問題行動

犬が噛むなら手袋で。噛み癖のしつけを思い切りする方法

犬が噛む手袋を使う

悩んでいる人

犬が飼い主を噛むので、困っています。

どうしたら噛むのをやめるでしょうか?

こんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

犬の噛むしつけをするときは、手袋を使ってしつけをしていきましょう。

犬のしつけをするときに大切なのは、怖がらないことです。

噛まれて嫌だな、こわいなあと思うなら、ぜひ手袋を使ってしつけをしていきましょう。

犬のしつけはあなたが怖がっていることを、悟られてしまうとうまくいきません。

子犬の時期は、本気でなくても、噛んでしまうことがあるので、手をケガをしてしまう飼い主さんも少なくありません。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、手袋を使った犬のしつけを実践することで、噛むことが少なくなりますよ。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬が噛むなら手袋でしつけをしよう

ミニチュアシュナウザー 噛む

下記の5つを意識することで、犬が噛むなら手袋を使い、噛むことやめさせるしつけをすることができます。

  1. 手袋とタオルでしつけ
  2. 「アウト」で終了
  3. 手袋を噛むなら
  4. 噛むのがいけないとしつける
  5. 手袋をおもちゃにしない

それでは1つずつ解説していきます。

手袋とタオルを使ってしつけをする

ミニチュアシュナウザー タオル

犬が噛むなら、手袋とタオルを使うとしつけをしていきましょう。

飼い主が怖がってしまうと、犬も察して、しつけがうまくいかないのです。

犬が噛むのでばないかと不安なら、最初から手袋をして犬が噛むことで怪我をしないようにしましょう。

タオルを使って、犬に噛むことがいいことと、いけないことの両方を教えていきます。

引っ張りあいこの仕方

  1. 使い古したタオルの両端を結びます。
  2. 犬にタオルを噛まセて、引っ張り合いこをします。
  3. 犬が噛むのを離すまで、引っ張りあいこを続けます。
  4. 犬が離したら、終了です。

犬がタオルを噛む時に、興奮して、間違って手を噛まないように、手袋をすると安全ですね。

犬が噛まないにしても、犬の歯が手に当たっても安心です。

しつけのひっぱりアイコで、犬の噛む力が強く、負けそうな場合は、だれかに手伝ってもらい、必ず飼い主が勝つようにすることが大切です。

勝つのはあくまでリーダーである飼い主です。

犬が勝ってしまうと、自分が強いと勘違いして、いうことをきかなくなってしまうからです。

<<主従関係>>を作る上でも、とても大事なことなのです。

手袋で思い切り遊んで、「アウト」で終了

ミニチュアシュナウザー

犬に手袋を使い、噛むことをしつけるゲームは、「アウト!」で終了させましょう。

噛むことがいいこと → 噛むことをやめる

というしつけをしていきます。

  1. 犬と引っ張りあいこをします。
  2. 低い声の命令口調で「アウト!」といいます。
  3. 噛むのをやめないなら、犬の口を広げ、タオルをゆっくり離す。
  4. 犬が噛むのをやめたら、ほめる。

犬もゲームに夢中で興奮しているので、噛むのをやめないかもしれません。

犬の口を広げ、タオルをゆっくり離していきましょう。

犬が間違って、飼い主の手を噛んだり、歯が当たって、けがをしないように、手袋は必ずつけましょう。

噛まれると痛いことを教える

シュナウザー

犬が手袋をした手を噛むなら、やめさせるしつけをしていきましょう。

犬が噛むことが嫌だと伝える

飼い主は、痛い!」「痛い!」と大きな声でアピールして、噛むことが痛くて嫌なことを伝えます。

もちろん、犬に手袋をした手を噛むこと、痛いので、犬の歯があたっただけでも、タオルのひっぱり合いを、一時中断し、真剣に痛がります。

大げさに表現し、とにかく犬が手袋を噛むことがいやなことをしつけます。

この噛むしつけができると、おやつをあげる時でも、犬が間違って噛むことがなくなってきます。

手袋で噛むのがいけないとしつける

ミニチュアシュナウザー

犬に手袋をした手を、噛むことがいけないことをしつけていきましょう。

犬が噛むことが嫌だと伝える → 噛むことがいけないことを教える
  1. 手袋をした手を、犬の歯が当たる位置まで持っていきます。
  2. 手袋を口に押し付けたり、手を左右に振ったりして、手を犬の歯に当てます。
  3. 犬の歯が手袋に当たったら、その場で「痛い!」と痛がったり、「ダメ!」ときつく叱りましょう。

犬のしつけは、噛む瞬間でないと意味がないので、すぐに叱りましょう

犬の噛むことがいけないことを教えるしつけは、手袋に歯があたるだけでいいのですが、万が一、手を噛まれると痛いので、できれば手袋は2枚重ねがいいでしょう。

ポイント

犬が本気で噛むと痛いので、手袋に歯があたっただけで痛いふりをするといい感じです。

中型犬以上には怪我をしかねないので、自己責任でやめておきましょう。

うちのミニチュアシュナウザー のしつけは、噛んではいけないものを噛むようなことがあったら、「痛い」とか「あっ!」と瞬間的に声をかけて、しつけをしていました。

<<成犬の噛むしつけ>>については、こちら

手袋をおもちゃにしない

噛むしつけ

犬が間違って噛むなら、手袋を例えば、ボール遊びのおもちゃにしないようにしましょう。

もちろん犬のしつけが進んでくると、手袋の中でも、噛む手袋、噛んではいけない手袋と理解していきます。

少し高度にはなりますが、噛んでいい手袋、噛んでいけない手袋が分類できたら、最高ですね。

犬の手袋で噛むしつけで気をつけること

ミニチュアシュナウザー おすわり

手袋しても気をつける

犬が他人を噛むのは、言語道断ですが、手袋をした飼い主を噛むのは、もっと深刻かもしれません、

けがをしないことが第一なので、本当に犬が噛むなら、手袋をつけたしつけをしない方が賢明です。

犬が噛む理由を考える

犬が噛むことには理由があるので、手袋をしたしつけをする前に理由を探っていくことも大切です。

犬が噛む理由については、こちらで詳しく解説しています。

犬の「噛む」理由とは。噛む理由を理解して、しつけで直そう

続きを見る

犬の「噛む」しつけでも手袋は便利に使えます。

手を噛まれないようにしたり、タオルのひっぱり合いなどの時にも恐怖心をやわらげてくれます。

耐油手袋にする

犬の噛むしつけをする時に、綿やナイロン製品で痛いなら、耐油手袋にしてみましょう。

もともとは工場などで使う手袋ですが、厚くて耐久性もあります。

もし購入される場合は、大きめにすると外しやすいので、便利です。

犬が噛むなら手袋でしつけをする時のよくある質問

ミニチュアシュナウザー

犬が攻撃的に噛むので、怖いです。

犬に手袋を使い、噛むしつけを無理にしようとすると、けがをする危険があるなら、まずは信頼関係を作ってからにしましょう。

手袋を使った犬の噛むのしつけはそれからです。

まずは、犬と飼い主の主従関係を作ることからはじめてみましょう。

犬との<<主従関係の作り方>>はこちらで詳しく解説しています。

犬の噛むしつけで、手袋を使う理由

子犬のミニチュアシュナウザー

犬の噛むしつけで手袋を使う理由は、けがをしないことはもちろんですが、犬を怖がらず、きぜんとした態度でしつけをするためです。

犬にしつけをする時に、飼い主が怖がっていたら、犬にも悟られてしまい、なめられて、しつけがうまくいきません。

犬と対等ではなく、上の立場でしつけをする必要があります。

手袋が1枚で心配なら、何枚か重ねたり、厚めの耐油手袋をつかうなどして、噛むしつけを工夫していきましょう。

犬が噛むなら手袋を使うのまとめ

今回は、手袋を使った犬が噛むことをしつけについて、お話しました。

  1. 手袋とタオルでしつけ
  2. 「アウト」で終了
  3. 手袋を噛むなら
  4. 噛むのがいけないとしつける
  5. 手袋をおもちゃにしない

犬が誤って噛むようになったり、攻撃的に噛むなら、すぐにしつけをすることが必要になります。

手袋は犬との遊びでも使えますが、しつけで、手を怪我をしないようにするために使うと有効です。

犬のしつけは時間がかかるので、何度も何度も練習して、犬が噛むことのない、優しい性格にしていきましょう。

犬が噛むのしつけ「子犬編」ばこちらでお話ししています。

子犬噛むしつけ
子犬のうちに噛むしつけをすれば、育てるのが楽になる

続きを見る

犬が噛むのしつけ「成犬編」もおすすめです。

成犬が噛むときのしつけ
成犬の噛むしつけとは?今すぐ始めれば、しつけがうまくいく7つのコツ

続きを見る

-問題行動