ライフ

犬を優しい性格にする育て方の5つのポイント。穏やかな生活が第一

犬を優しい性格にする

困っている人

犬を優しい性格の犬にするにはどうしたらいいでしょうか。

育て方が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • 犬を優しい性格にする方法
  • 犬は優しい人はわかる性格
  • 犬を優しい犬にするために、気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、犬を優しい性格にする方法ついて解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー が、優しい性格になったのは、この記事でご紹介する5つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、愛犬が、優しい性格になりますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

犬を優しい性格にするには

ミニチュアシュナウザー

犬が優しい性格だと、犬に元気をもらったり、心が癒され、満たされた生活になります。

ではどうしたら犬が、従順で優しい性格の犬に育つのか、5つの方法をお話していきます。

  1. 飼い主さんが優しくなる
  2. 明るくおしゃべりになる
  3. 子供を優しく育てる
  4. 努力が必要
  5. 究極は盲導犬を育てるように

①飼い主さんが優しくなる

ミニチュアシュナウザー

犬を優しい性格にするには、飼い主さんが優しくなることです。

犬は飼い主さんに似るので、喧嘩などはせず、穏やかに暮らしていきましょう。

犬にとって飼い主さんは家族ですし、飼い主さんのことをみて行動していきます。

犬はそ社会的参照によって、自分で判断できない時や迷った時など、飼い主さんの顔色を伺いながら。判断し、行動するのです。

犬が優しい性格に育つのは、まず飼い主さんが優しくなることです。

あなたが、優しく接してあげれば、犬もおだやかで、優しい性格に育っていきます。

家庭内チェック

  • ガミガミと感情で怒っていませんか?
  • 夫婦喧嘩はしていませんか?
  • 一人暮らしで何かモノにあたったりしてませんか?

心を落ち着かせて、優しい態度で接すれば、犬も優しい性格に育っていきます。

イライラすることもあるかもしれませんが、犬を顔を見て、優しい気持ちで生活していきましょう。

②明るくおしゃべりになる

ミニチュアシュナウザー

犬を優しい性格の犬にするには、家庭内を明るくすることです。

会話が弾んでいる家族のいるうちにいる犬は、犬もおしゃべり好きに育っていきます。

実際、犬がおしゃべりするわけではありませんので、吠えて感情表現をしています。

吠えることで、家族間の会話に参加している気持ちでいるのです。

犬が吠えるのは、気をつけないとうるさかったり、近所迷惑になることもあるので、興奮し始めたら、沈めてあげるのも大切なしつけです。

<<無駄吠えのしつけ>>はこちらでも解説しています。

犬に明るい声で、どんどん話しかけていけば、優しい性格の犬になっていくでしょう。

③子供を優しく育てる

犬と旅行バーベキュー

犬を優しい性格にするには、子供を優しく育てることです。

小さいお子様がいる家庭で、子供が大騒ぎしていると、犬もつられて楽しくなって、追っかけっこをしたりして、遊びたがります。

そういう家庭は犬も活発になり、陽気な性格に育っていきます。

飼い主が子供を、子供が犬に優しく接することで、犬はとても優しい性格の犬に育っていきます。

時には犬と子供が喧嘩をしてしまうかもしれませんが、それも子供の成長にもつながっていきますし、子供と犬の両者、社会性を身につけていのです。

子供に叱る時は、短くして、優しい態度で接していきましょう。

④犬を優しい性格にするには努力が必要

主従関係

犬を優しい性格にするには、冷静で、平常心を保つ努力が必要です。

人間ですから、ずっと機嫌よく生活するなんて、仙人じゃない限りできることではありません。

気分があがることもあるでしょうし、落ち込むことだってあります。

感情的に怒りに任せて、大声をあげることなく、平常心で生活していきましょう。

犬を優しい性格に育てるには、常に優しい気持ちで接するのは犬だけではなく、家族にも優しく接してあげることが大事です。

人間生きていくには忍耐が必要ですね。

⑤犬を優しい性格に育てる究極は盲導犬を育てるように

ミニチュアシュナウザー おすわり

犬を優しい性格にするには、盲導犬を育てるように優しく接していきましょう。

テレビで盲導犬にするために、パピーを育てるドキュメンタリーを時々みることがあります。

ラブラドールなどの子犬を育てるには、細かい規定はあるのでしょうが、留守番が少なく、優しい家庭でないと育てることが許されません。

犬を優しい性格にするには、ストレスがない家庭に育ち、将来、盲導犬になった時に、従順で素直な性格になるように育てていくことが大切なんですね。

パピーから成犬になり、盲導犬となる時に性格のおだやかさ、優しさは必須条件です。

それを犬がパピー時代に優しい性格になるように、家庭で育んでいくのです。

犬の性格は、優しい人はわかる

ミニチュアシュナウザー

犬の動物的本能にとって、相手が優しい人かどうか瞬時に判断をしています。

相手が攻撃的なのか、優しい性格で、安全かどうかは瞬時にわかるので、少しでもこちらが警戒心をあったり、叱られると思ったら、逃げる行動になってしまうでしょう。

犬を優しい性格にするには、穏やかに接して、飼い主に従順に従うようにしていきましょう。

犬は家族同士、喧嘩をしているのか、おしゃべりをしているのかも認識しています。

争いごとがない家庭が、優しい性格の犬に育っていくのです。

犬を優しい性格に育てる上で気にすべきこと

主従関係

犬を優しい性格に育てたいと思って、かわいがりすぎてしまうと、わがままな性格になってしまうので、注意が必要になります。

犬をかわいがると甘やかすでは紙一重なので、甘やかせないないようにしていきましょう。

例えば、おやつをあげるのは、欲しがるから与えてしまうのは甘やかすことなので、おすわりをさせて与えれば、しつけにもなります。

犬を優しい性格に育てるのは、従順さもとても大切な要素です。

主従関係をしっかりと構築して、無駄吠え、噛み癖などのない優しい性格の犬にしていきましょう。

犬を優しい性格についてのまとめ

今回は、犬を優しい性格にするコツをお話しました。

  1. 飼い主さんが優しくなる
  2. 明るくおしゃべりになる
  3. 子供を優しく育てる
  4. 努力が必要
  5. 究極は盲導犬を育てるように

犬が飼い主に似るってなんだか怖い気がしますが、見られているんですよね。

我が家の愛犬ミニチュアシュナウザー にもずっと見られ続けていました。

夫婦喧嘩をした時は、犬も食わないとばかりに、どこかに逃げてしまったり、本を読んでいると、静かに寄り添ってくれたりしました。

犬を優しい性格にするには、家族が優しくなることです

喧嘩をした時は、すぐに犬がいるからと反省して、穏やかに心を整えました。

基本的には静かな家なので、犬も優しい性格になってくれたんだと思います。

庭内での穏やかで優しい雰囲気は犬にも伝わります。

人間ずっと機嫌がいいわけにはいかないですが、努力することは必要です。

家族間でもお互いを認めて、ほめあったり、優しく接することで、犬もおだやかで性格のいい優しい犬に育っていきます。

<<ミニチュアシュナウザー の性格>>については、こちらでお話ししています。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

-ライフ

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5