コンディション

老犬が水をよく飲むのは病気のサイン?注意すべきことは?

当ページは、アフィリエイト広告を利用しています

老犬が水をよく飲む
悩んでいる人

老犬が水をよく飲むようになったのですが、大丈夫でしょうか。

水をよく飲むときの対応方法が知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 老犬の水を飲む適正量は
  • 老犬が水をよく飲むと感じたら
  • 老犬が水をよく飲む原因

老犬が水をよく飲むのは、病気の可能性お否定できません。

この記事では、1日の水を飲む適正量や病気などの原因、水をよく飲むように感じた時の行動について解説します。

それでは、さっそく始めていきましょう。

ブッチドッグフードを詳しくみる

老犬が水をよく飲む、適正量は?

老犬が水をよく飲む
老犬が水をよく飲む

1日の水を飲む量

老犬に限らず犬の1日の水の適正量は、体重の5%を目安にするといいと言われています。

体重が4kgの老犬なら200gの水を必要とし、それぐらいの量なら飲み過ぎということはないでしょう。

もちろん、暑い日や運動をたくさんした後は、それ以上に水をよく飲むようであっても、心配はありません。

逆に水を飲まないのも心配です。

老犬が脱水症状にならないように気をつけてあげましょう。

老犬が水を飲まないのも心配です

老犬になると、水を飲む場所までいくのが億劫になったり、水を飲む体勢がつらくて、あきらめてしまうこともあります。

筋力が低下して、足腰も弱くなってくるからです。

水をよく飲むのも問題ですが、飲まないと脱水症状が心配されるので、対策が必要です。

老犬が水をよく飲むと感じたら

老犬が水をよく飲む
老犬が水をよく飲む

老犬の水を飲む量をチェックする

水飲み

老犬が1日に飲む量は体重の5%程度です。

愛犬がどのぐらい水を飲んでいるのか把握するところから始めます。

水入れに水を入れるときは計量カップできっちりと測り、残った量も計測すれば、水を飲む量を正確に把握することができます。

水を飲む量が、体重の10%を超えるなら(4kgの老犬なら400cc)、飲み過ぎで、なんらかの問題が発生している可能性があります。

うちの場合は、ペットボトルに水を入れているので、1日の水を飲むが把握できています。

飲水量の把握は、毎日無理なく続けられるように工夫していきましょう。

健康チェック

老犬が水をよく飲むなら、体全体をチェックしていきましょう。

成犬が水をよく飲むことがあっても、問題がないことが多いですが、老犬は少し事情が違います。

犬はもともとは水を飲む習慣がなく、汗もかかないので、急に水の量が増えたら要注意です。

老犬の水は、飼い主が用意しているはずなので、水をよく飲むようになったら、すぐにわかるはずです。

いつもと違い、老犬が水をよく飲むようになったら、他にどこか異変がないか、食欲や体調などの健康チェックしてみましょう。

老犬が水をよく飲むようになったら

早めに動物病院を受診

毎日の水を飲む量を測った結果、やはり基準の量より多いなら、早めに動物病院に連れていくことをおすすめします。

基準値より少し水をよく飲む程度なら、様子をみてもいいでしょう。

かかりつけの獣医さんには、どのぐらい水を飲むのか、具体的な数値を伝えることも忘れずに。

動物病院でみてもらう際の報告したいことです。

  • 飲む水の量
  • 食欲不振かどうか
  • 体調に変化がないかどうか
  • 体重の増減
  • トイレの回数
  • 嘔吐下痢の有無
  • 血便

老犬が水をよく飲む場合は、細かくチェックして、先生に伝えましょう。

愛犬のミニチュアシュナウザー

うちの愛犬ミニチュアシュナウザー が老犬になり、水をよく飲むようになったなあと思ったと同じ時期に、下痢をするようになったのです。

すぐに病院に行き、血液検査、エコーなどを実施してもらいました。

結果、甲状腺異常と膵炎との診断結果でしたが、何も異常がなければ、それでいいので、チェックはしておきましょう。

動物病院でも老犬になる前から、水をよく飲むかどうか観察するように言われていました。

愛犬が水をよく飲むようになってしまってからは。しっかりと介護をしていこうと心に決めました。

老犬介護については、別記事で詳しく紹介しています。

水の量は絶対に減らさない

ミニチュアシュナウザー が水を飲む

老犬の水をよく飲む量が心配だからといって、与える水の量を減らさないようにしましょう。

病気が原因で水をよく飲んでいるなら、脱水症状を起こしたり、病気を悪化させてしまう可能性もあるからです。

まずは水の量は減らさず、動物病院での治療と、獣医師のアドバイスを受けるようにしましょう。

処方箋の影響

ミニチュアシュナウザー

老犬が動物病院で処方される薬によっても、水をよく飲むようになります。

うちのミニチュアシュナウザー は、甲状腺と膵炎を処方された後、水を飲む量がそれまでよりも数倍に増えました。

それからは、1、5ー2リットルぐらい水をよく飲むようになりました。

病気のミニチュアシュナウザー の老犬とはいえ、飲む量が多すぎるし、大型犬よりも多い感じです。

ペトコトフーズを詳しくみる

老犬が水を飲も時の考えられる病気

老犬が水をよく飲む
老犬が水をよく飲む

糖尿病

老犬も人間同様、生活習慣病の糖尿病は、よくある病気です。

膵臓から分泌されるインスリンの働きが低下し、血液中の糖分を細胞がうまく取り込めなくなる病気です。

合併症を起こしたり、膵炎などにならないように注意が必要です。

普通の生活ができるように、血糖値をコントリールするように早めの治療をしていきましょう。

慢性腎臓病

慢性腎臓病は初期症状があまりなく、老犬が水をよく飲むなど症状が出た時には、かなり進行している可能性が高いです。

長い年月をかけて、腎臓の機能が少しずつ低下していく病気だからです。

病気が進行してくると、血液中に老廃物がたまり、ひどい場合は、命を落とす危険もあります。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は、避妊をしていない老犬のメスがかかりやすい病気です。

子宮の中で細菌が増殖することが原因です。

子宮内に膿がたまるようになり、早急に治療をしないと、子宮が壊れてしまったり、合併症を引き落とし、死に至ることもあります。

避妊をしていない、成犬ー老犬に症状が見られたら、すぐに動物病院で診断してもらいましょう。

肝臓病

肝臓は、栄養や毒素を分解するなど、さまざまな機能を持った臓器です。

高い再生能力を持っている臓器ですが、病気がみつかりにくく、症状が現れたときには病気の進行が進んで可能性が高いです。

できるだけ早く治療し、数値が改善できるようにすることが大切です。

膵炎(すいえん)

ミニチュアシュナウザー に多い病気です。

膵臓は、ふだんは隠れている臓器で、人間でもとてもみつかりにくい病気です。

膵炎になると、痛みが強いので、元気がなくなったり、下痢をしたりします。

薬の影響でかなり水を飲むようになります。

老犬に多い病気ですが、防ぎようがないやっかいな病気です。

病気以外の老犬が水をよく飲む原因

老犬が水をよく飲む

脱水状態になっている

老犬が水をよく飲むのは、運動をたくさんしたり、暑い時期に外で長時間過ごすと、喉が渇いてくるからです。

犬は発汗作用がないので、口を開けて呼吸をしているときは、熱を放出しようとしたり。水をよく飲むようになります。

食事の変化

老犬は食事が変化しても、水をよく飲むようになります。

老犬の水の摂取量は、ドッグフードに含まれる水分も入ります。

ドライフードをふやかしたり、ウェットフードに切り替えることで、水分量は増えていきます。

 老犬は水おを飲むことで、体力温存になるので、ほどよい水分補給が大切です。

ウェットフードでおすすめなのは、ブッチドッグフード。

ブッチドッグフードを詳しくみる

ブッチは、食べない老犬にもおすすめです。

老犬にブッチドッグフード

ドッグフード 食事

「ブッチドッグフード」は老犬におすすめ。ご飯を食べない老犬にも。

2023/8/31  

こんなお悩みにお答えします。 ブッチドッグフードがおすすめな理由3種類のうちどれを選ぶ?愛犬にブッチを与えたきっかけ 今回は、老犬におすすめのウェットフード「ブッチドッグフード」についてお話しします。 ...

ストレス

老犬が水をよく飲むのは、留守番が多かったり、あまり飼い主にかまってもらえないとストレスが原因になっていることもあります。

老犬が飼い主に注目されたい気持ちから、水をよく飲むことがあります。

薬の服用

老犬が薬の服用によって、水をよく飲むようになることがあります。

皮膚病や炎症を抑えるために処方されたステロイドなどで、喉が渇き、水をよく飲むようになります。

老犬が水を飲まない時の対策

老犬が水をよく飲む

運動後、水入れを口に持っていく

老犬が水を飲まないなら、軽く運動させて水入れを口に持っていくといいでしょう。

運動したら水が飲みたくなるはずだからです。

激しい運動をするとむせたりするので、軽い運動のあと、少し休んでから水を与えるようにしましょう。

水入れの高さを変える

筋力が低下で足腰が弱くなっていたり、腰を屈むのがつらい老犬には、水飲みの高さを調整し、水をよく飲む体勢ができるようにしてあげましょう。

またうつわが気にいらないこともあるので、金属から木製やプラスチックに変えてあげることで水を飲むようになることもあります。

老犬の水飲み

老犬

老犬の水飲みの選び方や与え方は?

2023/8/20  

こんなお悩みにお答えします。 老犬が水飲みの選び方水飲みnの環境作り飲まない老犬には 今回は、老犬に水飲みについてご紹介します。 老犬は、筋肉が衰え、足腰が弱くなっていることもあるので、老犬に合わせた ...

ドッグフードか水分補給

老犬が水飲みから水を飲まないなら、フードから水分を摂るようにしてあげましょう。

ドッグフードをふやかしたり、栄養が気になるなら、ウェットフードやフレッシュフードを与えるといいででしょう。

おすすめのウェットフード、フレッシュフード

ブッチドッグフード

ブッチは、水分豊富なので、脱水症状も防止にも役立ちます。

ブッチドッグフードを詳しくみる

ペトコトフーズ

水分量豊富なとても新鮮なドッグフードです。

ペトコトフーズを詳しくみる

老犬が水をよく飲むートイレ対策をする

老犬が水をよく飲む
老犬が水をよく飲む

老犬が水をよく飲むなら、トイレの回数も増えるはずです。

ペットシーツをたくさん用意しよう

老犬が水をよく飲むなら、トイレシートをたくさん用意しておきましょう。

老犬が、トイレも近くなったり、間に合わなくなってしまうことも考えられます。

老犬が水をよく飲むなら、トイレの排水量が多すぎで、トイレシートが1枚では足りないこともあります。

たくさん用意しておきましょう。

<<老犬介護のトイレ>>については、こちらでお話しています。

トイレを事前予測してあげる

老犬が水をよく飲むなら、トイレ時間を把握してあげましょう。

成犬の頃は、朝と夜だけだったかもしれませんが、老犬が水をよく飲むようになると、トイレの回数も自然と増えてきます。

老犬自身が思っている以上に回数は多くなるはずですし、トイレは失敗させないことが大切です。

老犬が水をよく飲むようになったら、トイレをしたくなる前に、トイレに誘導してあげることが大切です。

老犬に失敗させない注意ポイント

  • 朝起きた時
  • ご飯を食べた後
  • 水を飲んだ時
  • 寝る前
  • お昼寝から起きた時
  • 夜中起きた時

オムツの準備を

老犬が水をよく飲むようになったら、オムツのことを考えておきましょう。

オムツは嫌がる子もいますし、自分でトイレをしたいというのも老犬の願いです。

老犬が介護になった時でも対応できるようにしておきましょう。

老犬が水をよく飲むことで気にすべきこと

ミニチュアシュナウザー

定期的な検診をしよう

老犬が水をよく飲むかどうかの把握も大切ですが、1年に1回程度、定期健診をしてもらうようにしましょう。

早期発見が重要です。

老犬が水をよく飲むなど、変化は起きる前に、血液検査、レントゲン、エコーなど、人間と同じような検査を受けることができます。

また注射1本でも金銭的な負担が大きいことがあるので、保険の加入も早めに検討しておきましょう。

エアコンをつける

老犬が水をよく飲むなら、エアコンで温度調節をしてあげましょう。

少しでも暑いと息が荒くなり、水をよく飲むので、しっかりチェックをしましょう。

<<エアコンの設定温度>>については、こちらでお話しています。

冬場加湿器をつけて、乾燥を防いであげて、老犬のケアをしてあげましょう。

愛犬が老犬になって急に水をよく飲むなったときの体験

ミニチュアシュナウザー

動物病院の先生から、「水をよく飲むようになったら要注意」とよく言われていました。

水をよく飲むのは、膵炎などの病気の疑いがあるからです。

うちの愛犬も老犬になり、急に水をよく飲むようになったので、すぐに病院に連れて行きました。

案の定、膵炎の診断でした。

獣医師と相談しながら、薬を服用させたり、水を飲む量を調整して、老犬介護をしました。

犬は運動したあと、ご飯を食べたあとも水をよく飲みます。

今回は、尋常じゃない飲み方だったので、病気だということはすぐに気づきました。

老犬が水をよく飲むのまとめ

今回は、老犬がよく水を飲むことについて、お話しました。

老犬でなくても、犬が普段より水をよく飲むになったら、病気のサインかもしれません。

うちのミニチュアシュナウザー も老犬になり、ドッグランなどで運動したわけでもないのに、水をよく飲むようのなったので、とても心配でした。

老犬の体調変化は、自分では訴えることができないので、あなたがしっかりと観察して異変に気づいてあげることが重要です。

<<老犬が最後を迎える前に最低限やっておくこと>>

大事なペットを大切に送りたい【ペット葬儀110番】

  • この記事を書いた人

chario

・ミニチュアシュナウザー と16年、日々が学びです。
・留守番、イタズラ、ご飯食べないなどを克服しました。
・しつけは毎日続けています。
・ドッグフード研究家

-コンディション
-,