう。

  1. 犬が老化してくると.疲れやすくなる
  2. 犬が老化してくると、後ろ足が弱くなる
  3. 犬が老化で食欲がなくなる
  4. 犬は老化で病気になりやすい
  5. 犬が老化に備えることーペット保険
  6. 犬が老化したと感じたら、健康診断をうける

犬の老化は、小型犬では、9-10歳、大型犬では7歳ぐらいから始まると言われています。

先進的な医療によって、人も犬の寿命も飛躍的に伸びてきました。

寿命と健康寿命との差が長くなり、介護の時間も長くなる傾向にあります。

この記事では犬の老化の変化やサインについてご紹介します。

①犬が老化してくると、疲れやすくなる

老犬ミニチュアシュナウザー

犬が老化してくると、睡眠時間が長くなってきます。

老犬は回復する力がなくなって、今までの睡眠時間では、疲れがとれないからです。

犬の老化が始まってきたら、なるべく疲れさせないようにしていきましょう。

老犬は、ボール遊びなどは、疲れてしまうので、時間を短くしたり、遊び自体を控えるようにしましょう。

犬が、老化と感じているなら、快適な睡眠時間がとれるように、静かな環境を用意してあげましょう。

<<老犬の睡眠時間>>については、こちらでお話ししています。

老犬の散歩も注意が必要です。

今までと同じように、犬と散歩に行ったとしても、老化によって、疲れやすくなっているので、配慮が必要になってきます。

散歩に出かけたとしても、途中で帰りたがったり、途中で歩かなくなってしまうかもしれません。

老化が始まった犬には、散歩の時間を減らしたり、ドッグランも回数を控えたりしていきましょう。

犬は、自分が老化したことを自分自身で気がつかないので、遊べるだけ遊んでしまうのです。

犬が老化したなら、飼い主が、体調を考えたペース配分をして、犬が疲れさせないようにしてあげるようにしましょう。

②犬が老化してくると、後ろ足が弱くなる

ミニチュアシュナウザー

犬が老化してくると、後ろ足が弱くなってきます。

犬の後ろ足は、筋肉が少なくなり、細くなってきて、老化が進むと、足を震わせたり、体を支えるために後ろ足を揃えるようになります。

最初は、散歩を嫌がったりするだけなので、犬の老化に気がつかないかもしれません。

犬の老化は、時間経過とともに、階段の登り下りをしたがらなくなったり、段差も嫌がります。

成犬の頃だったら、階段も軽快に登りおりできていたのに、犬の老化が始まると、階段の前で立ち止まってしまったり、踏み外してしまったりすることも出てくるかもしれません。

犬の老化が始まったら、筋肉が落ちないように、食事はむね肉などで、なるべくタンパク質を多めにとるようにして行きましょう。

<<犬の後ろ足が弱くなる>>については、こちらでお話ししています。

犬の老化はしょうがないですが、なるべく長く立って歩けるように、気をつけていくことが大事です。

③犬の老化で食欲がなくなる

犬が老化が進むと、食欲がなくなってきます。

今まで食べていたドッグフードを食べなくなったり、食べる量も減ってくるのは、成犬の時のように運動量もできなくなり、運動量が減ってくるので、犬の老化とともに、代謝も自然と落ちてきます。

犬の代謝が落ちてくると、同じ量を与えていても残してしまったり、食べないこともあります。

老犬の体力が落ちないように、食事には十分気をつけてあげましょう。

犬が老化で食べないなら、ふやかしてあげたり、与える時間や回数を工夫して、なるべく食べるように仕向けてあげましょう。

1日に2回の食事の犬が多いと思いますが、朝、昼、夜など複数回に分けたりして、食べる量が減らないように気をつけてあげるといいでしょう。

<<老犬は食べること>>が大切です。

犬の老化したなら、ウェットフードを与えるのもおすすめです。

ドッグフードに関しては、統計的にも現れています。

ドッグフードの出荷量は、全体でみれば微増ですが、ドライフードは若干減少しており、その代わりにウェットなドッグフードは伸びています。

犬も高齢化が進み、老犬のために、やわらかいフードが好まれているのでしょう。

参考:農林水産省 ペットフード実態調査 平成30年度分より

④犬の老化は病気になりやすい

ミニチュアシュナウザー

犬が老化してくると、病気のリスクがかなり高まってきます。

犬が老化してから病気になると、体力的なことはもちろん、内臓疾患のことも心配になります。

犬の老化の症状は、病気以外にも、目やにが出やすくなり、目が白くなったり、皮膚にできものができたり、被毛の色が薄くなってきます。

犬の目の老化対策は、頻繁に濡れティッシュで目を吹いてあげて、目を清潔にしておきましょう。

嘔吐や下痢、息が荒いなど、老犬の体調の変化を見逃さず、しっかりと見守ってあげましょう。

少しでも心配なら、動物病院に早めにみてもらうようにしましょう。

⑤犬の老化に備えることーペット保険

ミニチュアシュナウザー

犬の老化してくると、必然的に、動物病院にいく回数が増えてるのは、病気に直結してくるからです。

犬の老化が始まる前に考えておきたいのが、犬のペット保険です。

犬のペット保険は、毎月の保険料の支払いは、家計の負担となってしまいますが、犬が老化して病気になると、注射1本でも高額になってしまうことがあります。

我が家のミニチュアシュナウザー は8000円の注射を5日連続打ってもらった後、処方箋で対応してもらっていました。

犬のペット保険には、損得などいろいろな考え方がありますが、老化が進む前に、ペット保険に入っておくと、いいでしょう。

犬がペット保険に加入していないと、高額な医療費が、かなりの負担になることもあるので、検討してみましょう。

ペット保険に入らなくても、金銭的な余裕がある人や、積立などをしている人は別として、手術などや注射は、高額な場合が多いので、気をつけておきましょう。

⑥犬が老化したと感じたら、健康診断をうける

ミニチュアシュナウザー

犬が老化してきたなと思ったら、定期的な健康診断を受けましょう。

成犬の時代は動物病院には、予防接種やノミダニやフィラリアの処方をしてもらう時ぐらいしか、行かなかったかもしれません。

犬が老化してくると、いつ疾病にかかるかわからないので、触診をしてもらうだけでも、獣医さんに診てもらうことをおすすめします。

できれば、ドッグドックをして、血液検査に始まり、レントゲンやエコーなどでしっかりとチェックしてもらいましょう。

犬の老化が始まったら、最低、1年に1回、様子が心配であれば、適宜獣医さんにみてもらうようにするといいでしょう。

<<犬の動物病院>>は決まっていますか?

犬の老化で気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

犬が老化してきたら、介護の準備を

犬が老化してきたら、介護の準備をしていきましょう。

犬が健康的な生活から、突然介護の必要が出てくるかもしれません。

<<老犬介護の必要なもの>>は、こちらでお話ししています。

犬の老化は内臓疾患や、老化による体力低下により、立つことが難しくなることもあります。

犬が介護状態になったら、おだやかに暮らせるように、飼い主は心を強く持ち、日々感謝できる生活をしていきましょう。

犬の老化の症状もいろいろありますが、犬にとって、幸せなことは、飼い主と一緒に過ごすことです。

飼い主も都合や用事もあるかもしれませんが、犬の老化が始まったなら、外出を控える生活スタイルを作っていきましょう。

<<犬の介護>>について

犬の老化についてのまとめ

今回は、犬の老化についてお話しました。

  1. 犬が老化してくると.疲れやすくなる
  2. 犬が老化してくると、後ろ足が弱くなる
  3. 犬が老化で食欲がなくなる
  4. 犬は老化で病気になりやすい
  5. 犬が老化に備えることーペット保険
  6. 犬が老化したと感じたら、健康診断をうける

犬の老化が始まると、なんとなく心が沈んできてしまうかもしれません。

うちのミニチュアシュナウザー も老化が進んでくると、病気のことが心配になったりしましたが、穏やかに過ごすことに心がけました。

自分たちができる精一杯のことをやってあげたことで、幸せな時間になりました。

大切な家族、一緒にいることができる時間があることをポジティブに考えて、生活をしていくことが、愛犬にとっても私たち飼い主にとっても幸せなことだと思います。

人が生活するのは、大変ですし、犬の老化のことなんて、考えてなくないかもしれません。

犬はあなたしか頼りにできないので、無理をせず、家族である愛犬といる時間を大切に過ごしていきましょう。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-老犬

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5