しつけ 食事

犬のおやつの与え方ーおやつは主食じゃない!

犬のおやつでしつけ

悩んでいる人

犬がおやつしか食べなくなったら困ります。

犬のおやつの与え方が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている人

茶リオ01

茶リオ

犬のしつけ歴14年

茶色のミニチュアシュナウザーしつけ終了

白色のミニチュアシュナウザー 子犬しつけ中

犬のしつけの経験をもとに、このブログを書いています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

犬もおやつをどのぐらい与えるのか、タイミングなど、与え方で悩む飼い主さんも多くいらっしゃいます。

おやつもカロリーなので、

1日の適正量 = 犬のご飯(ドッグフードなど)+おやつ

なのです。

おやつを与えすぎていれば、ご飯を減らせばOKです。

犬のおやつの与え方は、ほめるときに犬にあげると、効果的です。

ご褒美としておやつを使い、むやみに与えないことが正しい与え方です。

この記事を読んでいるあなたも、犬のおやつの与え方を気をつけることで、犬の栄養バランスを考えるゆになりますよ。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬のおやつの与え方はほめるときに。

ミニチュアシュナウザー しつけ

犬のおやつの与え方は、ほめるときにしつけで使っていきましょう。

ご褒美以外に与えないことが大切です。

  • おすわりができた
  • 待てができた
  • 吠えるのをやめた
  • トイレが上手にできた
  • 噛むのをやめた

犬ができた瞬間におやつをあげる与え方をすれば、おやつがもらえると理解していきます。

おやつがほしいので、いい子になっていくのです。

犬のおやつの与え方

ミニチュアシュナウザー

おやつは間食、ご飯が主食

犬のおやつの与え方は、おやつはあくまでも間食で、ご飯が主食という考え方でいきましょう。

間食であるおやつは、与えすぎに注意が必要ですし、おやつの与え方を間違ってしまうと、栄養が偏った犬になってしまいます。

犬が子犬から成犬になっていく成長期は、運動と食事とのバランスを考えながら、栄養をしっかり考えて育てていくことが大事です。

ドッグフードは、犬にとって栄養のバランスが取れているので、摂取量のカロリーは、ドッグフードだけでも十分なので、おやつの与え方は、控えめにして、ご飯が主食にしましょう。

いくらおやつを欲しがるからといって、主食のご飯をおやつで代用するのは、よくないです。

ただし犬がご飯を食べないこともあるかもしれないので、おやつの与え方を考えながら、ゆで野菜や蒸したささみなどを与えて栄養が偏らないようにしてあげましょう。

<<犬がご飯を食べない>>ことについては、こちらでお話ししています。

補給食として与える

犬がしつけ

犬のおやつの与え方は、ご飯を食べないなら、補給食で与えていきましょう。

犬が留守番などが多くて、分離不安になった時など、食欲がないことがあります。

<<犬が食欲がない>>ことについては、こちらでもお話ししています。

犬の食欲が本当になくなったのではなく、どちらかというと気持ちの問題です。

もちろん犬が不安な状態でいることはよくないので、精神的に安定させてあげることは大事です。

犬が食べないと、精神面だけでなく、体まで悪くなってしまうことがあるので、食事をさせることも大切です。

気持ちを切り替えるきっかけを作ってあげるのが、おやつです。

犬におやつの与え方に注意して、ご飯に混ぜてみましょう。

普段犬が食べているドッグフードに、おやつのジャーキーなどをちぎって混ぜる与え方をしたり、ふりかけをかけたりしてあげるといいでしょう。

犬にとって、食事は生きる上でとても大事なものです。

犬が食欲がないなら、おやつの与え方に注意して、ご飯を食べるように即していきましょう。

<<犬がご飯を食べないけれど、おやつは食べる>>ことについては、こちらでお話しています。

成分にも注意する

トイプードル

犬のおやつの与え方は、成分に注意して与えるようにしましょう。

犬のおやつには、様々なものがありますが、袋などの裏面の成分表をみると、意外と製品によって違いがあることがわかります。

子犬や成犬の場合は、ご飯を与える量でカロリー調整ができますが、老犬の場合、食欲や体力がなくなり、栄養として、おやつの与え方をするといいことがあります。

<<老犬が食欲がない>>ことについてはこちらでお話ししています。

老犬のおやつの与え方は、タンパク質の量、脂質の数値を気にして与えるようにします。

うちのミニチュアシュナウザー も脂質は低め、たんぱく質は多めのものを与えるようにしていました。

<<老犬が食欲不振>>についてはこちらでお話ししています。

状況に応じて与える

犬のおすわり

犬のおやつの与え方は、状況に応じて与えるようにしましょう。

犬のおやつは、肉がジャーキーになったもの、ビスケット状のもの、固いものなど様々です。

長いジャージーは、喉をつまらせてしまわないように、おやつを小さくちぎった与え方をしましょう。

おやつがちぎりにくい場合は、手に持った状態であげると犬がかみかみしてくれるので、犬と楽しみながらのおやつの与え方ができます。

犬のしつけでおやつを使うときは、興奮したり緊張していることも多いので、気持ちを落ち着かせて、手のひらにおやつをおく与え方をすると、噛まれることもないでしょう。

<<犬のしつけでおやつを使う>>ことについては、こちらでお話ししていま。

うちのミニチュアシュナウザー は老犬ですが、ビスケットが大好きでした。

犬の歯が心配なこともありますが、おやつは少しずつ、与え方を考えながら、与えていました。

1こ全部与えるのでなく、おやつを半分に2つに割った与え方をしていましたよ。

犬のおやつの与え方で気にすべきこと

トイプードル

犬のおやつの与え方は、量に気をつける

犬のおやつの与え方は、犬の体質や運動量、年齢などによって、与える量を気を配りましょう。

犬のおやつは、体重と体型に気をつけた与え方をして、健康維持につとめることが大切です。

犬のお体を触ってくびれがなくなって太ってきたら、おやつの量も減らすような与え方をしていきましょう。

しつけの場合もおやつをあげることだけで、犬は満足するので、1回に与えるおやつは、少しの量にして、カロリーの過剰摂取にならないような与え方にしましょう。

まとめ

今回は、犬のおやつの与え方について、お話ししました。

  1. 犬のおやつの与え方ーおやつは間食、ご飯が主食
  2. 犬のおやつの与え方ー補給食として与える
  3. 犬のおやつの与え方は、成分に注意する
  4. 犬のおやつの与え方ー状況に応じて与える

おやつはあくまでも副食です。大好きなワンちゃんが多いので、与えすぎには注意して、いつまでも幸せに暮らせるようにしてあげましょう。

ミニチュアシュナウザー
犬のおやつを使い効果的にしつけをする方法

続きを見る

-しつけ, 食事