しつけ

犬の留守番のトイレは心配なら。犬に失敗させない5つのしつけ方法

犬の留守番のトイレが心配

悩んでいる人

犬の留守番でのトイレが心配です。

帰宅すると、家中、トイレをしてある時があるので、どうしたら、犬が留守番できるでしょうか。

こんなお悩みにお答えします。

うちは夫婦共働きだったので、

  • 犬がトイレを我慢していないかなあ?
  • トイレシートを食べないでね。

など、とても心配していました。

愛犬が留守番のとき、トイレシートを食べてグチャクチャにしていたり、トイレとは別の場所でするなど、悩んでいました。

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬の留守番のトイレについて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー が留守番でトイレを失敗しなかったのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、5つのポイントを意識し、実践することで、犬を留守番させても、トイレを失敗することがなりますよ。

最後までじっくりと読んで、今日からしつけをやってみてください。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬の留守番でトイレを失敗する理由

犬が留守番中、トイレを失敗してしまうのは、

  • 我慢できなくなってしまった。
  • 精神的に不安的になってしまった。
  • トイレをする場所がなくなった。

などです。

犬だって、トイレは失敗したくないものです。

どうしたら、留守番でトイレを失敗させないのか、お話しします。

犬の留守番でトイレを失敗させない方法

ミニチュアシュナウザー

下記の5つを実践することで、留守番で犬がトイレを失敗がなくなります。

  1. 出かける前に出しきる
  2. 体力を消耗しておく
  3. トイレは、複数準備する
  4. 子犬の留守番のトイレは新聞紙
  5. 老犬の留守番で、トイレが心配なら

それでは1つずつ解説していきます。

①出かける前にトイレをさせておく

ミニチュアシュナウザー

犬の留守番でトイレが心配なら、外出する前に、強制的にトイレをさせて、済ませておきましょう。

犬のトイレのタイミングもありますが、留守番をさせるなら、したいかしたくないかに関わらず、外出する前に、必ずトイレをさせていくようにすると、失敗が少なくなるはずです。

うちの愛犬は、運動させるとトイレをしてくれるので、留守番の前に、遊んであげていますよ。

<<ケージでのトイレトレーニング>>については、こちらでお話しています。

②体力を消耗しておく

ミニチュアシュナウザー 走る

犬が留守番中、トイレをしたくならないように、体力を消耗させてきましょう。

犬が疲れていれば、留守番でトイレにすることなく、ぐっすり寝ているはずです。

犬の体力を消耗させるには、留守番前に、散歩に長く行ったり、おもちゃで遊んであげて、体力を消耗しておきましょう。

朝、時間が取れないようであれば、前日しっかり遊んであげて、体力を消耗させておけば、犬の留守番中は、トイレに行きたくなることもなく、寝ている感じですね。

③トイレを複数準備する

犬の留守番中のトイレは、複数準備するのも1つの方法です。

犬にトイレのしつけがしてあっても、留守番中の犬は、退屈で、ストレスがたまるので、トイレを失敗してしまうかもしれません。

犬がトイレを違う場所でしてしまう心配があるなら、その場所にも、トイレシーツを敷いておくといいでしょう。

うちもトイレシートの置き場所は、定位置のケージの中、バスルームの前、玄関ドアの内側の3ケ所に敷いていました。

犬にトイレを失敗させないことも大事なのですが、犬はとてもきれい好きなので、1カ所が汚れてしまうと、きれいなトイレを探すのです。

犬の留守番のトイレは、きれい好きの犬のために、トイレシーツ は複数箇所、用意しておくといいでしょう。

ケージの中で過ごせるなら、少し大きめのトイレシートを用意したりしてあげるといいですね。

④子犬は、新聞紙で対応

ゲージの中の子犬

子犬の留守番のトイレは、トイレシーツを食べてしまうかもしれないので、新聞紙で代用するのもいいでしょう。

また子犬は、トイレの間隔が短く、1日に何度もしたくなります。

子犬のために、飼い主が在宅時よりも、トイレシーツは大きめのものにしたり、枚数を増やして、留守番中、トイレをしたくなっても、なるべく清潔にできるような環境を作っておきましょう。

犬はとてもきれい好きなので、留守番中、自分で片付けるために、トイレシーツを食べてしまい、喉に詰まったら大変です。

うちも最近子犬を迎えたのですが、新聞紙をトイレにしていますよ。

<<犬のトイレのしつけ>>はこちらでお話しています。

⑤老犬で心配ならトイレが心配ならオムツをする

ミニチュアシュナウザー

老犬の留守番で、トイレが心配なら、おむつをつけることを考えておきましょう。

老犬になると、トイレの間隔も短くなってきて、感覚も鈍くなってきます。

老犬のトイレが心配なら、オムツをしておけば、留守番をさせても、粗相をすることはないはずです。

ただしオムツが嫌いな犬もいるので、その場合は、トイレシーツを多めに敷いておくといいでしょう。

<<老犬のトイレ>>については、こちらでお話しています。

犬が留守番でトイレをした後で踏んでしまう悩み

ミニチュアシュナウザー

犬がトイレをした後に、うんちを踏んでしまい、ケージやサークルの中が汚れてしまうことで悩んでしまう飼い主さんも多いです。

犬を留守番をさせた後に、汚れていたら掃除が大変だし、嫌になってしまいますね。

それでは解決方法をお話しします。

メッシュ付きトイレにする

犬が排泄物を踏んでしまうと悩んでいるなら、メッシュ付きのトイレにするのが1つの方法です。

ボク自身は、この方法を使いませんでしたが、トイレシートのレギュラーサイズがぴったり入るので、慣れれば、便利です。

ただし、メッシュの部分に排泄物がつくと、掃除が大変です。

家に常に在宅している場合はいいのですが、犬を留守番させるトイレとしては、おすすめできないかもしれません。

新聞紙にする

先ほど子犬を留守番させるときにも新聞紙がいいというお話をしましたが、新聞紙をそのまま若くのではなく、短冊上にちぎっておいておくと、トイレがわりになります。

犬はトイレをした後、片付ける習性もあるので、細かくちぎっておけば、片付けやすくなるでしょう。

ケージに入れる

犬を留守番させるときに、フリーにしているなら、ケージの中で過ごさせることも考えていきましょいう。

いったんフリーにさせていると、ケージで過ごさせるのはかわいそうと思うかもしれませんが、犬にとってケージは安心できる場所です。

電源コードを噛んで怪我をすることもないので、留守番のトイレ対策を含め、外出するときは、ケージの中で過ごさせてあげましょう。

トイレの失敗は叱らない

シュナウザー

犬が留守番中、トイレを失敗しても、犬を叱らないようにしましょう。

犬は留守番が、ストレスになっていたり、トイレの意識が薄れていると、粗相をしてしまうかもしれません。

2つの理由から、犬の留守番をさせた帰宅後も、トイレの失敗は、叱らないようにしましょう。

  • 犬を留守番をさせたのは、飼い主。トイレに失敗しても犬は悪くないです
  • 留守番は過去のこと、犬は今しか認識できません。トイレの失敗は過去なので、犬にはわかりません。

犬を留守番をさせて、トイレを失敗していたとしても、何もなかったように、片付けてあげましょう。

犬が留守番でトイレが心配なら、時間を短くする

ミニチュアシュナウザー 子犬

犬のトイレが心配なら、留守番の時間を短くするために、お昼休みに一度帰宅して、トイレをさせるのも失敗させない方法です。

犬の留守番が1日だと長いので、途中でトイレをさせれば、トイレとトイレの間隔が短くなるので、失敗も少なくなるでしょう。

犬の留守番をさせる時間が長くなるようなら、ペットシッターにお願いしてもいいですね。

<<ケージでのトイレトレーニング>>はこちらでお話ししています。

犬の留守番のトイレで気にすべきこと

水分は制限しない

水飲み

犬の留守番中、トイレが心配ですが、水はいつでも飲めるようにしておきましょう。

犬が留守番中に飲み水がなくて、脱水症状を起こしてはかわいそうなので、水の用意はしっかりとしておくことが大切です。

うちのミニチュアシュナウザー も、留守番中、この犬の水飲みがとてもお世話になりました。

犬が留守番でトイレをしたくなるかもしれませんが、健康のために、いつでも飲めるようにしておくことが大切です。

留守番後は、トイレに要注意

ミニチュアシュナウザー

犬は留守番中、ずっとトイレを我慢しているので、犬と会えるうれしい気持ちはわかりますが、とりあえず平常心で、帰宅することをおすすめします。

あなたが興奮した声で、犬が留守番ができたことを、ほめてあげたらどうでしょう。

犬は、留守番から解放されたうれしさと、たまっているトイレを我慢できず、ウレションをしてしまうかもしれません。特に子犬や老犬は要注意です。

飼い主が帰宅したら、興奮させることなく、冷静にトイレをさせてあげたり、散歩に行くことを優先してあげましょう。

犬の留守番後のウレションは癖になるので、留守番が終わった後は、犬を興奮させないように心がけ、トイレに誘導してあげましょう。

犬の留守番のトイレのまとめ

今回は、犬の留守番のトイレについてお話しました。

  1. 出かける前に出しきる
  2. 体力を消耗しておく
  3. トイレは、複数準備する
  4. 子犬の留守番のトイレは新聞紙
  5. 老犬の留守番で、トイレが心配なら

犬の留守番中のトイレは、飼い主にとって、心配なものです。

我が家の犬の留守番のトイレ対策は、愛犬のミニチュアシュナウザー のために、トイレシートの敷く場所を複数箇所にしたり、思いっきり運動させたりして、留守番中、なるべく犬がトイレをしないようにしていました。

おかげで成犬の間は、留守番中、トイレの失敗しませんでした。

老犬はどうしても留守番が苦手になり、トイレの失敗をしてしまうことがあります。

<<老犬介護>>の始まりなので、愛情を持って、接してあげましょう。

最後になりましたが、犬の留守番中、トイレができない犬の気持ちを考えてあげて、なるべく外出時間を少なくしてあげることが一番です。

旬の食材が!

犬が留守番が苦手なら、おうちで過ごそう。旬の食材を生産者から直接おとりよせ。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-しつけ

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5