老犬

老犬は睡眠時間の長さが気になる。快適でおだやかに過ごせるには

2020年8月7日

当ページは、アフィリエイト広告を利用しています

老犬の睡眠時間
悩んでいる人

老犬になって、愛犬が寝てばかりなので心配です。

老犬が睡眠時間が長くなっていますが、気をつけることはありますか?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬の睡眠時間を快適にするには
  • 老犬の睡眠の必要性
  • 老犬の睡眠で気をつけること

今回は、老犬の睡眠時間についてお話しします。

老犬になると睡眠バランスが崩れてくることがあります。

快適に過ごすためには、昼間は起きて、夜は寝る生活習慣が重要です。

残念ながら昼夜逆転したり、夜眠れなくて、夜泣きをしてしまう老犬もいます。

そこで本記事では、老犬の睡眠時間について、わかりやすく解説していきます。

「ゆっくり眠ってもらうにはどうしたらいい?」「老犬の睡眠時間ってどのぎらい」といった疑問も解消できますよ。

茶リオ

それでは早速はじめていきましょう。

老犬の睡眠時間を確保するには

ミニチュアシュナウザー 老犬

老犬の睡眠時間が快適になる方法についてお話しします。

昼間の睡眠時間を減らす

ミニチュアシュナウザー

老犬の昼間寝ている時間が長すぎて、夜起きてしまわないようにしてあげましょう

もし睡眠バランスが崩れているなら、ときどき昼間起こしてあげましょう。

声をかけたり、スキンシップをして、老犬が昼間眠りすぎないように、起こしてあげます。

睡眠時間がとれるように昼間遊んであげる

老犬のぐっすりと寝るには、無理しない程度に疲れさせておきましょう。

ゆっくり散歩に行ったり、おうちの中で遊んであげます。

老犬は、ちょっと遊んだだけでも疲れやすく、体調に気を使う必要があります。

無理をさせないように、遊んだら休む、休んだら少し遊ぶをやってあげましょう。

静かに過ごす

老犬の快適な睡眠時間になるように、静かな環境を作ってあげる努力をしましょう。

老犬が穏やかに過ごせるように、テレビの音量を下げたり、話し声に気を使い、静かにしてあげましょう。

あわせて読みたい

犬がいびきをかくのは安心?

コンディション

犬のいびきは安心?愛犬が安心して生活するために

2024/4/15  

こんなお悩みにお答えします。 今回は犬を飼っている人のために、いびきについてお話しします。 犬は、安心してリラックス状態だと、いびきをかきますが、心配なときもあります。 それでは、早速はじめていきまし ...

老犬の睡眠時間で気をつけること

ミニチュアシュナウザー

老犬の睡眠時間で気をつけることをお話していきます。

疲れさせない工夫を

老犬になると、睡眠時間が長くなり、運動量も減り、疲れやすくなってきます。

過度の運動やストレスを感じるようなことは避けましょう。

老犬が運動しすぎると、疲れてしまうのと、興奮が覚めず、快適な睡眠時間がとれません。

ドッグランは、そろそろ卒業も考える時期がきているかもしれません。

もし、老犬がドッグランで疲れてしまうなあと思ったら、遊ぶ時間を短くするとか、リードをつけたままで歩くなどにしましょう。

散歩の時もそうですが、水分をしっかりとるようにし、熱中症などにならないように気をつけます。

老犬が疲れすぎると、睡眠時間が快適でないので、運動はほとほどにしてあげましょう。

老犬の睡眠時間の変化に対応してあげる

老犬は、睡眠時間の変化ともに、体力が低下し、散歩などをなかなか行きたがらなくなります。

おもちゃで遊びに誘っても、疲れているせいか誘いにのってこないでしょう。

運動量もへり、老犬の代謝が落ちてきて、ご飯もあまり食べなくなります

子犬や成犬時代には、早起きで散歩をせがまれたぐらいなのに、朝も起きてこないことが多くなります。

犬は常に緊張状態なので、あまりいびきを聞くことはありません。

老犬になると、その緊張感がなくなり、いびきもよく聞こえるようになります。

我が家のミニチュアシュナウザー も、老犬になってから、膝の上でいびきをかいて寝ることがありました。

成犬の頃は、体をまたごうとしただけで、危険を察知したかのようにピクッと起きますが、反応すらしなくなりました。

老犬は睡眠時間と起きている時間の区別がつきにくくなり、寝つきが悪くなって、夜ずっと起きていることもあります。

消化のいい商事を

もしも寝てばかりの老犬なら、消化のいい食事にしてあげましょう。

おすすめは、ブッチドッグフードです。

ブッチドッグフードは、ウェットタイプなので、やわらかく消化もいいので、老犬におすすめです。

脱水症状をおこさないように、水分も多くとることができるのもメリットです。

\ 食べない老犬に /

ブッチトライアルセット

老犬にブッチドッグフード

ドッグフード 食事

「ブッチドッグフード」は老犬におすすめ。ご飯を食べないシニアに。

2024/5/10  

こんなお悩みにお答えします。 今回は、老犬におすすめのウェットフード「ブッチドッグフード」についてお話しします。 ブッチは、栄養価も高く、水分を多く含んだウェットフード。 水分が多いことは、嗜好性がよ ...

老犬の睡眠時間の変化

ミニチュアシュナウザー

老犬は、歳をとるにつれて睡眠時間が長くなったり、夜眠れなくなったりしてきます。

睡眠時間の変化についてお話しします。

老化

老犬は、歳をとってくると、体も疲れやすくなり、睡眠時間が長くなります。

寝つきも悪くなり、快適な睡眠がとれなくなります。

昼間ゆっくり睡眠を長くとってしまうと、夜眠ることができなくなり、昼と夜が逆転する悪循環も起こりかねません。

温度の感じ方の変化

老犬は温度の感じ方が変わってきて、睡眠時間のタイミングが変化します。

人間でも歳をとると、暑さを感じにくくなることがあると一緒で、犬も暑さや寒さの感じ方が変わってきます。

成犬の時にはしっかりと睡眠時間が確保できていたのに、老犬になると、ゆっくり寝ることが難しくなってきます。

不安になる

老犬は気持ちが不安になったりして、睡眠時間がとれないことが出てきます。

今まで平気だった留守番も我慢できず、心が不安定になったり、体が思うように動かず、快適な睡眠時間にならなくなってしまい、ちょっとした音でも反応してしまいます。

認知症や病気

老犬になり、病気や認知症になってくると、睡眠時間が短くなったり、寝る時間が不定期になってきます。

痛みが出て、寝ることが難しくなってきたり、お腹が調子が悪く、寝つきが悪いこともあります。

認知症になって昼と夜の区別がつかず不安な気持ちから、快適な睡眠時間にならず、眠ることができないこともあるでしょう。

老犬の睡眠時間の必要性

シュナウザー

老犬の睡眠時間は、体力温存するためのとても大切な時間です。

老犬は、少し動いても疲れやすくなってしまうので、睡眠時間は増やして疲れをとろうとするためです。

夜、寝付けないことで、睡眠時間が足りなくなり、昼間逆転してしまうこともあるでしょう。

では、老犬がしっかり睡眠時間がとれるようにするには、どうしたらいいかお話ししますので、参考にしてみてくださいね。

老犬の睡眠時間についてよくある質問

ミニチュアシュナウザー

老犬の睡眠時間について、よくある質問についてお話しします。

老犬の睡眠時間はどのぐらいでしょうか。

老犬の睡眠時間は、元気な老犬でも15時間以上、病気になると20時間以上になることもあります。

老犬、年齢によって、体調などにより、睡眠時間は違いますが、老犬になると、一般的に睡眠時間が徐々に長くなってきます。

体を横にするだけでも、睡眠時間が確保でき、体力温存になるので、静かに過ごさせてあげましょう。

老犬の睡眠時間が長い場合、起こした方がいいでしょうか。

老犬の睡眠時間が長いと心配になってきます。

老犬にとって睡眠時間はとても大事ですが、立って生活することも筋肉が維持されるので、必要です。

ずっと寝ている老犬は、睡眠時間に、時々体を起こしてあげたりしてあげましょう。

うちもあまりにも長い場合は、立たせてあげるだけでも筋肉の運動になるので、時々起こしていました。

老犬の睡眠時間のまとめ

今回は、老犬の睡眠時間についてお話ししました。

犬が歳をとってくると、平穏な生活が老犬にとって必要になってきます。

うちのミニチュアシュナウザー も12歳を超えた頃から、睡眠時間がとても長くなってきたことを、自然なことだと捉え、穏やかに生活できるように努めてあげました。

老犬にとって、睡眠時間は、とても大切です。

<<老犬の介護>>については、こちらでお話ししています。

\ 大切なペットの見守りに /

愛犬をいつでも確認できるforboドッグカメラ

  • この記事を書いた人

chario

ミニチュアシュナウザー を16年間育てた経験をブログにしています。 しつけの仕方、ドッグフードの選び方などを紹介しています。

愛犬2歳11ヶ月と生活中(2024年5月現在)

-老犬