ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの性格とは?飼いやすい、飼いにくいと言われるゆえん

困っている人

ミニチュアシュナウザー の性格が知りたいです。

性格が頑固で飼いにくいということはないのでしょうか、

こんなお悩みにお答えします。

記事の内容

  • ミニチュアシュナウザー の性格
  • ミニチュアシュナウザー の性格で気にすべきこと

このブログを書いている人

ボクは、ミニチュアシュナウザー のしつけを10年以上と取り組んできました。

おかげで、無駄吠え、噛み癖の問題行動、トイレのしつけなど、しっかりできました。

今回は、ミニチュアシュナウザー の性格について解説します。

愛犬のミニチュアシュナウザー のしつけがしっかりできたのは、この記事でご紹介する6つのポイントを意識していたからです。

この記事を読んでいるあなたも、ミニチュアシュナウザー の性格を知ることで、飼いたくなりますよ。

最後までじっくりと読んでくださいね。

それでは、さっそく始めていきましょう。

ミニチュアシュナウザー の性格について

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザー の6つの性格を把握することで、とても飼いやすい犬になります。

  1. ミニチュアシュナウザー の性格のルーツ
  2. ミニチュアシュナウザー の性格は、覚えることがとても早い
  3. ミニチュアシュナウザーの性格は頑固
  4. ミニチュアシュナウザーの性格は、警戒心が強い
  5. ミニチュアシュナウザーの性格は、活発であそび好き
  6. ミニチュアシュナウザーの性格は、寂しがりやで甘えん坊

それでは1つずつ解説していきます。

①ミニチュアシュナウザー の性格のルーツ

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーはの性格は、温厚でとても明るい性格です。

ミニチュアシュナウザー は、ドイツで生まれで、もともとはネズミを駆除したり、野原を駆け回り、家畜の誘導などをする役割を持って活躍してきました。

人のために働くことが大好きで、運動能力も高く、快活で、飼い主に従順な性格で、とても飼いやすい犬です。

<<ミニチュアシュナウザー の従順な性格>>については、こちらお話しています。

愛犬のミニチュアシュナウザー は、子犬時代、おもちゃを一度くわえたら、なかなか離しませんでした。

時々遊びに飽きて、おもちゃを離したとしても、手に持った瞬間に、それを奪い返そうと、必死で勇敢に向かってきます。

ミニチュアシュナウザー の執着心が強い性格は、ネズミを駆除していた頃の本能の現れで、人に役立ちたいと思っているのです。

②ミニチュアシュナウザー の性格は、覚えることがとても早い

ミニチュアシュナウザー と芝生

ミニチュアシュナウザーの性格は、聡明で、人間が思っているよりも、頭がよく、モノ覚えがとても早い犬種です。

知能はだいたい人間の1ー2歳ぐらいの知能と言われています。

ミニチュアシュナウザー の聡明な性格は、しつけをすれば、すぐに覚えてクくれるでしょう。

<<ミニチュアシュナウザー の聡明さ>>はこちらでもお話しています。

気をつけないといけないのjは、ミニチュアシュナウザー は、頭がいいので、リーダーになりたがる性格なのです。

ミニチュアシュナウザー をリーダーにしないようにしつけておかないと、わがままな性格になり、大変になるので、必ず、主従関係のしつけはおきましょう。

もししつけをしなかったら、無駄吠えをしたり、噛むことをやめない問題のある性格のミニチュアシュナウザー になってしまうかもしれませんので、しつけはしっかりとやっていきましょう。

③ミニチュアシュナウザーの性格は頑固

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の性格は頑固です。

時々、ミニチュアシュナウザー は飼いにくいのでは?と言われるのは、頑固な性格だからです。

我が家のミニチュアシュナウザー と散歩をした時、犬は行きたい方向に行こうとして、ものすごい強い力で引っ張ろうとするかもしれません。

自分が「こうだ!」と決めたことは絶対曲げようとしない頑固者な性格です。

ミニチュアシュナウザー の頑固な性格と付き合うには、あなたがしっかりした態度で、小さい頃からダメなものはダメと しつけをしていく必要があります。

ルールもしっかりと決めて、しつけそしないと、いうことをきかないわがままな性格ミニチュアシュナウザー になってしまいます。

犬の散歩で<<引っ張る癖を直したい>>なら、こちらの記事がおすすめです。

飼い主が、ミニチュアシュナウザー に対して、曖昧な態度だったり、家族によっていうことが違うと、何を信じ、誰に従っていいかわからなくなって、自らが動こうとしてしまうのです。

ミニチュアシュナウザー 自身が自分で決めたルールでしか、行動してしなくなってしまいます。

ミニチュアシュナウザー は、竹を割ったような性格なので、ルールは曖昧にせず、家族間でしっかりと話しあって、一貫性のある行動をしていきましょう。

ミニチュアシュナウザー
犬のしつけは一貫性を持ってやるといい理由

続きを見る

④ミニチュアシュナウザーの性格は、警戒心が強い

ミニチュアシュナウザー が海岸にいく

ミニチュアシュナウザー は警戒心が強い性格です。

ミニチュアシュナウザー に、何か新しいおもちゃを与えると、数日間、「匂いをかぐ」程度で興味がないのかあと感じることがあります。

またはじめてのベッドや犬用カートなどは、警戒心が強い性格なので、慣れるまでは時間がかかることがあるかもしれません。

愛犬ミニチュアシュナウザー も、お出かけ用の犬用キャリアカートに慣れるまでに、2ヶ月ぐらいかかったこともありました。

警戒心が強い性格のミニチュアシュナウザー には、無理をせずに、だんだんと社会性をつけていくことも大切です。

<<警戒心の強いミニチュアシュナウザー >>についてはこちらの記事もあります。

⑤ミニチュアシュナウザーの性格は、活発であそび好き

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の性格は、遊び好きで、活発です。

他の犬に比べても、運動能力が高く、とにかく止まることがないぐらい動き回ることが大好きな犬です。

ミニチュアシュナウザー は、遊ぶことが大好きな性格なので、ストレスをたまらないように、おもちゃで引っ張り合いこをしたり、ボールを投げて持ってきてもらったりししっかりと遊んであげましょう。

元気で動くことが大好きな性格のミニチュアシュナウザーなので、散歩だけでは運動がたりないかもしれません。

散歩以外にもドッグランなどにいって、運動不足にならないように、しっかりと走らせてあげましょう。

<<ミニチュアシュナウザー との散歩の楽しみ方>>はこちらでお話しています。

 ⑥ミニチュアシュナウザーの性格は、寂しがりやで甘えん坊

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー の性格は、とっても甘えん坊さんで、さみしがりな性格です。

飼い主がちょっと動いただけで、不安になり、あなたのそばに近づいてきます。

ミニチュアシュナウザー のすべての犬にあてはまるわけではありませんが、人が大好きな反面、束縛されるのが嫌いな一面もあります。

警戒心が強く、捕まえようとすると、逃げたり、抱っこが嫌いな犬もいるかもしれません。

寂しがりやのミニチュアシュナウザー は、長いお留守番は苦手な性格なので、外出は極力短くし、ストレスを溜めないようにしてあげましょう。

分離不安で、体調が悪くならないように、気をつけるようにしましょう。

<<留守番のしつけ>>はこちらでお話しています。

ミニチュアシュナウザー の性格で気をつけること

ミニチュアシュナウザー おすわり

ミニチュアシュナウザー 性格は主従関係が大事

ミニチュアシュナウザー の性格は、しつけで、主従関係を作っておかないと、わがままで飼いにくい犬になってしまうので、気をつけましょう。

<<主従関係の作り方>>はこちらで解説しています。

わがままな性格とは、自分の思い通りにならないと、無駄吠えをしたり、相手に噛むような問題行動をおこしてしまうかもしれないので、ミニチュアシュナウザー の性格を考えて、必ずしつけをすることをお勧めします。

無駄吠えのしつけについては、こちらでも解説しています。

ミニチュアシュナウザーの性格まとめ

今回は、ミニチュアシュナウザー の6つの性格について、お話しました。

  1. ミニチュアシュナウザー の性格のルーツ
  2. ミニチュアシュナウザー の性格は、覚えることがとても早い
  3. ミニチュアシュナウザーの性格は頑固
  4. ミニチュアシュナウザーの性格は、警戒心が強い
  5. ミニチュアシュナウザーの性格は、活発であそび好き
  6. ミニチュアシュナウザーの性格は、寂しがりやで甘えん坊

我が家のミニチュアシュナウザー もとても頑固な性格でしたが、しつけをすることで、とてもいい犬に育っていきましたよ。

ミニチュアシュナウザー はしつけをすれば、とても飼いやすい性格の犬になります。

家族としては最適なミニチュアシュナウザーなので、機会があれば、ぜひ飼ってみてください。

大切なワンちゃんのために保険一括見積

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミニチュアシュナウザー
-, , , ,

© 2021 茶リオブログ Powered by AFFINGER5